close

Enter

Log in using OpenID

導入事例紹介_新日鉄住金化学株式会社様

embedDownload
IT企画推進部
1
ご紹介内容
・会社概要
・JD Edwards E1との出会い
・2010年からのシステム再構築
IT企画推進部
会社概要







商
号
設 立
資本金
売上高
決算期
従業員数
株 主
: 新日鉄住金化学株式会社
: 昭和31年10月
: 50億円(平成26年3月末現在)
: 連結 230,130百万円(平成25年度)
: 3月
: 連結 1,705名(平成26年3月末現在)
: 新日鐵住金株式会社
新日鐵住金グループの化学事業分野を担う中核企業として幅広い分野に事業を展開
・製鉄化学事業本部
コールケミカル事業部、化学品事業部、ガス部
・機能材料事業本部
光学・ディスプレイ材料事業部、エポキシ事業部
回路基板材料事業部
3
IT企画推進部
JD Edwards E1との出会い
2005年 東都化成
現在
新日鉄住金化学㈱
エポキシ事業部
新日化エポキシ製造㈱
エポキシ樹脂
製造メーカー
IT企画推進部
エポキシ樹脂とは・・・
• エポキシ樹脂とはオキシラン環を含む化合物の総称
用途は?
IT企画推進部
JD Edwards E1との出会い
2005年
「人づくり」を意識した
「システム」創り
に着手・・・
IT企画推進部
JD Edwards E1との出会い
「人づくり」を意識した「システム」創り とは・・・
システムの3要素…実現するのは人と組織
【狭義のシステム】
・組織としてのルール
・ハードウェア
・全体最適の仕事の進め方
・ソフトウエア
システム技術
業務・ルール
・共通の価値観
・ネットワーク
・データベース
・意識
・価値観
・情報の共有
人
・全体最適
・連携
・能力
・業務処理能力・スキル
・情報リテラシー
IT企画推進部
JD Edwards E1との出会い
「人づくり」を意識した「システム」創り とは・・・
システム構築に当たっての留意事項
■システム3要素のバランスよく意識して進める
*システム技術
*業務・ルール
*人
・・・ハード、ソフト
・・・標準化、徹底
・・・意識、操作スキル、躾け
■BPRは人材育成として活用する
アクションラーニングの良い機会として行う
システム構築費ではなく育成費用と割り切る
■標準ERP(システム)に自分の身体を合わせる
標準化(志向)を大切にする
自社の仕事の仕方にこだわらない
IT企画推進部
JD Edwards E1との出会い
BPRを実現する為に導き出した答え
1)データの一元化
2)マスターデータの正規化
3)ERP導入による業務標準化と内部統制への対策
4)全体最適を考えた業務フロー
5)WEB画面での業務
JD Edwards Enterprise0ne の採用
◆データベース一元化
◆標準化されたビジネス・ロジック
◆製造-流通(販売)-会計 一気通貫
◆WEB標準
⇒2007年稼働開始
IT企画推進部
2010年からのシステム再構築
システム再構築の経緯
10
IT企画推進部
2010年からのシステム再構築
新システムの基本方針とパッケージ選定(1/2)
■競争力のある業務環境の提供
①情報の一元化・同期化
②マスターデータの一元化
■業務スタイルの変革
①業務の高速化、業務の可視化
②業務標準化と内部統制への対策
③全体最適を考えた業務フロー
標準化されたビジネス・ロジックを持つ
パッケージシステムを導入
IT企画推進部
2010年からのシステム再構築
新システムの基本方針とパッケージ選定(2/2)
 新日化エポキシ製造㈱
・・・2007年よりJDE EnterpriseOne稼働
■ JDE EnterpriseOne使用の判断
①購買・生産・受注・在庫・会計のデータ一元化、同期化
②業務の高速化、業務の可視化
③業務の標準化と内部統制対策
④システムによる業務の定着化
JDE EnterpriseOneの機能拡張により継続使用
・マスターデータの一元化
・他PKGとのデータ連携
・機能改善とバージョンアップ
IT企画推進部
2010年からのシステム再構築
全体システム概念図
国産PKG
情報活用系システム
業務別D/B
文書管理
他システム
Oracle
システム
OracleD/B
データ集計・加工
顧客情報他
BIシステムOracleBIEE
共通マスタ管理
実績把握系:SCM実績把握システム
スケジューラー
生産管理
実績把握系
数値処理系
OracleD/B
販売管理
原料購買
数値処理系:会計系システムOracleD/B
原価管理
財務会計
物流費管理
資機材購買
JDE EnterpriseOne
受注・購買・生産・在庫・会計
固定資産
IT企画推進部
2010年からのシステム再構築
導入スケジュール
先行3事業 STEP1
2010年7月・・・構想フェーズ
2011年4月・・・システム構築
⇒2013年4月に稼働開始
全事業展開 STEP2
2012年7月・・・システム構築
⇒2014年4月に稼働開始
エポキシ事業(JD Edwards E1)構築
2013年4月・・・システム構築
⇒2014年4月に稼働開始
IT企画推進部
2010年からのシステム再構築
導入効果と今後の取組
■ 共通業務基盤の構築
① 実績把握が迅速に行えるようになり顧客・現場からの問い
合わせにタイムリーな回答が可能になった
② マスタの正規化、データの一元化を実現し、一貫性を持った
システム運用が可能になった
③ 業務・作業の標準化と効率化が実現できた(重複業務削減、
データ転送不要)
④ データセンターでの情報の一元化により、データ連携の自動
化し、内部統制に対応できた
 今後の取組
・システム運用の定着化
・業務の標準化と展開
・BIシステムの更なる活用拡大
IT企画推進部
ご静聴ありがとうございました。
IT企画推進部
16
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 081 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content