close

Enter

Log in using OpenID

飯岡 - ベストケア株式会社

embedDownload
2008.
6.
15 No.
33
デイサービスとは何が違うの? ケアフィットの特長を教えて!
4時間利用を標準としていますが、
時間短縮・延長も相談に応じます。
作業療法士または理学療法士が常駐し、
個別に最低20分間の機能訓練を行ないます。
ジェット水流のマッサージ器・空気圧のマッサージ器・
低周波治療器・マイクロ波治療器など、最新の機器を使用。
使った筋肉をほぐし、リラックス気分を高めます。
高齢者用の低負荷で使用可能な、本格的パワーリハビリマシーンを導入。身体能
力に応じて微調整が可能。無理なく、効果的なトレーニングが実践できます。
個人、個人の体力や好みにより、また、訓練や器具の利用は利用
者様の意向を取り入れ、担当作業療法士や理学療法士と相談して
メニューを作ります。
ベストケア直営店
住所/松山市北条辻610番地15
TEL/089-960-2525
FAX/089-960-2388
Email/[email protected]
ベストケアグループ店
住所/松山市山越5丁目9-6
TEL/089-911-0101
TEL/089-911-0102(デイ)
FAX/089-911-0505
Email/[email protected]
住所/松山市東石井7丁目5-29
TEL/089-914-8880
FAX/089-914-8881
Email/i
shi
i
@best-care.jp
住所/伊予郡松前町北黒田242-5
TEL/089-961-6363
FAX/089-961-6364
Email/masaki
@best-care.jp
住所/広島市東区尾長東2-6-6
TEL/0120-294-654
FAX/082-568-6866
運営/株式会社ニックス
住所/高松市上天神町字東長曽777-1
TEL/087-865-8858
FAX/087-865-9118
Email/[email protected]
運営/(有)エナジーライフ
住所/西条市丹原町池田1651-1
TEL/0898-68-4356
FAX/0898-68-7311
Email/[email protected]
運営/(有)キャンパス
住所/松山市中須賀1-5-3
TEL/089-953-3993
FAX/089-953-3994
Email/mi
[email protected]
運営/(有)プラスイー
飯岡
住所/松山市中村2丁目7-33
TEL/089-998-3070(ショート)
TEL/089-998-3060(デイ)
FAX/089-998-3090
Email/[email protected]
住所/松山市東石井7丁目4-30
TEL/089-969-7020
FAX/089-969-7021
Email/fi
t-i
shi
i
@best-care.jp
住所/茨城県日立市千石町3-15-5
TEL/0294-33-3010
FAX/0294-85-7515
Email/hi
tati
@best-care.jp
住所/今治市近見町1-3-3
TEL/0898-34-0606
FAX/0898-34-0607
Email/[email protected]
住所/新居浜市星原町12-46
TEL/0897-31-6630
FAX/0897-31-6640
Emai
l
/i
zumi
@bestcare.jp
住所/広島市南区仁保新町2-9-32
TEL/0120-294-375
FAX/082-890-2223
運営/株式会社ニックス
住所/西条市円海寺247-7
TEL/0898-64-3303
FAX/0898-64-3303
Email/[email protected]
運営/(株)プラスタア
住所/西条市飯岡3796-2
TEL/0897-53-2735
FAX/0897-58-5023
E-mail/i
i
[email protected]
運営/(有)キャンパス
ご利用に関しましては、直接お電話いただくか、
担当のケアマネージャーにご相談下さい。
1日体験募集中
厚生労働省教育訓練給付金対象講座
住所/伊予郡松前町北黒田242-1
TEL/089-961-6606
FAX/089-961-6607
Email/[email protected]
受講料
(保険料・教
科書代含む)
(
学生or1年の実務経験者or5名以上の団体)
問合せ ベストケア株式会社 ☎089-998-3080(松崎)またはメールで
(
ベストケア中村 松崎・森)
べすと
2008.
6.
15 No.
33
レンコンのマヨネーズグラタン
小川管理栄養士
努ビ遠がを笑ー 利力スし次モ顔いデ
用しをく回ッがずイ
者て提なのト湧みサ
様お供る利ーきでー
のりでよ用に出はビ
症まきう日利る﹁ス
状するなが用場元セ
に。よサ待者所気ン
応
うーち様﹂とタ
3月1日新居浜市星原町
(国道11号すぐそば)に直
営店8店舗目のデイサービ
スセンターいずみがオープ
ンしました。
皆様のご利用を、心よりお
待ちしております。
提に元 い困しま早ュる入をじ
供﹁気明た難てすいーレ浴眺た
し心なるだない。とルク﹂め﹁
てをスくけ方るまの満レ﹁な個
い大タ広まものた感載ー楽が別
き切ッ々す安で、想でシしらリ
まにフと。心家特を時ョくゆハ
すすがし
し庭浴い間ン笑っビ
。
てで設たが﹂顔たリ
る地た
利の備だ経とがり﹂
介域施
用入もいつス湧と﹁
護の設
し浴充てのケきし坪
﹂皆で
てが実いがジ出た庭
を様、
(
4人分)
て場さいいいたでずふ害な ∼運
は合れうたのとすはつがの身休動
安もてこほ病き。安うあは体み不
す
静、いとう気を事静、る、にぎ足
病
が特まもがはは実と病と過と
は︵
重にす一治安じ、い気い度っ身廃
要初。般り静め風うにうのて体用
で期脳的やに、邪のなこ安一に症
すに卒にすしたをがれと静番毒候
がお中経いていひ常ばでに大∼群
︶
、いの験とおてい識ますは事
きつさ為次る静にて発う的 とすいしいのとすか言気 は
まいな、的とになは症まな脳なたういは身っ。た語で脳じ
すていこな、ばり身しで運卒っめ人生、体てこち障あ卒め
。簡事こ合休かま体たも動中てにた活少にはうの害り中に
単にで併みりすの初あがにきリちになな〝い後な、は
によは症す目。安期り大おまハの戻くり何っ遺ど手非
す
解る身もぎがし静段ま切い
ビ要りとたとた症い足常
。
リ望たもいか方がろのに
説合体出にいかが階せなて
し併をてよきし最にんのは
がをい人、元た残い麻多
必満〟間あ通ちりろ痺い
て症動くるす、優おがは積
いにかる二ぎ安先い、い極
要たとらるりにまな、病
脳うに時がが同に 圧ので ②拘まいン し態指をが中たたなっが﹃ ①
貧にいに、普じはこ﹄と二過全縮ましザ肩ま︵側向つの状まった固拘こ局
血いっ、立通高頭れがし番度身が伸、イ関す内がきま場態まてりま縮こ所
︵くて血ちにさとはあて目の的おび手が節。反内︵先合をでし、っ﹄で的
立血し液上保に足、り、に安合こにのでも
︶側尖立にい曲ま曲てと代合
ち液まががたあの寝ま﹃挙静併っく指き固
でに足ちはいがっが動い表併
す
く
て
起げに症
がいおっれる高て
固曲︶の足まらたっきっ的症
くはなく
ら
き
。
ら
まが、よ首すなりたにてな
た
た
い
腹
さ
よ
な
、
立
な
固
く
不
て
み
ま
っっ足うの。く、まく、の
性れる
するまなっ
︶足頭かりいめがる
たたのに関脳な伸まく関が
低る弊
のしのらしま血ほと
。等っりて
血も害
のた易バ
てほ下たす圧ぼき
り状親下節卒っびにな節、
まけ例こ候 廃動わよいわ りはなプあど
すて外れ群安用不かるいな身ま知マラるん
。3ではを静症足り身まい体せっイスよな
つは脳伴に候病や体すこをんてナのうも
のな卒いは群﹄すのがと動。おス面にの
か面と、に
合く中がとと、く機、をか
い
専い能そ﹃さ
併、にちか
なが同安も
い
けあ時静裏
症大おでくま門うのの廃な
がきいす廃す用と衰こ用い
れるににと
あくてが用。語﹃えと﹄、
ばこ大も表
で運をにと使
なとき、が
り分も、症
いて温とうがス でこけま間こしの に不た身がな期る環まっめら生も ③ま酷圧た急せす長と態し機なま神態り通状
く精かをち家タこはれらっ違れな初前な安このついにわ境たたてす活の脳精すいがりにま血いそ安ま能りす経にしの態
こ神くよに族ッのあはれたえがい期述っがと身い場はけに病く急れがな卒神。時出し座す圧寝れ定すがま。が保て人に
と的接く起もフより決が﹂らしこはして起に体た合意でも院で激ば自の中的
は現まら。調かにを。乱すし正たもでな
が混す説こ患はうましちとればと意たきこ対のとが識あ急ときで、立では合
、しすせこ整せ続目これとか常れ血はる
大乱る明っ者もなせてでい、しが識よまるす状き多がりにいて心そし、急併
失立とたう機きく的れたこしにる圧寝も
切
ん
す
真すう﹁ば多がう
をこしたのち場
こる態にいは、放ういののて今激症
神ち起りい能りいとにりの、働よがたの
で
。
。
の。風ボ認いはに
しく立、うをがたし加弱血脳いう一りで
と精がはのっとり不ま準変いまに
す予とて病知ろ合
認しにケ知のっ脳
は神変自できく込慣せ備化たで起
たら性立状低まずたえっ圧卒てに定起す
。防にあ気らんは
しよげのなで医
知か片て症でき卒
当的わ分、りにまれんもは人日こ
りみ低た態下すら安てた調中く自のき。
てっ、こいす療
症し付しと、り中
しや血せでさまに静容り節にれ律状た普
然なっ自気し初れな。ま極か常る
を世涯しはえて 考界のて中るら親
えで仕選学為れ兄
一あ事ん3﹁た弟
人っとだ年バ幼を
京たなの生イ少知
都。るはのト時ら
へ京﹁、時﹂代ず
、都焼竹。を。祖
しでき西バ始生父
かの物さイめ活母
し修﹂んトたをに
、業の生との支育
平成9年度愛媛伝統工芸士
の認定を受ける
長年支えてくれた奥様に感謝
毎手ュたかと出通﹁れる では工 10﹁ え し 知 い ら ﹁ な 指 む い ら 竹 何 会 な
日伝ア息ら竹来し頑なく脳出 24芸 年 圭 た な 識 な に 指 い し 導 た を ﹂ 西 に 社 か
にい工子父西たて固い﹂梗会歳士に仙らいがけは導竹か者め寄とさ対にな
幸な房さのさのきで妻﹁塞っの﹂は窯窯竹なれそ者西し﹂、せ言んし勤か
せが﹂ん隣んはた、を人とた時に﹁﹂元西いばれ﹂さ、と地るうにてめ話
をらとがでは妻自自誇にい妻﹁認平をにさ⋮通なとん専帰元﹁企、もそは
感、し家作語の分分り感うの社定成築通ん⋮用りいに門っ愛焼業﹁手のな
じ講て業品るおをのに謝病支交さ9窯いは。しのうは家て媛きを給を時く
て義作を作。か変考思﹂気えダれ年。、毎何な知立苦ときに物振料抜期、
いな陶継り今げええっすにがンた度そ昭晩事い識場悩した﹁﹂り3かを大
る
。
どすぎをはでるばてるもあス。愛し和仕に。をでのて
砥の切倍ず待阪
。
も る ﹁ 見 幼 あ こ か い 事 、 っ 教 そ 媛 て 40事 も し 持 あ 日 学
部道り出働っの
行のヨているとりるを﹁た室こ伝平年を妥かっる々で
焼に、すいた工
うをシき頃﹂がを。忘明。﹂に統成に終協してか。い
の進思かた。業
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
2 137 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content