close

Enter

Log in using OpenID

新規受注及び海外展開に関するお知らせ

embedDownload
平成 17 年 11 月 17 日
各位
会社名 プレス工業株式会社
(URL http://www.presskogyo.co.jp)
代表者名
代表取締役社長 並木彰一
(コード番号 7246 東証・大証第 1 部)
問合せ先 総務部長 山口有基
(TEL 044-276-3901)
新規受注及び海外展開に関するお知らせ
当社は、直近の新規受注及び海外展開について、下記のとおりお知らせいたします。
記
I.新規受注について
1.三菱自動車工業(株)からの新規受注について
1) 受注内容
RV系(チャレンジャー・パジェロ・ストラーダ・デリカ等)リヤアクスルのユニット
組立
※ 上記は、三菱自動車工業(株)子会社のパジェロ製造(株)において製造している工程を当
社に移管するものであります。なお、現在、当社藤沢工場において同リヤアクスルの溶接
組立~機械加工(新規受注により平成 15 年 6 月から生産開始)を行っており、今般の受注
により完成アクスルユニットまでの受注となります。
2) 生産開始時期
平成 18 年 1 月
3) 売上見込み
年間約 2,700 百万円
4) 生産場所
当社藤沢工場
2.マツダ(株)からの新規受注について
1) 受注内容
ボンゴトラック・ボンゴブローニイトラック・タイタンダッシュのフレーム製造
※ 上記は、(株)ワイテックにおいて製造している工程を当社に移管するものであります。
なお、現在、当社尾道工場において上記 3 車種のトラック組立(新規受注により平成 15 年
5 月から生産開始)を行っており、今般の受注によりフレーム製造~車両組立までの一貫受
注となります。
2) 生産開始時期
平成 18 年 1 月
3) 売上見込み
年間約 840 百万円
4) 生産場所
当社尾道工場
II.海外展開について
【米国における展開】
1. 米国子会社間の合併について
平成 17 年 7 月 15 日付「海外連結子会社間の合併に関するお知らせ」で公表いたしまし
た当社米国子会社 PK U.S.A., INC.(以下 PKUSA)と BLUE RIVER STAMPING, INC.
(以下 BRS)の合併については、当初予定どおり平成 17 年 9 月 1 日付で実施いたしまし
た。
なお、今回の合併に際して、従前の PKUSA 工場をインディアナ第 1 工場、BRS 工場を
インディアナ第 2 工場と称することといたしました。
【タイ国における展開】
1. 合弁会社設立について
平成 16 年 12 月 21 日付「タイ国における合弁会社設立に関するお知らせ」において公表
いたしました合弁会社について、下記のとおり新会社を設立いたしました。
なお、当初は資本金 20,000 千 BAHT、出資比率:当社 65%・THAI SUMMIT AUTO
PARTS INDUSTRY CO., LTD.(以下 TSA)35%で設立する予定でしたが、今回は第 1 ス
テップとして資本金 13,000 千 BAHT、出資比率:当社 100%で平成 17 年 9 月に PRESS
KOGYO (THAILAND) CO., LTD.を設立いたしました。今後、第 2 ステップとして当初予
定の資本金、出資比率にする予定(平成 17 年中に実施予定)であります。
【新会社の概要】
(1)会社名
PRESS KOGYO (THAILAND) CO., LTD.
(2)所在地
BANGKOK, THAILAND
(3)設立日
平成 17 年 9 月 9 日設立
(4)資本金
13,000 千 BAHT
(5)出資比率
当社:100%
(6)事業内容
タイ国における TIER-1 サプライヤーとして、開発・受注~製造~品質保
証までの一貫体制を担う(製造は既存の合弁会社 3 社が行う)
(7)決算期
12 月
2. 既存の合弁会社 3 社の出資比率について
平成 16 年 12 月 21 日付「タイ国における合弁会社設立に関するお知らせ」において公表
いたしました既存の合弁会社 3 社(THAI SUMMIT PKK CO., LTD.(以下 TSPKK)
・THAI
SUMMIT PKK BANGNA CO., LTD. ( 以 下 TSPKK-B )・ THAI SUMMIT PKK
ENGINEERING CO., LTD.(以下 TSPKK-E)
)の当社出資比率を 49%から 50%にするこ
とについて、その時期を上記 1 の第 2 ステップと同時期(平成 17 年中に実施予定)にする
ことといたしました。
なお、当初は既存の合弁会社 3 社を連結子会社化することを前提に平成 18 年 3 月期業績
予想を公表いたしておりましたが、
平成 18 年 3 月期は従前どおり持分法適用関連会社とし、
平成 19 年 3 月期から連結子会社化することといたしました。
【既存の合弁会社 3 社の概要】
会社名
資本金
(千 BAHT)
現行出資比率
変更後出資比率
当社
TSA
当社
TSA
事業内容
TSPKK
300,000
49%
51%
50%
50%
自動車部品の製造
TSPKK-B
150,000
49%
51%
50%
50%
自動車部品の製造
TSPKK-E
50,000
49%
51%
50%
50%
エンジニアリング業務
金型の製造
3. SIAM AUTO MANUFACTURING CO., LTD.の株式取得について
TSPKK は、SIAM NISSAN AUTOMOBILE CO., LTD.(以下タイ日産)からピックア
ップトラックのフレームの製造会社である SIAM AUTO MANUFACTURING CO., LTD.
(以下 SAM)の株式を全量取得(平成 17 年 12 月に実施予定)し、TSPKK の子会社とす
ることを予定しております。
1)株式取得の目的
当社はタイ国において上記 1・2 の 4 社体制のもと、主としてピックアップトラックのフ
レーム・アクスルを製造・販売いたしております。
現在、タイ日産次期ピックアップトラックのフレーム受注をはじめとする各社からの新
規受注とタイ国得意先各社の増産に対応するため、当社グループは設備の増強とスペース
の確保を進めております。
その一環として、タイ日産より、現行のピックアップトラックのフレームを製造してい
る SAM を TSPKK が取得し子会社とすることでタイ国における生産体制を強化し、更に今
後の事業拡大をはかる計画であります。
2)異動する子会社(SAM)の概要
(1)商号
SIAM AUTO MANUFACTURING CO.,
LTD.
(2)所在地
CHONBURI, THAILAND
(3)主な事業内容
(4)決算期
(5)従業員数
自動車部品(フレーム)の製造・販売
12 月
106 名(平成 16 年 12 月 31 日現在)
【米国・タイ国における生産体制】
上記展開後の米国・タイ国における生産体制については、こちらをご参照下さい。
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
181 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content