close

Enter

Log in using OpenID

「CSR としてのダイバーシティを考える」<検討メモ

embedDownload
2013. 2.18.
企業行動研究部会 勝田和行
「CSR としてのダイバーシティを考える」<検討メモ> (Ver.1)
-日本企業におけるダイバーシティ推進の課題と今後の方向-
1.問題意識 【CSR(企業の社会的責任)の視点から】
①日本企業における「ダイバーシティ(多様性の受容)」の現状は
・「女性活用」中心、それさえ進んでいないのではないか
②進んでいないのはなぜか、どうすればいいのか
・日本は、なぜ“モノカルチャーの強い男性中心社会”なのか
・企業の男性中心の文化、組織構造は変えられるのか
③グローバル化の中でのダイバーシティの課題とあるべき方向は
・CSR の重要項目ではないか、これからどう進めていけばよいのか
2.日本企業のダイバーシティの現状と課題
(1)日本(企業)のダイバーシティの実態
①日本の現状…GEM 指数(98/135)、女性管理職・取締役比率等
…男女の賃金格差、雇用形態格差は未だ解消せず
②ダイバーシティ推進の先進企業における取り組み
・東洋経済「ダイバーシティ経営大賞」受賞企業に見る現状
~日産自動車、P&G、日本 IBM、第一生命、資生堂、大和証券 G 等
③海外でダイバーシティに関わる問題があった日本企業の事例
(2)CSR の視点からみた課題(問題点)
①「ダイバーシティ」=「女性活用」にとどまっている?
・国連・先進国等の動きの後追いになっているのではないか
…男女雇用機会均等法、男女共同参画社会基本法等政府施策の先導
・世界の潮流に後れをとっているとの認識はあるのか
…「国際化」⇒「グローバル化」の中で意識改革は進まず
~欧米のグローバル企業は、ダイバーシティを進めつつある
②「経営戦略」としての「ダイバーシティ・マネジメント」の限界
・少子・高齢化の中での「女性活用」=労働力補完にとどまっている
・“ウーマノミクス”も同様の発想ではないのか
③ダイバーシティ推進への明確なスタンス(考え方、哲学)が希薄
・女子差別撤廃条約、ISO26000 への応答 ⇔ CSR としての取組み
1
(3)なぜ前記のような問題がみられるのか(⇒問題克服への道筋を探る)
①日本における「多様性」理解は不十分
・「差別」撤廃に向けた歴史 →「多様性」理解にはつながらず
・「極東の島国」「辺境」である日本の限界ではないか
・外国人労働者・移民の受け入れは、コンセンサスがないのでは
②日本(企業)の「男性中心」文化は変えられるのか、変わるのか
・旧憲法、旧民法時代から大きく変わらず → 転換しつつある?
・「ものづくり」文化も、「男性中心」→ 転換せざるをえない
③ダイバーシティが、一部のグローバル企業の関心事にとどまっている
④諸外国(人)から尊敬される日本(人)の「強み」を生かす方向か
3.日本企業におけるダイバーシティ推進の考え方と方向
(1)ダイバーシティの「価値・意義」の確認と共有
①世界への「責務(Responsibility)」としての理解・認識
・国連、ILO 等の取組みへの応答、真のグローバル化への対応
・日本企業における「CSR の重要課題」としての位置づけ
…「経営戦略」と同時にグローバルな「社会的責任(CSR)」を果たす
②「経営理念」実現に向けた企業活動を支える「考え方(哲学)」の確立
・「価値共有型」経営倫理を実践していく前提として
…ステークホルダーたる多様な従業員の「共感」を呼び、訴えるもの
(制度、仕組み)を創りあげられるかが問われる
③日本型経営の良さを生かしたダイバーシティ文化を創れないか
…良い意味での「和」「武士道精神」を発揮できる組織風土づくり
~大震災、反日暴動から立ち直った企業などに学ぶ
(2)ダイバーシティ推進の今後の方向
①ダイバーシティを「共有すべき価値」とする企業文化・組織風土づくり
・日本社会全体、企業における「意識改革(特に男性)」の具体化
・ジェンダー平等、ワークライフバランスなどがキーワード
②「攻めの CSR」への「真のダイバーシティ」の組込み
・ダイバーシティ推進を、経営理念実現・倫理徹底の重要施策とする
・価値共有の中で女性、高齢者、外国人との協働を図る
⇒ グローバルな「和」の創生、日本型“グローカル”経営へ
・「意思決定ボード」への女性・外国人の登用、そのための人材育成
・ここでも、「経営トップの育成」「リーダーシップ」が問われる
以上
2
「CSR としてのダイバーシティを考える」<参考文献>
(Ver.1)
[書籍]
・リクルート HC ソリューショングループ『実践ダイバーシティ・マネジメント』2008
英治出版
・熊沢 誠『女性労働と企業社会』2000 岩波書店(岩波新書)
・鹿嶋 敬『男女共同参画の時代』2003 岩波書店(岩波新書)
・竹信三恵子『女性を活用する国、しない国』2010 岩波書店(岩波ブックレット)
・大久保幸夫『日本の雇用 本当は何が問題なのか』 2009 講談社(講談社現代新書)
・笠松・和田編著『21 世紀の倫理』2004 八千代出版
・石崎他『グローバル世界と倫理』2008 ナカニシヤ出版
・山脇直司『公共哲学とは何か』2004 筑摩書房(ちくま新書)
・A.センプリーニ(三浦他訳)『多文化主義とは何か』2003 白水社(文庫クセジュ)
・笹森建美『武士道とキリスト教』2013 新潮社(新潮文庫)
[論文・報告書等]
・内閣府『平成 24 年版男女共同参画白書』2013
・経済同友会「グローバル時代の CSR」2011
・経済同友会「
〈意思決定ボード〉のダイバーシティに向けた経営者の行動宣言」2012
・みずほ情報総研(事務局)「ダイバーシティと女性活躍の推進」2012
・東京大学社会科学研究所「従業員の仕事と介護の両立のために企業に求められる取
り組み(提言)」2012
・杉田あけみ「戦略的 CSR とディーセント・ワークを促進させるダイバーシティ・マ
ネジメント」2006 昭和女子大学大学院生活機構研究科紀要 Vol.15*
・谷口真美「ダイバシティ研究とその変遷」(?)
国際ビジネス研究第 1 巻第 2 号*
・野畑眞理子「CSR としてのマネジング・ダイバシティ」(?) TSURU UNIVERSITY*
※上記は、あくまでも現段階で筆者が参照した主な文献
女性労働・ジェンダー平等やグローバル経営、正義、公共哲学等については数多
くの文献があるが、ダイバーシティを経営倫理、CSR と関連づけたものは、必ず
しも多くないように思われる
※論文・報告書等はいずれもインターネットで検索できるもの
*印は、NII-Electronic
Library Service のオープンア・クセスによる
以上
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
125 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content