close

Enter

Log in using OpenID

プランタジネット朝

embedDownload
プランタジネット朝
出典: ウィキペディア
プランタジネット朝(プランタジネットちょう、Plantagenet dynasty, 1154 年 - 1399 年)
は、中世イングランドの王朝。フランスの貴族であったアンジュー伯アンリが初代国王ヘ
ンリー 2 世となり、1399 年にリチャード 2 世が廃されるまで続いた。ただし、その後に続
くランカスター朝、ヨーク朝ともプランタジネット家の傍系(それも最末期になって分岐
した家系)であり、広義のプランタジネット朝は 1485 年にヨーク朝のリチャード 3 世がボ
ズワースの戦いで敗死するまで続いたことになる。アンジュー伯家から興ったことからア
ンジュー朝とも呼ばれる。
概要
プランタジネット家の前身
はガティネ家といい、北フラ
ン スの ガテ ィネ (Gâtinais)
の伯爵家であったが、10 世紀
に一族のフルク 1 世 (en) が
アンジュー伯となり、その家
系は以後アンジュー家とも呼
ばれるようになった。
「プラン
タジネット」とはマメ科の植
物 エ ニ シ ダ の 木 ( planta
genesta:日本名は「金雀枝」
)
のことで、エニシダをガティ
ネ家の紋章としていたことか
ら、後に家名となった。
12 世紀にはヘンリー 2 世の
祖父フルク 5 世がエルサレム
王となった。フルク 5 世はア
ンジュー伯を長男ジョフロワ
4 世(または 5 世)に譲り、
エルサレム王位は女王メリザ
ンド (en) との間に生まれた
ジョフロワの異母弟ボードゥアン 3 世 (en) 、その弟アモーリー 1 世へと継承されたが、ア
モーリーの子の代で断絶した。その後、第 3 回十字軍に出征したリチャード 1 世(ジョフ
ロワの孫)はエルサレム王即位を要請されたが、これを断わっている。
1
王朝の成立まで
ノルマン朝最後のイングランド王となったヘンリー 1 世は、1120 年に嫡男ウィリアムをホ
ワイトシップの遭難で失った。他に正嫡の男子を持たなかったヘンリー 1 世は、ウィリア
ムの姉マティルダを後継者に指名し、アンジュー伯ジョフロワ 4 世と結婚させた。しかし
ヘンリー 1 世の死後、その姉アデルを母とするエティエンヌ・ド・ブロワがロンドンを押
さえ、イングランド王スティーヴンとして戴冠した。その後、スティーヴンとマティルダ
およびそれぞれの支持勢力の間で 20 年近くにわたり内戦状態が続いた(無政府時代と呼ば
れる)
。スティーヴンが継承者としていた息子ウスタ
シュが 1153 年に急死すると、マティルダの息子アン
ジュー伯アンリとの間で和平協定を結び、自身の王
位の承認と引き換えにアンリを王位継承者とするこ
と、またウスタシュの弟ギヨームは王位請求権を放
棄することとした。
1154 年にスティーヴンが死去すると、
協定通りアン
リがヘンリー 2 世としてイングランド王に即位し、
プランタジネット朝が成立した。
ヘンリー 2 世はフランスに広大な所領を持ったまま
イングランド国王に即位し、アンジュー帝国と呼ば
れる一大領邦群を形成した。プランタジネット家はまた、フランス王侯諸家との血縁関係
も強かった。そのため、フランス王室(カペー朝、ヴァロワ朝)との領地・王位を巡る争
いが絶えることなく、百年戦争を招く結果となった。
歴代国王に失政が多かったと言われるのも、こうした「対フランス政策」に忙殺されざ
るを得ないという、同王朝特有の事情が引き起こした現象であるといわれている。ヘンリ
ー 2 世以外の歴代の国王はフランス人としての意識も強く、特にヘンリーの息子であるリ
チャード 1 世は、本来は兄若ヘンリーが王位を継ぐべき身で自身は母方のアキテーヌにも
っとも執着したこともあり、イングランド統治への関心が低かったともいわれている。
アイルランド統治
ヘンリー 2 世はまたアイルランド卿の称号を有し、1171 年にイングランド王として初め
てアイルランド島へ上陸して、アイルランドの諸王に服属を誓わせた。この称号は末子ジ
ョンに与えられ、ジョンの王位継承後は歴代イングランド王の称号の一つとなった。ただ
し、プランタジネット朝(またランカスター朝、ヨーク朝)期を通じて、アイルランドの
支配は限定的なものであった。
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
137 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content