close

Enter

Log in using OpenID

平成 24 年 12 月 27 日 関係各位 株式会社ジェイスリー 代表取締役

embedDownload
平成 24 年 12 月 27 日
関係各位
株式会社ジェイスリー
代表取締役 CEO
千坂和壽
個人情報を含むノートパソコンの紛失に関するご報告とお詫び
この度弊社におきまして、お客様の氏名・電話番号・機密情報を含む業務用ノートパソコ
ンの紛失事故が発生いたしました。このような事態を招き、弊社のお客様及び取引先企業様
等の皆様に多大なご心配をおかけすることとなりましたこと、深くお詫びするとともに、本
件に関する経緯及び対応について、以下のとおりご報告申し上げます。
なお、弊社では 3 年前より ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を導入して
おり、紛失したノートパソコンのアクセスには ISMS に準拠した第三者には容易に想像で
きないパスワードの入力を要するなどのセキュリティ対策が施されており、現時点において、
当該情報の第三者への流出及び不正使用などの事実は確認されておりません。
記
1.紛失の経緯
平成 24 年 12 月 22 日 5 時 30 分頃、弊社従業員が鉄道で移動中、駅のホームにて業務用
ノートパソコンが入ったバッグを紛失し、約 20 分後に事実が発覚し、直ちに鉄道会社の遺
失物センター及び警察に紛失届を提出し、確認作業を行っておりますが、現時点において発
見されたという報告はされておりません。
2.ノートパソコンに保存されている可能性のあるデータについて
ノートパソコンには取引先企業様ならびに関係先との打ち合わせ記録及びメールの送受
信記録が保存されております。現調査段階では、メール本文中にお客様の氏名・電話番号が
含まれていること、また、取引先企業様の情報が含まれていたことを確認しております。
3.本件における対応
弊社では、これに対処するために、直ちに代表取締役 CEO を長とする対策本部を設置し、
ISMS 情報セキュリティ委員会が中心となって、WEB サイトへ当報告ならびにお詫びを掲
載し、お客様及び取引先企業様の皆様に対し本事実をお知らせいたします。また、ISMS の
審査機構にも指導を仰ぎ、最適な対応をおこなっています。
4.再発防止策
現時点で二次被害等が発生した事実は確認されておりませんが、引き続き情報収集を行う
とともに、弊社としてこのような事態を招きましたことを真摯に受け止め、今後このような
事案が発生しないよう、また発生した際における更なる万全な対応をおこなうために、HD
の暗号化等セキュリティ対策の強化及び十分なセキュリティ教育を実施するなど、情報の管
理体制及びルールを強化し、従業員への教育を再徹底することで再発防止に努めます。
●関係社様お問い合わせ先
株式会社ジェイスリー
情報セキュリティ委員長
情報セキュリティ委員会
浦上、システム管理委員
TEL: 03-3519-3932 FAX: 03-3931-3936
以上
鈴木(朋)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
139 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content