close

Enter

Log in using OpenID

2014 年 論文 欧文 1.High sodium augments angiotensin II

embedDownload
2014 年
論文
欧文
1.High sodium augments angiotensin II-induced vascular smooth muscle cell
proliferation through the ERK 1/2-dependent pathway.
Liu G, Hitomi H, Rahman A, Nakano D, Mori H, Masaki T, Ma H, Iwamoto T, Kobori
H, Nishiyama A.
Hypertens Res
37: 13-18, 2014
2.Development of pure endoscopic full-thickness resection with mechanical
countertraction and double-armed bar suturing systems.
Mori H, Rafiq K, Kobara H, Tsushimi T, Fujihara S, Nishiyama N, Matsunaga T, Ayaki
M, Yachida T, Tani J, Miyoshi H, Masaki T.
Gastrointest Endosc 79: 24-25, 2014
3.Chymase Activities and Survival in Endotoxin-Induced Human Chymase Transgenic
Mice.
Rafiq K, Fan Y, Sherajee J, Takahashi Y, Matsuura J, Hase N, Mori H, Nakano D,
Kobara H, Hitomi H, Masaki T, Urata H, Nishiyama A.
Int J Med Sci 11: 222-225, 2014
4.Relationship between Autoimmunity and Cancer or Metabolic Abnormality in Liver
Diseases.
Himoto T, Nishioka M, Masaki T.
The Open Autoimmunity Journal 6: 1-8, 2014
5.Galectin-9
Enhances
Cytokine
Secretion,
but
Suppresses
Survival
and
Degranulation, in Human Mast Cell Line.
Kojima R, Ohno T, Iikura M, Niki T, Hirashima M, Iwaya K, Tsuda H, Nonoyama S,
Matsuda A, Saito H, Matsumoto K, Nakae S.
PLoS One 9: e86106, 2014
6.Molecular mechanisms of [18F]fluorodeoxyglucose accumulation in liver cancer.
Izuishi K, Yamamoto Y, Mori H, Kameyama R, Fujihara S, Masaki T, Suzuki Y.
Oncol Rep 31: 701-706, 2014
7.Feasibility of pure EFTR using an innovative new endoscopic suturing device:
the Double-arm-bar Suturing System (with video).
Mori H, Kobara H, Fujihara S, Nishiyama N, Rafiq K, Oryu M, Fujiwara M, Suzuki
Y, Masaki T.
Surg Endosc 28: 683-690, 2014
8.Pure endoscopic full-thickness resection with peritoneoscopy and omentectomy.
Mori H, Kobara H, Fujihara S, Nishiyama N, Ayaki M, Yachida T, Okano K, Suzuki
Y, Masaki T.
J Digest Dis 15: 96-101, 2014
9.Esophageal
anthracosis
with
tuberculous
lymphadenitis
confirmed
on
transesophageal endoscopic Ultrasound-guided Fine-needle aspiration.
Nishiyama N, Mori H, Kobara H, Rafiq K, Fujihara S, Kato K, Aritomo Y, Ono M, Kamada
H, Oryu M, Kanaji N, Masaki T.
Internal Med
53: 577-580, 2014
10.An effective and safe gastric endoscopic submucosal dissection in the right
lateral position using an inverted overtube.
Mori H, Rafiq K, Kobara H, Nishiyama N, Fujihara S, Yachida T, Ayagi M, Tani J,
Miyoshi H, Masaki T.
World J Gastroentero
20(6): 1623-1625, 2014
11.Esophageal natural killer (NK)/T cell lymphoma of true natural killer cell
origin.
Fujihara S, Mori H, Kobara H, Nishiyama N, Kobayashi M, Masaki T.
Endoscopy 46(S1): E77-E78, 2014
12.Over-the-scope clip system is effective for the closure of post-endoscopic
submucosal dissection ulcer, especially at the greater curvature.
Nishiyama N, Mori H, Rafiq K, Kobara H, Fujihara S, Kobayashi M, Masaki T.
Endoscopy 46(S1): E130-131, 2014
13.Expression profiles of 507 proteins from a biotin label-based antibody array
in human colorectal cancer.
Miyoshi H, Morishita A, Tani J, Sakamoto T, Fujita K, Katsura A, Tatsuta M, Nomura
T, Yoneyama H, Iwama H, Suzuki Y, Masaki T.
Oncol Rep 31: 1277-1281, 2014
14.Advantage of 11C-methionine positron emission tomography for assessing
IgG4-related central nervous system lesions.
Kume K, Ikeda K, Deguchi K, Kamada M, Okada M, Tamiya T, Touge T, Masaki T.
J Neurol 261: 625-627, 2014
15.Efficient and safe esophageal endoscopic submucosal dissection using inverted
overtube after changing patient position(with video).
Mori H, Kobara H, Nishiyama N, Fujihara S, Matsunaga T, Ayaki M, Yachida T, Tsushimi
T, Masaki T.
Endoscopy 46(S1): E88-E89, 2014
16.Successful endoscopic treatment of Boerhaave syndrome using an over-the-scope
clip.
Kobara H, Mori H, Rafiq K, Fujihara S, Nishiyama N, Kato K, Oryu M, Tani J, Miyoshi
H, Masaki T.
Endoscopy 46(S1): E82-E83, 2014
17.A Novel Triple Secured Technique for Pancreatic Reconstruction Following
Pancreaticoduodenectomy for a Soft Pancreas.
Kakinoki K, Okano K, Oshima M, Suto H, Kashiwagi H, Yamamoto N, Akamoto S, Fujiwara
M, Yachida S, Takama T, Hagiike M, Usuki H, Kamata H, Masaki T, Suzuki Y.
Hepato-Gastroenterol
61(130): 469-474,2014
18.Galectin-9 signaling through TIM-3 is involved in neutrophil-mediated
Gram-negative bacterial killing: an effect abrogated within the cystic fibrosis
lung.
Vega-Carrascal I, Bergin DA, McElvaney OJ, McCarthy C, Banville N, Pohl K,
Hirashima M, Kuchroo VK, Reeves EP, McElvaney NG.
J Immunol 192: 2418-2431, 2014
19.Submucosal tunneling techniques: current perspectives.
Kobara H, Mori H, Rafiq K, Fujihara S, Nishiyama N, Ayaki M, Yachida T, Matsunaga
T, Tani J, Miyoshi H, Yoneyama H, Morishita A, Oryu M, Iwama H, Masaki T.
Clin Exp Gastroenterol 5: 67-74, 2014
20.Current innovations in endoscopic therapy for the management of colorectal
cancer: From endoscopic submucosal dissection (ESD) to endoscopic full-thickness
resection (EFTR).
Fujihara S, Mori H, Kobara H, Nishiyama N, Matsunaga T, Ayaki M, Yachida T,
Morishita A, Izuishi K, Masaki T.
Biomed Res Int 2014: 925058, 2014
21.Targeting receptor tyrosine kinases in gastric cancer.
Morishita A, Gong J, Masaki T.
World J Gastroentero
20(16): 4536-4545, 2014
22.Galectin-9 ameliorates anti-GBM glomerulonephritis by inhibiting Th1 and Th17
immune responses in mice.
Zhang Q, Luan H, Wang L, He F, Zhou H, Xu X, Li X, Xu Q, Niki T, Hirashima M, Xu
G, Lv Y, Yuan J.
Am J Physiol Renal Physiol
306: F822-F832, 2014
23.Increased levels of plasma galectin-9 in patients with influenza virus
infection.
Katoh S, Ikeda M, Shimizu H, Mouri K, Obase Y, Kobashi Y, Fukushima K, Hirashima
M, Oka M.
Tohoku J Exp Med
232: 263-267, 2014
24.Two rare gastric hamartomatous inverted polyp cases suggest the pathogenesis
of growth.
Mori H, Kobara H, Tsushimi T, Fujihara S, Nishiyama N, Matsunaga T, Ayaki M,
Yachida T, Masaki T.
World J Gastroentero
20(19): 5918-5923, 2014
25.Ethanol injection therapy for small hepatocellular carcinomas located beneath
a large vessel using a curved percutaneous ethanol injection therapy needle.
Watanabe S, Morishita A, Deguchi A, Nakai S, Sakamoto T, Fujita K, Maeda E, Nomura
T, Tani J, Miyoshi H, Yoneyama H, Fujihara S, Kobara H, Mori H, Himoto T, Masaki
T.
Oncol Lett 7: 1831-1834, 2014
26.Galectin-9 controls the therapeutic activity of 4-1BB-targeting antibodies.
Madireddi S, Eun SY, Lee SW, Nemčovičová I, Mehta AK, Zajonc DM, Nishi N, Niki
T, Hirashima M, Croft M.
J Exp Med 211: 1433-1448, 2014
27.Effect of the anti-diabetic drug metformin in hepatocellular carcinoma in vitro
and in vivo.
Miyoshi H, Kato K, Iwama H, Maeda E, Sakamoto T, Fujita K, Toyota Y, Tani J, Nomura
T, Mimura S, Kobayashi M, Morishita A, Kobara H, Mori H, Yoneyama H, Deguchi A,
Himoto T, Kurokohchi K, Okano K, Suzuki Y, Murao K, Masaki T.
Int J Oncol 45(1): 322-332, 2014
28.Evaluation of gastric submucosal tumors using endoscopically visualized
features with submucosal endoscopy.
Kobara H, Mori H, Rafiq K, Matsunaga T, Fujihara S, Nishiyama N, Ayaki M, Yachida
T, Tani J, Miyoshi H, Kato K, Kamada H, Yoneyama H, Morishita A, Tsutsui K, Iwama
H, Haba R, Masaki T.
Oncol Lett 8(1): 161-168, 2014
29.Galectin-9 is rapidly released during acute HIV-1 infection and remains
sustained at high levels despite viral suppression even in elite controllers.
Tandon R, Chew GM, Byron MM, Borrow P, Niki T, Hirashima M, Barbour JD, Norris
PJ, Lanteri MC, Martin JN, Deeks SG, Ndhlovu LC.
AIDS Res Hum Retrov 30: 654-664, 2014
30.Factors predicting survival and pathological subtype in patients with
ampullary adenocarcinoma.
Okano K, Oshima M, Yachida S, Kushida Y, Kato K, Kamada H, Wato M, Nishihira T,
Fukuda Y, Maeba T, Inoue H, Masaki T, Suzuki Y.
J Surg Oncol 110: 156-162, 2014
31.Usefulness of the modified F-ratio for assessments of proximal conduction in
chronic
inflammatory
demyelinating
Charcot-Marie-Tooth disease type 1A.
polyneuropathy
superimposed
on
Kume K, Deguchi K, Ikeda K, Takata T, Kokudo Y, Kamada M, Tsukaguchi M, Touge T,
Masaki T.
J Neurol Sci
343(1-2): 237-239, 2014
32.Balloon-Armed Mechanical Counter Traction and Double-Armed Bar Suturing
Systems for Pure Endoscopic Full-thickness Resection.
Mori H, Kobara H, Rafiq K, Fujihara S, Nishiyama N, Masaki T.
Gastroenterology
147(2): 278-280, 2014
33.Profile of microRNAs associated with aging in rat liver.
Mimura S, Iwama H, Kato K, Nomura K, Kobayashi M, Yoneyama H, Miyoshi H, Tani J,
Morishita A, Himoto T, Deguchi A, Nomura T, Sakamoto T, Fujita K, Maeda E, Izuishi
K, Okano K, Suzuki Y, Masaki T.
Int J Mol Med
34: 1065-1072, 2014
34.Galectin-9-CD44 interaction enhances stability and function of adaptive
regulatory T cells.
Wu C, Thalhamer T, Franca RF, Xiao S, Wang C, Hotta C1, Zhu C, Hirashima M, Anderson
AC, Kuchroo VK.
Immunity 41: 270-282, 2014
35.Unilateral mydriatic tonic pupil as an early isolated symptom of neurosyphilis.
Takata T, Kamada M, Ikeda K, Kume K, Kokudo Y, Touge T, Deguchi K, Masaki T.
J Neurol Sci
36.Effective
344(1-2): 219-220, 2014
hemostasis
for
rupture
of
gastric
exposed
aneurysm
with
Over-The-Scope-Clip (with video).
Mori H, Kobara H, Masaki T.
Digest Endosc
26(5): 681, 2014
37.Hyperglycemia causes cellular senescence via a SGLT2- and p21-dependent
pathway in proximal tubules in the early stage of diabetic nephropathy.
Kitada K, Nakano D, Ohsaki H, Hitomi H, Minamino T, Yatabe J, Felder RA, Mori H,
Masaki T, Kobori H, Nishiyama A.
J Diabetes Complicat
28(5): 604-611, 2014
38.Novel method to prevent gastric antral strictures after endoscopic submucosal
dissection: Using triamcinolone.
Nishiyama N, Mori H, Kobara H, Rafiq K, Fujihara S, Matsunaga T, Ayaki M, Yachida
T, Oryu M, Masaki T.
World J Gastroentero
20(33):11910-11915, 2014
39.Regression of glomerular and tubulointerstitial injuries by dietary salt
reduction with combination therapy of angiotensin II receptor blocker and calcium
channel blocker in Dahl salt-sensitive rats.
Rafiq K, Nishiyama A, Konishi Y, Morikawa T, Kitabayashi C, Kohno M, Masaki T,
Mori H, Kobori H, Imanishi M.
PLoS One 9(9): e107853, 2014
40.Pathological Complete Response and Long-Term Survival in a Very Elderly Patient
after Neoadjuvant hemotherapy for Locally Advanced, Unresectable Gastric Cancer.
Izuishi K, Kobayashi M, Sano T, Mori H, Ebara K.
Oncol Med 532924, 2014
41.Laparoscopic and endoscopic cooperative surgery for duodenal neuroendocrine
tumor (NET) G1: Report of a case.
Tsushimi T, Mori H, Harada T, Nagase T, Iked Y, Ohnishi H.
Int J Surg Case Rep 5(12): 1021-1024, 2014
42.Reduction effect of bacterial counts by preoperative saline lavage of the
stomach in performing laparoscopic and endoscopic cooperative surgery.
Mori H, Kobara H, Tsushimi T, Fujihara S, Nishiyama N, Matsunaga T, Ayaki M, Yachida
T, Tani J,
Miyoshi H, Morishita A, Masaki T.
World J Gastroentero
20(42): 15763-15770, 2014
43.Factors Influencing Lymph Node Metastasis in Patients with Ampullary
Adenocarcinoma.
Okano K, Asano E, Kushida Y, Kamada H, Mori H, Suzuki Y.
Dig Surg 31(6): 459-467, 2014
44.Pretreatment prediction of the outcome of response-guided peginterferon-α and
ribavirin therapy for chronic hepatitis C.
Masaki N, Sugiyama M, Shimada N, Tanaka Y, Nakamuta M, Izumi N, Watanabe S, Tsubota
A, Komatsu M, Masaki T, Enomoto N, Yoneda M, Murata K, Ito K, Koike K, Mizokami
M.
J Gastroenterol Hepatol
29(12): 1996-2005, 2014
45.Endoscopically visualized features of gastric submucosal tumors on submucosal
endoscopy.
Kobara H, Mori H, Fujihara S, Nishiyama N, Tani J, Morishita A, Oryu M, Tsutsui
K, Masaki T.
Endoscopy 46:E660-E661, 2014
46.Local steroid injection prevent deformity and stenosis of stomach after large
endoscopic submucosal dissection.
Mori H, Kobara H, Rafiq K, Masaki T.
Am J Digest Dis (2):136-142, 2014
47.Treatment outcomes of chemotherapy between unresectable and recurrent biliary
tract cancer.
Sasaki T, Isayama H, Nakai Y, Ito Y, Yasuda I, Toda N, Yagioka H, Matsubara S,
Hanada K, Maguchi H, Kamada H, Hasebe O, Mukai T, Okabe Y, Maetani I, Koike K.
World J Gastroentero 20(48): 18452-18457, 2014
和文
1.糖尿病患者の腹部症状と QOL との関連
杵川文彦、松田和也、大山知代、井上利彦、高畠理恵、木田裕子、中尾克之、徳田道昭、
正木 勉
消化管の臨床 19: 49-53, 2014
2.C 型慢性肝疾患患者における糖および脂質代謝に及ぼす微量元素の役割
樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、犬飼道雄、合田文則、
正木 勉
消化と吸収 36(2'13): 248-252, 2014
3.特集Ⅱ生活習慣と肝・胆疾患
抗糖尿病薬メトホルミンの肝癌細胞抑制メカニズム
三好久昭、加藤清仁、小林三善、岩間久和、正木 勉
消化器内科 58(5): 688-696, 2014
4.専門医部会四国支部例会教育セミナー
B 型肝炎ウイルスの再活性化
谷 丈二, 三好久昭
日本内科学会雑誌
103: 1397-1405, 2014
5.脳神経内科領域におけるめまいの診療
出口一志
ラウンドミラー 32: 5-8, 2014
6.香川県における Telaprevir (TVR) +PEG-IFN a 2b+RBV 療法の治療成績
永野拓也, 高口浩一, 馬場伸介, 妹尾知典, 谷
丈二, 三好久昭, 正木
勉, 小川
力, 守屋昭男, 安東正晴
香川県内科医会誌
50: 23-28, 2014
7.胆嚢虫症を合併した有鉤条虫症の1例
小林三善, 井上秀幸, 松永多恵, 大浦杏子, 藤原新太郎, 西山典子, 綾木麻紀, 谷内
田達夫, 小原英幹, 森 宏仁, 森田
香川県内科医会誌
翼, 正木 勉, 安田 貢, 前田 剛, 厚井文一
50: 40-44, 2014
8.不全型 CREST 症候群および慢性甲状腺炎の経過中に急性発症した自己免疫性肝炎の 1
例
樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、黒河内和貴、串田吉
生、渡辺精四郎、正木 勉
日本消化器病学会雑誌 111: 1829-1836, 2014
9.駆虫で得た本邦最長クラスの虫体2隻から展示用標本を作成した日本海裂頭条虫症
の1例
新井明治、松永多恵、原田正和、寺中正人、藤原新太郎、小原英幹、森 宏仁、柳田哲
矢、迫 康仁、正木 勉
Clinical Parasitology 25(1): 86-88, 2014
学会
国際
1.30th International Congress of Clinical Neurophysiology (ICCN) of the IFCN
2014.5.19-23, Berlin
Changes of motor function in elder persons induced by ranscranial magnetic stimulation
with maximum voluntary muscle contraction for serial 4 days.
Touge T, Kume K, Ikeda K, Kamada M, Deguchi K, Nakamura Y.
2.2014 International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2014)
2014.6.26-29, Taiwan
Cognitive Neuroscience and Technology
The Effect of Sponge Bath to the Hand on
Resting Brain Function: A Novel Feature of Power Spectrum Analysis in EEG.
Touge T, Tsutsui K, Sakakibara T, Shimizu H, Hotta A.
3.2014 International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2014)
2014.6.26-29, Taiwan
Organized Session-The Cortical Modulation of Transcranial Magnetic Simulation.
Clinical Application of Transcranial Magnetic Stimulation with Maximum Voluntary
Muscle Contraction (TMS with MVC): A Report in Three Cases with Lower Motor Neuron
Disability.
Touge T, Kume K, Takata K, Kokudo Y, Deguchi K, Ikeda K, Kamada M, Ying-zu H.
4.19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on
Molecular Medicine 2014.10.9-11, Greece
APOPTOSIS/PROSTATE CANCER
Galectin-9 induces apoptosis of HCC in vitro and in vivo through up-regulation of
miR-1246.
Fujita K, Sakamoto T, Morishita A, Niki T, Iwama H, Hirashima M, Masaki T.
5.UEG Week Vienna 2014 2014.10.18-22, Austria
Endscopy and imaging Ⅰ EVALUATION OF GASTRIC SUBMUCOSAL TUMORS BY ENDOSCOPIC
VISUALIZED FEA-TURES ON SUBMUCOSAL ENDOSCOPY.
Kobara H, Mori H, Fujihara S, Nishiyama N, Matsunaga T, Ayaki M, Yachida T, Masaki
T.
国内
1.日本レーザー学会学術講演会第 34 回年次大会 2014.1.20-22, 北九州市
シンポジウム 6 光診断・光治療における技術シーズと応用
Kagawa NOTES プロジェクトにおける超低浸襲手術開発と医療機器開発
森 宏仁、小原英幹、正木
勉
2.第 10 回日本消化管学会総会 2014.2.14-15, 福島市
糖尿病患者における腹部症状と胃機能との関連
杵川文彦、松田和也、大山知代、井上利彦、木田裕子、中尾克之、正木 勉
3.第 10 回日本消化管学会総会 2014.2.14-15, 福島市
広範な消化管病変を観察しえた成人 Henoch-Schonlein 紫斑病の 2 例
桑村英里、松岡裕士、小林伸也、細見直樹、小林聖幸、正木 勉
4.第 8 回日本病院総合診療医学会学術総会 2014.2.21-22, 大阪市
発熱を伴った担癌患者における血清プロカルシトニン値測定の意義について
樋本尚志、犬飼道雄、舛形
尚、合田文則、岡田宏基、千田彰一
5.第 25 回日本老年医学会四国地方会 2014.2.23, 徳島市
バルプロ酸ナトリウムにより脳萎縮と可逆性の認知機能低下を呈した一例
國土曜平、池田和代、貞廣茂樹、高田忠幸、久米広大、鎌田正紀、出口一志、峠 哲男
6.第 83 回日本寄生虫学会大会 2014.3.28, 松山市
駆虫により本邦最長の虫体2隻を排出した日本海裂頭条虫症の1例
新井明治、松永多恵、原田正和、寺中正人、藤原新太郎、小原英幹、森 宏仁、柳田哲矢、
迫 康仁、正木 勉
7.第 111 回日本内科学会総会 2014.4.11, 東京都
当院におけるアルコール性肝硬変の臨床的特徴
杵川文彦、木田裕子、中尾克之、奥
真紀、大山知代、南木伸基、岡内泰弘、井上利彦、
徳田道昭、正木 勉
8.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
シンポジウム 8:生活習慣病と消化器疾患・病態生理学の新たな展開
抗糖尿病薬 Metformin よる消化器系癌細胞増殖の抑制機構―Metformin のターゲット
microRNA の同定
加藤清仁,鎌田英紀,正木
勉
9.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
ワークショップ 3:食道表在癌,早期胃癌に対する内視鏡診断治療の進歩
Endoscopic submucosal dissection 前の口腔内洗浄および胃洗浄法が治療後に及ぼす影
響:胃内細菌培養の変化と臨床
森 宏仁,小原英幹,正木
勉
10.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
脈管侵襲を伴う高度進行肝細胞癌に対する当科の治療戦略と今後の展開
谷 丈二、前田瑛美子、野村貴子、三好久昭、米山弘人、樋本尚志、守屋昭男、小川 力、
森下朝洋、高口浩一、正木
勉
11.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
抗血栓薬服用例の胃 ESD 後,後出血リスク群の検討とマネージメント
小原英幹、森
宏仁、正木
勉、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、谷内田達夫、綾木麻
紀
12.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
消化器癌における上皮間葉転換分子である HMGA2 の影響について
森下朝洋、坂本鉄平、藤田浩二、前田瑛美子、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、米山弘人、
樋本尚志、正木 勉
13.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
当院におけるうつ病合併 C 型慢性肝炎患者に対する IFNβ の使用経験
三好久昭、前田瑛美子、坂本鉄平、藤田浩二、三村志麻、野村貴子、谷 丈二、森下朝洋、
米山弘人、出口章広、樋本尚志、正木 勉
14.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
当院における Interventional EUS の現状と検討
藤森崇行、鎌田英紀、小林聖幸、大倉亮一、加藤清仁、有友雄一、小野昌弘、筒井邦彦、
正木 勉
15.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
進行性腎細胞癌に対する分子標的治療薬中に重篤な消化管出血を来した 3 症例についての
検討
藤原新太郎、森
宏仁、小原英幹、松永多恵、西山典子、綾木麻紀、谷内田達夫、尾立磨
琴、正木 勉
16.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
メトホルミンの脂肪細胞に対する分化抑制機構を介した NASH の治療戦略―基礎的検討
藤田浩二、桂 明子、坂本鉄平、森下朝洋、前田瑛美子、三村志麻、野村貴子、谷 丈二、
三好久昭、米山弘人、樋本尚志、正木 勉
17.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
Collagenous colitis の 3 例
千代大翔、井上秀幸、藤田直樹、山名浩喜、冨田悠介、神野有子、西
理子、吉武
晃、
前田 純、國土泰孝
18.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
原発性胆汁性肝硬変患者における血中 LPS 値に相関する因子の解析
樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、正木 勉
19.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
C型慢性肝疾患患者における血清 testosterone 値に相関する因子の解析
樋本尚志、野村貴子、谷
丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、犬飼道雄、合田文則、
正木 勉
20.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
脳梗塞患者の胃機能 ―胃電図による検討―
杵川文彦、松田和也、木田裕子、中尾克之、井上利彦、正木 勉
21.第 100 回日本消化器病学会総会 2014.4.23-26, 東京都
当院における胆石性膵炎 27 例の検討~早期 EST 施行群と非施行群を比較して~
桑村英里、松岡裕士、小林伸也、渡邊桂子、細見直樹、阿河直子、正木 勉
22.2014 BIO Tech 2014.5.14, 東京都
軟性内視鏡用・治療デバイスの最先端 Development of flexible endoscopic devices
森 宏仁
23.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
パネルディスカッション 1
気遣いの内視鏡手術:食道・胃
術前口腔内洗浄および胃洗浄による術後感染への影響:ESD から LECS への応用
森 宏仁、小原英幹、正木
勉
24.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
パネルディスカッション 4
慢性膵炎の治療 内視鏡治療 vs.外科手術
当科における膵炎後の仮性嚢胞・WON(Walled-off necrosis)に対する治療戦略と成績
加藤清仁、鎌田英紀、正木
勉
25.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
ワークショップ 4 術中内視鏡と腹腔鏡を融合した治療戦略
胃 GIST に対する hybrid EFTR 臨床導入の経験と pure EFTR 臨床導入への機器開発の成果
森 宏仁、小原英幹、正木
勉
26.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
ワークショップ 7 上部消化管出血(非静脈瘤)に対する治療
従来法にて対処困難な上部消化管出血に対する OTSC の適応と有用性
西山典子、森 宏仁、正木
勉
27.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
腫瘍径 10mm 以下,粘膜下層以内,転移のない NET G1 に対する ESD 治療法の標準化に向けて
小原英幹、森
宏仁、正木
勉、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、綾木麻紀、谷内田達
夫、尾立磨琴
28.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
潰瘍瘢痕併存早期胃癌の NBI 拡大内視鏡の有用性についての検討
松永多恵、内多訓久、森
宏仁、小原
英幹、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、谷内田
達夫、尾立磨琴、正木 勉
29.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
当院における胃瘻造設時横行結腸誤穿刺例の検討
小林伸也、松岡裕士, 桑村英里, 細見直樹, 丸岡敬幸, 小林聖幸, 正木勉
30.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
当科における超高齢者総胆管結石症に対する内視鏡的治療の検討
小林聖幸、鎌田英紀、藤森崇行、加藤清仁、有友雄一、小野昌弘、正木 勉
31.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
当科における内視鏡的経乳頭的胆嚢内挿管の成績
藤森崇行、鎌田英紀、小林聖幸、加藤清仁、有友雄一、小野昌弘、正木 勉
32.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
大腸 ESD における順方向と反転操作の比較検討
谷内田達夫、森
宏仁、藤原新太郎、松永多恵、西山典子、綾木麻紀、尾立磨琴、小原英
幹、正木 勉
33.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
大網原発 EGIST
尾立磨琴、森
宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、前田瑛美子、大浦杏子、河野知
樹、菅間一乃、前田 剛、安田 貢、正木 勉
34.第 87 回日本消化器内視鏡学会総会 2014.5.15-17, 福岡市
十二指腸内視鏡治療後創面縫縮法の検討~当院での Over-the-scope-clip を用いた縫縮の
経験から~
綾木麻紀、森
宏仁、松永多恵、藤原新太郎、西山典子、谷内田達夫、尾立磨琴、小原英
幹、正木 勉
35.第 55 回日本神経学会学術大会 2014.5.21-23, 福岡市
全身型重症筋無力症に対する免疫グロブリン定期補充療法の有用性
池田和代、出口一志、国土曜平、高田忠幸、久米広大、鎌田正紀、峠 哲男、正木 勉
36.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
パネルディスカッション 1
DM と NAFLD・NASH の病態を考える:診断と治療の新たな展開
メトホルミンの脂肪細胞に対する分化抑制機構を介した Nonalcoholic steatohepatitis
(NASH)の治療戦略―基礎的検討
藤田浩二、桂 明子、正木
勉
37.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
ポスターシンポジウム 肝硬変の成因別実態
当科における肝硬変の成因別実態
三好久昭、谷 丈二、正木
勉
38.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
カルシウムイオン受容タンパク S100 の HCV 複製複合体の結合と HCV 複製の制御因子と
して役割
谷 丈二、米山弘人、正木
勉
39.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
C型慢性肝疾患患者における亜鉛欠乏とインスリン抵抗性または肝脂肪化との関連につい
て
樋本尚志、米山弘人、正木
勉
40.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
脈管浸潤を伴う切除不能進行肝細胞癌に対する局所放射線併用リザーバー動注治療 fail
後ソラフェニブ導入例の検討
野村貴子、谷 丈二、前田瑛美子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、樋本尚志、正木 勉
41.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
ガレクチン 9 は肝癌細胞の増殖を in vitro 及び in vivo で抑制する
藤田浩二、坂本鉄平、正木
勉
42.第 50 回日本肝臓学会総会 2014.5.29-30, 東京都
胆管細胞癌におけるガレクチン 9 の増殖抑制:in vitro 及び in vivo での検討
小林聖幸、大倉亮一、藤田浩二、龍田美和、桂
明子、野村
圭、谷
丈二、三好久昭、
坂本鉄平、藤森崇行、加藤清仁、鎌田英紀、有友雄一、小野昌弘、米山弘人、樋本尚志、
正木 勉
43.第 25 回日本臨床寄生虫学会大会 2014.6.14, 東京都
駆虫で得た本邦最長クラスの虫体2隻から展示用標本を作成した日本海裂頭条虫症の1例
新井明治、松永多恵、原田正和、寺中正人、藤原新太郎、小原英幹、森 宏仁、柳田哲矢、
迫 康仁、正木 勉
44.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.6.14-15, 松山市
胃壁に直接浸潤をきたした肝細胞癌の 1 例
拓磨 慧、谷 丈二、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、正木 勉
45.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.6.14-15, 松山市
経胃瘻的なイレウス管挿入が有用であった重度認知症イレウス患者の 1 例
波間大輔、松岡裕士、桑村英里、小林伸也、渡邊桂子、細見直樹、山下拓磨、小林聖幸、
正木 勉
46.第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会 2014.6.14-15, 松山市
診断的 ESD にて診断し得た直腸 Lymphoid hyperplasia の 1 例
河野寿明、谷内田達夫、小原英幹、松永多恵、藤原新太郎、綾木麻紀、森
宏仁、香月奈
穂美、羽場礼次、正木 勉
47.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会・第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.6.14-15, 松山市
合同シンポジウム 1 消化器と生活習慣・生活習慣病
糖尿病患者における便秘は胃機能と関連し、QCL にも影響を及ぼす
杵川文彦、松田和也、井上利彦、木田裕子、中尾克之、正木 勉
48.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会・第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.6.14-15, 松山市
合同シンポジウム 1 消化器と生活習慣・生活習慣病
メトホルミンによる NASH の進行抑制効果に関連する miRNA の網羅的解析
藤田浩二、坂本鉄平、前田瑛美子、龍田美和、桂 明子、豊田由花、三村志麻、野村貴子、
谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、樋本尚志、正木 勉
49.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会・第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.6.14-15, 松山市
合同シンポジウム 2 内視鏡診療の進歩
Hybrid EFTR(LFCS)臨床導入 17 例の経験と pure EFTR への機器開発
森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、松永多恵、谷内田達夫、綾木麻紀、正木 勉
50.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会・第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.6.14-15, 松山市
合同シンポジウム 2 内視鏡診療の進歩
粘膜下トンネル生検法で得られた直視下胃粘膜腫瘍像の診断的付加価値
小原英幹、森
宏仁、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、森下朝
洋、筒井邦彦、尾立磨琴、串田吉生、羽場怜次、正木 勉
51.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会・第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.6.14-15, 松山市
合同シンポジウム 2 内視鏡診療の進歩
当院の十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の現状と課題
綾木麻紀、森
宏仁、松永多恵、藤原新太郎、西山典子、谷内田達夫、尾立磨琴、小原英
幹、正木 勉
52.第 101 回日本消化器病学会四国支部例会・第 112 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.6.14-15, 松山市
合同シンポジウム 2 内視鏡診療の進歩
当院における therapecutic EUS の現況
小林聖幸、鎌田英紀、山下拓磨、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、筒井邦彦、正木 勉
53.第 96 回日本神経学会中国・四国地方会 2014.6.28, 岡山市
抗ガングリオシド抗体を伴った抗NMDA受容体脳炎の1例
久米広大、國土曜平、高田忠幸、池田和代、 鎌田正紀、出口一志、田中恵子、正木
勉、
峠 哲男
54.第 96 回日本神経学会中国・四国地方会 2014.6.28, 岡山市
消化器症状のみを呈し、免疫療法が奏功した自己免疫性自律神経節障害の一例
國土曜平、池田和代、杵川文彦、谷内田達夫、高田忠幸、久米広大、鎌田正紀、出口一志、
峠 哲男、正木 勉、樋口 理、中根俊成
55.第 51 回日本消化器免疫学会総会 2014.7.10-11, 京都市
C型慢性肝疾患患者における自己免疫現象とインスリン抵抗性との関連について
樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、正木 勉
56.日本進化学会 第 16 回大阪大会 2014.8.21-24, 高槻市
ヒト・マイクロRNAの生起時期と発現量及びターゲット機能
岩間久和、藤田浩二、井町仁美、村尾孝児、正木 勉
57.第 9 回日本病院総合診療医学会学術総会 2014.9.19-20, 高崎市
甲状腺ホルモン補充療法による CEA の変化に関する検討
舛形 尚、千田彰一、樋本尚志、犬飼道雄、谷内田達夫、合田文則、岡田宏基
58.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
NASHに対するメトホルミン作用機序に関連するマイクロRNAの網羅的解析
森下朝洋、桂 明子、谷 丈二、坂本鉄平、龍田美和、藤田浩二、前田瑛美子、野村貴子、
三好久昭、米山弘人、正木
勉
59.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
メトホルミンはNASHマウスモデルにおいて肝線維化の進行を抑制する
藤田浩二、坂本鉄平、桂 明子、前田瑛美子、龍田美和、山名由花、三村志麻、野村貴子、
谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、樋本尚志、正木 勉
60.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
高度脈管侵襲を伴う切除不能進行肝細胞癌に対する内科的治療戦略
谷
丈二、野村貴子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、永野拓也、高口浩一、守屋昭男、
安東正晴、小川 力、正木
勉
61.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
当院における肝硬変に合併した難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注療法(CART)
の現状~トルバプタンとの併用効果も含めて~
三好久昭、坂本鉄平、野村貴子、谷 丈二、森下朝洋、米山弘人、正木 勉
62.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
門脈圧亢進症を有する肝障害度Cの肝細胞癌症例に対する摘脾の有効性
野村貴子、谷
丈二、出口章広、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、山本尚樹、岡野圭一、
鈴木康之、正木 勉
63.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
パネルディスカッション4(肝臓学会・消化器病学会・消化器内視鏡学会・消化器外科学
会合同) 自己免疫性肝胆疾患:病態解析と治療の工夫
治療抵抗性の原発性胆汁肝硬変に関連する microRNA の同定
坂本鉄平、森下朝洋、正木
勉
64.第 18 回日本肝臓学会 2014.10.23-26, 神戸市
ワークショップ 8(日本肝臓学会・消化器病学会合同) 生活習慣と肝病態の変遷:明日の肝
臓病学に向けて
非アルコール性脂肪肝炎患者における抗核抗体とインスリン抵抗性との関連について
樋本尚志、米山弘人、正木
勉
65.第 56 回日本消化器病学会 2014.10.23-26, 神戸市
当院における中腸回転異常症の成人発見21症例の検討
小林伸也、松岡裕士、桑村英里、波間大輔、渡邊桂子、細見直樹、阿河直子、山下拓磨、
小林聖幸、正木 勉
66.第 56 回日本消化器病学会 2014.10.23-26, 神戸市
胆管癌におけるガレクチン-9の増殖抑制効果に関連するmi-RNAの同定
小林聖幸、藤田浩二、大倉亮一、龍田美和、桂
明子、野村
圭、谷
丈二、三好久昭、
坂本鉄平、藤森崇行、加藤清仁、鎌田英紀、米山弘人、樋本尚志、正木 勉
67.第 88 回日本消化器内視鏡学会 2014.10.23-26, 神戸市
ワークショップ 5(消化器内視鏡学会)
ESD Update:手技とデバイスの進歩からみた新たな
可能性は?-下部消化管大腸 ESD におけるはさみ型 Clutch Cutter 併用の安全性及び有用
性に関する比較検討
谷内田達夫、小原英幹、森
宏仁
68.第 88 回日本消化器内視鏡学会 2014.10.23-26, 神戸市
当院における急性胆嚢炎に対する内視鏡的治療の成績と工夫
藤森崇行、鎌田英紀、小林聖幸、大倉亮一、加藤清仁、正木 勉
69.第 88 回日本消化器内視鏡学会 2014.10.23-26, 神戸市
NBI拡大内視鏡にて範囲診断困難であったピロリ除菌後胃癌の3例の検討
小島康司、内多訓久、岩崎丈絋、川田 愛、中山 瑞、岡崎三千代、岩村伸一、西山典子、
小原英幹、森 宏仁
70.第 88 回日本消化器内視鏡学会 2014.10.23-26, 神戸市
優秀演題
消化管救急医療における Over-The-Scope-Clip の臨床的有用性
小原英幹、森
宏仁、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、綾木麻紀、谷内田達夫、尾立磨
琴、正木 勉
71.第 88 回日本消化器内視鏡学会 2014.10.23-26, 神戸市
悪性十二指腸狭窄に対するメタリックステント留置術にて偶発症を来たした2症例
小林聖幸、鎌田英紀、山下拓磨、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、筒井邦彦、正木 勉
72.第 88 回日本消化器内視鏡学会 2014.10.23-26, 神戸市
ワークショップ 21(消化器内視鏡学会・消化器病学会・消化器外科学会合同) 胆管結石
治療困難例への戦略《ビデオ》
巨大胆管結石に対する直接胆道鏡下 EHL 砕石術における当院での工夫
加藤清仁、鎌田英紀、正木
勉
73.第 12 回日本消化器外科学会 2014.10.23-26, 神戸市
優秀演題
十二指腸乳頭部癌における病理組織学的サブタイプを含む予後規定因子の検討
大島 稔、岡野圭一、谷内田真一、串田吉生、加藤清仁、鎌田英紀、和唐正樹、西平友彦、
福田 洋、前場隆志、井上秀幸、正木 勉、鈴木康之
74.第 67 回日本自律神経学会総会 2014.10.30-31, さいたま市
自律神経の診かた
Head-up tilt 試験・起立試験
出口一志
75.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
マイクロスフィアを用いた冠動脈塞栓術が有効であった巨大肝細胞癌の一例
山名浩喜、出口章広、河野寿明、藤田直樹、富田悠介、西
理子、吉武
晃、井上秀幸、
國土泰孝、正木 勉
76.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
長時間にわたり肝血管腫として経過観察された細胆管癌の1例
杉森千聖、出口章広、河野寿明、山名浩喜、藤田直樹、冨田悠介、西
井上秀幸、國土泰孝、正木
理子、吉武
晃、
勉
77.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
繰り返す膵炎を契機に発見された choledococele の1例
小野正大、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、正木 勉
78.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
Uncovered Metallic Stent が有用だった下部胆管腫瘍の一例
河野知樹、菅間一乃、藤森絢子、尾立磨琴、森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、
千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木
勉
79.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
肺動脈血栓塞栓症を契機に発見された上行結腸癌重積の1例
中原麻衣、山名佳美、室田将之、橋本
正木 勉
希、近藤彰宏、竹林隆介、近藤昭宏、岡田節雄、
80.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
急性および慢性閉塞症状をきたした腸管子宮内膜の2例
菅間一乃、河野知樹、藤森絢子、尾立磨琴、森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、
千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木
勉
81.第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
当院でけいけんした広範な消化管病変を認めた成人 Henoch-Schonlein 紫斑病の2症例
桑村英里、松岡裕士、波間大輔、小林伸也、阿河直子、正木 勉
82.第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
減黄に苦慮した膵頭部癌による閉塞性黄疸の1例
藤田直樹、小野昌弘、河野寿明、山名浩喜、冨田悠介、西
井上秀幸、千代大翔、正木
理子、吉武
晃、出口章広、
勉
83.第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
人間ドックの上部消化管内視鏡検査で発見された Helicobacter Pylori 陰性胃癌の1例
小林三善、野村貴子、松井崇矩、野上晃司、森田 翼、安田 貢、前田 剛
84.第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
早期胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術に対するネオベール貼付の効果についての検討
山名佳美、中原麻衣、室田將之、正木 勉
85.第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会 2014.11.2-3, 高松市
急性胆嚢炎により惹起されたイレウスに対して経胃瘻的イレウス管留置が奏功した1例
波間大輔、松岡裕士、桑村英里、小林伸也、山下拓磨、渡邊桂子、小林聖幸、正木 勉
86.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム1 がん診療の最前線-肝胆膵-
脈管侵襲を伴う高度進行肝細胞癌に対する当科の治療戦略
谷 丈二、大浦杏子、西岡智子、前田瑛美子、三村志麻、藤田浩二、坂本鉄平、野村貴子、
三好久昭、米山弘人、森下朝洋、正木 勉
87.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム1 がん診療の最前線-肝胆膵-
肝細胞癌に対する薬剤溶出性ビーズの初期治療成績
出口章広、國土泰孝、河野寿明、藤田直樹、山名浩喜、富田悠介、西
理子、吉武
晃、
井上秀幸、正木 勉
88.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム2 がん診療の最前線-消化管-
大腸ESDにおけるはさみ型デバイス併用の有用性に関する比較検討
谷内田達夫、小原英幹、千代大翔、松永多恵、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、森
宏
仁、正木 勉
89.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
当院における総胆管結石に対する Endoscopic papillary large balloon dilation(EPLBD)
の検討
加藤清仁、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、正木 勉
90.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
当院における膵疾患に対する interventional EUS の現状
藤森崇行、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、加藤清仁、正木 勉
91.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
当院における胆道疾患に対する interventional EUS の現状
小林聖幸、鎌田英紀、山下拓磨、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、正木 勉
92.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
結腸巨大有茎性ポリープに対する内視鏡的茎部切除の有用性
千代大翔、森
宏仁、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、綾木麻紀、谷内田達夫、小原英
幹、正木 勉、尾立磨琴
93.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
Submucosal tumor に対する粘膜下トンネル生検法の臨床経験からみえた利点と課題-Peel
and Peeping method の ESD への応用も踏まえて-
菅間一乃、河野知樹、藤森絢子、井上達史、尾立磨琴、小原英幹、森
宏仁、西山典子、
藤原新太郎、千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木 勉
94.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
内視鏡治療偶発症および術後合併症において Over-The-Scope Clip(OTSC)は有用である
河野知樹、菅間一乃、藤森絢子、井上達史、尾立磨琴、小原英幹、森
宏仁、西山典子、
藤原新太郎、千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木 勉
95.第 102 回日本消化器病学会四国支部例会・第 113 回日本消化器内視鏡学会四国支部例会
2014.11.2-3, 高松市
合同シンポジウム3(ビデオシンポジウム) 内視鏡治療の最前線
子宮頸部出血に対する内視鏡的止血凝固術の臨床応用
松永多恵、森
宏仁、小原英幹、千代大翔、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、谷内田達
夫、正木 勉
96.平成 26 年度香川県医学会 2014.11.9, 丸亀市
有症状の慢性膵炎症例に対して超音波内視鏡下胃膵吻合が有用であった1例
小塚和弘、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、正木 勉
97.平成 26 年度香川県医学会 2014.11.9, 丸亀市
当院におけるEUS導入後の取り組みと診断・治療の現況
松三明宏、幡
英典、上田英次郎、須藤
梢、寺澤裕之、竹内桂子、森藤由記、遠藤日登
美、石原慎一、秋田光洋、神野秀基、鎌田英紀、今川
晴
98.平成 26 年度香川県医学会 2014.11.9, 丸亀市
肝細胞癌に対する薬剤溶出性ビーズの初期治療成績
敦、守屋昭男、中津守人、安東正
出口章広、山名浩喜、藤田直樹、河野寿明、富田悠介、西
理子、吉武
晃、井上秀幸、
國土泰孝、正木 勉
99.平成 26 年度香川県医学会 2014.11.9, 丸亀市
集学的治療が奏功した高度門脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌の1例
多田尚矢、谷 丈二、大浦杏子、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、正木 勉
100.平成 26 年度香川県医学会 2014.11.9, 丸亀市
急性B型肝不全の1例
中林良太、谷 丈二、大浦杏子、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、正木 勉
101.平成 26 年度香川県医学会 2014.11.9, 丸亀市
1年前からの、下痢、腹痛を主訴とした、成人のエルシニア腸炎の1例
石濱英暢、杉元由佳、北中則子、新谷高理、加藤清仁、平田修三、神野敬祐
102.第 44 回日本臨床神経生理学会学術大会 2014.11.19-21, 福岡市
種々の清拭が,安静時脳波と主観的心理テストに与える影響について:パワースペクトラ
ム解析による評価
峠 哲男、筒井邦彦、榊原智子、清水裕子、堀田明登
103.第 44 回日本臨床神経生理学会学術大会 2014.11.19-21, 福岡市
Babinski 徴候を認め,運動誘発電位検査により錐体路障害を確認できたギランバレー症候
群の1例
久米広大、鎌田正紀、國土曜平、高田忠幸、池田和代、出口一志、正木 勉、峠 哲男
104.第 111 回日本内科学会四国地方会 2014.11.30, 松山市
当院における PEG 困難症例の検討
小林伸也、松岡裕士、桑村英里、波間大輔、渡邊桂子、阿河直子、合田吉徳、山下拓磨、
小林聖幸、正木 勉
105.第 111 回日本内科学会四国地方会 2014.11.30, 松山市
門脈血栓を有する門脈圧亢進症に伴った肺動脈性肺高血圧症の1例
大久保友人、河上
良、飛梅
淳、石川かおり、村上和司、野間貴久、大森浩二、河野雅
和、坂本鉄平、正木 勉
106.第 97 回日本神経学会中国・四国地方会 2014.12.6, 広島市
フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)とレボカルニチンの併用療法によりジストニア
に改善を認めたL-2-ヒドロキシグルタル酸尿症(L2HGA)の1例
久米広大、國土曜平、高田忠幸、池田和代、鎌田正紀、出口一志、正木 勉、峠 哲男
107.第 97 回日本神経学会中国・四国地方会 2014.12.6, 広島市
ビタミンB1(VB1)欠乏下にギラン・バレー症候群(GBS)軸索型を併発したと考えら
れる1例
高田忠幸、國土曜平、久米広大、池田和代、鎌田正紀、出口一志、峠 哲男、正木 勉
108.第 97 回日本神経学会 中国・四国地方会 2014.12.6, 広島市
尿路感染症を契機に反復するADH分泌異常症候群(SIADH)を呈した多系統萎縮症
(MSA)の1例
國土曜平、池田和代、高田忠幸、久米広大、鎌田正紀、出口一志、峠 哲男、正木 勉
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
30
File Size
393 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content