close

Enter

Log in using OpenID

本展開催を記念し、さまざまな企画を用意しています。

embedDownload
本展開催を記念し、さまざまな企画を用意しています。
○特 別 ト ー ク「リ ナ・ボ・バ ル デ ィ の
建 築」 ○ 講 師 : 塚 本 由 晴
リナ・ボ・バルディの大胆な建築デザインはどこから生まれたの
でしょうか? インタヴューの中で彼女は、
あえて
「醜い建築」
を作るのだと言っています。
リナが考えた、公共のためのス
ペース、建築があるべきすがたとはどういったものだったの
でしょうか。
○ 2 0 1 6 年 2 月 5 日( 金 ) 1 9:00より
○ 会場:ワタリ
( 建 築 家 /「 リ ナ・ボ・バ ル デ ィ 展 」会 場 デ ザ イ ン 担 当 )
○ 予約制 *
ウム美術館 ○ 講師:塚本由晴(建築家/アトリエ・ワン) ○ 進 行:周 防 貴 之
下 記 の ご 予 約 方 法 を ご 覧 く だ さ い 。 ○ 参 加 費:1 5 0 0 円( 会 員 割 引 有 り )
S E S C ポ ン ペ イ ア 、日 光 浴 を す る 人 々 ( R o m u l o F i a l d i n i 撮 影 )
○「第二回 アートクーリエ(アート・建築の案内人)塾」
( 研修
+展 覧 会 解 説)○ 講 師:周 防 貴 之、和 多 利 浩 一、和 多 利 恵 津 子
前回は熱心なアートクーリエの方々により
アート鑑賞の楽しみ方の幅が広がりました。
今回の「リナ・ボ・バルディ展」でも、建築の見方、
伝え方を中心に新たにアートクーリエを募集します。
1)
「リナ・ボ・バルディ展」
の詳しい解説を聞く。
2)
展示の中から特に感心を持った作品を深く学ぶ。
3)
自身の解説する作品についてレポートを提出していただく。
4)
アートクリエとして実際に解説をしていただく。
5)
3月の土曜日、
日曜日に ワタリウム美術館で展示解説をしていただく
(希望者のみ。
謝礼あり)
。
ガラスの家、ピロティから 2階への階段に立つリナ。(1951 年 Fr anci sco Al buquerque 撮影)
○ 2 0 1 6 年1 月3 0 日(土)
・2 月 6 日 ( 土 )
・2 月 1 3 日 ( 土 )
・2 月 2 7 日 ( 土 )
○ 時間:19:30−20:30 ○ 会場:ワタリウム美術館 ○ 講師:周防貴之(建築家/「リナ・ボ・バルディ展」会場デザイン担当)、和多利浩一、
和 多 利 恵 津 子( ワ タ リ ウ ム 美 術 館 )ほ か
○ 予 約 制 * 下 記 の ご 予 約 方 法 を ご 覧 く だ さ い 。 ○ 参 加 費:1 0 , 0 0 0 円( 会 員 割 引 有 り )
○ 参加特典:本展会期中、何度でも展覧会にご入場いただけます。展示内のキャプション、解説テキスト、資料などのコピーが配布されます。
ご予約方法
○ ご参加の方は、件名「リナ・ボ・バルディ展関連企画申込」とし、希望の回、氏名、参加人数、住所/電話番号/ E-mailアドレ
ス又はFax番号をご記入の上、開催日3日前までに、E-mail:[email protected] またはFax:03-3405-7714まで送信下さい。同時に、下記の口座へ
参加費をお振込下さい。○ ご入金の方へ、チケットを、E-mail又はFaxにて開催日3日前までにお送りいたします。 ○ 申込書や受領確認の返信はいた
しません。
定員を超えた場合のみ連絡させていただきます。○ 振込先:三井住友銀行 青山支店(普)1033281(名義)ワタリウム美術館 ○ お申込はワタ
リ ウ ム 美 術 館 受 付 で も 随 時 承 っ て お り ま す。 ○ な お、お 客 様 の ご 都 合 に よ る 払 い 戻 し は で き ま せ ん。 ○ 定 員 に な り 次 第〆切 い た し ま す。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
255 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content