close

Enter

Log in using OpenID

はじめに

embedDownload
はじめに
コース概要と目的
本コースは、JP1 のシステム統合管理製品である JP1/Integrated Management(略称 JP1/IM)と JP1/
Base の機能と操作方法を習得いただくコースです。
実習を通して JP1/IM や JP1/Base の機能とシステムを統合管理するための構築・運用・管理の流れを確認
し、有効に活用するためのポイントを理解していただくことを目的としています。
受講対象
JP1/IM を使用してシステム統合管理の設計・構築・運用を担当される方、および JP1/IM の導入を検討されて
いる方。
対象製品
JP1/Base
JP1/Integrated Management - Manager
JP1/Integrated Management - View
関連する製品マニュアル
JP1/Base 運用ガイド
JP1/Base メッセージ
JP1/Integrated Management - Manager クイックリファレンス
JP1/Integrated Management - Manager 導入・設計ガイド
JP1/Integrated Management - Manager 構築ガイド
JP1/Integrated Management - Manager 運用ガイド
JP1/Integrated Management - Manager 画面リファレンス
JP1/Integrated Management - Manager コマンド・定義ファイルリファレンス
JP1/Integrated Management - Manager メッセージ
テキスト中の表記について
<画面に表示される文字の表記について>
ウィンドウ、ダイアログボックスなど、表示される画面名は『』で囲んで表記しています。
ボタン、メニューなど、画面に表示される文字は[]で囲んで表記しています。
選択肢や入力する文字は「」で囲んで表記しています。
研修環境に依存する入力項目は 斜体 で表記しています。
<表の凡例>
項目
内容
必須項目
使用頻度高(*)
新機能(☆)
網掛け部分は必須項目、*は使用頻度の高い項目、☆は JP1/IM V10 で追加された新機能を
表しています。
<アイコン>
操作手順が記載されていることを表すアイコンです。
テキスト中で実習を行っていただく部分に使用されています。
使用する機能のポイントが記載されていることを表すアイコンです。
特徴や注意点など、留意すべき内容が記載されています。
別の場所に詳細情報が記載されていることを表すアイコンです。
製品のマニュアルや、テキストの別ページに情報が記載されています。
JP1/IM V10 で追加された新機能を表すアイコンです。
<ディレクトリの表記>
インストールパスは、以下のように表記しています。適宜読み替えてご覧ください。
テキスト表記:%JP1/IM - Manager インストールパス%\log
実際のパス(例):C:\ProgramData\Hitachi\jp1\jp1_default\JP1IM\log
<コマンド構文>
command 必須指定 [オプション指定]{選択指定 A|選択指定 B}
目次
第 1 章 統合管理概要
1.1 統合管理概要.......................................................................................................1-1
1.1.1 統合管理概要.........................................................................................................1-2
1.1.2 製品構成.................................................................................................................1-3
1.1.3 JP1/IM の機能........................................................................................................1-4
1.2 JP1/IM 操作概要.................................................................................................1-7
1.2.1 JP1 イベントの発行設定............................................................................................1-8
1.2.2 JP1 イベントの監視.................................................................................................1-10
1.2.3 アクションの実行.....................................................................................................1-13
1.3 JP1 統合管理コース概要....................................................................................1-15
第 2 章 環境設定.........................................................................................................1-15
第 3 章 JP1 イベントの発行............................................................................................1-15
第 4 章 JP1 イベントのフィルタリング................................................................................1-16
第 5 章 JP1 イベントの監視............................................................................................1-16
第 6 章 アクションの実行................................................................................................1-17
第 7 章 運用オペレーション............................................................................................1-17
第 8 章 保守・メンテナンス..............................................................................................1-18
1.4 章末付録............................................................................................................1-19
1.4.1 第 1 章のまとめ......................................................................................................1-19
第 2 章 環境設定
2.1 環境設定概要.......................................................................................................2-1
2.2 JP1 ユーザー管理..................................................................................................2-2
2.2.1 設定手順.................................................................................................................2-3
2.3 IM 構成管理.......................................................................................................2-11
2.3.1 エージェント構成の設定手順...................................................................................2-12
2.3.2 リモート監視構成の設定手順.................................................................................2-20
2.3.3 IM 構成の変更......................................................................................................2-27
2.4 章末付録............................................................................................................2-32
2.4.1 第 2 章のまとめ......................................................................................................2-32
2.4.2 JP1/Base の構成管理..........................................................................................2-33
2.4.3 特定サーバの JP1 イベント表示制限.......................................................................2-35
第 3 章 JP1 イベントの発行
3.1 JP1 イベントの発行概要.........................................................................................3-1
3.2 ログファイルの監視..................................................................................................3-2
3.2.1 ログファイルトラップ概要.............................................................................................3-2
3.2.2 エージェント構成のログファイルトラップ.........................................................................3-9
3.2.3 リモート監視構成のログファイルトラップ.....................................................................3-18
3.3 Windows イベントログの監視..............................................................................3-24
3.3.1 Windows イベントログトラップ概要.........................................................................3-24
3.3.2 エージェント構成の Windows イベントログトラップ.....................................................3-29
3.3.3 リモート監視構成の Windows イベントログトラップ...................................................3-36
3.4 その他の設定.......................................................................................................3-42
3.4.1 コマンドで発行する JP1 イベント...............................................................................3-42
3.4.2 JP1 製品が発行する JP1 イベント............................................................................3-44
3.5 章末付録............................................................................................................3-45
3.5.1 第 3 章のまとめ......................................................................................................3-45
3.5.2 正規表現..............................................................................................................3-46
3.5.3 ログファイルトラップのコマンド設定............................................................................3-47
3.5.4 Windows イベントログトラップのコマンド設定...........................................................3-53
第 4 章 JP1 イベントのフィルタリング
4.1 JP1 イベントのフィルタリング概要.............................................................................4-1
4.2 転送フィルター........................................................................................................4-2
4.2.1 設定方法.................................................................................................................4-3
4.3 イベント取得フィルター..........................................................................................4-11
4.3.1 イベント DB と統合監視 DB....................................................................................4-12
4.3.2 設定方法..............................................................................................................4-13
4.4 ユーザーフィルター...............................................................................................4-23
4.4.1 設定方法..............................................................................................................4-24
4.5 章末付録............................................................................................................4-31
4.5.1 第 4 章のまとめ......................................................................................................4-31
4.5.2 追加共通除外条件...............................................................................................4-32
第 5 章 JP1 イベントの監視
5.1 JP1 イベントの監視概要.........................................................................................5-1
5.2 セントラルコンソール................................................................................................5-2
5.2.1 イベント監視タブ.......................................................................................................5-2
5.2.2 重要イベントタブ.......................................................................................................5-6
5.2.3 イベント検索タブ.....................................................................................................5-10
5.2.4 WWW ページ版.....................................................................................................5-13
5.3 セントラルスコープ................................................................................................5-15
5.3.1 設定方法..............................................................................................................5-16
5.3.2 セントラルスコープの起動........................................................................................5-17
5.3.3 監視ツリー画面.....................................................................................................5-19
5.3.4 ビジュアル監視画面................................................................................................5-33
5.3.5 エラー発生時の監視方法.......................................................................................5-42
5.4 章末付録............................................................................................................5-46
5.4.1 第 5 章のまとめ.......................................................................................................5-46
第 6 章 アクションの実行
6.1 アクションの実行概要..............................................................................................6-1
6.2 コマンド実行...........................................................................................................6-2
6.2.1 操作手順.................................................................................................................6-3
6.3 自動アクション.........................................................................................................6-7
6.3.1 設定手順.................................................................................................................6-8
6.3.2 実行結果確認.......................................................................................................6-16
6.4 ローカルアクション.................................................................................................6-19
6.4.1 設定手順..............................................................................................................6-20
6.5 章末付録............................................................................................................6-28
6.5.1 第 6 章のまとめ......................................................................................................6-28
第 7 章 運用オペレーション
7.1 運用オペレーション概要..........................................................................................7-1
7.2 事前設定...............................................................................................................7-2
7.2.1 対応手順の事前設定..............................................................................................7-3
1 イベントガイド機能.........................................................................................................7-3
2 コマンドボタン................................................................................................................7-7
7.2.2 監視画面のカスタマイズ..........................................................................................7-10
1 ユーザー環境設定.....................................................................................................7-10
2 表示フィルターの作成.................................................................................................7-15
7.3 エラー発生時の対応............................................................................................7-18
7.3.1 エラー検知............................................................................................................7-19
1 検索..........................................................................................................................7-19
2 表示フィルターの使用.................................................................................................7-22
7.3.2 オペレーション.........................................................................................................7-23
1 コマンド実行...............................................................................................................7-23
2 対処状況の変更........................................................................................................7-25
7.3.3 対応履歴の記録....................................................................................................7-27
1 メモ機能....................................................................................................................7-27
7.4 章末付録............................................................................................................7-30
7.4.1 第 7 章のまとめ......................................................................................................7-30
7.4.2 『ユーザー環境設定』画面の設定項目...................................................................7-31
第 8 章 保守・メンテナンス
8.1 保守・メンテナンス概要...........................................................................................8-1
8.2 運用の見直し.........................................................................................................8-2
8.2.1 JP1 イベントの精査...................................................................................................8-3
8.2.2 JP1 イベントのフィルタリング........................................................................................8-5
8.2.3 相関イベント.............................................................................................................8-8
8.3 トラブル対応.........................................................................................................8-15
8.3.1 発生事象の確認....................................................................................................8-16
8.3.2 稼動プロセス・サービスの確認.................................................................................8-19
8.3.3 サポートサービスへの問い合わせ..............................................................................8-21
8.4 バックアップ・リカバリ..............................................................................................8-22
8.4.1 JP1/Base のバックアップ・リカバリ............................................................................8-23
8.4.2 JP1/IM - Manager のバックアップ・リカバリ.............................................................8-26
8.4.3 JP1/IM - View のバックアップ・リカバリ....................................................................8-31
8.5 章末付録............................................................................................................8-33
8.5.1 第 8 章のまとめ......................................................................................................8-33
付録
1 JP1 イベント属性一覧...........................................................................................付録 1
1.1 基本属性................................................................................................................付録 1
1.2 拡張属性................................................................................................................付録 2
2 JP1/IM - Manager 環境設定.............................................................................付録 4
2.1 コマンド実行、自動アクションの環境設定....................................................................付録 4
2.2 自動アクション通知設定...........................................................................................付録 6
3 JP1/IM - Manager プロセスに関する環境設定...................................................付録 8
3.1 ヘルスチェック定義....................................................................................................付録 8
3.2 プロセス自動再起動定義.......................................................................................付録 10
3.3 プロセス異常終了/再起動時のイベント発行定義....................................................付録 11
4 代表的なコマンド................................................................................................付録 12
4.1 JP1/IM - Manager の代表的なコマンド.................................................................付録 12
4.2 JP1/Base の代表的なコマンド...............................................................................付録 25
5 制限値...............................................................................................................付録 45
5.1 JP1/IM の制限値.................................................................................................付録 45
5.2 JP1/Base の制限値..............................................................................................付録 46
6 各バージョンの変更内容.....................................................................................付録 47
6.1 JP1 Version7 の変更内容....................................................................................付録 47
6.2 JP1 Version8 の変更内容....................................................................................付録 49
6.3 JP1 Version9 の変更内容....................................................................................付録 50
6.4 JP1 Version10 の変更内容.................................................................................付録 51
索引
空白ページ:メモ等にご使用ください。
第1章 統合管理概要
この章の概要
JP1 の統合管理で使用する製品と構成、本コース全体の概要についてご説明します。
この章のポイント
(1) JP1 統合管理製品である JP1/IM の製品構成を理解する。
(2) JP1/IM による統合管理の流れを理解する。
第 1 章 統合管理概要
1.1 統合管理概要
第 1 章では、JP1 の概要と、統合管理製品である JP1/IM の概要、統合管理の流れについてご説明します。
<JP1 とは>
JP1(Job Management Partner 1)は、情報システムの運用管理を行うための統合運用管理製品
群です。ビジネスレベルの PDCA サイクルを実現する 4 つのコンセプトカテゴリと 11 の管理カテゴリで構
成されています。
業務上の処理の実行管理を自動化するジョブ管理や、ネットワーク機器の死活監視を行うネットワーク
管理などがあり、個々の管理機能の導入から、システム全体の運用管理業務を一元的に管理(トータル
ソリューション)することも可能です。
システム全体の稼動状況を見る
サービスおよびシステムの稼動状態や
障害発生の予兆を見通す。
システムの基盤を支える
ITリソース、ネットワーク、ストレージ、
サーバを効率よく管理し、システムイン
フラを支える。
計画的に業務を動かす
高信頼でスケーラブルな業務の自動化に
より、安定した業務運用を実現。
IT資産を確実かつ効率的に守る
IT資産情報の一元管理と、セキュリティリ
スクへの対応で、コンプライアンスを徹底。
図表1-1:JP1 カテゴリ一覧
<代表的な JP1 製品>
管理機能
製品名
略称
ジョブ管理
ネットワーク管理
アベイラビリティ管理
統合管理
JP1/Automatic Job Management System 3
JP1/Cm2/Network Node Manager i
JP1/Performance Management
JP1/Integrated Management
JP1/AJS3
JP1/Cm2/NNMi
JP1/PFM
JP1/IM
図表1-2:代表的な JP1 製品
1-1
JP1 統合管理コース
1.1.1 統合管理概要
JP1 は、システム全体を監視する統合管理機能として JP1/IM(JP1/Integrated Management)を
提供しています。JP1/IM は、他の JP1 製品で発生した事象だけでなく、アプリケーションプログラムや、
OS 上などで発生した事象も一元管理できます。
1 統合管理の役割および課題
IT システムには、サーバやネットワーク、ストレージなどのハードウェアや、ソフトウェアを利用したジョブ実行
やセキュリティ監視といった多様なリソースが存在します。
これらの多様なリソースを適切に利用するためには、リソースで発生した事象の収集・管理が必要です。
ジョブ管理やネットワーク管理など、特定リソースの管理・監視を行っていても、収集した情報が一元管理
されていなければ、障害発生時に迅速な影響範囲や根本原因の特定や対応ができません。
JP1/IM を利用することで、各リソースや業務処理のエラー情報を一元管理するだけでなく、検知や対応
まで行えます。
2 JP1/IM の特長
JP1/IM には、以下の特長があります。
 UNIX、Windows、Linux などが混在するマルチプラットフォーム環境に対応。
 JP1 以外のソフトウェアやユーザー開発アプリケーションなど、異なる事象を同じ形式で一元管理す
ることで、システム管理の統合化が可能。
 問題発生時の対処手順を登録することで、管理者への迅速な通知や対応が可能。
・ マルチプラットフォームに対応
・ JP1 以外の事象も一元管理
・ 問題発生時には迅速に通知、対応
マネージャーサーバ
監視端末
エージェントサーバ
エージェントサーバ
図表1-3:JP1/IM の機能概要
1-2
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
1.1.2 製品構成
JP1/IM ではマネージャー/エージェント構成で統合管理を行うため、各サーバの役割に応じて対象製
品を導入する必要があります。
マネージャーサーバ
②JP1/IM - Manager
①JP1/Base
アクションの実行指示
設定ファイルの転送
監視端末
③JP1/IM - View
アクションの結果通知
イベントの転送
エージェントサーバ
①JP1/Base
番号 製品名
①
JP1/Base
②
JP1/IM - Manager
③
JP1/IM - View
エージェントサーバ
①JP1/Base
役割および動作
導入対象
JP1 ユーザー管理、発生したイベント管理など
統合管理の共通基盤機能を提供。
各サーバで発生したイベントの統合監視や問題
発生時のアクションを実行。
JP1/IM - Manager に接続し、イベントの監視
や設定を GUI で操作。
エージェント・
マネージャーサーバ
マネージャーサーバ
監視端末
図表1-4:JP1 統合管理製品一覧
監視要件によっては、エージェントサーバに JP1/Base を導入せずに、リモートで監視を行えます。
エージェント構成とリモート監視構成の機能差異についての詳細は、テキストの以下のページをご参照く
ださい。
JP1 統合管理コーステキスト 第 2 章 環境設定
P2-11 2.3 IM 構成管理
1-3
JP1 統合管理コース
1.1.3 JP1/IM の機能
JP1/IM は、各サーバから収集した事象を一元管理することで、システムやサーバごとの確認作業を簡素
化し、運用の負担を軽減する以下の 3 つのシステム運用管理機能があります。
<JP1/IM の機能>
 JP1 イベントによる事象の一元管理
 システムの集中監視
 問題発生の検知と対応
1 JP1 イベントによる事象の一元管理
JP1 イベントとは、JP1 が独自に発行する監視対象のイベント(ジョブ異常、サーバ異常などの事象)で
す。発行された JP1 イベントは、JP1/Base のデータベースに登録されます。
JP1/Base は JP1 製品の事象だけでなく、ログファイル上のメッセージや Windows イベントログなどを
JP1 イベントとして発行できるため、他の製品の事象も一元管理できます。
システム内で発生した監視対象の事象を JP1 イベントで標準化することで、一元管理を行います。
監視対象サーバ
JP1 製品の事象
エラー
発行
JP1/Base
J P1 イベント
エラー: JP1 製品
ログファイルのログ
ログ
ファイル
エラーログ
発行
J P1 イベント
エラー:ログファイル
J P1 イベント
Windows イベントログ
発行
警告: Windows
イベントログ 図表1-5:JP1 イベントによる一元管理
1-4
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
2 システムの集中監視
JP1/IM は、各サーバで発生した事象をマネージャーサーバに集約することで、システムの集中監視を行
います。なお、JP/IM は、セントラルコンソールとセントラルスコープという 2 種類の監視機能を提供してい
ます。
監視端末
セントラルコンソール(ログ形式)
セントラルスコープ(アイコン形式)
マネージャーサーバ
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
エージェントサーバ
エージェントサーバ
エージェントサーバ
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
図表1-6:システムの集中監視
1-5
JP1 統合管理コース
3 問題発生の検知と対応
JP1/IM には、システムに問題が発生した場合にその問題を検知・対応する手段として、コマンド実行や
自動アクションなどがあります。
コマンド実行とは、ユーザーが任意のタイミングで監視画面からコマンドを実行する機能です。
自動アクションとは、特定の JP1 イベントの検知を契機として、自動的にコマンドを実行する機能です。
コマンド実行や自動アクションによって、システムの問題発生時にメール送信などのコマンドを実行し、運
用管理者へ通知できます。
エラー検知
コマンド実行、または自動アクションで
管理者にメール通知
監視端末
マネージャーサーバ
エラー発生
エージェントサーバ
エージェントサーバ
図表1-7:問題発生の検知と対応
1-6
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
1.2 JP1/IM 操作概要
JP1/IM を使用した統合管理の操作の流れを確認します。各設定の詳細は、次章以降でご説明します。
<操作内容>
マネージャーサーバ
① JP1 イベントの発行設定
ログ
ファイル
J P1 イベント
発行
エラーログ
エラー:ログファイル
② JP1 イベントの監視
監視端末
③ アクションの実行
コマンド実行で管理者にメッセージを
通知
項目
操作内容
① JP1 イベントの発行設定 マネージャーサーバのログファイルにエラーログが出力された場合に、JP1
イベントを発行する設定を行います。
② JP1 イベントの監視
マネージャーサーバ上のデータベースに登録された JP1 イベントを、セン
トラルコンソールを使用して監視します。
③アクションの実行
セントラルコンソールでエラー内容を確認し、コマンド実行で管理者にメッ
セージを通知します。
図表1-8:操作内容
1-7
JP1 統合管理コース
1.2.1 JP1 イベントの発行設定
ログファイルに特定のエラーログが出力された場合に、JP1 イベントを発行する設定を行います。
監視条件を動作定義ファイル(jevlog.conf)にパラメーターを使用して定義し、コマンドで監視を開始し
ます。
マネージャーサーバ
①JP1 イベントの発行設定
sample.log
監視対象
ログファイル
エラーログ
J P1 イベント
発行
エラー:ログファイル
jevlog.conf
動作定義
ファイル
jevlog s ta rt コマンドで
監視開始
<使用するファイル・コマンド>
内容
格納先
監視対象のログファイル
監視対象のログファイルにエラーログを出力するファイル
JP1 イベントの発行条件を定義する動作定義ファイル
ログファイルの監視を開始するコマンド
C:\JP1\Base\sample.log
C:\JP1\Base\app.bat
C:\JP1\Base\jevlog.conf
jevlogstart
図表1-9:JP1 イベントの発行設定で使用するファイル・コマンド
<エラーログの確認>
① JP1 イベントとして発行するエラーログを確認します。
C:\JP1\Base\app.bat を実行します。C:\JP1\Base\sample.log にログが出力されます。
② C:\JP1\Base\sample.log を開きます。以下のログが出力されています。
1-8
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
<動作定義ファイルの設定、監視の開始>
① C:\JP1\Base\sample.log に、「-E」の文字列が出力された場合に条件成立とし、JP1 イベントを
発行します。
動作定義ファイルの C:\JP1\Base\jevlog.conf を開きます。ファイルには以下のパラメーターがす
でに定義されています。
ACTDEF=<JP1 イベントの重大度>100 “監視対象の文字列”
② パラメーター内の<>に「Error」、””に「-E」と追記し、ファイルを上書き保存します。
※大文字・小文字を区別して記入してください。
ACTDEF=<Error>100 “-E”
③ コマンドプロンプトを起動して、jevlogstart コマンドを実行し、監視を開始します。
 コマンド構文
jevlogstart -a 監視名 -f 動作定義ファイル名
監視対象ファイル名
 実行内容
jevlogstart -a sample -f C:\JP1\Base\jevlog.conf C:\JP1\Base\sample.log
動作定義ファイルや jevlogstart コマンドの詳細はテキストの以下のページをご参照ください。
JP1 統合管理コーステキスト 第 3 章 JP1 イベントの発行
P3-6 2 ログファイルの JP1 イベント発行設定
1-9
JP1 統合管理コース
1.2.2 JP1 イベントの監視
JP1/IM - View から JP1/IM - Manager へログインし、セントラルコンソールを表示します。
<JP1/IM - View の起動手順>
① Windows タスクバーから[スタート] → [すべてのプログラム] → [JP1_Integrated Manage
ment - View] → [統合ビュー]を選択します。
② 『JP1/IM – View – ログイン』画面が表示されます。各項目を入力後、[OK]ボタンをクリックします。
設定項目
説明
入力内容
ユーザー名
パスワード
接続ホスト名
チェックボックス
ログインに使用する JP1 ユーザー名を指定。
ログインに使用する JP1 ユーザーのパスワードを指定。
接続先の JP1/IM - Manager の導入ホスト名を指定。
セントラルコンソール ログ形式の監視画面を表示。
セントラルスコープ
アイコン形式の監視画面を表示。
jp1admin
jp1admin
自ホスト名
チェック
チェックなし
JP1 ユーザーとは、JP1/IM の監視やアクション実行などで使用する JP1 独自のユーザーです。
1-10
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
③ 『イベントコンソール』画面が表示されます。
②
③
①
④
番号
①
②
③
④
設定項目
説明
イベント一覧
アラームランプ
ツールバー
タブ
各サーバから収集した JP1 イベントの一覧。時系列で表示。
重要イベントが発生している場合に点灯するランプ。
『イベントコンソール』画面でよく使う機能のボタン。
画面表示を切り替えるときに使用するタブ。
JP1 イベントの属性
JP1 イベントには、「登録時刻」や「メッセージ」などのさまざまな属性があり、監視対象サーバで発生した
事象の詳細を確認できます。代表的な属性を以下に示します。
属性
内容
重大度
JP1 イベントの緊急性を表す値。発行元のプログラム等でユーザーが自由に以下の
8 種類から設定可能。
:緊急
:警戒
:致命的
:エラー
:警告
:通知
:情報
:デバッグ
JP1 イベントに割り当てられる 8 桁 16 進数(00000000~7FFFFFFF)の固有
の ID。
JP1 イベントに付与されているメッセージの内容を表示。
イベント ID
メッセージ
図表1-10:JP1 イベントの代表的な属性
JP1 イベントのその他の属性については、テキストの以下のページをご参照ください。
JP1 統合管理コーステキスト 付録
付録 1 JP1 イベント属性一覧
1-11
JP1 統合管理コース
<エラーログの検知と JP1 イベントの発行>
① C:\JP1\Base\app.bat を実行します。C:\JP1\Base\sample.log にログが出力されます。
② 動作定義ファイル C:\JP1\Base\jevlog.conf の定義により、JP1 イベントが発行され、『イベントコ
ンソール』画面に以下の JP1 イベントが表示されます。
重大度 イベント ID メッセージ
エラー
100
APP001-E エラーが発生しました 本日の日付
③ 対象の JP1 イベントをダブルクリックします。『イベント詳細』画面が表示されます。
1-12
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
1.2.3 アクションの実行
コマンド実行機能を使用して、管理者にメッセージを通知します。
<コマンド実行>
① 『イベントコンソール』画面のツールバーから[コマンド実行]ボタンをクリックします。
② 『コマンド実行』画面が表示されます。以下の項目を入力し、[実行]ボタンをクリックします。
設定項目
説明
入力内容
実行ホスト名
実行コマンド
コマンドを実行するホスト名を指定。
実行するコマンドライン、またはファイル名を指定。
自ホスト名
C:\JP1\Base\action.bat
1-13
JP1 統合管理コース
③ コマンドが実行され、メッセージが表示されます。また、『コマンド実行』画面に実行結果が表示されま
す。
1-14
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
1.3 JP1 統合管理コース概要
環境設定
J P1 イベントの
発行
J P1 イベントの
フィルタリング
J P1 イベントの
監視
アクション実行
JP1/IM を使用して統合管理を行う場合は、上記の流れで設定や操作を行います。各手順については
以下の章でご説明します。
第 2 章 環境設定
JP1/IM で統合管理を行うための、以下の 2 種類の環境設定についてご説明します。
 JP1 ユーザー管理
 IM 構成定義(エージェント構成、リモート監視構成)
ログイン時に使用する
JP1 ユーザーの作成
監視対象サーバを設定するための
マネージャー/エージェント構成の構築
監視端末
マネージャーサーバ
エージェントサーバ
図表1-11:環境設定のイメージ
第 3 章 JP1 イベントの発行
ログファイルのメッセージや Windows イベントログなどを検知し、JP1 イベントとして発行するための設定
についてご説明します。
監視対象サーバ
ログファイルのログ
ログ
ファイル
JP1/Base
エラーログ
発行
J P1 イベント
エラー:ログファイル
Windows イベントログ
J P1 イベント
発行
警告: Windows
イベントログ 図表1-12:JP1 イベントの発行イメージ
1-15
JP1 統合管理コース
第 4 章 JP1 イベントのフィルタリング
エージェントサーバで検知した JP1 イベントを、マネージャーサーバへの転送時や、監視画面の表示時に
絞り込むための、以下の 3 種類のフィルターについてご説明します。
 転送フィルター
 イベント取得フィルター
 ユーザーフィルター
エージェントサーバ
マネージャーサーバ
監視端末
JP1 イベント
JP1 イベント
JP1 イベント
転送
JP1 イベント
JP1 イベント
フィルタリング
JP1 イベント
図表1-13:JP1 イベントのフィルタリングイメージ
第 5 章 JP1 イベントの監視
集約した JP1 イベントを監視するための、以下の 2 種類の監視機能についてご説明します。
 セントラルコンソール機能(イベントコンソール画面)
 セントラルスコープ機能(監視ツリー画面、ビジュアル監視画面)
セントラルコンソール機能
セントラルスコープ機能
ツリー形式やアイコン形式で監視
監視画面を作成する必要がある
ログ形式で監視
デフォルトで使用可能
図表1-14:JP1 イベントの監視イメージ
1-16
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
第 6 章 アクションの実行
特定の障害やエラーを検知した場合にアクションを実行するための、以下の 3 種類の機能についてご説
明します。
 コマンド実行
 自動アクション
 ローカルアクション
監視画面から
コマンド実行
自動アクションで
メール送信
エラー発生
監視端末
マネージャーサーバ
エージェントサーバ
図表1-15:アクションの実行イメージ
第 7 章 運用オペレーション
運用オペレーションのための事前設定と、エラー発生時のオペレーションの操作方法、操作履歴の記録
方法などについてご説明します。
 事前設定(ガイド機能、コマンド実行ボタンの作成 など)
 エラー発生時の対応(表示フィルター、メモ機能 など)
エラー発生時の対応方法を
検討し、監視画面に表示する
事前設定を行う
エラー発生時には、監視画面
に表示された手順に従い対応
オペレーター
運用管理者
エラー対応後の操作
履歴を残しておく
図表1-16:運用オペレーションのイメージ
1-17
JP1 統合管理コース
第 8 章 保守・メンテナンス
JP1/IM の保守・メンテナンスとして、運用の見直しやトラブル対応の手順、定義情報やデータベースの
バックアップ・リカバリについてご説明します。
 運用の見直し(JP1 イベントの精査や抑止の検討、相関イベント機能の活用 など)
 トラブル対応(ログの確認方法、稼動プロセス・サービスの確認方法 など)
 バックアップ・リカバリ(定義情報やデータベースのバックアップ・リカバリ)
大量の JP1 イベントが発生
した場合の抑止の検討
トラブル発生時の
ログの確認方法
障害発生時のための
バックアップ・リカバリ
JP1 製品の
ログファイル
障害発生
監視端末
マネージャーサーバ
エージェントサーバ
図表1-17:保守・メンテナンスのイメージ
1-18
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
第 1 章 統合管理概要
1.4 章末付録
1.4.1 第 1 章のまとめ
1-19
JP1 統合管理コース
空白ページ:メモ等にご使用ください。
1-20
Copyright(C) 2013 K.K. Ashisuto All Rights Reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
1 024 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content