close

Enter

Log in using OpenID

SPECIAL TALK スペシャル対談

embedDownload
SPECIAL TALK
スペシャル対談
バスルームを重視して、ホテルにおける水まわりの重要性を世
と感じています。都内にお住まいのお客さまが、2人目の子ど
ネンタル香港)です。大きなバスタブに1分でお湯がたまるよ
れました。私たちの世代からすると考えられなかった消費スタ
界に知らしめたのはザ・リージェント香港(現インターコンチ
うにパイプを太くするというこだわりようでした。シャワーブー
スをセパレートにしたのも、ザ・リージェント香港が最初です。
小林 パレスホテル東京では、最後の最後に回遊式のバスルー
もが生まれる前に親子3人で週末にパレスホテル東京に宿泊さ
イルですが、2人目が生まれて忙しくなる前に、ホテルで奥さ
ん孝行をしようという発想が見られるようになったのです。
小原 チップについてどう考えますか。例えばニューヨークで
ムの入り口のドアの幅を1㎝狭めて、シャワーブースの幅を1
は、あらゆる場面でチップが潤滑油になるので助かります。日本
ファクターとなります。床からバスタブをまたぐ高さを何㎝に
ています。3万円の部屋に泊まれば 3000 円のサービスチャージ
㎝広げました。こうした限界的な1㎝というのはかなり重要な
するのかという問題もありました。バスタブに腰掛ける人もい
いますから、高すぎても低すぎてもよくない。
このメーカーのこの製品を使えば、お湯がたまるまでに何分
にチップはありませんが、料金にサービスチャージが 10%含まれ
が徴収されるわけですが、ニューヨークで 30 ドルのチップを渡
すかと言えば渡しません。バトラー氏への支払いはまた別ですが。
かかるのか、排水に何分かかるのかについても検討しなければ
なりません。そうしたディテールをつめていく際に、多くのホ
テルを見てきた経験が生かされました。
時系列の最初のころはディテールを見ていなかったので、確
かめるために2度、3度と見に行った都内のホテルもあります。
きっと「また来たのか」と思われていたと思います(笑)
。
ホテルディスティネーションの文化を
日本人のライフスタイルに根づかせたい
小原 ホテルディスティネーションが日本人のライフスタイル
の中に根づくことが私の大きな願いの一つであり、それはこれ
からのスタイルになっていくと考えています。
小林 パレスホテル東京の宿泊は、土曜日が一番人気があるん
です。泊まっていらっしゃる方の多くが、首都圏にお住まいの
方々です。土曜日の宿泊のお客さまの約半分が、リフレッシュ
のためにパレスホテル東京を利用してくださっているのです。
小原 ある都市に行って、有名な観光名所で記念撮影をして、
名物料理を食べるという旅のスタイルはもはや過去のものであ
り、これからは「どのホテルに泊まったのか」という経験が中
心となるスタイルへとシフトしていくのではないでしょうか。
そういったスタイルで旅をするホテルラヴァーズにとって、
スパの重要性はとても大きいと思います。パレスホテル東京に
「エビアン スパ 東京」があることも、
大きなポイントでしょう。
小林 日本人のライフスタイルも、少しずつ変わってきている
Hotel Adlon
6
アメリカのホテルでは、タクシーを呼んでもらって2ドル、
トランクに荷物を入れてもらって2ドルと、なんだかんだで
10 ドルそこそこでしょう。ところが日本では仮に何らサービ
スらしきものを享受していなくとも、はじめから 10%分が含
まれる仕組みになっています。考えようによっては、チップは
非常にスマートで便利な仕組みだと思います。ただ、日本人の
メンタリティーにはちょっと相容れないという側面があるのも
確かでしょうね。
小林 日本の旅館にも「心づけ」という形がありますが、最初
に仲居さんに渡すので、サービスがよかったからたくさん渡す
というチップとは少しニュアンスが違いますよね。
Brenners Park-Hotel & Spa
ー 2014.2.14 ー
Le Bristol Paris
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
430 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content