close

Enter

Log in using OpenID

GR-90_GR-600_GR-90GI_GR

embedDownload
AGAD-2-03
安全データシート
(SDS)
1.化学物質等及び会社情報
化 学 物 質 等 の 名
製
品
番
会
住
称
号
社
所
担
当
部
門 :統括本部
電
話
番
号 :045-326-2130・FAX 045-326-2131
e - m a i l
グラスプ 2 液補修剤
GR-90・GR-90GI・GR-300・GR-600
:株式会社グラスプ
:神奈川県横浜市西区戸部本町 33-13
ア ド レ ス :
緊
急
連
絡
先 :045-326-2130
製
品
の
種
類 :
用 途 と 使 用 上 の 制 限 :
作
成
日 :2002 年
7 月 30 日
改
訂
日 :2014 年
4 月 30 日
SDS整理番号 GR-90・GR-90GI・GR-300・GR-600
2.危険有害性の要約
GHS 分類
引火性液体
:区分外
急性毒性 経口
:区分外
経皮
:分類できない
吸入
:区分5
皮膚刺激/腐食性
:区分2
眼に対する重篤な損傷・眼刺激性
:区分2A
呼吸器感作性/皮膚感作性
:区分1
生殖細胞変異原性
:分類できない
発がん性
:区分2
生殖毒性
:区分2
特定標的臓器/全身毒性(単回ばく露):区分3
特定標的臓器/全身毒性(反復ばく露):区分2
吸引性呼吸器有害性
:類できない(混合物の動粘性係数不明)
水生環境有害性(急性)
:分類できない
水生環境有害性(慢性)
:分類できない
GHS ラベル要素
ラベル表示:
1/6
AGAD-2-03
2/6
注意喚起語
危険
危険有害性情報
・ 吸入すると有害、または呼吸器への刺激を引き起こすおそれ
・ 吸入するとアレルギー、喘息または、呼吸困難を起こすおそれ
・ 吸入した場合、長期にわたる反復暴露により臓器障害のおそれ
・ 重篤な眼への刺激を引き起こすおそれ
・ 皮膚の炎症または、アレルギー皮膚反応を引き起こすおそれ
・ 発がんのおそれの疑い
注意
・ 使用前に取扱い説明書を入手し、熟読すること。
・ 粉塵、煙、ガス、ミスト、蒸気、スプレーの吸入をしないこと。
・ 保護手袋、保護めがね、場合によっては保護面を着用すること。
3.組成、成分情報
単一製品・混合物の区別: 混合物
化
学
名 :ウレタン系2液形接着剤
成
分
CAS №
含
有
量
wt%
トリメチロールプロパントリポリオキシプロピレンエーテル
25723-16-4
30~50
ジフェニルメタン 4.4’ ジイソシアネート
101-68-8
30~50
含水珪酸マグネシウム(タルク)
14807-96-6
30~50
ポリメチレンポリフェニルイソシアネート
25686-28-6
12.5~20
ゼオライト
1318-02-1
10~12.5
ピペラジン
110-85-0
0.5~1
4-(2-イソシアナトベンジル)フェニルイソシアネート
5873-54-1
0.5~1
消防法 : 可燃性固体(危険物第 2 類)
労働安全衛生法通知対象物質:ジフェニルメタン 4.4’ ジイソシアネート(MDI)
(労働安全衛生法第57条の2第 1 項における政令で定めるもの)
PRTR 法通知対象物質
:第 1 種指定化学物質 ジフェニルメタン 4.4’ ジイソシアネート(MDI)
4.応急措置
吸入した場合
:直ちに空気の新鮮な場所に移動させ、体を毛布などで覆って保温し
安静に保つ。呼吸困難に陥った場合は、衣類を緩め気道を確保した上
で、酸素吸入あるいは人工呼吸を施し、直ちに医療措置を受ける。
皮膚に付着した場合:汚染された衣類、靴等を速やかに脱ぎ捨てる。触れた部分は大量の
水を使用してよく洗浄する。痛み、痒み等、皮膚に異常が生じた場合
は医師の診察を受ける。
AGAD-2-03
3/6
目に入った場合 :清浄な水で最低 15 分間洗浄した後、直ちに眼科医の手当を受ける。
洗眼の際、まぶたを指でよく開き、眼球のすみずみまでよく水が行き
わたるように眼を上下左右に動かす。
飲み込んだ場合 :無理に吐かせてはならない。意識のない場合は口から何も与えず
すぐに医師の診断を受ける。
【医師に対する特別な注意事項】
吸入及び飲み込んだ場合、または皮膚接触による症状は以下の物があります。
胃や腸の不調(吐き気、嘔吐、下痢)
、刺激(鼻、喉、気道)、咳、気管支炎、
頭痛、胸痛、息切れ、呼吸困難、肺水腫(肺組織内の流体の蓄積)
、肺障害、
発作、痙攣
この製品への暴露はアレルギー反応(胸の呼吸困難、圧迫感、肺の空気通路の狭窄咳や
喘鳴)を引き起こす可能性があります。
アレルギー反応の他の症状には、かゆみや涙目、鼻水や鼻づまり、発汗、じんましん
急速な心拍上昇、及び血圧の低下。
リスク:肺水腫を引き起こす可能性。
5.火災時の措置
消火剤
:ABC粉末、二酸化炭素、粉末薬品、水ミスト
使ってはならない消化剤:パロゲン(ハロン)
消火時の特定有害危険性:火災時に刺激性または毒性の分解生成物の発生の可能性。
燃焼生成物は次の物が挙げられる。
アルデヒド類、一酸化炭素及び二酸化炭素、ハロゲン化炭化
水素、シアン化水素、イソシアネート、ケトン、窒素酸化物
(NOx)
、その他の有毒ガス。
消化を行う者の保護
:有毒なガス(一酸化炭素等)が発生する可能性があるので、消火作
業は必ず自給式呼吸器等の保護具を着用し、風上から行う。
6.漏出時の措置
人体に対する注意事項 :漏出した場所の周辺にロープを張るなどして関係者以外の
立入りを禁止する。
回収作業の際には必ず保護具を着用し、蒸気やミストの吸入及
び眼、皮膚、衣服への付着を避ける。
風下で回収作業をしてはならない。
環境に対する注意事項 :土壌に浸透させてはならない。下水、河川、排水溝等に流しては
ならない。
封じ込め及び
:付近の着火源となるものを取り除き、火災発生の防止に努める。
浄化の方法・機材
少量の場合はペーパータオル、おがくず、ウエス等に吸収させ、密
閉式の容器に回収する。
多量の場合は土砂等で流れを止め、液の表面を泡で覆い、乾燥砂
又は不燃性吸着剤に吸収させ、密閉式の容器に回収する。
火花を発生しないシャベル等を使用する。
回収物は「廃棄上の注意」の項の記載に準じて処分する。
AGAD-2-03
4/6
7.取扱いおよび保管上の注意
取扱い:蒸気やミストの発生を避け、万が一発生した場合は吸い込まない。
付近での火気の使用を禁止し、アースを取る等の静電気対策を行う。
密閉された装置/機器類を使用するか、局所排気装置を使用して取扱う。
経皮的に吸収される可能性があるので、蒸気の吸入及び皮膚との接触は極力避け
る。曝露の恐れがある場合には、状況に応じて適切な保護具を着用する。
長期間の取り扱いあるいは反復した曝露はできる限り避ける。
取扱い場所での喫煙、飲食は禁止。
保管 :容器は確実に密閉し、保管場所は火気厳禁とする。
直射日光及び高温を避け、乾燥した換気のよい場所に保存する。
危険物施設で保管し、施錠をして管理すること。
カルボン酸、アルコール、アルミニウム、アミン、アンモニア、銅・鉄などの
金属、フッ化物、イソシアネート、酸化剤、リン系化合物、強アルカリ、水、亜鉛
から離して保管する。
8.暴露防止および保護措置
設備対策 :設備/装置全体を密閉化するか、局所排気装置を設置する。
取扱い場所近くに、洗眼器および身体洗浄シャワーを設置する。
状況に応じて、可燃性ガス・有毒ガス測定器、可燃性ガス警報器を設置する。
管理濃度・許容濃度
危険有害成分
許容濃度
CAS No.
TWA
0.05mg/m3
ACGIH
ジフェニルメタン
101-68-8
4.4’ ジイソシアネート
(2002 年度版)
STEL
0.1mg/m3
総粉塵量
ACGIH
TWA
3mg/m3
含水珪酸マグネシウ
14807-96-6
ム(タルク)
(2008 年度版)
吸入粉塵量
TWA
1mg/m3
ACGIH
ゼオライト
1318-02-1
総粉塵量
TWA
5mg/m3
(2002 年度版)
注)TWA:時間荷重平均(8 時間)
、STEL:短時間暴露限度(15 分)
保護具
呼吸器の保護具
:有機ガス用防毒マスク
手の保護具
:耐油性(不浸透性)の手袋
眼の保護具
:保護眼鏡又は防災面
皮膚及び身体の保護具 :作業衣、安全靴、前掛け
適切な衛生対策
:作業中は飲食、喫煙をしない。
9.物理的及び化学的性質
物理的性質
形状
:液体
色
:淡黄色
引火点 :93.4℃以上
可燃性 :有
10.安定性及び反応性
避けるべき条件
避けるべき材料
有害な分解生成物
:加熱、凍結、炎や火花、水分
:酸、強アルカリ、アルコール、アミン、アンモニア
フッ化物、リン化合物、酸化剤、イソシアネート、
アルミ、鉄、銅、亜鉛、水
:アルデヒド、一酸化炭素及び二酸化炭素、ハロゲン化
炭化水素、シアン化水素、イソシアネート、有機酸
窒素酸化物(NOx)、ケトン
AGAD-2-03
11.有害性情報
急性毒性
5/6
:
(製品)データなし
(トリメチロールプロパントリポリオキシプロピレンエーテル)
ラット経口:
ラット経皮:
LD50
LD50
3,700mg/kg
>2,000mg/kg
(ジフェニルメタン-4,4’-ジイソシアネ-ト)
ラット経口: LD50 9,200mg/kg
ラット吸入:
ウサギ径皮:
LD50
LD50
0.369mg/kg/4h
>7,900mg/kg
(ピペラジン)
ラット経口: LD50 1,900mg/kg
ウサギ径皮: LD50 4,000mg/kg
皮膚腐食性/刺激性
:
(製品)データなし
眼に対する重篤な損傷/刺激性 :
(製品)データなし
呼吸器感作性
:
(製品)データなし
(ジフェニルメタン-4,4’-ジイソシアネ-ト)
吸入により感作を引き起こすことがある。
(ピペラジン)
吸入により感作を引き起こすことがある。
(4-(2-イソシアナトベンジル)フェニルイソシアネート)
吸入により感作を引き起こすことがある。
皮膚感作性
:
(製品)データなし
(ジフェニルメタン-4,4’-ジイソシアネ-ト)
皮膚接触により感作を引き起こすことがある。
(ピペラジン)
皮膚接触により感作を引き起こすことがある。
(4-(2-イソシアナトベンジル)フェニルイソシアネート)
皮膚接触により感作を引き起こすことがある。
12.環境影響情報
水生環境有害性(急性)
魚毒性
:
(製品)データなし
(ジフェニルメタン-4,4’-ジイソシアネ-ト)
LC50(Leuciscus IDUS(ゴールデン ORFE))
:4,600 mg / L/48h
(ピペラジン)
LC50(グッピー(グッピー))
:>1,800 mg / L/96h
EC 50(ミジンコ(オオミジンコ)
):21 mg / L/48h
生分解性 :
(製品)データなし
(ピペラジン)生分解性が良好と判断される物質
13.廃棄上の注意
・多量の場合は認可を受けた専門業者に委託する。
・汚染容器及び包装は、付着物を完全に除去した後に処分する。
・関係法令を遵守し、自治体の指示に従う。
14.輸送上の注意
注意事項
取り扱いおよび保管上の注意の項の記載に従うこと。容器漏れのないことを確かめ、
転倒、落下、損傷のないように積み込み、荷崩れの防止を確実に行う。有機溶剤を
含有しているので火気厳禁。
AGAD-2-03
国内規制
陸上輸送
海上輸送
航空輸送
国連分類・国連番号
応急措置指針番号
15.適用法令
化審法
PRTR 法
労働安全衛生法
消防法
海洋汚染防止法
船舶安全法
航空法
6/6
:消防法、労働安全衛生法等に定められている運送方法に従う。
:船舶安全法に定められている運送方法に従う。
:航空法に定められている運送方法に従う。
:該当なし
:該当なし
:特定化学物質・指定化学物質に該当しない
:第一種指定化学物質 ジフェニルメタン-4,4’-ジイソシアナ-ト(MDI)
:法 57 条の 2 通知対象物質 (ジフェニルメタン 4.4’ジイソシアネート)
:可燃性固体(危険物第 2 類)に該当する。
:令別表第 1Y類物質等(211)(ジフェニルメタンジイソシアナ-ト)
係数 1(ジフェニルメタン-4,4’-ジイソシアナ-ト)
:該当しない
:該当しない
16.その他の情報
引用文献
GHS 分類結果データベース(独立行政法人製品評価技術基盤機構), RTECS(2008)、IARC、
Threshold Limit Values for Chemical Substances in the Work Environment.(ACGIH
2006)、ESIS(BOD)ESIS(BCF)ESIS(LogPow)
・危険・有害性の評価は必ずしも十分でないので、取扱いには十分注意して下さい。
・この安全データシートは、当社の製品を適切にご使用いただくために必要で、注意しなけ
ればならない事項を簡潔にまとめたもので、通常の取り扱いを対象としたものです。
・本製品は、この安全データシートをご参照の上、使用者の責任において適正に取り扱って
下さい。
・ここに記載された内容は、現時点で入手できた情報やメーカー所有の知見によるものです
が、これらのデータや評価は、いかなる保証もするものではありません。
また、法令の改正及び新しい知見に基づいて改訂されることがあります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
36
File Size
371 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content