close

Enter

Log in using OpenID

エコラックスウォール

embedDownload
エコラックス®耐火間仕切壁シリーズ
《エコラックス ウォール》
®
®
「エコマーク」認定を取得したけい酸カルシウム板を
使用し、新たに耐火間仕切壁の認定を取得しました。
■ 非対称構造
■ 片面エコラックス®上張り 片面強化せっこうボード上張り耐火1時間壁
強化せっこうボード 15mm
エコラックス 8mm
上部ランナー
スタッド
透視図
RWバックアップ材
強化せっこうボード 15mm
シール処理
エコラックス 8mm
耐火時間
認定番号
面材
留付材
面材
片面
下張り
留付材
面材
片面
上張り
留付材
面材
片面
下張り
留付材
スタッド
目地処理
上部・壁取り合い部
中空部断熱材
ステープル@200mm
(接着剤併用)
強化せっこうボード 15mm
エコラックス 8mm
65∼
強化せっこうボード 15mm
エコラックス 8mm
455以下
ビス@303mm
8
15
111∼
8
ビス@303mm
スタッ
ド
15
片面
上張り
断面図
主構成
材料
耐火1時間構造
FP060NP-0243
不燃番号NM-1217 エコラックス8mm以上
ビス
(3.5φ×32mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
不燃番号NM-8615 強化せっこうボード15mm以上
ビス
(3.5φ×25mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
不燃番号NM-8615 強化せっこうボード15mm以上
ステープル
(4×22mm以上)
@200mm以下 パーマボンド併用注1
不燃番号NM-1217 エコラックス8mm以上
ビス
(3.5φ×25mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
C-65×45×0.5以上 @455mm以下
突き付け、面取り突き付け
RWバックアップ材
(80K、厚さ12×幅12mm)
+アクリルシール
断熱材挿入の場合、認定番号FP060NP-0244
注1:エコラックス専用強力接着剤
(200g/㎡以下)
特 長
エコマーク認定を取得したけい酸カルシウム板を構成材に使用
けい酸カルシウム板を使用した非対称構造はニチアスの独自工法です
耐火建築物や準耐火建築物の防火区画壁に対応した認定です
■ 対称構造
■エコラックス®上張り耐火1時間壁(非対称構造は本認定の対象外となり、構成材料および認定番号が異なります)
耐火時間
認定番号
主構成
材料
面材
上張り
留付材
面材
下張り
留付材
スタッド
目地処理
上部・壁取り合い部
中空部断熱材
耐火1時間構造
FP060NP-0241
不燃番号NM-1217 エコラックス6mm以上
ビス
(3.5φ×32mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
不燃番号NM-8615 強化せっこうボード15mm以上
ビス
(3.5φ×25mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
C-65×45×0.5以上 @455mm以下
突き付け、面取り突き付け
RWバックアップ材
(80K、厚さ12×幅12mm)
+アクリルシール
断熱材挿入の場合、認定番号FP060NP-0242
透視図
エコラックス 6mm
強化せっこうボード 15mm
上部ランナー
スタッ
ド
RWバックアップ材
強化せっこうボード 15mm
シール処理
エコラックス 6mm
断面図
エコラックス 6mm
強化せっこうボード 15mm
65∼
6
15
107∼
15
6
ビス@303mm
スタッ
ド
455以下
■ エコラックス®上張り準耐火1時間壁(非対称構造は認定外となります)
耐火時間
認定番号
主構成
材料
面材
上張り
留付材
面材
下張り
留付材
スタッド
目地処理
上部・壁取り合い部
中空部断熱材
準耐火1時間構造
QF060NP-0049
不燃番号NM-1217 エコラックス6mm以上
ビス
(3.5φ×25mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
不燃番号NM-8615 強化せっこうボード12.5mm以上
ビス
(3.5φ×25mm以上)
水平@455、垂直@303mm以下
C-65×45×0.5以上 @455mm以下
突き付け、面取り突き付け
RWバックアップ材
(80K、厚さ12×幅12mm)
+アクリルシール
断熱材挿入の場合、認定番号QF060NP-0050
透視図
エコラックス 6mm
強化せっこうボード 12.5mm
上部ランナー
スタッ
ド
RWバックアップ材
強化せっこうボード 12.5mm
シール処理
エコラックス 6mm
断面図
エコラックス 6mm
強化せっこうボード 12.5mm
6
65∼
6
12.5 12.5
102∼
ビス@303mm
スタッ
ド
455以下
※®が付された名称はニチアスの登録商標です。
禁止事項
*用途以外には、使用しないこと。*製品の上に重量物を載せたり、上に乗らないこと。*傷・破損防止のため、製品を引きずったり過度の衝撃を与えないこと。*凍結
する可能性がある箇所には使用はしないこと。*浴室やサウナルームなど湿度の高い環境や、製品が吸水するような箇所または雨水が吹き掛かる箇所への使用はしな
いこと。*ボイラー設備などの高温熱源が近傍にある場合、
エコラックスにクラックが生じる場合があるので、
そのような場所では使用はしないこと。
!
注意事項
■一般的注意事項
*斜光および外付きの照明の光によっては、表面の陰影が見える場合がありますが品質上問題ありません。*持ち運びの際は2人作業とし、製品がたわまないように垂
直に持ってください。*吊り上げる場合は当て板などを用い、
ロープ掛けによる損傷を防止してください。*積み降しの際には、
カド欠けなどの損傷がないようにしてください。
*積み重ねの高さは1m以下とし、下敷板またはパレットを使用してください。*板に水が入らないよう、塗装やシーリング処理などを実施してください。*保管の際は風雨、
直射日光を避け、
パレットまたは屋内の固い平らな場所に水平に置き、
シート類で保護してください。*廃棄する場合は、廃棄物の処理および清掃に関する法律に従い、
ガレキ類またはガラス屑・コンクリート屑・陶磁器屑として処分してください。
■施工上の注意事項
*施工要領書に従って、正しく取り扱ってください。*エコラックスウォールを共同住宅戸境壁に使用する場合は必ずご相談ください。*その他の施工上の注意事項は
カタログ
「エコラックス」
をご参照ください。
●このカタログに記載された内容は予告なく変更することがあります。
建 材 事 業 本 部 〒104-8555 東京都中央区八丁堀1-6-1
東 京 TEL 03-4413-1164 大 阪
名古屋 TEL 052-611-9217 九 州
TEL 03-4413-1161
TEL 06-6252-1301
TEL 092-739-3636
B39-1605-01-SH-SH-改-1507
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
350
File Size
558 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content