close

Enter

Log in using OpenID

前立腺生検 - 京都桂病院

embedDownload
 様
前立腺生検を受ける方の入院診療計画書 様
主治医 入院日: 月 日
受持看護師 病棟: 棟 階
病棟責任者: 病状説明:PSA高値となっており、前立腺癌の疑いがあります。
前立腺針生検にて癌の有無を調べます。
入院期間は2日間です。
退院基準:発熱がない。
血尿が軽度である。
排尿困難(尿閉)がない。
外来(入院まで)
入院当日( / )
翌日退院( / )
●血液検査を行います。
●検査前に左手に点滴の管を入れ
●朝、体温・脈拍・血圧を
検査
点滴を行います。
測ります。
治療
検査終了後、管を抜きます。
●血液検査があります。
処置
●検査までに排便がなければ、
浣腸を行うことがあります。
●リストバンドをつけます。 薬剤
●普段内服している薬が
●昼食後より、お薬をお飲み下さい。 ●お薬を引き続き内服して下さい。
ありましたらお知らせ下さい。
(抗生物質、場合によっては、
●脳梗塞や心臓の病気、血液の病気
止血剤など)
などで、血液が固まりにくくなる
薬などを飲んでいる方は、
検査できませんので、
必ず申し出て下さい。
< 検査前日 >
●下剤2錠を夜9時にお飲み下さい。
安静度
●普段通りの生活ができます。
●病院内は自由に歩行できます。
●病院内は自由に歩行できます。
清潔
●入浴できます。
●シャワー浴はできます。
●帰宅後、入浴できます。
食事・
●食事の制限はありません。
栄養管理
●特別な栄養管理
( 有 無 )
説明
●前立腺生検は、前立腺癌の診断に
●病棟の案内をします。
●検査後数日以内に高熱が出たり
指導
重要な検査です。
●検査前後の経過について
血便・血尿・著しい排尿困難が
教育
●腰から注射をして肛門周囲に
説明します。
続くようであれば、
麻酔をかけます。
●薬剤師の訪問があります。
必ず受診してください。
●肛門から超音波の機械を挿入し
●生検の結果は、約2週間後の
前立腺を針で採取し、前立腺癌の
外来でお知らせします。
有無を顕微鏡で調べます。
●検査後1週間は自転車・バイク
●生検は泌尿器外来で行います。
等の運転はしないでください。
●生検翌日、排尿困難・発熱・出血
●検査後から次回外来受診日まで
など異常がなければ、
は飲酒はしないでください。
退院可能です。
上記の内容について説明を受けました。
お名前:
京都桂病院 泌尿器科 2014.5.16 Ver.9-1
説明した看護師:
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
153 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content