close

Enter

Log in using OpenID

株式会社ハートネットワーク様 - 株式会社サイバー・ソリューションズ

embedDownload
導入事例:
00400
NetSkateKoban for CATV
Ⓡ
導入事例: 株式会社ハートネットワーク様
無線LAN環境でもネットワークの利用状況を把握
無線LAN環境でもネットワ
クの利用状況を把握
Miyagi
MiyagiUniversity
UniversityofofEducation
Education
●ネットワーク監視システムを開発
●ヘビーユーザーを制御できる
● 3段階定額の従量課金制度
●サイバー社の技術力・対応力の高さ
●お客様の利便性が向上するシステム開発を
株式会社ハートネットワーク(以下、ハート社)様は、かね
てから仙台市の株式会社サイバー・ソリューションズ(以
下、サイバー社)とともにCATV事業者向けネットワーク
監視システムの開発を続けており、この度、帯域制御・
従量課金機能を搭載したNetSkateKoban for CATVの
最新バージョンをリリース、ハート社様では、2012年2月
より3段階定額の従量課金サービスをスタートさせました。
今回はハート社 取締役 業務局 兼 事務局長 伊藤直人
氏に、経緯や最新バージョンの機能などのお話を伺いま
氏に、経緯や最新バ
ジョンの機能などのお話を伺いま
した。
■ ネットワーク監視システムを開発
-- これまでの、開発の過程を簡単にお話しいただけま
すでしょうか?
当社とサイバー社では、当社システムの環境にて、
CATV事業者向けネットワーク監視システムを協力し開
CATV事業者向けネットワ
ク監視システムを協力し開
発してまいりました。その始まりは2010年の春でした。
どのような技術的な課題があったのか具体的に言いま
すと、接続機器のノード単位のネットワーク地図表示、
CM(ケーブルモデム)・WiMAX端末・IP電話端末など、
インフラに依存しない端末のトラフィックの監視、またヘ
ビーユーザーやそのユーザーが使用しているアプリケー
ションの特定などでした。
-- その開発が終わったのが2010年の9月頃ですね。弊
社では同年11月に「NetSkateKoban for CATV」として販
売を開始いたしました。
そうですね。またWebツールで各種統計情報としてS/N
(信号雑音)レベル、特定アプリケーションの要求および
到来パケット量などが見られるようにもなりましたが、課
題として残っていた帯域制御機能の開発に着手し、今回
株式会社サイバー・ソリューションズ
の新バージョンの納品にいたったわけです。
■ ヘビーユーザーを制御できる
-- 最新バージョンのポイントを聞かせてください。
最も大きなポイントは、トラフィック監視装置
((CpMonitor
p
SMART)により、しきい値越えしたアドレス、
)
り、
値越
、
すなわち大量のトラフィックを
発生させる「ヘビーユーザー」
を特定、その使用帯域をモニ
タリングし、CMTS(ケーブルモ
デム終端)装置に負荷をかけ
ずに自動で帯域制御をかける
機能の実現です。
-- ヘビーユーザーの制御はなぜ必要なのでしょう
か?
CATV網によるインターネット接続サービスは、多くの加
入者様がセンターシステムを共有する形で成り立って
います。ここに少数ではあってもP2Pなどの利用により
帯域を大幅に占有するユーザーが存在すると、他のお
客様の通信速度に影響するなど、サービス全体のクオ
リティを下げることにもなりかねません。
こうしたことから、ヘビーユーザーの制御は重要となっ
こうしたことから
ヘビーユーザーの制御は重要となっ
てきますが「どのように制限の承諾を得るか」など、難し
い問題もあることから、現在まで制御・制限にまではい
たっていませんでした。今回ヘビーユーザーを特定する
ことで、そのトラフィックを分散するなど、センターシステ
ムの設計に役立てることができ、今後、加入者様が増
加した場合などの対策にとても有用です。
*製品の仕様などは予告無く変更する場合があります。
導入事例:
00400
■ヘビーユーザーの一覧
一番苦労したのは、新しく開発した従量課金のシステム
と従来の課金システムのインターフェイスを統合させる
ことでした。NetSkateKoban for CATVの従量データを随
時手入力で課金システムにインプットしていては、大変
な労力になりますから、一括で処理できるようにすること
はとても大切でした。
と も大切
た
課金システムには、他の業者
も関わっていて、当社がサイ
バー社と連携を取るという形
で開発していきました。両社
の技術力や対応力の高さが
上手く統合できた要因だと
思っています。特にサイバー
社は どのような問合せに対
社は、どのような問合せに対
しても時間を置かずして返事が返ってくるなど、その対応
力の高さには、以前から評価していますし、また信頼もし
ています。
■3段階定額の従量課金制度
-- 新しく加わった、従量課金機能についてお聞かせくだ
さい。
■お客様の利便性が向上するシステム開発を
ヘビーユーザーの存在や、利用者の増加によって、いまブ
ロードバンドネットワークは帯域逼迫状態にあります。その
ため、国内の大手通信キャリア様も、使い放題の定額制
に加え、利用量の抑制が期待できる「従量課金制」を取り
入れるなどしています。
このような新サービスは、私たちのネットワーク加入者にも
乗り換えニーズを喚起してしまうことから、非常に脅威を感
じていました。そこで、サイバー社にもNetSkateKoban for
CATVの通信量測定技術を活かした従量課金機能の開発
を急いでいただくことにしました。
-- 本機能の実装によりスタートしたのが、3段階定額の
従量課金サービスなのですね。
そうです。『ハートネット3.0S(下り120Mbps)』といいます。
競合の大手キャリア様は完全従量課金(金額の下限と上
限はあり)サービスを行っていますが、当社では、使った
データ量に対し、3段階の定額料金を課すシステムにして
います。
これにより、ユーザーは使わない月は料金の節約ができ、
使いたいときは定額で思い切り使えるというメリットを得る
ことができます。低速(下り3Mbps)、中速(下り20Mbps)
サービスのユーザーが『ハートネット3.0S』に移行する動き
も見えており、こうしたユーザーがより活発にインターネッ
トを利用することでARP(一件あたりの単価)も上がり収益
アップにもつながっています。
■サイバー社の技術力・対応力の高さ
-- 今後サイバー・ソリューションズに期待することなど
があれば お聞かせください。
があれば、お聞かせください。
今後、当社ではFTTHに完全移行していくことから、そう
した体制でもネットワークの監視、ヘビーユーザーの特
定、従量課金などの機能が利用できるよう、
NetSkateKoban for CATVの新規機能などの一層の開
発を期待しています。また、これは従量課金のお客様か
らのニーズなのですが、現在使っているデータ量がどの
くらいなのか、モニタリングができるシステム(例えば
WEBで認証、閲覧など)の開発をお願いできればと思っ
ています。
さらに、現在NetSkateKoban for CATVは当社(新居浜)
のサーバにアップされていますが、サイバー社(仙台)
にもサーバを設置し、バックアップを取るなどの措置を
講ずれば、災害時などでも安心だと思います。
-本日はお忙しいところ、貴重なお話をありがとうござ
いました。
株式会社ハートネットワーク様について
愛媛県新居浜市・西条市において有線テレビジョン放送・有線ラ
ジオ放送による再送信、多チャンネル・自主放送、放送番組の制
作、販売、有線テレビ・ラジオ設備設計施工などを行っている企
業です。平成12年12月よりケーブルインターネット接続等双方
向サービスを開始。平成21年4月より地域WiMAXインターネット
接続サービスをスタートさせています。企業スローガンは「地域を
愛する心豊かな人々の発見」。
-- 今回
今回の開発において苦労した点などをお聞かせくだ
開発
苦労
点
を 聞
さい。
※ 取材日時 2012年5月
* NetSkateKoban(ネットスケット交番)は、サイバー・ソリューションズの登録商標です。
ビジネス・ディベロップメント・グループ
〒989-3204 仙台市青葉区南吉成6-6-3 ICRビル
TEL
022-303-4012
FAX
022-303-4015
E-mail
[email protected]
20120101 Rev.A
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
671 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content