close

Enter

Log in using OpenID

第132期(平成26年度)

embedDownload
第 132期第2四半期
株主のみなさまへ
平成26年₄月₁日から
平成26年₉月30日まで
ISO9001 認証
JQA-1050
ISO14001 認証
JQA-EM0365
大阪府東大阪市四条町12番8号
トピックス
今年もJAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2014のテーマゾーン
「キラリ!DIY女子」に出展いたしました。
◆展示会概要
JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2014 テーマゾーン「キラリ!DIY女子」
日 時 2014年8月28日(木)~8月30日(土)
会 場 幕張メッセ国際展示場
◆出展コンセプト
~もっと身近にDIY!リビングにMY工具~
昨年度大好評をいただいた「自分でできる!工具を使って
DIY」をより身近に感じていただくため、また、昨今ブームと
なっているDIYを、特別な趣味としてだけではなく日常生活の
一部として当たり前に楽しんでいただくた
め、株式会社ロブテックスは「身近に工具の
ある生活」をご提案いたします。
【展示ブース】
◆出展内容
・おしゃれ工具セットDIYショー限定販売
・工具体験コーナー
・ワークショップ【ランプシェード作り】
【ランプシェード作り】
【おしゃれ工具セットDIYショー限定販売】
「夏の9時間耐久まつり2014」に当社が協賛しましたレースチーム
「ロブスターVWポロGTI・Café・Paddock R.T」が参戦し、クラス優勝を果たしました。
◆レース概要
欧州車とクラシックカーとスーパーカーによる
「夏の9時間耐久まつり2014」
日 時 2014年8月3日(日)
会 場 セントラルサーキット
兵庫県多可郡多可町中区坂本草山521-1
◆チーム概要
ロブスターVWポロGTI・Café・Paddock R.T
(ロブスターフォルクスワーゲンポロジーティーアイ
・カフェ・パドック レーシング・チーム)
協賛内容 今年度、株式会社ロブテックスはチームスポンサーとして協賛し、その走りを応援。当日は、
弊社のブランドロゴが施された車体が走りました。
1
株主のみなさまへ
株主のみなさまには、日頃から温かいご支援をた
まわり厚く御礼申し上げます。
さて、ここに第132期第2四半期決算の報告をお届
けいたしますので、ご高覧たまわりますようお願い
申し上げます。
当第2四半期連結累計期間のわが国経済は政府の
経済政策等により企業収益や雇用情勢が改善される
など、緩やかな景気回復の動きが持続しました。し
かしながら、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要
の反動に加え、円安による原材料価格・エネルギー
コストの上昇、地政学的リスクや新興国経済の減速
といった世界的な景気下振れ懸念もあって、先行き
は不透明な状況となっています。
このような状況の下、当社グループは2014年度の
経営スローガンを「昨日と違う今日を創るため 常
識の壁を破り 感性で行動します」と定め、これま
での常識にとらわれること無く、知識と経験、デー
タに基づく感性豊かな大胆な発想力と行動力により、
大きな飛躍への一歩を踏み出す年度とすべく、活動
してまいりました。その結果、売上高は前年同期比
0.2%増の26億7千1百万円(前年同期26億6千5百
万円)となり、利益面では、生産部門における原価
低減の推進や経費管理の徹底を継続的に取り組みま
したものの、前年同期の退職給付信託資産の運用状
況好転影響が無くなったことを主因に、営業利益で
同3.5%減の2億4千7百万円(同2億5千6百万円)、
経常利益で同0.9%減の2億9百万円(同2億1千1
百万円)となり、四半期純利益では前年同期の固定
資産除却損が無くなり、同11.2%増の1億2千5百万
円(同1億1千3百万円)となりました。
セグメントの業績を示すと、次のとおりです。
<金属製品事業>
国内売上は前年同期に比べ減少しました。ハンド
ツール部門では電設工具が拡販施策により増加した
ものの、前年同期のレンチ類におけるOEM品需要
等が無くなったことにより減少し、ファスニング部
門では、新型エアーリベッター・コードレスリベッ
ターの好調な販売は継続しておりますが、工業用フ
ァスナーは大型案件需要が低調となり減少しました。
切削工具部門ではOEM品需要が落ち着きを見せた
ことにより、減少いたしました。海外売上は前年同
期に比べ増加しており、大洋州向けのファスニング
ツールの減少はありましたものの、ハンドツール部
門での韓国向けの拡販努力によるモンキレンチ、圧
着工具、プライヤ類の増加等、総じて堅調に推移し
ました。その結果、金属製品事業の合計売上高は前
年同期比0.4%増の25億5千4百万円(前年同期25億
4千5百万円)となりました。利益面では、前述の
前年同期の退職給付信託資産の運用状況好転影響が
無くなったことを主因に、営業利益が同3.6%減の1
億9千2百万円(同1億9千9百万円)となりました。
<レジャーその他事業>
ゴルフ練習場への入場者数は前年同期に対し増加
いたしましたものの、消費税率引き上げに関する価
格転嫁対応を第2四半期以降としたことに加え、お
客様一人当たり売上高の低下傾向継続もあって、売
上高は前年同期比2.5%減の1億1千7百万円(前年
同期1億2千万円)となり、営業利益は、同3.1%減
の5千4百万円(同5千6百万円)となりました。
株主のみなさまには、変わらぬご支援、ご指導を
たまわりますようお願い申し上げます。
平成26年12月
取締役社長
地引俊爲
2
連結業績の推移
● 営業成績
区 分
● 金属製品事業における品種別の売上高構成比
その他
0.2%
電設工具
11.9%
第125期 第126期 第127期 第128期 第129期 第130期 第131期 第132期
通期予想
(2008年
(2009年
(2010年
(2011年
(2012年
(2013年
(2014年
(第2四半期)
₃月期)
₃月期)
₃月期)
₃月期)
₃月期)
₃月期)
₃月期)
経常損益
(百万円)
94 △ 344
(17) (△55)
当期純損益 △ 114 △ 334
(百万円)
(△91) (△55)
157
353
336
345
499
500
(92) (148) (126) (123) (211) (209)
90
(44)
222
(63)
219
(67)
作業工具
29.7%
切削工具
7.8%
売 上 高 6,492
5,291
4,532
5,473
5,437
5,442
5,581
5,830
(百万円) (3,068) (3,066) (2,190) (2,607) (2,645) (2,608) (2,665) (2,671)
2014年9月期
2,554百万円
222
290
290
(76) (113) (125)
1株当たり
9.63
23.59
23.33
23.68
30.90
30.82
当期純損益 △11.72 △35.31
(△9.34)(△5.80) (4.73) (6.70) (7.16) (8.08) (12.01) (13.36)
(円)
ファスニング
ツール
14.6%
工業用ファスナー
35.8%
(注)
( )は第2四半期の数値であります。
● 売上高
● 当期純損益
(百万円)
7,500
0
通期
6,492
5,291
5,000
2,500
(百万円)
3,068
5,473
3,066
’
09.3
5,442
(通期予想)
5,581
4,532
2,190
’
08.3
5,437
第2四半期
’
10.3
5,830
2,607
2,645
2,608
2,665
2,671
’
11.3
’
12.3
’
13.3
’
14.3
’
14.9
219
222
63
67
76
’
11.3
’
12.3
’
13.3
90
△91
△114
’
08.3
△55
△334
’
09.3
44
’
10.3
290
113
125
’
14.3
’
14.9
(円)
通期
500
400
353
300
200
3
222
(通期予想)
● 1株当たり当期純損益
600
0
△500
第2四半期
290
100
0
(百万円)
△500
通期
300
200
● 経常損益
100
400
157
94
17
△55
△344
’
08.3
’
09.3
92
’
10.3
148
’
11.3
336
第2四半期
499 (通期予想)
500
345
123
’
12.3
’
13.3
通期
30
23.59
23.33
23.68
6.70
7.16
8.08
’
11.3
’
12.3
’
13.3
第2四半期
30.90(通期予想)
30.82
20
211
126
40
209
0
’
14.3
’
14.9
9.63
10
△40
△9.34 △5.80
△11.72 △35.31
’
08.3
’
09.3
4.73
’
10.3
12.01
13.36
’
14.3
’
14.9
四半期連結財務諸表
● 四半期連結貸借対照表
平成26年₉月30日現在
● 四半期連結損益計算書
平成26年₄月₁日から
平成26年₉月30日まで
(単位:千円)
科
目
金
額
(資 産 の 部)
流 動 資 産
1,143,764
商品及び製品
945,915
仕
品
226,758
原材料及び貯蔵品
198,472
そ
の
他
169,098
貸 倒 引 当 金
△ 4,624
固 定 資 産
2,660,397
有形固定資産
2,156,148
建
物
842,454
土
地
738,508
そ
の
他
金
流 動 負 債
買
1,587,212
受取手形及び売掛金
掛
目
575,184
37,037
投資その他の資産
467,211
資
産
合
計
6,926,996
965,265
販 売 費 及 び 一 般 管 理 費
717,919
464,750
営
247,345
1,325,068
営
未払法人税等
74,017
他
固 定 負 債
長 期 借 入 金
1,130,322
役員退職慰労引当金
3,120
退職給付に係る負債
40,412
そ
負
の
債
合
他
151,214
計
4,021,793
売
売
株 主 資 本
資
原
総
利
業
業
利
外
益
収
益
受取利息及び受取配当金
3,171
そ
7,485
営
の
業
他
外
費
支
払
利
息
24,767
売
上
割
引
22,268
他
1,067
そ
2,677,327
の
960,000
経
常
利
益
資 本 剰 余 金
491,045
特
別
損
失
利 益 剰 余 金
1,375,273
己
株
式
△148,991
その他の包括利益累計額
102,468
102,468
少数株主持分
125,407
固
定
資
産
除
却
損
税金等調整前四半期純利益
法
人
10,656
用
金
自
本
上
上
(純 資 産 の 部)
その他有価証券評価差額金
無形固定資産
益
1,912,731
上
額
1,706,217
短 期 借 入 金
売
金
価
245,225
の
目
2,671,482
金
そ
科
高
2,696,724
掛
(単位:千円)
額
(負 債 の 部)
4,266,598
現金及び預金
科
税
48,103
209,898
39
39
209,859
等
78,431
少数株主損益調整前四半期純利益
131,428
計
2,905,203
少
数
株
主
利
益
5,698
負債純資産合計
6,926,996
四
半
期
純
利
益
125,730
純
資
産
合
(注)記載金額は千円未満を切捨てて表示しています。
(注)記載金額は千円未満を切捨てて表示しています。
4
● 四半期連結キャッシュ・フロー計算書
平成26年₄月₁日から
平成26年₉月30日まで
(単位:千円)
科
目
金
額
営業活動によるキャッシュ・フロー
31,828
投資活動によるキャッシュ・フロー
△ 30,479
財務活動によるキャッシュ・フロー
66,457
現金及び現金同等物に係る換算差額
460
現金及び現金同等物の増加額
68,266
現金及び現金同等物の期首残高
1,192,345
現金及び現金同等物の四半期期末残高
1,260,612
(注)記載金額は千円未満を切捨てて表示しています。
● 子会社
会
社
設
資
本
名
株式会社ロブテックス
ファスニングシステム
鳥取ロブスターツール
株式会社
株式会社ロブエース
株式会社ロブメディカル
立
昭和63年₇月₂日
平成₂年12月₆日
平成₃年₈月₈日
平成₂₀年₆月₄日
金
1,000万円
5,000万円
5,000万円
1,000万円
出 資 比 率
65%
100%
100%
100%
住
東京都中央区日本橋
堀留町₁-₅-11
堀留Dビル₅階
鳥取県西伯郡大山町
高田1213番地₁
大阪府八尾市上尾町
₆丁目₁番地
大阪府東大阪市四条町
12番₈号
金属製品製造業
ゴルフ練習場
医療機器の製造販売
地引俊爲
地引俊爲
平田正紘
地引俊爲
所
事 業 内 容
代表取締役
5
ファスニングツール
工業用ファスナー卸売業
地引俊爲
川邉裕一
会社の概要
設
立
資 本
金
発行済株式総数
本店所在地
従 業 員 数
製造販売品目
大正12年₈月12日
9億6千万円
10,000,000株
東大阪市四条町12番₈号
87名(連結168名)
作
業
工
具
ファスニングツール
電
設
工
具
切
削
工
具
工業用ファスナー
平成26年₉月30日現在
● 株式の状況(平成26年₉月30日現在)
発行可能株式総数
45,000千株
発行済株式総数
10,000千株
株主総数
1,081名
所有者別
合計
1,081名
個人その他
91.67%
事 業 所
本
証券会社 1.67%
その他の法人 5.92%
金融機関 0.74%
社/東大阪市四条町12番₈号(〒579 - 8053)
☎072-980-1110㈹
金融機関 10.16%
証券会社 0.95%
大阪営業所/東大阪市四条町12番₈号(〒579 - 8053)
☎072-980-1111㈹
東京営業所/東京都板橋区高島平₂丁目₆番₄号(〒175 - 0082)
☎03-3550-3671㈹
名古屋営業所/名古屋市北区八竜町₁丁目40番地(〒462 - 0805)
☎052-915-0431㈹
福岡営業所/福岡市博多区山王₁丁目₇番₉号(〒812 - 0015)
☎092-431-0395㈹
その他の法人
合計
19.07%
10,000千株
個人その他
69.82%
● 役員 取 締 役 社 長
(代表取締役)
地
引
俊
爲
取
締
役
豊
尚
規
取
締
役
山
島
常 勤 監 査 役
林
邦
男
藤
本
昇
監
査
役
監
査
役
稲
口
垣
正
貞
光
男
6
株 主 メ モ
事
業
年
度
₄月₁日から翌年₃月31日まで
期末配当金受領
株 主 確 定 日
₃月31日
中間配当金受領
株 主 確 定 日
9月30日
定 時 株 主 総 会
毎年₆月
株主名簿管理人
特別口座の口座管理機関
三菱UFJ信託銀行株式会社
各種お問合せ先
郵 便 物 送 付 先
三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
〒541-8502 大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
電話 0120-094-777(通話料無料)
〔受付時間 9:00~17:00(土、日、祝祭日、年末年始を除く)
〕
ホームページ http://www.tr.mufg.jp/daikou/
上場証券取引所
公 告 の 方 法
東京証券取引所
電子公告により行う。
公告掲載URL http://www.lobtex.co.jp/lobtex/ir/
(ただし、電子公告によることができないやむを得
ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載いた
します。
)
(ご注意)
1. 株主様の住所変更、買取請求その他各種お手続きにつきましては、原則、
口座を開設されている口座管理機関(証券会社等)で承ることとなっており
ます。口座を開設されている証券会社等にお問合せください。株主名簿管理
人(三菱UFJ信託銀行)ではお取り扱いできませんのでご注意ください。
2. 特別口座に記録された株式に関する各種お手続きにつきましては、三菱UFJ
信託銀行が口座管理機関となっておりますので、上記特別口座の口座管理機
関(三菱UFJ信託銀行)にお問合せください。なお、三菱UFJ信託銀行全国各
支店にてもお取次ぎいたします。
3. 未受領の配当金につきましては、三菱UFJ信託銀行本支店でお支払いいたし
ます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
576 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content