close

Enter

Log in using OpenID

401 自著「ノスタルジア鈴鹿の山」

embedDownload
437
蛇マムシ
山で出会う動物の中で一番いやな奴は蛇とマムシである。
とくにあの蛇腹を見ると身体中に寒気が走る。幼少のころ鈴鹿野登山の山麓に住んでいたとき、
古老の話で「山で若夫婦が腰を下ろした大木が動きだした。よく見ると大蛇だった」
。
「大人しくしないと山の鈴ヶ池の大蛇に食われるぞ!」、悪戯する子供に躾話をしていた。
半分はウソと思っていたが、のちにこの池から本当に3mを越す青大将が発見され、伝承は本
当だった。小学校5年のころ雨引山山麓を水源とする椋川を遡行した。水車小屋に流れ込む水
流付近の木の枝をみると何かが動く。じっと見つめるとこれも3mもあろうかという蛇。私た
ち悪ガキも「うワッ!」絶叫して一散に逃げ帰った。
小学校6年のとき学校登山で仙ヶ岳に登った。そのとき級友の1人がマムシに咬まれた。
大騒ぎになって急いで下山し医者に運びこんだ。幸い少し足が腫れた程度で済んだが、血清が
ない時代であり下手すると生命を失うところだった。
ふわくに入会して最初の夏山山行が霊仙山。7合目に登る岩場でMさんが岩に手をつくと生
暖かい感触がする。ふっと見るとマムシである。皆も驚いて石を投げて追払ったが、帰りに同
じ道を下ったとき、同じ岩場の同じ岩の上に同じ奴がいて、皆も声を出して逃げた。
水晶岳とハト峰の中間あたり、愛知川支流の下水晶谷を下ったとき、大蛇が枝にからみつい
ている。頭は小さいのに胴体がやたら太い、どうやら小動物を丸呑みしているようだ。
道の真上なのでこのままでは怖くて通れない。 枯れ枝でヤツを突っついてみても少しも動か
ない。だんだんふわくパーテイ全体が恐怖にかられ出した。
「今日はもう止めよう」
CLの決断で朝明渓谷に引き返したのであった。
ある夏のこと、大阪のペットショップが禁止のコブラを内密に輸入した。ところが扱いに
困ってしまい、10匹ほどを御池岳の鞍掛峠付近のヤブに捨てた。それが警察にバレたのだが、
警察と地元は驚き大急ぎで登山道を閉鎖し登山禁止に。そしてコブラを探しまわったが
1匹も発見できなかった。 冬も近くになったのでもうコブラも生きていないだろう。警察は
結論を出し登山路の閉鎖を解いたのである。
ふわく山の会山行でマムシに咬まれたのは女性のYさん。 南鈴鹿の臼杵岳に付き上がる沢
登りをしていたとき、スパッツの上から足を咬まれた。そのときは“チクッ”としただけなの
で、気にせずに遡行したが、休憩して立ち上がろうとしても動けない。 見ると足が凄く腫れ
あがっている。患部を布でキツく縛りあげ、大急ぎで皆が下ろし生命に別状はなかった。だが
足の腫れが引き青アザが消えるまで半年もかかったのである。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
149 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content