close

Enter

Log in using OpenID

『定額残業手当』についてです。

embedDownload
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【小さな会社の社長のための知ってトクするワンポイント講座】
第 60 号 2010/11/11
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
村井さん、おはようございます。
村井経営労務サポートの村井健一です。
いつもながら、
野球の話題で恐縮ですが^^;
巨人や阪神など全国レベルの人気球団が出場したならいざしらず、
第 7 戦の平均視聴率は関東地区が 20.6%、関西地区が 22.0%と・・・
「ロッテ対中日」の日本シリーズはかなり盛り上がりましたね!
ペナントレースで 3 位だったロッテが日本一になったということで、
賛否両論あるようですが・・・
個人的には、
第 6 戦、第 7 戦と好ゲームを見ることができたので・・・
とても満足しています。
それでは・・・
本日も『知っトク講座』いってみましょう!
====================================================================
【村井さん・・・今回は『定額残業手当』についてです。】
====================================================================
第 54・56・58 号の 3 回にわたって
割増賃金(残業)に関する内容についてご紹介させていただきました。
今回も引き続き・・・残業がらみの話をさせていただきます。
残業代に関して、実際に労働した残業時間ではなく、
例えば、「1 か月定額 5 万円」などというように
一定の金額を支給するケースがあります。
このような支払い方は
『固定残業手当』や『定額残業手当』などと呼ばれています(※)。
(ただし、法律で定められた呼び方があるわけではありません。)
※以下、『定額残業手当』と記載します。
『定額残業手当』の額が、
労働基準法で定められた方法で計算した
割増賃金額(残業代)を上回る限り、法律上特に問題はありません。
しかしながら、
その額が下回る場合には、差額を支払わなければなりません。
例えば、
『定額残業手当』の額が 50,000 円であるのに対して、
実際の残業代が 70,000 円の場合には、
差額の 20,000 円を支払わなければ違法となります。
この『定額残業手当』は、残業の少ない月にも定額を支給します。
だからといって、
残業の多い月の分を残業が少ない月の分と相殺することはできません。
例えば、
10 月は残業時間がゼロなので、この 50,000 円を貯金しておき、
11 月の残業代が 70,000 円の場合に、
差額分の 20,000 円(70,000-50,000=20,000)と 10 月の貯金分を相殺する
というようなことはできないのです。
また、
『定額残業手当』を採用する場合には、
割増賃金(残業代など)に相当する部分とそれ以外の賃金部分とを
明確に区別する必要があります。
これについては、
「通常の労働の賃金に当たる部分と時間外及び深夜労働に当たる部分とを
判別することができない場合には、割増賃金が支払われたということは困難なので、
使用者(会社)は別途割増賃金を支払うべきである」
という判決(高知県観光事件 最高裁 平成 6 年 6 月)も出ています。
したがって、
例えば、割増賃金(残業代など)を含めて
役職手当や職責手当、営業手当などを支給する場合には、
就業規則や雇用契約書などに「割増賃金(残業代など)を含む」ことを
明文化していなければ、『定額残業手当』とは認められません。
特に・・・
基本給に割増賃金(残業代など)を含むことにする場合には、
単に「割増賃金(残業代など)を含む」とするだけではなく、
具体的な時間数や金額を記載する必要がありますので、ご注意ください。
余談ですが・・・
労働基準監督官によっては、
役職手当や営業手当の全額を残業代相当分とすることを嫌がるようです。
したがって、
役職手当と別に職責手当(割増賃金(残業代など)を含む)を設けたり、
ズバリ、『固定残業手当』『定額残業手当』とした方がベターかもしれません。
村井さんの会社で
既に『定額残業手当』を支給していたり、これから採用するなら・・・
ぜひ本日の内容を参考にしてみてください。
……………………………………………………………………………………………
【発行者】
村井経営労務サポート
中小企業診断士 社会保険労務士 代表 村井健一
〒306-0016 茨城県古河市古河 544-214
TEL:0280-31-4313 FAX:0280-31-4317
メルマガの感想はこちらまで。
→ [email protected]
就業規則・労務トラブルに関するご相談・お問い合わせはこちらまで。
→ http://www.mkr-support.com/category/1246347.html
メルマガのバックナンバーをご覧いただく場合は、こちらから。
→ http://www.mkr-support.com/article/13581692.html
村井経営労務サポート HP:
→ http://www.mkr-support.com/
古河(こが)在住の診断士・社労士 村井健一のブログ:
→ http://ameblo.jp/murai-support/
◎このメルマガは、
当オフィスの無料レポートをご請求いただいた方、
過去にセミナーなどで名刺交換をさせていただいた方、
古くからメルマガ発行者(村井健一)をご存知の方
を中心にお送りしています。
配信解除をご希望の場合は、こちらから。
http://www.mkr-support.com/article/13512595.html
【編集後記】
今日は 11 月 11 日。
11 月 11 日はたくさんの記念日に該当するようです。
例えば・・・
○ポッキーの日
ポッキーを並べると 1111 と見えることから、
江崎グリコが制定したそうです。
○サッカーの日
サッカーが 11 人対 11 人で行うスポーツであることから、
ミズノが制定したそうです。
○電池の日
乾電池の+-を「十一」にみたてて・・・
日本乾電池工業会(現在の電池工業会)が制定したようです。
介護の日、麺の日、ピーナッツの日など・・・他にもたくさんあるようですね。
ちなみに、
私の誕生日(8 月 1 日)は・・・
○水の日
8 月は 1 年で最も水を利用する月であるため、
節水を呼びかけるためにこの日を記念日とした。
○麻雀の日
「パイ(81)」の語呂合わせ
などに該当するようです。
村井さんの誕生日は「何の日」ですか?
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
来週もよろしくお願いいたします!
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
103 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content