close

Enter

Log in using OpenID

f 能力補正係数

embedDownload
f 能力補正係数
a室内・外温度条件による能力補正係数
1.3
1.2
冷 房
1.1
能
力
補
正
係
数
1.0
0.9
0.8
暖 房
0.7
0.6
内は使用可能範囲
室
外
冷 房 乾
球
温
度
(℃DB)
室
内
暖 房 乾
球
温
度
(℃DB)
43
40
35
30
25
20
26
24
0
–5
14
16
18
室内湿球温度(℃WB)
20
27
25
20
15
10
-15
-10
-5
0
5
室外湿球温度(℃WB)
b
22
JIS
10
15
JIS
配管距離(相当長)による能力補正係数〔適用形式:全形式〕
運転
配管片道相当長
(m)
7.5
1.0
1.0
10
0.995
1.0
15
0.980
1.0
20
0.970
1.0
25
0.955
1.0
30
0.945
1.0
35
0.930
0.995
40
0.920
0.995
45
0.905
0.990
50
0.895
0.990
配管片道相当長
(m)
55
0.880
0.985
60
0.870
0.985
65
0.855
0.980
70
0.845
0.980
75
0.830
0.975
80
0.820
0.975
85
0.805
0.970
90
0.795
0.970
95
0.780
0.965
100
0.770
0.965
配管片道相当長
(m)
105
0.750
0.960
110
0.745
0.960
115
0.730
0.955
120
0.720
0.955
125
0.705
0.950
冷 房
暖 房
運転
冷 房
暖 房
運転
冷 房
暖 房
注a 配管片道相当長の求め方
・相当長=ガス管の実長+ガス管系統の継手個数×継手の相当長
(m/個)
継手1個当りの相当長
(単位:m/個)
φ12.7
配管径(mm)
L継手(90°エルボ) 0.20
c
φ15.88
0.25
φ25.4
0.40
φ28.58
0.45
室内・外高低差による能力補正〔適用形式:全形式〕
冷房時室外ユニットが下,暖房時室外ユニットが上の場合のみ補正してください
室内・室外ユニットの高さ方向の差(m)
補 正 係 数
d
φ19.05
0.30
5
10
15
20
25
30
35
40
45
50
0.01
0.02
0.03
0.04
0.05
0.06
0.07
0.08
0.09
0.10
暖房時の室外熱交換器への着霜による補正係数(暖房のみ)
暖房能力を,室外熱交換器への着霜による補正をしてください。
室外ユニット入口空気湿球温度℃WB
-15
-13
-11
-9
-7
-5
-3
-1
1
3
5
暖
0.96
0.96
0.95
0.94
0.93
0.91
0.88
0.86
0.87
0.92
1.00
房
能
力
補
正
係
数
469
同時運転する室内ユニット合計容量による能力及び消費電力補正係数
FDCP224HKX3(8馬力)
1.2
(Ë)能力補正係数
1.1
1.0
冷房
0.9
暖房
0.8
能
力
補
正
係
数
0.7
0.6
0.5
0.4
0.3
0.2
0.1
0
22
50
100
150
200 224 250
(定格)
同時運転する室内ユニット合計容量
1.2
(Ì)消費電力補正係数
1.1
1.0
冷房
0.9
消
費
暖房
0.8
電 0.7
力
補
0.6
正 0.5
係
数
0.4
0.3
0.2
0.1
0 22
470
50
100
150
200 224 250
(定格)
同時運転する室内ユニット合計容量
300
292
300
292
FDCP280HKX3(10馬力)
1.2
(Ë)能力補正係数
1.1
1.0
冷房
0.9
暖房
0.8
能
力
補
正
係
数
0.7
0.6
0.5
0.4
0.3
0.2
0.1
0 22 28 50
100
150
200
250
280 300
(定格)
350
364
400
同時運転する室内ユニット合計容量
(Ì)消費電力補正係数
1.2
1.1
1.0
冷房
0.9
消
費
暖房
0.8
電 0.7
力
0.6
補
正 0.5
係
0.4
数
0.3
0.2
0.1
0 22
50
100
150
200
250 280300
(定格)
同時運転する室内ユニット合計容量
350
364
400
471
能力の補正計算 (冷房・暖房とも手順は同じです。)
例 条件
・ユニット(60Hz)
室外ユニットFDCP224HKX3 ……………1台
室内ユニットFDTP56HKXD4 ……………1台
FDTP71HKXD4 ……………3台
FDTWP22HKXD4 …………1台
・配管長さ(各ユニット共通とする)
……60m(相当長)
冷房時の補正?
・室内・外高低差…………………………15m
(室外ユニットが下)
・空気条件…………………………外気温度:33°CDB
室内温度:26°CDB,19°CWB
室外ユニットの能力補正
1システム能力
室内ユニットの接続合計容量…56×1台+71×3台+22×1台=291より
システム能力≒25.8kW(470ページの表より求める)
2室内・外温度による能力補正
466ページの能力表より
25.8×1.02≒26.3kW…………
求めることもできます。
3配管距離・室内外高低差による能力補正
26.3×(0.87−0.03)≒22.1kW(実際の能力)
室内ユニットの能力補正
室内ユニット容量
室内ユニットの能力=システム能力× ――――――――――――――――
同時運転する室内ユニット合計容量
〔例〕FDTP56HKXD4の場合
56
≒4.25kW
291
室内ユニットの能力
・FDTP56HKXD4……3.98kW(実際の能力)
22.1×
・FDTP71HKXD4……5.05kW(実際の能力)
・FDTWP22HKXD4…1.56kW
(実際の能力)
472
給気処理ユニット
(FDU-F)
仕様の能力はオールフレッシュ条件(冷却器入口空気温度33℃DB, 28℃WB)による値です。
実際の能力は下記により求めてください。補正系数は469ページをご覧ください。
実際の
= 下記の能力線図より求めた能力 ×(配管距離による補正係数 − 室内・外高低差による補正係数)
能 力
周囲の露点温度が28℃以下相対湿度80%以下の所に据付けてください。
能力特性〔 (高湿度の所に据付ける場合は本体の断熱等露付に対する配慮をしてください)〕
FDUP90HFKXD4
冷房
バイパスファクタ
(50/60Hz)
形 式
バイパスファクタ
FDUJP90HFKXD4
0.013/0.013
12.4
暖房
11.3
11.3
10.1
35
12゜
CWB
9゜
CWB
9.0
暖
房
能
力
30
28
冷
25
房
能
力
6.8
6゜
CWB
9.0
8.9
3゜
CWB
0゜
CWB
7.9
(kW)
20
吸込空気乾球温度(
゜
CDB)
(kW)
6.8
4.5
15
5.6
20
25
30
33
35
4.5
40
0
2
4
6
7
8
10 12 14 16 18 20 22 24
標準
吸込空気乾球温度(℃DB)
使用範囲
吸込空気乾球温度(℃DB)
使用範囲
FDUP140HFKXD4
冷房
16.8
バイパスファクタ (50/60Hz)
形 式
バイパスファクタ
FDUP140HFKXD4
0.015/0.016
暖房
15.6
60Hz
22.4
12℃WB
14.5
16.8
冷
房
能
力
35
14.0
30
28
11.2
暖
房
能
力
9℃WB
6℃WB
13.4
3℃WB
12.3
0℃WB
(kW)
25
吸込空気湿球温度(
℃WB)
(kW)
20
11.2
15
5.6
10.1
20
25
30
33
35
吸込空気乾球温度(℃DB)
使用範囲
40
8.9
0
2
4
6
7
8
10 12 14 16 18 20 22 24
吸込空気乾球温度(℃DB)
使用範囲
473
直膨コイル付外気処理ユニット(SAF)
a 全熱交換器効率
風量変化による特性図
90
0.5
0.6
(
排気量
給気量
0.9
1.0
1.1
1.2
1.3
1.4
1.5
)
80
熱
交
換
効
率
0.8
効
率
補
正
曲
線
効率補正曲線 風量比=
0.7
温度
交換
効率
エン
タル
ピ交
70
換効
率(
冬
)
エン
タル
ピ交
(%) 60
換効
率(
夏
)
50
61%
40
50
60
70
80
90
熱交換(熱回収)効率%
100
120
給気量(定格風量に対する割合)%
特性の見方
“給気量”と
“給気量に対する排気量の割合”
により熱交換(熱回収)効率を求めます。
(
s 直膨能力
)
例(SAFP500DRD1)
○給気量 500K/h……100%(定格風量)
排気量 550K/h
の時,冷房時の熱交換(熱回収)効率は何%か。
左図の給気量100%位置とエンタルピ交換効率(夏)の
550
交点を右図に移動し,風量比( 500
)=1.1の補正曲線と
の交点から熱交換(熱回収)効率61%を求めます。
△
80
温 度 条 件 に よ る 能 力 補 正 係 数
1.3
1.2
能
1.1
力
補
1.0
正
0.9
0.8
0.7
風量変化による特性図
0.6
内は使用可能範囲
20
1.1
室
外
乾
冷 房 球
温
度
能
力
補
正 1.0
係
数
0.9
80
;;;;;
;;
;;;;;
;;;;;
暖 房
係
数
冷 房
22
24
26
43
40
30
(℃DB) 20
100
120
給気量(定格風量に対する割合)%
直
膨 ︵ 10
コ全
イ熱
ル交
入換
暖 房 口 器 27
乾出
球 口 20
温︶
度
10
(℃DBs')
(例)PAC JIS
14
16
18
22
24
18.5
−10
−5
0
室外湿球温度(℃WB)
474
20
直膨コイル入口
湿球温度(℃WBs')
(全熱交換器出口)
5
10
15
d バイパスファクタ(B.F)
形 式
項 目
SAFP500DRD1
SAFP750DRD1
SAFP1000DRD1
0.06
(単位:風量k/h)
0.05
風 量 範 囲
下 限
定 格
上 限
風 量
400
500
600
B.F
0.006
0.010
0.016
風 量
600
750
900
B.F
0.016
0.025
0.035
風 量
800
1000
1200
B.F
0.028
0.042
0.057
バ
イ
パ
ス
フ
ァ
ク
タ
0.04
0.03
0.02
0.01
500
風 量(K/h)
1000
f 加湿器特性
形 式
(定格)加湿量
(定格)給気量
SAFP500DRD1
2.7kg /h
500k/h
SAFP750DRD1
3.5kg /h
750k/h
SAFP1000DRD1
5.4kg /h
1000k/h
注a 上表定格値は加湿器入口空気温度37℃DB
(18.6
℃WB)における値です。
a 換気量変化特性
1.2
加
湿
量
補
正
係
数
1.0
b 温度変化特性
1.4
1.2
加
湿 1.0
量
補
正
係 0.8
数
0.5
0.8
30
40
50
加湿器入口空気温度〈℃DB〉
80
100
120
換気量割合(定格に対する割合)%
475
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
35
File Size
86 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content