close

Enter

Log in using OpenID

平成28年度上半期 実用英語講座

embedDownload
平成28年度上半期
回数
実用英語講座 ~“Learn from Worldwide News Papers”~
日 程
内
1
4月26日(火)
2
5月10日(火)
3
5月17日(火)
容
担
当
Learn from Worldwide News Papers
「世界の新聞から学ぶ」
【授業の概要】
1.インターネットで公開されている世界各国の英字新聞と、日本で
発行される新聞が対象です。
4
5月24日(火)
A. 世界の英字新聞では、まず英文・和訳、さらに自身で訳した和訳
を再度自身の英語でリライトします。
5
5月31日(火)
B. 日本語の新聞では、和文・英訳します。
C. 課題(新聞記事)について、自身のコメントを(日本語)と(英語)
6
6月 7日(火)
7
6月14日(火)
8
6月21日(火)
9
6月28日(火)
で提出します。但し、これは随意です。
コメントは英語で 50~100 字程度とします。
2.記事の選択については、日々変化する国際情勢の中で、講師が
授業にふさわしいと思われる直近の記事を選択します。
【授業の内容】
10
7月 5日(火)
1.受講者が提出する回答を、講師がパワーポイントでそれぞれ映
像化し授業を行います。
11
7月12日(火)
12
7月19日(火)
13
7月26日(火)
14
8月 2日(火)
2.第一回の授業を除いて、テキストは事前配布します。
3.3~4日以内に受講者に割り当てられた課題(宿題)をメールで講
師宛て応答します。毎週金曜日が期限です。
4.上記1-A では、自身が訳した日本文を、再度英文に書き直(リラ
15
8月 9日(火)
イト)します。この際、原文の英単語と同義語の単語を出来る限り使
用し、更に可能な限り構文も適時作り変えます。
16
8月23日(火)
5.全ての課題について、講師は自身の回答を英文で例示し総括し
17
8月30日(火)
18
9月 6日(火)
19
9月13日(火)
20
9月20日(火)
※
講 義 時 間
ます。
6.原文記事にはパラグラフ毎に番号を付し課題とし、この番号は受
講者の出欠表番号と符合します。受講者番号は期中変わりません。
: 10:30~12:00
田中通義
先生
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
198 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content