close

Enter

Log in using OpenID

User`s Manual [日本語] - Kurizz-Labo

embedDownload
HDP-4
DEQX Mate
Professional Digital Correction for Installers and End Users
User's Manual [日本語]
[ Kurizz-Labo 訳 ]
DEQX User’s Manual
著作権
Copyright © 2004 DEQX Pty. Ltd. DEQX Calibrated は DEQX 社の商標です。その他のす
べての製品及びブランド名はそれぞれの所有者に帰属する商標あるいは登録商標です。
注意及び
注意及び責任制限事項
DEQX 社は製品の使用による損失や損傷に対して一切の責任を負いません。
DEQX Calibration ソフトウェアについては付属のライセンスをご参照ください。
警告
火事やショックの危険を避けるため、製品を風雨にさらしたり、濡らしたりしないでください。
電気ショックを避けるためにケースを取り外さないでください。
ユーザーが取り扱い可能な部品は中に入っていません。いかなる扱いも有資格者に依頼してくだ
さい。
注意:
注意 オーディオシステムが正しく接続されていない場合や製品が正しく使われていない場合、
スピーカーユニットや他の機器に損傷が及ぶことがあります。
ハードウェアを準備する前にこのユーザーマニュアルをよく読むとともに、スピーカーのメーカ
ーに正しい接続方法を確認するようにしてください。
オーディオ機器の接続が正しいかどうか疑わしい場合にはプロのインストーラーに助けてもらう
か、[email protected] で DEQX 社、または Kurizz-Labo にアクセスしてください。
このマークは製品に付帯する記述でユーザーに対して重要な操作とメンテナンスの手引きがある
ことを警告したものです。
このマークは製品の中に人体に重大な電気ショックの危険を与える「危険電圧」があることを警
告したものです。
Page 2
DEQX User’s Manual
3
重要な
重要な安全の
安全の手引き
手引き
この製品のインストールあるいは操作の前にこの手引きをよくお読みください。
これらの手引きをお守りください。
すべての警告に注意を払ってください。
すべての手引きに従ってください。
この製品を水の近くで使用しないでください。
乾いた布でのみ拭いてください。
換気孔をふさがないでください。メーカーの手引きに従って設置してください。
暖房器具、ストーブなど熱を発する器具(アンプを含む)の近くに置かないでください。
電源用の IEC-3P プラグ(グラウンドタイプ)の安全目的をお守りください。IEC-3P プラグは
2つの電源供給用接点と、グラウンド用に1個の接点があります。グラウンド用の接点は安全の
ためにあるものです。差し込む先のプラグが合わない場合、電気店などに相談して交換してくだ
さい。
電源コードを踏んだり傷つけたりしないよう、特にプラグとコードを保護してください。コード
やプラグに損傷がある状態で製品を使用しないでください。
メーカーが指定した付属品やアクセサリだけをご使用ください。
落雷の恐れがある間、または長い期間ご使用にならない時は製品の電源コードをはずしてくださ
い。
すべてのサービスは資格を有するサービス担当者にお申し付けください。電源コードやプラグが
損傷したり、筐体内に液体やその他の何かが入り込んでしまったり、雨に濡れたり、湿気を帯び
たり、あるいは落としたなど、製品がなんらかの損傷を受けり、正常に動作しなかった場合には
サービスが必要になります。
清掃とメンテナンス
清掃とメンテナンス
清掃の前には必ず電源コードをはずしてください。
研磨剤を使用しないでください。柔らかい清潔な布で表面を簡単にふき取ってください。汚れが
ひどい場合や指紋を取り除くには布に研磨剤が含まれない洗剤を少量ふくませてお使いください。
文書バージョン
文書バージョン
2013年4月発行の日本語 Version(この文書)は、DEQX Calibration ソフトウェアのバー
ジョンが 2.92 またはそれ以降で、ファームウェアのバージョンが 201.14 またはそれ以降に関
するものです。
各機器が古いバージョンのファームウェアで使用された場合、点灯ボタンの色などはここで書か
れているものと異なる場合があります。
最新のソフトウェア、ファームウェア、文書については www.deqx.com をチェックしてくださ
い。
DEQX User’s Manual
4
目
次
著作権........................................................................................................................................................ 2
警告............................................................................................................................................................ 2
重要な安全の手引き................................................................................................................................ 2
清掃とメンテナンス................................................................................................................................ 3
文書バージョン........................................................................................................................................ 3
製品の
製品の開封.................................................................................................................................................... 6
アクセサリ................................................................................................................................................ 6
このマニュアルについて............................................................................................................................ 7
はじめに........................................................................................................................................................ 8
製品の
製品の機能と
機能と操作........................................................................................................................................ 9
フロントパネル標準操作モード............................................................................................................ 9
スタンバイ(Standby)ボタン................................................................................................... 9
Volume ボタン............................................................................................................................ 10
プロファイル選択ボタン.............................................................................................................10
リモートコントロールの使用............................................................................................................. 11
Mute ボタン................................................................................................................................. 12
Standby ボタン........................................................................................................................... 12
Volume ボタン............................................................................................................................ 12
EQ ボタン..................................................................................................................................... 12
入力選択.........................................................................................................................................15
Profile Select.............................................................................................................................. 15
User............................................................................................................................................... 15
バッテリー.....................................................................................................................................15
フロントパネル IO コンフィギュレーションモード....................................................................... 16
Volume ボタン-デジタル入力選択.......................................................................................... 16
P1 – アナログ入力選択............................................................................................................. 16
P2 – マイク入力モードの選択................................................................................................. 17
P3 –デジタルアウトシンクソース選択................................................................................... 17
DEQX User’s Manual
5
I/O コンフィギュレーションノート......................................................................................... 18
フロントパネル LED のスペシャルモード表示...................................................................... 18
アパネル端子................................................................................................................................. 19
インストール............................................................................................................................................. 21
スピーカー位置の決定......................................................................................................................... 21
スピーカーコンフィギュレーションの決定..................................................................................... 21
スピーカーの数.............................................................................................................................21
各スピーカーのドライバーの数.................................................................................................22
クロスオーバー..................................................................................................................................... 23
スピーカーワイヤリングとアンプ接続............................................................................................. 23
シングルワイヤー.........................................................................................................................23
バイワイヤー.................................................................................................................................24
トライワイヤー.............................................................................................................................24
バイアンプ.....................................................................................................................................24
トライアンプ.................................................................................................................................25
コンフィギュレーションの選択.................................................................................................25
スピーカー接続
スピーカー接続......................................................................................................................................... 26
シングルアンプ..................................................................................................................................... 27
バイアンプ............................................................................................................................................. 28
トライアンプ......................................................................................................................................... 29
用語集......................................................................................................................................................... 30
仕様............................................................................................................................................................. 31
インストール情報
情報..................................................................................................................................... 32
インストール
追記......................................................................................................................................................... 33
スピーカーのレイアウト図................................................................................................................. 34
接続図..................................................................................................................................................... 35
インストールにおける注意点............................................................................................................. 36
Index........................................................................................................................................................... 37
DEQX User’s Manual
6
製品の
製品の開封
箱から付属品と機器を注意して取り出します。輸送による損傷がないか見てください。本体や付
属品等に損傷が見受けられる場合即座に輸送業者と DEQX 社(日本では Kurizz-Labo)の両方
に連絡してください。すべての DEQX 機器は出荷の前に注意深く検査されています。
箱と梱包材は後に製品がサービスを必要とするような場合に備えて保存しておいてください。製
品が元のパッケージ以外で輸送された場合に生じた損傷は保証の対象外となります。
アクセサリ
製品には次の付属品が入っています。
■
User’s Manual(本書)
■
リモートコントロール(1台、単 4 型電池2本)
■
Dayton 社製測定マイクロフォン(1本、マイクフォルダー)
■
マイクロフォンケーブル(1 本)
■
USB ケーブル(1本)
■
AC 電源コード(1本)
■
CD-ROM(マイク補正ファイル、Calibration ソフト、英文マニュアル他)
このマニュアルについて
このマニュアルは、DEQX 社の製品について、設置と調整を行う専門のインストーラーと一般
ユーザーのために書かれています。DEQX 製品のインストールは使用の前にこのマニュアルを
よくお読みください。また、インストーラーの方は DEQX Calibration インストーラーズマニ
ュアルも読んでください。
このマニュアルには HDP-4 と Express II および DEQX MATE の機能についての総括的説明と
操作手順が書かれています。
DEQX User’s Manual
7
はじめに
DEQX Calibrated™
Calibrated - Digital EQualization
EQualization and X-over Calibrated はラウドスピーカーの周
波数レスポンスとタイムアラインメントエラーを修正する DSP(デジタルシグナルプローセッ
シング)テクノロージーの名称です。
本機はプログラムソースからの信号がメイン(パワー)アンプに入る前に処理を行います。
本機は内蔵された DSP(Digital Signal Processer)によってスピーカーとルームの特性を修正
します。その結果、音響的な歪みを取り除き、位相を整えて音像定位の広がりと精度を劇的に改
善します。
CD プレーヤーなどの
プログラムソース再生
機器
プリアンプを使用する
こともできます。
DEQX 製品
パワーアンプ
スピーカー
この図は一般的なステレオシステムの接続例です。プレーヤーの信号は直接、またはプリアンプ
を通り DEQX 製品に送られます。DEQX で処理された信号はパワーアンプに送られてスピーカ
ーを駆動します。
DEQX の製品はピュアオーディオ、ホームシアター、プロ用オーディオシステムなどの再生音
質を劇的に改良します。
DEQX User’s Manual
8
機能と操作
本機はリモコンによって、入出力、ボリューム、保存されたプロファイル(設定情報)などの選
択などができます。HDP-4 と MATE は本体のパネルにあるスイッチでも特定の操作が可能で
す。
P0(通常は Bypass に設定)および P1~P3 の各プロファイルには、スピーカーの補正データ
と、自動または手動のイコライゼーション、クロスオーバー設定などが1セットずつ保存されて
います。
プロファイルやその他の必要なコンフィギュレーション(設定)をセットするには本機に PC
(パソコン)を接続してキャリブレーションソフトを起動し、この中のコンフィギュレーション
ソフトウェアで行います。このセットアップはお客様ご自身または専門のインストーラーが実施
します。
フロントパネルの操作(HDP-4/MATE の場合)
フロントパネルのボタンは、「スタンバイモード」「ボリューム」「プロファイル選択」などが
コントロール出来ます。
赤外線リモコン受光部
スタンバイボタン
どれか 2 個のボタンを同時
に押すと P0 が選択される。
ボリュームボタン
プロファイル選択ボタン
スタンバイ(
スタンバイ(Standby)
Standby)ボタン
DEQX 本体のオン/オフです。スタンバイモードのとき、最後に選択されたプロファイルセッテ
ィングやボリュームの情報が記憶された状態になっています。
P3のボタンを押しながらスタンバイボタンを押すと 18ページで説明する IO コンフィギュレ
ーションモードに入ります。
スタンバイボタンの LED の点灯色は次の状態を示します。
ボタン点灯
ボタン点灯
状
態
緑
デジタル入力
黄色
アナログ入力
赤
スタンバイ
過大入力(信号クリップ)
(アナログ入力またはデジタル/アナログ出力)
白
DEQX User’s Manual
9
Volume ボタン
上側のボタンを押すと音量が上がり、下側のボタンを押すと音量が下がります。ボタンを押すご
とにそれぞれ 0dB から-24dB までが 1dB 単位、-24 から-36dB までは 2dB 単位、-36 か
ら-48dB までが 3db 単位、-48dB から-120db までは 6dB 単位でレベルが増減します。
ボリュームの位置はユニットがスタンバイまたは電源がオフの直前の状態が保存されています。
ボタン点灯の色は次の音量を示します。
ボタン点灯色
ボタン点灯色
オフ
赤
黄色
緑
青
紫/ピンク
白
レベル
-120dB ~ -60dB
- 60dB ~ -50dB
- 50dB ~ -40dB
- 40dB ~ -30dB
- 30dB ~ -20dB
- 20dB ~ -10dB
- 10dB ~ 0dB
ボリュームインジケーターの LED はゲインが-60dB より大きいとミュート時に点滅します。
デジタル入力に CD プレーヤーなどのデジタル機器が接続されている場合、それらの機器からの
デジタル信号がなくなると HDP-4 は自動的にミュートモードに入ります。
プロファイル選択
プロファイル選択ボタン
選択ボタン(
ボタン(P1、
P1、P2、
P2、P3)
P3)
これら3つのボタンは設定データが保存されたキャリブレーションプロファイルを選択します。
いずれか 2 つのプロファイルボタンを一緒に押すと P0 を選択することができます。このプロフ
ァイルも P1~P3 と同様にセット出来ますが、通常は入力された信号を補正せずに出力するバ
イパス設定のプロファイルとしてセットされます。
P1~P3 のボタンライトは次の状態を示します。
ボタンライト
全部オフ
全部黄色
全部白で点灯
1 つだけが白で点灯
状
態
動作モードになっていません。スタンバイボタンのライトを参照して適
切なモードを決めてください。
プロファイルのデータがロードされていません。
バイパスモード(プロファイル 0)が選択されています。
このボタンに対応するプロファイルが動作しています。
DEQX User’s Manual
10
リモートコントロール
リモートコントロールは標準装備品で、DEQX 本体のいくつかの機能をコントロールします。
下の図を参照してください。
Mute ボタン
Standby ボタ
ン
Volume ボタン
マニュアル EQ
セット用ボタン
マニュアル EQ 用
の周波数と Q の
クイックセット表
は裏側にあります。
入力選択 ボタン
A1
A2
アナログ RCA 入力
アナログ XLR 入力
プロファイル選択ボタ
D1 デジタル光端子入力
D2 デジタル BNC 入力
D3 デジタル RCA 入力
D4 デジタル XLR 入力
USB USB 端子入力
Auto P.14 参照
Mate は A1、A2 のみ
DEQX User’s Manual
11
Mute ボタン
出力のミュート/ミュートの解除をします。Mute ボタンを押すと出力がミュートされ、もう一
度押すとミュートが解除されます。ミュート時、フロントパネルのボリュームライト(-60dB
より大きい場合)は点滅します。
Standby ボタン
スタンバイボタンはフロントパネルのスタンバイ(I/0)ボタンと同様で、ユニットをスタンバ
イ状態にしたり解除したりします。スタンバイになっている時はフロントパネルのスタンバイ表
示 LED が赤になります。
Volume ボタン
ボリュームボタンは出力レベルの調整を行います。ボタンを押すごとにそれぞれ 1dB 単位で
0dB から-24dB 以上、2dB 単位で -36dB 以上、3dB 単位で-48dB 以上、6dB 単位で
-120dB まで増減します。∧ボタンはボリュームを上げ、∨ボタンはボリュームを下げます。
EQ ボタン
3-Band EQ (Low/Mid/High)
リモートコントロールの EQ は 3 バンドのグラフィックイコライザーです。
デフォルトでの 3 バンドの中心周波数は次の通りです。
Low(バス)
Mid (ミッド)
High(トレブル)
:
:
:
110Hz
440Hz
3500Hz
Low(バス)バンドを調整するには、Low ボタンを押してから Gain+ボタンを押してブースト
するか、Gain-ボタンを押してカットします。
同様に、ミッドバンドを調整するには、Mid ボタンを押してから Gain+ボタンを押してブースト
するか Gain-ボタンを押してカットします。
High(トレブル)バンドを調整するには、High ボタンを押してから Gain+ボタンを押してブー
ストするか Gain-ボタンを押してカットします。
Gain+ボタンまたは Gain-ボタンを押すたびに対応するバンドが 1dB ずつ変更されます。
選択したバンドがどれでも、別のバンドを選ぶまでは有効な状態となっています。たとえば、
Mid ボタンを押すと、Gain+と Gain-ボタンは Low または High ボタンを押すまでは Mid バン
ドに影響を与えます。
EQボタンを押すたびに、フロントパネルに反映されます。右端の3つのボタンは1秒間緑に点
灯します。どのコントロール(ローかミッドあるいはハイ)がアクティブになっているかによっ
て、ライトの1つが他よりも明るくなります。
LowコントロールがアクティブのときP1ライトが明るくなります。
MidコントロールがアクティブのときP2ライトが明るくなります。
HighコントロールがアクティブのときP3ライトが明るくなります。
アクティブなバンドの調整をリセットするには Gain 0dB ボタンを押します。
すべてのバンドの EQ をリセットするには EQ Reset ボタンを押します。
DEQX User’s Manual
12
Advanced EQ
リモートコントロールでの EQ は、ユーザーがそれぞれ 3 つの EQ セッティングで構成される
100 通りの EQ 状態を保存し、呼び出すことができます。この EQ は 4 つの補正プロファイル
(P0、P1, P2, P3)とは別に HDP-4/の本体に保存することができます。
EQ コントロールの概要は次の通りです。
•
•
•
•
•
•
•
00 から 99 までの 100 通りの EQ 状態があります。
ロー、ミッド、ハイの 3 バンドの EQ です。
ローとハイのコントロールは調整可能なゲインと周波数があります。
ミッドのコントロールには調整可能なゲインと周波数と Q があります。
Q は EQ エフェクトの幅を変更します。Q は 1/12th オクターブから 4 オクターブまで
の 10 のオプションが可能です。リモートコントロールの Q「クイックセット」を参照
してください。
20Hzから24kHzの範囲において、セミトーン(半音)単位で周波数の値を決めるこ
とができます。また、1つの周波数から別の周波数にリモートコントロールに表記され
ている「クイックセット」を使って素早くジャンプすることもできます。
ゲインは1dB単位で±12dBです。
EQコントロールの使用
•
•
•
•
EQコントロールは補正のプロファイルとは別ですが、4つの補正プロファイル、P0、
P1、P2、P3と同様に電源をオフにしても保持されています。
現在のEQコントロールをEQプロファイルにSAVExxボタンを使って保存することが
できます。たとえば、'SAVExx'を押してから'5'を押し'7'を押すと現在のEQコントロ
ールがEQプロファイル57に保存されます。EQxxを使って以前に保存したEQプロフ
ァイルからEQプロファイルを呼び出すことができます。たとえば、'EQxx'を押してか
ら'0'を押し'5'を押すとEQプロファイル05が現在のEQコントロールに呼び出されます。
注意-EQプロファイルの保存と呼び出しの際には2つの数字が必要です。
EQコントロールは、Low、Mid、Highのボタンでデフォルトのバンドを選択すること
ができます。そして Gain+、Gain-、Freq-、Freq+、Qx、Gain 0dB などのボタン
でコントロールすることができます。
EQコントロールのゲインを0dBにリセットするには、バンドを選択して、Gain 0dB
を押します。
DEQX User’s Manual
13
下の図はデフォルトセッティングでそれぞれ6dBブーストした3つのトーンコントロールを示し
ています。また、6dBブーストしたデフォルトセッティングの位相結果も示しています。
Default Remote EQ Frequency & Bandwidth Settings
10
5
増
・
・
減
0
-5
(dB)
-10
-15
-20
100
Frequency (Hz)
1000
10000
1000
10000
150
100
50
位
0
相
-50
(度)
-100
-150
100
•
•
Frequency (Hz)
トーンコントロールをデフォルトにリセットするにはEQ Resetを使います。これは既
に保存されているEQプロファイルには影響を与えません。
EQ操作はフロントパネルのプロファイルの3つのボタンに反映されます。ボタンの
LEDが1秒間隔で点灯し、ローかミッド、あるいはハイがアクティブになっているかを
表示します。
ローコントロールがアクティブのときP1ライトが明るくなります。
ミッドコントロールがアクティブのときP2ライトが明るくなります。
ハイコントロールがアクティブのときP3ライトが明るくなります。
DEQXにはプロファイルごとに合計10個のEQセッティングがあります。このうち3
つはリモートコントロールのために確保され、7つはDEQX Calソフトウェアからア
クセスすることができるパラメトリックEQのために確保されています。
DEQX User’s Manual
14
・入力選択
次の 8 つの入力選択ボタンがあります。
A1:
A1:RCA コネクターからのアナログ信号を選択します。
A2:
A2:XLR コネクターからのアナログ信号を選択します。
D1:光コネクターからのデジタル信号を選択します。
D1
D2:BNC
コネクターからのデジタル信号を選択します。
D2
D3:
D3:RCA コネクターからのデジタル信号を選択します。
D4:
D4:XLR コネクターからのデジタル信号を選択します。
USB:USBコネクターからのデジタル信号を選択します。
USB
Auto:
Auto:下記参照
Auto –これは最後に選択したアナログソースと最後に選択したデジタルソー
スの間の切り替えをします。デジタル入力で受け取った信号がある場合には
デジタルソースを使い、そうでない場合にはアナログソースを使います。た
とえば、An RCA ボタンを押してから Dig XLR ボタンを押して Auto ボタン
を押した場合、HDP-4 はアナログ RCA 信号があるなしにかかわらずデジタ
ル XLR 信号を使い、デジタル XLR 信号がない場合にはアナログ RCA 信号を
使います。
Profile Select
P0、 P1, P2, P3 の 4 つのプロファイルセレクションボタンがあります。4 つのプロファイルに
対応して DEQX に保存した設定をこのセレクションボタンで選択して呼び出すことができます。
リモコンのバッテリー
リモコンのバッテリー
リモートコントローラーには単4型乾電池を2個使います。電池BOXはリモートコントロール
の裏側下部にあります。電池を入れるには電池カバーを矢印で示されたようにスライドさせて開
けます。電池の+と-表示を電池BOX内の+と-表示に合わせて入れ、カバーを元に戻します。
リモートコントロールが働かない場合は電池が正しく装着されているか確かめてください。
使用時はもちろん、放置している時にも電池は消耗しています。反応が鈍かったり、動作しなく
なった場合には電池を取り替えてください。
DEQX User’s Manual
15
I/O コンフィギュレーションモード
コンフィギュレーションモード(
モード(HDP-4)
HDP-4)
フロントパネルスイッチは通常ノーマルモードで操作できますが、8ページで触れたように、
I/O コンフィギュレーションモードでも操作できます。I/O コンフィギュレーションモードに入
ったり抜けたりするには、右端の P3 ボタンを押しながら左端の 1/0 ボタンを押します。
I/O コンフィギュレーションモードでは、デジタル入力、アナログ入力、マイク入力モード、デ
ジタルシンクソースを選択することができます。ボタンライトは選択したものを示します。
マイク
入力
I/O コンフィグモードでの操作
→
デジタル
入力
アナログ
入力
P1
I/O
volume
HDP-4 または HDP-EXPRESS-II
P3 ボタンを押しながら I/O ボタンを押すと、I/O コンフィグモードに入る
Volume ボタンボタン-デジタル入力
デジタル入力選択
入力選択
どのデジタル入力端子を使うかを選択します。
ボタンライト
オフ
緑
青
選
択
選択なし
AES/EBU (XLR/professional)
S/PDIF (RCA/consumer)
P1 – アナログ入力
アナログ入力選択
入力選択
どのリアパネルアナログ入力端子を使うかを選択します。
ボタンライト
オフ
緑
青
選
択
選択なし
XLR/professional
RCA/consumer
P2 – マイク入力
マイク入力モードの
入力モードの選択
モードの選択
測定に使用するマイクの入力モードを選択します。
ボタンライト
オフ
赤
緑
青
白または黄色
選
択
選択なし
マイク+ゲイン
マイクのみ
マイク+ゲイン+ファンタム電源
マイク+ファンタム電源
デジタル入力
Sync ソース
P2
P3
DEQX User’s Manual
16
P3 –デジタルシンク
デジタルシンクソースの
シンクソースの選択
ソースの選択
デジタル出力ボード(オプション)のシンクソースを選択します。
ボタンライト
オフ
赤
緑
青
選択
デジタル出力オプションの適応なし
内部クロック
外部クロック(シンクイン)
自動検出(デフォルト)
DEQX User’s Manual
17
I/O コンフィギュレーションモード
デジタル入力を選択している時に有効なデジタル入力信号がないとミュート状態になります。
デジタルとアナログ入力を Auto に設定した場合、デジタルの入力信号が検出されてアナログ入
力がない場合、デジタル入力が選択されます。
スピーカーやルーム測定では自動的にマイク入力が選択され、マイクからの入力が無い場合でも
ユニットはアナログ状態になっています。
I/O コンフィギュレーションモードからスタンダードオペレーティングモードに切り替わる時、
デジタルとアナログ入力選択の状態は保存されます。
マイク選択は保存されません。
デジタル出力はアナログ出力と同じ信号を出力します。
オプションのデジタル出力ボードが装着されている場合、デジタル出力のクロックは内部クロッ
クかボードの Sync In 端子に接続された外部の AES 信号に同期させることができます。自動検
出モードでは、外部シンク信号が存在すれば HDP-4 は自動的にその信号に同期します。デジタ
ル出力は 8kHz から 108kHz の範囲のサンプルレートに同期することができます。
フロントパネル LED のスペシャルモード表示
のスペシャルモード表示
フロントパネルの LED が次の表示を行った場合、スペシャルモードの状態を示します。
LED ライト
すべてのライトが青で点滅
赤、赤、赤、黄色、赤、赤、黄色、赤、
黄色、赤、赤、青、赤、青、赤、青
選
択
セーフモードで起動しています。ファームウェアアッ
プグレードがうまく行われなかった場合にスペシャル
モードが使われます。フィルタリングは働きませんが
ファームウェアをアップグレードすることができま
す。
フォルトモードです。
ユニットは動作不良の状態です。電源を落として修理
をする必要があります。動作不良の原因について、分
析のためのデバッグ情報を DEQX 社に送ることができ
ます。
DEQX User’s Manual
18
リアパネル端子
リアパネル端子
リアパネルには電源スイッチ、PC 接続端子、デジタル/アナログ入出力端子が装備されていま
す。HDP-4 はオプションのアナログバランスとデジタルオーディオ出力ボードの同時搭載が、
また HDP-にはアナログバランスボードの搭載が可能です。キャリブレーションに使うマイク用
端子も用意されています。
デジタル入力
光
出力(デジタル)
BNC×4
RCA
BNC
出力(アナログ)
RCA×6
XLR×6
メイン電源スイッチ
XLR
RS232C
マイク入力
USB
(設定用) USB オーディオ入力
入力(アナログ)
XLR×2、RCA×2
100V/20V
切り替 SW
電源入力コネクター
[ HDP - 4 ]のリアパネル
マイク入力
入力(アナログ)
XLR×2、RCA×2
出力(アナログ)
RCA×4/XLR×4
電源入力コネクター
100V~240V
[ DEQX - Mate ]のリアパネル
出力(アナログ)
RCA×6
マイク入力
入力(アナログ)
XLR×2、RCA×2
[ HDP - Express II ]のリアパネル
電源入力コネクター
100V~240V
DEQX User’s Manual
19
リアパネル端子
リアパネル端子の
端子の説明
・ USB(
USB(設定用
設定用): この USB ポートは測定やコンフィギュレーションを行う時に DEQX と
PC を接続するために使用します。
・ RS232 シリアルポート : Kurizz-Labo のレベルメーターなどを接続します。
・ RCA アナログ入力
アナログ入力(
入力(A1)
A1): L/R ch のアナログオーディオ入力端子です。
・ XLR アナログ入力
アナログ入力(
入力(A2):
A2): L/R ch のバランスアナログオーディオの入力端子です。
・光デジタル入力
デジタル入力(
入力(D1)
D1): TOSLINK 規格のデジタルオーディオ入力端子です。
・ BNC デジタル入力
デジタル入力(
入力(D2)
D2): S/PDIF 規格のデジタルオーディオ入力端子です。
・ RCA デジタル入力
デジタル入力(
入力(D3): S/PDIF 規格のデジタルオーディオ入力端子です。
・ XLR デジタル入力
デジタル入力(
D4): AES/EBU 規格のデジタルオーディオ入力端子です。
入力(D4)
・ USB オーディオ入力
オーディオ入力(
入力(USB):
USB): USB オーディオが直接入力できる端子です。
・マイク入力
マイク入力:
入力: スピーカーとルームの測定時にマイクを接続する端子です。コンデンサーマイ
クのためにファンタム電源の供給(デフォルトでオン)が行われます。
・アナログ出力
アナログ出力(
出力(RCA)
RCA): L/R-ch×3で合計 6 個のアナログオーディオ出力端子です。
・アナログバランス出力
アナログバランス出力(
出力(XLR):
XLR): L/R-ch×3で合計 6 個のアナログバランス出力端子です。
アンバランスの出力と同時に使用できます。
・デジタル出力
の入力デジタル信号×1
デジタル出力:SP-DIF(BNC×4)L/R-ch×3と、DSP
出力
・電源スイッチと
ON/OFF はフロントパネルまたはリモコ
電源スイッチと:メイン電源スイッチです。通常の
スイッチと
ンの Standby ボタンを使ってください。リアのメイン電源スイッチはケー
ブルをはずす時などにご使用ください。
・電源入力ソケット
電源入力ソケット:
ソケット:日本向けの HDP-4 はソケットの隣にあるスイッチの切換で 100V と
200V(表示は 115V-230V になっています。)が選択できます。
注意:100V に設定して 200V 電源に接続すると機器が焼損しますのでご注意下さい。
DEQX User’s Manual
20
インストール完了後
インストール完了後の
完了後の補足説明
DEQX がどのように動作しているかについての補足的な情報を下に記載します。
専門のインストーラーが測定と設定を行った後の注意点です。
•
スピーカーの位置(下記参照)
•
スピーカーのドライブ方法(下記参照)
•
スピーカーのドライブ方法に従ったコンポーネントを接続(25ページ参照)
インストールは PC 上のソフトウェアで行います。スピーカーのドライブ方法、ルーム、リスニ
ングポジションについてのプロファイルのセットアップなどが含まれます。ソフトウェアによる
設定が済むとお手持ちのスピーカーまたはルームに対して再生音が最適化されます。
ソフトウェアコンフィギュレーションについての詳細は DEQX インストレーションマニュアル
を参照してください。
スピーカー位置
スピーカー位置の
位置の決定
スピーカーの設置位置は最終的なサウンドクオリティに多大な影響を与えます。DEQX が室内
の定在波などを補正した後はスピーカーの位置を動かさないで下さい。スピーカーの設置位置を
変更した場合はルーム測定と補正を再び行って下さい。
スピーカーコンフィギュレーションの決定
スピーカーコンフィギュレーションの決定
次の諸条件によって様々なコンフィギュレーションがあります。
•
スピーカーの数
•
各スピーカーのドライバーユニットの数
•
各スピーカーのクロスオーバーのタイプ
•
シングルワイヤー、バイワイヤーといったスピーカーのワイヤリング方式
•
■ 詳細については下記の各トピックスを参照してください。
これらの条件に従って DEQX のスピーカーコンフィギュレーションが選択されています。
スピーカー
ワイヤリング
DEQX Speaker
Configuration
スピーカー内蔵
スピーカー内蔵
クロスオーバーの使用
クロスオーバーの使用
DEQX デジタル
クロスオーバーの使用
クロスオーバーの使用
Single-wired
Bi-wired
Bi-Amplified
Tri-Amplified
Single-wired
Single Amp
Single Amp
Bi Amp
Tri Amp
Subwoofer
YES
YES
オプション、モデルによる
オプション、モデルによる
オプション、モデルによる
NO
NO
YES
YES
YES
たとえば、2 つのバイアンプスピーカーとサブウーファーで構成されるステレオシステムの場合、
それぞれのバイアンプスピーカーのためには Bi Amp DEQX スピーカーコンフィギュレーショ
ンを選択し、サブウーファーのためには Subwoofer のコンフィギュレーションを選択すること
になります。さらに詳しくはインストーラーマニュアルにあります。
スピーカーの数
スピーカーの数
このマニュアルでスピーカーという言葉はラウドスピーカーキャビネットを指します。ステレオ
の設定にはオプションでサブウーファーを1本、あるいは左右に2本設置する方法があります。
ホームシアターコンフィギュレーションは通常 5~7つのラウドスピーカーに 1 つか 2 つのサブ
ウーファーを加えたものとなります。
DEQX User’s Manual
21
各スピーカーのドライバーユニットの
スピーカーのドライバーユニット の数
このマニュアルでドライバーユニットという言葉はスピーカーキャビネット内のスピーカーユニ
ットのことで、コーン、ドーム、リボン、あるいはホーンユニットなどを指します。
また、スピーカーユニットには、ツイーター、ミッドレンジ、ウーファーなどの目的別の名称が
あり、ウーファーに低域(バス)の信号を分配するクロスオーバー回路、ミッドレンジドライバ
ーに対して分配するクロスオーバー回路、ツイーターに対するクロスオーバー回路などが含まれ
ています。(下図参照)
High-frequency
Tweeter driver
Mid-frequency
Midrange driver
Low-frequency
Woofer driver
DEQX User’s Manual
22
クロスオーバー
クロスオーバーはスピーカーの各ドライバーに対する周波数を制限するためのデバイスです。
2ウェイのクロスオーバーは単一のクロスオーバー周波数で働きます。ローパスフィルターはク
ロスオーバー周波数より低い周波数を 1 つのドライバーに送り出します。ハイパスフィルターは
クロスオーバー周波数より高い周波数を他のドライバーに送ります。3ウェイクロスオーバーは
2つのクロスオーバー周波数で3通りに周波数を分けます。
クロスオーバーはパッシブ(外部パワーソースを必要としない)あるいはアクティブ(外部パワ
ーソースを必要とする)素子で構成することが可能です。DEQX は位相の変化がない FIR 型の
デジタルフィルターを備えています。
複数のドライバーを持つスピーカーには通常内蔵のドライバーに周波数を分配するクロスオーバ
ーフィルター(一般的には LC 型)が含まれています。スピーカーによっては内部のクロスオー
バーフィルターをバイパスして DEQX に内蔵されているクロスオーバーフィルターを使うこと
も可能ですが、追加のパワーアンプが必要です。下のスピーカーワイヤリングとアンプ接続を参
照してください。
スピーカーワイヤリングとアンプ
スピーカーワイヤリングとアンプ接続
とアンプ接続
複数のドライバーを含むスピーカーはアンプが個々のスピーカードライバーにどのように接続さ
れているかによって様々な方法で接続することができます。
バイワイヤー接続が可能なスピーカーにはアンプと接続するための 2 組の端子があります。それ
ぞれのスピーカーケーブルは 1 つのアンプ(シングルアンプ)にパラレルで接続したり、各ケー
ブルを別々のアンプを(バイアンプ)接続することもできます。
トライワイヤースピーカーにはアンプ接続のための 3 組の端子があります。それぞれのケーブル
は 1 つのアンプ(シングルアンプ)にパラレルで接続したり、各ケーブルに別々のアンプを(ト
ライアンプ)接続することもできます。
下の図は3つのドライバーユニットを持つスピーカーを示しています。
シングルワイヤー
シングルワイヤーコンフィギュレーションでは、1 つのケーブルでアンプとスピーカーを接続し
ます。スピーカー内の内部クロスオーバーは各ドライバーに対応する周波数を分配する信号をフ
ィルターにかけます。これは DEQX Single Amp コンフィギュレーションに対応しています。
DEQX PDC
Power Amplifier
Single-wired
Loudspeaker
High-Pass
Filter
High
Mid
Signal
Source
Digital Signal
Processing
Band-Pass
Filter
Low
Low-Pass
Filter
Internal
Crossover
DEQX User’s Manual
23
バイワイヤー
バイワイヤーコンフィギュレーションは2本のケーブルを1つのアンプに接続します。これは
DEQX の Single Amp コンフィギュレーションに対応します。
DEQX PDC
Power Amplifier
Bi-wired
Loudspeaker
High-Pass
Filter
Signal
Source
High
Digital Signal
Processing
Low
Low-Pass
Filter
Internal
Crossover
トライワイヤー
トライワイヤーコンフィギュレーションはスピーカーからの 3 本のケーブルを 1 つのアンプに接
続します。この場合でも DEQX のコンフィギュレーションは Single Amp の設定です。
DEQX PDC
Power Amplifier
Tri-wired
Loudspeaker
High-Pass
Filter
High
Mid
Signal
Source
Band-Pass
Filter
Digital Signal
Processing
Low
Low-Pass
Filter
Internal
Crossover
バイアンプ
バイアンプコンフィギュレーションは、2 台のパワーアンプを使用し、それぞれのスピーカーユ
ニットに接続されます。これは DEQX の Bi Amp コンフィギュレーションに対応します。スピ
ーカーの内部クロスオーバーはこのコンフィギュレーションではバイパスされていることに注意
してください。(LC ネットワーク等を入れたままでも DEQX の補正効果を得ることが出来ます
が、この場合はクロスオーバー周波数をそのネットワークと同じにします。)
DEQX PDC
Power Amplifier
Bi-amplified
Loudspeaker
High
High-Pass
Filter
Digital
High-Pass Filter
Signal
Source
Digital
Low-Pass Filter
Low
Low-Pass
Filter
Optional Internal
Crossover
DEQX User’s Manual
24
トライアンプ
トライアンプコンフィギュレーションでは、3 台のパワーアンプが 3 本のケーブルによって各ス
ピーカーユニットに接続されます。この場合は DEQX の Tri Amp コンフィギュレーションに対
応します。スピーカー内部のクロスオーバーはこのコンフィギュレーションでは未接続となって
いることに注意してください。(LC ネットワーク等を入れたままでも DEQX の補正効果を得る
ことが出来ますが、この場合はクロスオーバー周波数をそのネットワークと同じにします。)
DEQX PDC
Digital
High-Pass Filter
Power Amplifier
Tri-amplified
Loudspeaker
High-Pass
Filter
High
Mid
Signal
Source
Digital
Band-Pass Filter
Digital
Low-Pass Filter
Band-Pass
Filter
Low
Low-Pass
Filter
Optional Internal
Crossover
コンフィギュレーションの選択
コンフィギュレーションの選択
各ドライバーに対してそれぞれにパワーアンプを使用するとサウンドクオリティが改良されます。
またスピーカーの内部クロスオーバーをバイパスして DEQX のデジタルクロスオーバーを活か
す方法が音質的にはベストな選択となります。
各スピーカーシステムの接続方法についてはスピーカーメーカーの仕様書を参照して正しい接続
を確認してください。
バイアンプあるいはトライアンプコンフィギュレーションでは、追加のパワーアンプが必要です。
DEQX User’s Manual
25
スピーカー接続
スピーカー接続
様々な種類のコンフィギュレーションが可能です。一台の DEQX と1組のステレオスピーカー
を使った場合に可能なオプションを例としたコンフィギュレーションサンプルを示します。
下の表はそれぞれのコンフィギュレーションにおける DEQX のリアパネルコネクターに出力さ
れる信号を示しています。左チャンネルの出力は L1~L3、右チャンネルの出力は R1~R3 と
なります。
Output
Speaker Configuration
Single Amp
L1
L2
L3
R1
R2
R3
Bi-Amp
No connection
No connection
Left Speaker
Left Woofer
Left Tweeter
No connection
No connection
Right Speaker
No connection
No connection
Right Woofer
Right Tweeter
Tri-Amp
Left Woofer
Left Mid-range
Left Tweeter
Right Woofer
Right Mid-range
Right Tweeter
Subwoofer
Left Sub
No connection
No connection
Right Sub
No connection
No connection
下の表はコンフィギュレーションのリストとして各チャンネルの接続を示しています。
複数台の DEQX を利用してホームシネマアプリケーションのために使っている場合は、各チャ
ンネルに接続された実際のラウドスピーカーはインストールに依存します。
Allocated Output
DEQX Configuration
L- Channels
R - Channels
Single Amp with
Stereo Subwoofer
L2 – Left Speaker
L1 – Left Subwoofer
R2 – Right Speaker
R1 – Right Subwoofer
Single Amp with
Mono Subwoofer
L2 – Left Speaker
L1 – Mono Subwoofer
R2 – Right Speaker
R1 – Same as L1
Bi Amp with
Stereo Subwoofer
L3 – Left Tweeter
L2 – Left Woofer
L1 – Left Subwoofer
R3 – Right Tweeter
R2 – Right Woofer
R1 – Right Subwoofer
Bi Amp with
Mono Subwoofer
L3 – Left Tweeter
L2 – Left Woofer
L1 – Mono Subwoofer
R3 – Right Tweeter
R2 – Right Woofer
R1 – Same as L1
Tri Amp
L3 – Left Tweeter
L2 – Left Mid range
L1 – Left Woofer
R3 – Right Tweeter
R2 – Right Mid range
R1 – Right Woofer
最適条件のスピーカー接続とコンフィギュレーションを決定したら、このマニュアルの最後にあ
るスペースに図面で記録しておいて下さい。P34 インストール情報を参照してください。
DEQX User’s Manual
26
シングルアンプ
図はシングルアンプのコンフィギュレーションで、オプションのサブウーファーをつけた場合を
示しています。この接続には HDP-4 の 4 つの出力を使います。
DEQX PDC
L
1
R
4
Stereo Power Amplifier
Input
Speaker
Left
Left
Righ t
Righ t
Optional Stereo Sub-Bass Amplifier
Input
Left
Righ t
Speaker
Left
Righ t
DEQX User’s Manual
27
バイアンプ
図はバイアンプのコンフィギュレーションでオプションのサブウーファーをつけた場合です。こ
の接続には HDP-4 の6つの出力チャンネルを使います。
DEQX PDC
4 Channel Power Amplifier
Optional Stereo Sub-Bass Amplifier
DEQX User’s Manual
28
トライアンプ
トライアンプコンフィギュレーションの例です。この接続には HDP-4 の6つの出力チャンネ
ルを使います。
DEQX PDC
6 Channel Power Amplifier
DEQX User’s Manual
29
用語集
クロスオーバー
スピーカーの各ドライバーに周波数を限定して供給するためのデバイスです。
クロスオーバー周波数
クロスオーバー周波数
クロスオーバーが行われる周波数のことです。
ドライバーまたはドライバーユニット
スピーカーキャビネットに組み込まれスピーカーの1つ。
HDP-4
DEQX 社の HDP-4 は2入力、6出力のデジタルプロセッサーで、ドライバーユニットの特性
補正、高品質なデジタルクロスオーバー、ルーム補正パラメトリックイコライゼーション、プリ
アンプ機能(HDP-4 のみ)などを備えています。
シングルワイヤー方式
シングルワイヤー方式
1 台のパワーアンプと 1 本のケーブルでスピーカーに接続する方法です。DEQX の設定は
Single Amp です。
バイワイヤー方式
バイワイヤー方式
1 台のパワーアンプから2本のケーブルでスピーカーに接続する方法です。DEQX の設定は
Single Amp です。
トライワイヤー方式
トライワイヤー方式
1 台のパワーアンプから3本のケーブルでスピーカーに接続する方法です。DEQX の設定は
Single Amp です。
シングルアンプ方式
シングルアンプ方式
1 台のパワーアンプでスピーカーをドライブする方法。シングルワイヤー接続、バイワイヤー、
トライワイヤー方式などで接続されます。DEQX の設定は Single Amp です。
バイアンプ方式
バイアンプ方式
2台のパワーアンプでスピーカーをドライブする方法で、DEQX の設定は Bi Amp です。
トライアンプ
3台のパワーアンプでスピーカーをドライブする方法で、DEQX の設定は Tri Amp です。
サブウーファー
低域を専門に受け持つスピーカーシステムで、通常 120Hz 以下に使用されます。
DEQX では 1 本ないし、2 本の Sub Woofer として指定します。
DEQX User’s Manual
30
仕様
電源:
電源:
100/200VAC(HDP-4 はスイッチ切替), 50-60Hz
消費電力:
消費電力:
60VA
外形:
外形:
89H×430D×292H
SN 比:
107dB(A-weighted)
高調波ひずみ
高調波ひずみ:
ひずみ:
0.00045%
アナログ入力
アナログ入力レベル
入力レベル
バランス:
バランス:
アンバランス:
アンバランス:
最大 +17dBu(5.5 Vrms)
標準 + 9dBu(2.2 Vrms)
最大 +13dBu(3.5 Vrms)
アナログ出力
アナログ出力レベル
出力レベル
バランス:
バランス:
アンバランス
最大 +21dBu(8.8 Vrms)
標準 + 6dBu(1.5 Vrms)
最大 +15dBu(4.4 Vrms)
クロスオーバースロープ:
クロスオーバースロープ:6~300dB/octave
遅延量:
遅延量:
フィルター設定によって変化する(最小 2.33ms)
A/D コンバーター:
コンバーター:
24-bit,
D/A コンバーター:
コンバーター:
24-bit, 192kHz
マイクロフォン:
マイクロフォン:
コンデンサーマイクに対応(48V ファントム電源)
デジタル入力
デジタル入力:
入力
S/PDIF(RCA または XLR)
PC 接続:
接続
USB または RS232
入力インピーダンス
入力インピーダンス:
インピーダンス:
50kΩ (バランス/アンバランス)
出力インピーダンス
出力インピーダンス:
インピーダンス:
アンバランス
バランス
75Ω
150Ω
96kHz
※ 製品は改良の継続のため予告なしに仕様が変更される場合があります。
DEQX User’s Manual
インストール情報
インストール情報
Installer:
Date:
Serial Number:
Profile 1:
(Front panel
button 3)
Profile 2:
(Front panel
button 4)
Profile 3:
(Front panel
button 5)
Profile 4:
(Any 2
front panel
profile buttons)
Speaker 1
configuration
Single Amp/Bi Amp/Tri Amp/Subwoofer
Speaker 2
configuration
Single Amp/Bi Amp/Tri Amp/Subwoofer
Speaker 3
configuration
Single Amp/Bi Amp/Tri Amp/Subwoofer
Speaker 4
configuration
Single Amp/Bi Amp/Tri Amp/Subwoofer
Speaker 5
configuration
Single Amp/Bi Amp/Tri Amp/Subwoofer
Speaker 6
configuration
Single Amp/Bi Amp/Tri Amp/Subwoofer
31
DEQX User’s Manual
追記
32
DEQX User’s Manual
33
スピーカーのレイアウト図
スピーカーのレイアウト図
(スピーカーの構成とインストール情報、そしてこの図が適合していることをお勧めします。)
DEQX User’s Manual
接続図
34
DEQX User’s Manual
インストールにおける注意点
インストールにおける注意点
35
DEQX User’s Manual
36
Index
A
Mute..................................................... 12
アナログ入力........................................ 17
AES/EBU............................................ 19
P
B
バイアンプ........................... 23, 27, 29
バイワイヤー................................23, 29
Balanced Audio............................... 19
C
クロスオーバー............................22, 29
クロスオーバー周波数........................ 29
仕様........................................................ 30
端子........................................................ 19
D
デジタル入力........................................ 16
ドライバー....................................21, 29
E
EQ......................................................... 12
プロファイル........................................ 10
HDP-4 ............................................... 29
R
リアパネル............................................19
リモートコントロール........................ 11
RS232................................................. 19
S
サブウーファー.................................... 29
シンク.................................................... 17
シングルアンプ............................26, 29
シングルワイヤー........................22, 29
スピーカー............................................29
スピーカーコンフィギュレーション20
スピーカーワイヤリング ....................22
スピーカー位置.................................... 20
スピーカー接続.................................... 25
Standby..........................................9, 12
F
T
フロントパネル.......................................9
I
インストール........................................ 20
IEC メインソケット............................ 19
IO コンフィギュレーション.............. 16
トライアンプ....................... 24, 28, 29
トライワイヤー............................23, 29
U
Unbalanced Audio.......................... 19
USB.......................................................19
M
V
マイクロフォン.................................... 17
Mic......................................................... 19
バージョン...............................................3
Volume................................ 10, 12, 16
DEQX User’s Manual
37
Kurizz-Labo
2015/09 N.Kurihara
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
594 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content