close

Enter

Log in using OpenID

当日の参考資料はこちらにあります

embedDownload
シンポジウム「ノマドとしてのイメージ――ハンス・ベルティング『イメージ人類学』再考」
加藤哲弘(関西学院大学)
2015 年 3 月 16 日 13:30-18:00
於立命館大学衣笠キャンパス、アートリサーチセンター多目的ルーム
ヴァールブルクとイメージ人類学
はじめに
おわりに
☆関係文献一覧
- Hans Belting(et al, Hg.), Kunstgeschichte: eine Einführung. Berlin: Reimer, 7.,
überarb. und erw. Aufl., 2008 (1. Aufl., 1986).
- Hans Belting, Das Bild und sein Publikum im Mittelalter: Form und Funktion früher
Bildtafeln der Passion. -- Mann, 1995, c1981.
- Hans Belting, Bild und Kult: eine Geschichte des Bildes vor dem Zeitalter der Kunst.
München : C. H. Beck, 1990.
- Hans Belting, Bild-Anthropologie: Entwürfe für eine Bildwissenschaft. München: W.
Fink, 2001.
- Hans Belting, Florenz und Bagdad: eine westöstliche Geschichte des Blicks. München:
C.H. Beck, 2008.
・ベルティング『美術史の終焉?』元木幸一訳、勁草書房、1991 年。
・ベルティング『ドイツ人とドイツ美術:やっかいな遺産』仲間裕子訳、晃洋書房、1998
1
年。
・ベルティング『イメージ人類学』仲間裕子訳、平凡社、2014 年。
・ベルティング『マックス・ベックマン:近代芸術における伝統の問題』岡部由紀子訳、
三元社、2015 年。
・カッシーラー『言語』生松敬三、木田元訳(シンボル形式の哲学 1)岩波書店、1989 年。
・カッシーラー『神話的思考』木田元訳(シンボル形式の哲学 2)岩波書店、1991 年。
・カッシーラー『認識の現象学』木田元、村岡晋一訳(シンボル形式の哲学 3-4)岩波書店、
1994-1997 年。
・ゴンブリッチ『アビ・ヴァールブルク伝:ある知的生涯』鈴木杜幾子訳、晶文社、1986
年。
・ミッチェル『イコノロジー:イメ-ジ・テクスト・イデオロギー』鈴木聡、藤巻明訳、勁
草書房、1992 年。
- Julius von Schlosser, Tote Blicke: geschichte der porträtbildnerei in Wachs; ein
Versuch, herausgegeben von Thomas Medicus. Berlin: Akademie Verlag, 1993.
・ヴァールブルク『サンドロ・ボッティチェッリの『ウェヌスの誕生』と『春』
:イタリア
初期ルネサンスにおける古代表象に関する研究』富松保文訳、伊藤博明監訳(ヴァールブ
ルク著作集1)ありな書房、2003 年。
・ヴァールブルク『蛇儀礼―北アメリカ、プエブロ・インディアン居住地域からのイメー
ジ』加藤哲弘訳(ヴァールブルク著作集7)ありな書房、2003 年。
・ヴァールブルク「デューラーとイタリア的古代」加藤哲弘訳『デューラーの古代性とス
キファノイア宮の国際的占星術』(ヴァールブルク著作集5、第1章)ありな書房、2003
年、7-34 頁。
・ヴァールブルク「肖像芸術とフィレンツェの市民階級―サンタ・トリニタ聖堂のドメニ
コ・ギルランダイオ、ロレンツォ・デ・メディチとその一族の肖像」岡田温司訳『フィレ
ンツェ市民文化における古典世界』
(ヴァールブルク著作集2、第3章)ありな書房、2004
年、65-116 頁。
・ヴァールブルク「ブルゴーニュのタピスリーに見られる働く農民」加藤哲弘訳『フィレ
ンツェ文化とフランドル文化の交流』
(ヴァールブルク著作集3、第6章)ありな書房、2005
年、109-125 頁。
・ヴァールブルク「中世の表象世界における飛行船と潜水艇」加藤哲弘訳『ルネサンスの
祝祭的生における古代と近代』(ヴァールブルク著作集4、第2章)ありな書房、2006 年、
25-47 頁。
・ヴァールブルク『ルターの時代の言葉と図像における異教的=古代的予言』富松保文訳、
伊藤博明監訳(ヴァールブルク著作集6)ありな書房、2006 年。
・ヴァールブルクほか『ムネモシュネ・アトラス』(ヴァールブルク著作集別巻1)ありな
書房、2012 年。
2
・ヴァールブルク『怪物から天球へ:講演・書簡・エッセイ』伊藤博明、加藤哲弘訳(ヴ
ァールブルク著作集別巻1)ありな書房、2014 年。
・ヴィント「ヴァールブルクにおける「文化学」の概念と、美学に対するその意義」加藤
哲弘訳『シンボルの修辞学』晶文社、2007 年、109-139 頁。
・ヴィント「最近出版されたヴァールブルクの伝記について」加藤哲弘訳『シンボルの修
辞学』(付録)晶文社、2007 年、303-326 頁。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
149 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content