close

Enter

Log in using OpenID

平成28年度山形つや姫ブランド化推進事業の概要《PDF(191KB

embedDownload
<平成28年度のつや姫ブランド化戦略の概要>
戦略の
標:つや姫ブランドの全国定着 日本一のブランド米を目指して ~つや姫ブランドとして更なる定着を図る戦略を展開~
戦略の骨子◇
骨子◇ 目
◇ 推進期間:平成26
推進期間:平成26年度から
26年度から28
年度から28年度まで
28年度まで
◇ 推進体制:適切な役割分担のもと県と集出荷団体が一丸となって推進
推進体制:適切な役割分担のもと県と集出荷団体が一丸となって推進
現状と課題
平成28年度
平成28年度
平成29
平成29年度
29年度
前半(4~9月)
生産戦略
◆生産戦略
後半(10~3月)
安定した高品質・良食味生産体制の確立と特色ある「つや姫」のブランド化推進
安定した高品質・良食味生産体制の確立と特色ある「つや姫」のブランド化推進
作付面積の戦略的拡大
作付面積の戦略的拡大
①食味・品質は総じて高い評価
①差別化商品(プレミアムつや姫)の開発支援とブランド化の推進(継続)
差別化商品(プレミアムつや姫)の開発支援とブランド化の推進(継続)
②収量は指標値を下回る実績
・<新たな取組みへの支援(芽吹き)> ⇒ 座談会や研修会等による理解醸成
③設定要件(特に面積要件)の
緩和と栽培適地の拡大要望
・<既取組みへの支援(自立へ)>
④米穀専門店から特色あるつや
姫を要望
⇒ 消費者交流会や食味コンクールの開催支援等
⇒ つや姫ホームページ等での取組産地の積極的なPR
②高品質・良食味安定対策の展開(継続)
・限定生産対策の維持 ・情報連絡員のレベルアップ
・新規栽培者への指導強化 ・栽培圃場コンクールの実施
・生産実績の検証と改善指導
⑤プレミアムつや姫の安定供給
と販路開拓
平成29年以降の限
平成 年以降の限
定生産体制継続の
必要性を判断
・つや姫作付県が集まった全国規模の交流会・エクスカーション等
①米消費量が減少傾向
消費者は低価格志向
◆販売戦略 ・コミュニケーション戦略
より多様なニーズに対応できる商品展開・販路の拡大、一定の認知度を前提にし、テレビCMを核にしたPR活動の継続
より多様なニーズに対応できる商品展開・販路の拡大、一定の認知度を前提にし、テレビCMを核にしたPR活動の継続
① 販売・消費の拡大
販売・消費の拡大
全国定着 ~認知と評価の確立~
・話題性の創出と購買層と用途拡大のための
・旅館・ホテル、飲食店と連携したおもてなしキャンペーン
つや姫ブランドの定着を図るための戦略を展開
新テレビCMの制作と放映
≪現行「山形つや姫ブランド化推進戦略」≫
③高価格帯米であることから、
中食・外食への浸透は不十分
③県内外での飲食店、ホテル、中食、企業等への利用促進
・「つや姫販売協力店」と連携した中食・外食店の
掘り起こし
・企業単位(社員食堂・贈答用)での利用促進の働きかけ
コミュニケーション戦略
コミュニケーション戦略
①年数の経過により話題性や新
鮮味が低下
④学校給食への利用促進とつや姫ブランドへの理解の醸成
②認知度の地域格差
首都圏:認知度 8割
関西圏:認知度 6割
東海圏:認知度 7割
県 内:認知度10割
③新銘柄などでもCMを放映。
産地間競争が激化
②ブランドコンセプトを維持しつつ、テレビ
ブランドコンセプトを維持しつつ、テレビCMを核にした全国
、テレビCMを核にした全国
での統一感のあるPR活動の
での統一感のあるPR活動の展開
統一感のあるPR活動の展開
3333大都市圏でのテレビCM放映
②価格水準は全国トップの評価
を確保
米づくり運動と
一体的な推進
プレミアムつや姫
③つや姫全国フォーラムへの参加(島根県で開催予定)
つや姫全国フォーラムへの参加(島根県で開催予定)
販売戦略
ブランドの基本と
なる高品質・良食
味安定生産の維持
⇒限定生産体制等
限定生産体制等
の維持
②-1CMを契機とした中食、外食までの幅広い販路確立
-1CMを契機とした中食、外食までの幅広い販路確立
・旅館・ホテル、飲食店、中食と連携した新米キャンペ
ーンの展開
②-2CMを契機とした購買層の拡大
-2CMを契機とした購買層の拡大
・高可処分所得層や食にこだわる女性をターゲットにし
たイベントの展開
・プレミアムつや姫の販路開拓
・構成団体と連携した学校給食への利用促進 ・マイスターの出前授業による理解醸成
⑤知事トップセールス、つや姫レディによる継続的な販売促進活動の展開
・つや姫レディの継続雇用による通年店頭キャンペーン・マーケティング活動の推進と旅館・ホテル、飲食店、
中食での積極的な販促活動
・地域の認知度レベル・実態に応じた販促・PR活動展開
【首都圏】
⇒ 用途・購買層の積極的な拡大とプレミアムつや姫の販路開拓
【関西圏・東海圏】 ⇒ 継続的な認知度向上対策と重点的な試食・販売の展開
⑥やまがた特命観光・つや姫大使や山形つや
やまがた特命観光・つや姫大使や山形つや姫ファンクラブ等継続的な口コミによるPRと情報交換
つや姫ファンクラブ等継続的な口コミによるPRと情報交換
⑦英語版・中国語版ホームページでの海外へ向けたPRと、海外での商標登録によるブランドの保護
県と全農山形
県本部とのよ
り密接な連携
よる販売戦略
等の展開と役
割分担の順次
移行
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
191 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content