close

Enter

Log in using OpenID

戯 曲 う っ ふ ん ア ニ マ ル 歌 劇 団 作 と び た つ な

embedDownload
戯
曲
う
っ
ふ
ん
ア
ニ
マ
ル
歌
劇
団
作
と
び
た
つ
な
そ 黒 歌 ピ 旦 奥 坊 遺 遺 遺 遺 宇 宇 踊
の 子 劇 ヨ 那 さ 主 族 族 族 族 宙 宙 り
他
団 ち
ん
4 3 2 1 海 ポ 子
お
数 ゃ
賊 リ
好
名 ん
ア ス
み
ッ
の
カ
ン
応
じ
て
登
場
人
物
ど
こ
か
ら
と
も
な
く
、
宇
宙
海
賊
ア
ッ
カ
ン
の
声
が
聞
こ
え
る
。
亡
く
な
っ
た
の
は
こ
の
家
の
主
人
ら
し
い
人
々
が
嗚
咽
ど
う
や
ら
枕
経
の
真
っ
最
中
と
み
え
、
布
団
に
安
置
さ
れ
た
遺
体
を
囲
ん
だ
黒
子
が
姿
を
消
せ
ば
ニ
ワ
ト
リ
が
声
を
あ
げ
、
坊
主
が
読
経
を
再
開
﹁
う
っ
ふ
ん
ア
ニ
マ
ル
歌
劇
団
﹂
黒
子
が
現
れ
タ
イ
ト
ル
幕
を
ひ
ら
く
賛
美
歌
と
読
経
が
プ
ツ
リ
と
切
れ
、
坊
主
ス
ト
ッ
プ
モ
ー
シ
ョ
ン
賛
美
歌
が
響
き
、
幕
が
引
か
れ
、
坊
主
が
読
経
し
た
ま
ま
残
る
と
聞
こ
え
る
が
、
そ
れ
は
祈
り
の
一
部
の
よ
う
で
も
あ
る
。
﹁
な
ぜ
、
祈
る
の
で
す
か
﹂
﹁
何
を
祈
る
の
で
す
か
﹂
﹁
な
ぜ
、
祈
る
の
で
す
か
﹂
ど
こ
か
か
ら
か
み
な
、
口
々
に
朝
を
祈
り
な
が
ら
朝
の
支
度
を
す
る
た
だ
た
だ
手
を
合
わ
せ
る
者
も
あ
る
あ
る
者
は
祝
詞
あ
る
者
は
般
若
心
経
あ
る
者
は
賛
美
歌
と
朝
、
夢
と
朝
の
う
つ
つ
、
祈
り
を
捧
げ
る
。
踊
り
子
に
起
こ
さ
れ
る
よ
う
に
、
眠
り
か
ら
覚
め
て
い
く
役
者
た
ち
は
、
夜
夜
か
ら
朝
を
告
げ
る
踊
り
の
先
、
朝
の
ホ
ラ
イ
ズ
ン
が
光
り
始
め
る
。
額
に
太
陽
と
月
を
掲
げ
、
朝
と
夜
を
司
る
。
白
い
チ
ュ
チ
ュ
に
は
赤
い
リ
ボ
ン
大
風
呂
敷
か
ら
ま
ず
生
ま
れ
た
、
ク
ラ
シ
カ
ル
な
踊
り
子
、
ト
ゥ
で
立
つ
。
広
げ
ら
れ
た
大
風
呂
敷
か
ら
、
物
語
は
生
ま
れ
て
い
く
。
最
初
に
、
大
風
呂
敷
が
あ
っ
た
。
遺
族
1
﹁
オ
ッ
ケ
ー
と
う
ち
ゃ
ん
﹂
だ
。
誰
か
、
風
呂
を
沸
か
せ
﹂
ア
ッ
カ
ン
﹁
ふ
む
、
ま
ず
ま
ず
の
肉
体
。
し
か
し
固
ま
っ
て
お
る
な
。
さ
あ
、
準
備
坊
主
、
気
が
つ
か
な
い
遺
族
4
﹁
お
っ
し
ょ
さ
ん
、
こ
れ
!
こ
れ
!
﹂
坊
主
、
気
が
つ
か
な
い
遺
族
1
﹁
お
父
さ
ん
!
﹂
2
・
3
、
声
に
驚
き
腰
を
抜
か
す
ア
ッ
カ
ン
﹁
フ
ハ
ハ
ハ
ハ
、
成
功
だ
!
﹂
遺
体
、
朝
の
仕
草
の
よ
う
に
も
ぞ
も
ぞ
動
き
坊
主
、
読
経
に
熱
中
し
気
が
つ
か
な
い
遺
族
4
﹁
お
っ
し
ょ
さ
ん
、
お
っ
し
ょ
さ
ん
﹂
遺
体
は
尚
ぴ
く
り
ぴ
く
り
動
く
怪
訝
な
顔
を
す
る
遺
族
2
・
3
、
思
い
出
話
に
花
を
咲
か
す
。
あ
ま
り
に
度
を
越
す
の
で
1
が
遺
族
2
﹁
な
も
な
も
﹂
遺
族
3
﹁
じ
ゃ
っ
た
じ
ゃ
っ
た
、
あ
ん
な
大
怪
我
で
な
あ
﹂
遺
族
4
、
遺
体
が
ぴ
く
り
動
く
の
に
気
が
付
く
二
十
歳
の
頃
も
、
な
あ
﹂
遺
族
2
﹁
あ
ま
り
泣
く
で
ね
え
、
あ
ん
た
の
父
さ
ん
は
泣
く
の
が
嫌
い
じ
ゃ
っ
た
。
遺
族
1
﹁
と
う
ち
ゃ
あ
ん
﹂
入
れ
物
に
入
り
込
む
こ
と
に
決
め
た
の
だ
。
と
ぅ
っ
﹂
を
ズ
タ
ボ
ロ
に
さ
れ
た
と
こ
ろ
だ
。
し
か
し
魂
は
生
き
て
い
る
の
で
、
こ
こ
で
こ
の
ア
ッ
カ
ン
﹁
私
は
宇
宙
海
賊
ア
ッ
カ
ン
。
宇
宙
ポ
リ
ス
に
追
わ
れ
て
た
っ
た
今
肉
体
一
方
の
幕
が
引
か
れ
、
声
の
主
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
が
あ
ら
わ
れ
る
一
方
の
幕
が
引
か
れ
、
坊
主
が
隠
れ
る
て
く
る
。
坊
主
、
し
ぶ
し
ぶ
な
が
ら
財
布
を
渡
す
。
財
布
が
薄
っ
ぺ
ら
く
な
っ
て
返
っ
声
﹁
前
金
で
こ
ん
だ
け
で
ど
う
﹂
算
盤
の
音
が
聞
こ
え
る
声
﹁
ふ
む
﹂
次
第
で
す
﹂
に
も
で
き
ま
せ
ぬ
。
そ
こ
で
、
噂
に
名
高
い
ア
ニ
マ
ル
探
偵
に
お
願
い
に
あ
が
っ
た
た
ア
ッ
カ
ン
は
、
わ
た
し
の
ご
と
く
修
業
不
足
の
脳
な
し
の
へ
た
れ
坊
主
に
は
ど
う
坊
主
﹁
遺
族
の
み
な
さ
ん
が
求
め
る
よ
う
に
太
刀
打
ち
し
よ
う
に
も
、
人
知
を
越
え
声
﹁
ふ
む
ふ
む
﹂
黒
子
﹁
こ
こ
は
ア
ニ
マ
ル
探
偵
社
﹂
と
い
う
テ
ロ
ッ
プ
幕
を
出
す
。
く
し
が
脳
な
し
で
あ
る
と
い
う
こ
と
で
﹂
り
身
体
を
乗
っ
取
ら
れ
た
と
い
う
こ
と
は
、
な
ん
で
も
、
わ
た
く
し
の
責
任
で
わ
た
坊
主
﹁
か
か
る
わ
け
で
、
わ
た
く
の
担
当
し
た
故
人
が
、
わ
た
く
し
の
不
注
意
に
よ
怒
っ
た
遺
族
4
が
幕
を
引
い
て
、
ど
う
や
ら
場
面
が
変
わ
っ
た
よ
う
だ
。
遺
族
4
﹁
バ
カ
っ
﹂
坊
主
﹁
で
は
続
い
て
⋮
ん
っ
?
﹂
坊 わ 遺
主 な 族
の い 2
・
読
3
経
が
は
1
高
を
ら
止
か
め
に
よ
終
う
わ
と
る
す
る
も
1
は
ア
ッ
カ
ン
を
父
と
信
じ
て
疑
ピ
ヨ
﹁
前
金
で
こ
ん
だ
け
﹂
あ
れ
こ
れ
省
略
す
る
が
、
商
談
成
立
し
た
旦
那
﹁
妻
が
浮
気
し
て
家
出
し
て
相
手
が
坊
主
で
俺
は
ハ
ゲ
た
!
﹂
ピ
ヨ
﹁
は
い
は
い
は
ー
い
﹂
旦
那
﹁
ア
ニ
マ
ル
た
ん
て
ー
い
﹂
そ
の
看
板
を
一
刀
両
断
す
る
旦
那
ス
﹂
﹁
プ
リ
ン
﹂
﹁
非
道
徳
﹂
﹁
禁
断
﹂
等
々
看
板
の
文
字
は
﹁
失
楽
園
﹂
﹁
出
奔
﹂
﹁
か
ん
通
﹂
﹁
逐
電
﹂
﹁
自
我
﹂
﹁
エ
ロ
黒
子
、
看
板
を
持
っ
て
現
れ
る
坊
主
・
奥
さ
ん
﹁
ジ
ュ
テ
ー
ム
﹂
フ
ラ
ン
ス
語
で
愛
を
語
ら
い
、
フ
ィ
ニ
ッ
シ
ュ
タ
ン
ゴ
を
踊
る
坊
主
と
奥
さ
ん
歌
劇
団
が
シ
ル
エ
ッ
ト
と
な
り
、
奥
さ
ん
が
現
れ
る
坊
主
﹁
奥
さ
ん
、
奥
さ
ん
、
ア
ッ
ム
ー
ル
﹂
そ
の
ま
ま
携
帯
を
取
り
出
し
坊
主
、
こ
っ
そ
り
事
務
所
を
出
る
作
戦
会
議
本
部
を
立
て
る
。
そ 歌
れ 劇
を 団
、
毎
に 度
ピ あ
ヨ り
ち の
ゃ 歌
ん を
、 歌
宇 う
宙
海
賊
ア
ッ
カ
ン
の
資
料
を
か
き
集
め
、
BGM
旦
那
、
残
る
看
板
を
全
て
倒
し
て
帰
る
旦
那
﹁
頼
ん
だ
﹂
歌
劇
団
﹁
毎
度
あ
り
﹂
後
ろ
の
幕
も
引
か
れ
、
歌
劇
団
が
あ
ら
わ
れ
る
ピ
ヨ
﹁
ひ
い
ふ
う
み
い
よ
、
毎
度
あ
り
﹂
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
は
鳥
の
要
領
で
舞
い
、
渡
る
そ
れ
ら
の
情
報
を
広
い
、
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
は
足
に
く
く
り
つ
け
る
カ
ン
キ
タ
ー
!
も
し
か
し
て
ア
ッ
カ
ン
い
い
香
具
師
じ
ゃ
ね
?
ア
ッ
カ
ン
は
か
ぐ
や
て
も
ら
っ
て
い
る
、
い
っ
た
い
、
な
に
が
、
行
わ
れ
て
い
る
の
で
し
ょ
う
か
﹂
﹁
味
噌
汁
を
飲
ん
だ
、
A
さ
ん
宅
の
家
族
と
思
わ
れ
る
少
女
に
山
菜
ご
は
ん
を
よ
ア そ
ッ っ
ッ
カ
ン
が
立
て
こ
も
り
を
続
け
る
A
さ
ん
の
お
宅
で
す
。
あ
、
今
、
今
ア
ッ
カ
ン
が
、
飲
ん
兵
衛
の
称
号
、
ム
チ
ッ
と
魅
惑
の
ボ
デ
ィ
を
お
届
け
秘
密
厳
守
﹂
﹁
こ
ち
ら
は
ア
﹁
宇
宙
海
賊
ア
ッ
カ
ン
、
飲
み
屋
に
出
没
、
適
量
を
守
る
律
儀
さ
に
警
察
か
ら
模
範
該
当
団
員
、
新
聞
を
棒
読
み
や
が
て
ポ
ー
ズ
か
ら
報
道
が
見
え
て
く
る
歌
劇
団
、
各
々
オ
ッ
ケ
ー
の
ポ
ー
ズ
を
取
る
ピ
ヨ
﹁
ア
ッ
カ
ン
倒
せ
な
い
と
⋮
こ
ん
だ
け
。
ア
ッ
カ
ン
倒
す
と
⋮
こ
ん
だ
け
﹂
団
員
D
﹁
坊
主
か
ら
回
収
す
る
残
金
は
﹂
ピ
ヨ
﹁
キ
ャ
ベ
ツ
﹂
団
員
C
﹁
ア
ッ
カ
ン
の
弱
点
は
﹂
ピ
ヨ
﹁
大
卒
ロ
ッ
ク
好
き
﹂
団
員
B
﹁
坊
主
の
特
徴
を
頭
髪
以
外
で
﹂
ピ
ヨ
﹁
女
42
と
き
に
﹁
ク
ル
ッ
ク
ー
﹂
と
鳴
き
な
が
ら
姫
、
ア
ッ
カ
ン
の
顔
を
ア
ス
キ
ー
ア
ー
ト
で
﹂
才
ジ
ャ
ー
ジ
ャ
ー
麺
が
好
き
﹂
団
員
A
﹁
奥
さ
ん
の
顔
形
は
?
!
﹂
を
回
収
す
る
こ
と
!
﹂
ピ
ヨ
﹁
ア
ッ
カ
ン
を
倒
す
つ
い
で
に
奥
さ
ん
を
探
し
て
連
れ
戻
し
、
坊
主
か
ら
残
金
無
視
し
て
歌
劇
団
、
任
務
が
増
え
て
ど
よ
め
く
坊
主
と
奥
さ
ん
が
身
を
寄
せ
あ
う
ジ
ャ
ズ
は
引
き
続
き
流
れ
、
い
つ
し
か
舞
台
は
岬
の
漁
師
小
屋
遺
族
1
と
団
員
、
戦
う
様
子
遺
族
1
﹁
母
ち
ゃ
ん
が
泣
い
て
る
ん
だ
か
ら
ね
﹂
団
員
A
﹁
す
け
だ
ち
い
た
す
﹂
そ
れ
な
ら
ば
と
ピ
ヨ
が
笛
を
吹
く
と
リ
ズ
ミ
カ
ル
に
歌
劇
団
が
登
場
ピ
ヨ
﹁
仲
間
を
よ
ん
だ
わ
ね
﹂
ア
ッ
カ
ン
﹁
え
え
い
邪
魔
が
入
っ
た
﹂
遺
族
1
﹁
ち
ょ
っ
と
父
ち
ゃ
ん
!
浮
気
は
ダ
メ
な
ん
だ
よ
!
﹂
そ
こ
へ
遺
族
1
現
れ
途
端
に
二
人
の
会
話
は
聞
き
取
り
づ
ら
く
な
る
。
黒
子
が
﹁
大
人
の
会
話
で
す
察
し
て
く
だ
さ
い
﹂
と
テ
ロ
ッ
プ
幕
を
引
く
。
敵
対
す
る
二
人
の
、
探
り
合
い
で
も
遊
び
で
も
あ
る
よ
う
だ
ア
ッ
カ
ン
﹁
ワ
イ
ン
か
な
、
そ
れ
と
も
麗
し
い
こ
の
﹂
ピ
ヨ
﹁
あ
た
く
し
の
赤
﹂
ア
ッ
カ
ン
﹁
何
を
﹂
ピ
ヨ
﹁
あ
な
た
、
飲
ん
で
く
だ
さ
る
?
﹂
ア
ッ
カ
ン
﹁
ブ
ラ
ッ
デ
ィ
カ
ラ
ー
。
げ
に
﹂
ピ
ヨ
﹁
こ
の
赤
、
あ
な
た
に
は
な
い
色
で
な
く
て
?
﹂
ア
ッ
カ
ン
﹁
乾
杯
﹂
ピ
ヨ
﹁
乾
杯
﹂
お
化
粧
、
ア
ッ
カ
ン
と
デ
ー
ト
飯
屋
の
看
板
を
見
つ
け
、
ジ
ャ
ズ
が
流
れ
、
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
は
ア
ダ
ル
テ
ィ
に
つ
い
ば
み
つ
い
ば
み
、
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
は
食
を
営
む
。
つ
い
ば
み
の
先
に
イ
タ
奥
さ
ん
﹁
そ
の
肉
体
は
も
う
死
ん
で
い
る
ん
で
し
ょ
う
。
い
い
じ
ゃ
な
い
﹂
坊
主
﹁
人
の
肉
体
を
奪
っ
た
こ
と
が
あ
や
つ
の
罪
状
だ
﹂
し 奥
ら さ
﹂ ん
﹁
何
が
い
け
な
い
の
か
し
ら
、
な
ん
で
、
退
治
し
な
く
ち
ゃ
い
け
な
い
の
か
坊
主
﹁
あ
り
ゃ
地
球
外
生
命
体
だ
よ
﹂
良
少
年
を
お
説
教
。
悪
い
人
じ
ゃ
な
さ
そ
う
だ
わ
﹂
次
の
日
全
額
支
払
っ
て
い
る
。
お
隣
に
い
る
寝
た
き
り
の
お
年
寄
り
を
介
護
し
、
不
奥
さ
ん
﹁
聞
い
た
と
こ
ろ
に
よ
れ
ば
、
飲
み
屋
で
無
銭
飲
食
し
た
か
と
思
っ
た
ら
、
坊
主
﹁
女
は
話
が
コ
ロ
コ
ロ
変
わ
る
﹂
奥
さ
ん
﹁
街
で
噂
の
宇
宙
海
賊
い
る
じ
ゃ
な
い
﹂
坊
主
﹁
そ
れ
は
奥
さ
ん
が
綺
麗
だ
っ
た
か
ら
だ
﹂
女
を
口
説
き
、
説
法
し
た
の
と
同
じ
声
で
あ
た
し
の
旦
那
を
悪
く
言
う
﹂
奥
さ
ん
﹁
わ
か
る
の
よ
、
あ
ん
た
っ
て
、
そ
う
だ
わ
。
真
面
目
な
堅
物
か
と
思
え
ば
坊
主
﹁
捨
て
ま
せ
ん
っ
て
ば
﹂
奥
さ
ん
﹁
わ
か
る
の
﹂
坊
主
﹁
捨
て
ま
せ
ん
よ
﹂
奥
さ
ん
﹁
あ
ん
た
あ
⋮
あ
た
し
を
捨
て
る
の
ね
﹂
う
の
も
、
ま
た
嘘
だ
。
﹂
行
く
と
い
う
の
か
。
愛
し
て
い
な
い
と
い
う
の
は
嘘
だ
。
し
か
し
愛
し
て
い
る
と
い
る
。
二
度
、
世
を
捨
て
、
行
き
着
い
た
こ
の
場
所
を
、
三
度
捨
て
た
ら
俺
は
ど
こ
へ
折
に
一
度
世
を
捨
て
た
の
だ
し
、
す
る
と
俺
は
再
び
世
を
捨
て
た
と
い
う
こ
と
に
な
い
と
い
っ
た
ら
嘘
だ
。
奥
さ
ん
を
愛
し
煩
悶
し
俺
は
世
を
捨
て
た
。
い
や
、
出
家
の
坊
主
﹁
俺
は
と
く
と
考
え
る
。
な
ぜ
こ
の
女
と
一
緒
に
な
っ
た
の
か
。
愛
し
て
い
な
主
は
独
白
し
つ
つ
﹁
う
ん
、
死
の
う
﹂
だ
の
﹁
働
こ
う
か
﹂
だ
の
言
う
奥
さ
ん
は
﹁
あ
ん
た
あ
、
働
こ
う
か
あ
、
死
の
う
か
あ
﹂
し
か
言
わ
ず
、
坊
団
員
B
﹁
現
場
は
お
さ
え
た
!
﹂
団
員
A
﹁
そ
こ
ま
で
だ
!
﹂
と
、
歌
劇
団
チ
ャ
ル
メ
ラ
の
屋
台
か
ら
参
上
坊
主
、
言
い
な
が
ら
奥
さ
ん
の
首
に
手
を
掛
け
る
。
坊
主
﹁
い
じ
ら
し
い
こ
と
を
言
う
。
誰
が
捨
て
る
も
ん
か
。
誰
が
捨
て
る
も
ん
か
﹂
れ
し
子
。
さ
あ
、
あ
た
し
を
捨
て
る
な
ら
、
捨
て
る
前
に
殺
し
て
ち
ょ
う
だ
い
﹂
奥
さ
ん
﹁
不
道
徳
の
街
、
ソ
ド
ム
と
ゴ
モ
ラ
に
災
厄
が
降
る
、
逃
げ
る
が
い
い
選
ば
坊
主
﹁
太
陽
の
こ
と
を
ヒ
だ
と
は
、
よ
く
言
っ
た
も
の
だ
﹂
奥
さ
ん
﹁
あ
た
し
た
ち
の
明
日
に
は
ど
ん
な
ヒ
が
燃
え
る
の
か
し
ら
﹂
に
よ
っ
て
繰
り
返
さ
れ
る
の
だ
な
﹂
坊
主
﹁
太
陽
の
こ
と
を
ヒ
と
は
、
よ
く
言
っ
た
も
の
だ
。
わ
た
し
た
ち
の
毎
日
は
ヒ
奥
さ
ん
﹁
燃
え
る
よ
う
だ
わ
﹂
坊
主
﹁
日
本
海
の
夕
暮
れ
か
﹂
夕
暮
れ
、
窓
の
外
を
海
鳥
が
鳴
き
、
屋
台
の
音
聞
こ
え
て
く
る
が
叱
責
す
る
ご
と
き
女
で
あ
り
、
こ
の
よ
う
な
女
は
娶
る
べ
き
で
な
い
の
だ
﹂
高
潔
か
ら
遠
い
魂
か
。
こ
の
女
の
魂
は
、
美
し
く
な
ど
な
い
。
法
典
で
シ
ッ
ダ
ル
タ
い
い
の
か
。
衰
え
垂
れ
た
乳
房
か
、
枯
れ
始
め
た
黒
髪
か
、
乾
い
た
肌
か
、
声
か
、
坊
主
﹁
俺
は
と
く
と
、
と
く
と
考
え
る
。
い
っ
た
い
ぜ
ん
た
い
、
こ
の
女
の
ど
こ
が
冒
頭
に
戻
る
奥
さ
ん
﹁
あ
ん
た
あ
⋮
死
の
う
か
﹂
坊
主
﹁
ま
た
そ
の
話
で
す
か
﹂
奥
さ
ん
﹁
じ
ゃ
あ
あ
た
し
た
ち
も
ダ
メ
な
の
か
し
ら
、
倫
理
に
反
す
る
か
ら
﹂
坊
主
﹁
倫
理
に
反
す
る
か
ら
ダ
メ
だ
﹂
や
い
て
、
賛
美
歌
を
歌
う
。
坊
主
、
ひ
と
り
残
っ
て
、
﹁
ア
ム
ー
ル
。
ジ
ュ
テ
ー
ム
。
奥
さ
ん
﹂
と
つ
ぶ
奥
さ
ん
、
あ
っ
さ
り
と
帰
っ
て
し
ま
う
坊
主
﹁
い
や
わ
た
し
は
や
め
て
お
こ
う
﹂
ピ
ヨ
﹁
こ
れ
か
ら
退
治
す
る
の
。
あ
ん
た
も
来
る
?
﹂
坊
主
﹁
ア
ッ
カ
ン
は
﹂
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
、
坊
主
に
請
求
書
を
渡
す
奥
さ
ん
﹁
あ
あ
そ
う
﹂
団
員
B
﹁
旦
那
が
お
探
し
だ
よ
﹂
奥
さ
ん
﹁
え
え
な
い
わ
﹂
団
員
A
﹁
お
怪
我
な
い
で
す
か
﹂
奥
さ
ん
﹁
あ
ん
た
﹂
坊
主
﹁
奥
さ
ん
!
奥
さ
ん
!
﹂
歌
劇
団
、
テ
ー
マ
ソ
ン
グ
を
歌
い
な
が
ら
奥
さ
ん
を
捕
ま
え
る
﹁
あ
あ
お
か
し
い
﹂
と
腹
を
抱
え
る
ア
ッ
カ
ン
は
?
﹂
と
聞
く
が
悉
く
無
視
さ
れ
る
。
奥
さ
ん
は
カ
ラ
カ
ラ
笑
い
が
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
だ
と
わ
か
る
の
で
、
﹁
ア
ニ
マ
ル
探
偵
で
し
ょ
、
仕
事
は
?
役
こ
な
し
て
い
る
よ
う
で
、
途
中
か
ら
要
領
悪
く
な
る
。
坊
主
は
そ
の
正
体
キ
、
シ
バ
イ
ヌ
ラ
ッ
キ
ー
、
⋮
続
々
現
れ
る
が
ど
う
や
ら
一
人
あ
た
り
複
数
歌
劇
団
、
次
々
自
己
紹
介
を
始
め
る
。
ホ
ワ
イ
ト
ハ
ト
、
ブ
ル
ー
ギ
ル
ス
ズ
ル
歌
劇
団
と
は
我
々
の
こ
と
だ
!
﹂
ピ
ヨ
﹁
名
乗
る
ほ
ど
の
者
じ
ゃ
ご
ざ
い
や
せ
ん
。
た
だ
、
誰
が
呼
ん
だ
か
、
ア
ニ
マ
坊
主
﹁
あ
な
た
た
ち
は
﹂
ピ
ヨ
﹁
ジ
ャ
ー
ジ
ャ
ー
麺
に
誘
わ
れ
た
わ
ね
﹂
い
席
の
グ
ラ
ス
に
ワ
イ
ン
を
注
ぐ
食
事
前
に
祈
り
を
捧
げ
る
ア
ッ
カ
ン
幕
の
裏
に
は
行
列
が
い
る
。
黒
子
、
﹁
行
列
の
出
来
る
イ
タ
飯
屋
﹂
の
幕
を
持
っ
て
走
る
ア
ッ
カ
ン
、
ナ
プ
キ
ン
を
つ
け
、
ナ
イ
フ
と
フ
ォ
ー
ク
で
料
理
を
待
つ
こ
こ
は
い
つ
か
の
イ
タ
飯
屋
ジ
ャ
ズ
が
流
れ
る
歌
に
合
わ
せ
て
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
は
料
理
さ
れ
、
遺
族
1
は
殺
人
の
罪
で
逮
捕
さ
れ
る
歌
劇
団
、
焼
鳥
レ
ク
イ
エ
ム
、
歌
う
に
統
一
さ
れ
る
﹁
団
長
﹂
﹁
体
調
﹂
﹁
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
﹂
﹁
焼
鳥
!
﹂
や
が
て
呼
び
声
は
﹁
焼
鳥
﹂
団
員
た
ち
駆
け
寄
る
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
、
し
ゅ
う
し
ゅ
う
煙
を
吐
い
て
倒
れ
る
。
遺
族
1
、
鏡
で
跳
ね
返
す
遺
族
1
﹁
父
ち
ゃ
ん
危
な
い
﹂
そ
こ
を
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
が
再
び
銃
を
向
け
る
ビ
ー
ム
は
ア
ッ
カ
ン
の
急
所
を
外
し
て
当
た
る
。
ア
ッ
カ
ン
、
よ
ろ
め
く
。
そ
の
隙
を
ぬ
っ
て
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
が
端
か
ら
狙
い
を
定
め
て
電
子
銃
を
撃
つ
。
黒
子
が
演
説
す
る
間
、
団
員
と
ア
ッ
カ
ン
が
取
っ
組
み
合
い
を
始
め
る
。
我
ら
が
ア
ニ
マ
ル
歌
劇
団
。
い
か
に
、
い
か
に
い
﹂
の
変
動
が
気
に
な
る
お
年
頃
。
さ
て
西
方
、
日
暮
れ
の
方
に
は
、
犬
と
タ
コ
と
ハ
ト
、
ご
覧
の
ア
ッ
カ
ン
、
上
下
ス
ー
ツ
に
身
を
包
み
、
右
に
薔
薇
、
左
に
抜
け
る
を
気
付
く
は
ア
ッ
カ
ン
た
だ
ひ
と
り
。
東
方
、
夜
の
闇
よ
り
現
れ
た
、 る
株 は
価 、
iPhone
ひ
と
り
で
﹁
乾
杯
﹂
と
料
理
に
向
け
て
ワ
イ
ン
グ
ラ
ス
を
捧
げ
、
誰
も
い
な
ピ
ヨ
﹁
コ
ケ
ー
ー
ッ
﹂
そ
び
ゆ
ビ
ル
デ
ィ
ン
グ
、
に
わ
か
に
陰
る
町
並
み
、
宇
宙
怪
電
波
の
さ
つ
と
ぞ
走
り
黒
子
﹁
時
は
ン
ン
月
ツ
ゴ
モ
リ
宵
の
刻
。
西
方
煌
め
く
金
星
や
、
月
は
鎌
と
欠
け
、
黒
子
、
幕
﹁
突
然
で
す
が
戦
闘
で
す
﹂
を
持
ち
現
れ
、
語
り
始
め
る
。
遺
族
1
、
走
り
来
て
﹁
父
ち
ゃ
ー
ん
﹂
宇
宙
ポ
リ
ス
、
ア
ッ
カ
ン
を
お
縄
ち
ょ
う
だ
い
し
、
宇
宙
船
へ
連
行
す
る
宇
宙
ポ
リ
ス
﹁
さ
あ
、
行
く
ぞ
﹂
ア
ッ
カ
ン
﹁
ピ
ヨ
ち
ゃ
ん
、
う
わ
ー
ん
﹂
ピ
ヨ
、
と
聞
い
て
ア
ッ
カ
ン
大
泣
き
す
る
締
役
ピ
ヨ
﹂
と
め
た
ア
ッ
カ
ン
に
関
す
る
ニ
ュ
ー
ス
を
添
付
し
ま
す
、
ア
ニ
マ
ル
探
偵
社
代
表
取
拝
啓
、
は
じ
め
て
メ
ー
ル
し
ま
す
宇
宙
ポ
リ
ス
さ
ん
、
実
は
︵
略
︶
こ
こ
に
私
が
ま
宇
宙
ポ
リ
ス
﹁
地
球
か
ら
メ
ー
ル
が
届
い
た
の
よ
。
︵
と
、
メ
ー
ル
を
読
み
上
げ
る
︶
ア
ッ
カ
ン
﹁
フ
ハ
ハ
ハ
ハ
、
宇
宙
ポ
リ
ス
、
よ
く
わ
か
っ
た
な
﹂
宇
宙
ポ
リ
ス
﹁
う
ら
ー
、
海
賊
ア
ッ
カ
ン
め
ー
、
逮
捕
だ
逮
捕
﹂
と
、
そ
こ
へ
宇
宙
船
が
降
り
立
ち
、
ア
ッ
カ
ン
を
逮
捕
し
に
き
た
遺
族
1
、
﹁
知
っ
て
る
よ
﹂
取
り
調
べ
官
﹁
お
前
の
父
ち
ゃ
ん
は
、
も
う
死
ん
で
る
ん
だ
ぞ
﹂
遺
族
1
﹁
父
ち
ゃ
ー
ん
﹂
取
り
調
べ
官
﹁
カ
ツ
丼
食
う
か
﹂
遺
族
1
﹁
父
ち
ゃ
ん
に
会
い
た
ー
い
﹂
取
り
調
べ
官
﹁
カ
ツ
丼
食
う
か
﹂
遺
族
1
﹁
父
ち
ゃ
ん
に
会
い
た
い
﹂
取
り
調
べ
官
﹁
カ
ツ
丼
食
う
か
﹂
遺
族
1
﹁
正
当
防
衛
だ
よ
﹂
一
方
、
逮
捕
さ
れ
た
遺
族
1
は
取
り
調
べ
を
受
け
て
い
る
そ
し
て
泣
く
全
員
朝
の
ポ
ー
ズ
で
﹁
コ
ケ
コ
ッ
コ
ー
﹂
ピ っ ピ み 遺 取 を や 遺 そ 疑
ヨ た ヨ 始 族 る 踊 が 族 の 問
ち
ち め 1 手 り て 1 声 符
ゃ
ゃ る は の 現 朝 、 は は
ん
ん 。 主 な れ 日 般 、 音
、
あ ど 人 い る が 若 彼 楽
朝
ら う の 両
の 心 ら の
わ や 顔 手
の
ホ 経 自 よ
れ ら に を
ポ
ラ を 身 う
、 こ 白 見
ー
イ 唱 の に
財 れ い つ
ズ
ズ え 声 投
布
で
は 布 め
ン る で げ
の 枕 を 、
﹁
が 。 あ 掛
お 経 か そ
コ
輝
る け
札 で け っ
ケ
き
ら
を
コ
あ 、 と
始
れ
つ る 顔 座
ッ
め
る
い 。 を る
コ
る
が
ば
伏
ー
。
。
、
み
坊
せ
ー
誰
、
主
る
ッ
も
つ
。
、
﹂
返
坊
い
ひ
さ
主
に
と
な
朝
が
り
い
お
日
で
経
は
タ
を
の
ン
読
ぼ
ゴ
祈
り
の
声
が
ま
た
響
く
新
し
い
朝
を
踊
る
そ
の
映
像
を
黒
子
が
消
し
て
、
黒
子
は
実
は
い
つ
ぞ
や
の
ダ
ン
サ
ー
だ
っ
た
き
よ
め
号
と
は
ら
え
号
夜
空
に
浮
か
ぶ
二
つ
の
宇
宙
船
。
宇 け 宇 ア
宙 る 宙 ッ
船 。 ポ カ
リ ン
は
ス の
遠
、 高
く
﹁
笑
飛
き
い
ん
よ
、
で
め
次
行
た
第
っ
ま
に
た
え
遠
は
く
ら
な
え
る
た
ま
え
﹂
と
言
い
な
が
ら
追
い
か
ア
ッ
カ
ン
の
声
﹁
さ
れ
る
も
の
か
ー
、
ワ
ハ
ハ
ハ
ハ
ー
﹂
魂
、
き
よ
め
は
ら
え
た
ま
え
、
か
し
こ
み
か
し
こ
み
も
う
し
た
て
ま
つ
る
、
ハ
ッ
﹂
宇
宙
ポ
リ
ス
、
﹁
大
宇
宙
に
お
は
し
ま
す
八
百
万
の
神
々
よ
、
宇
宙
海
賊
ア
ッ
カ
ン
が
遺
族
1
﹁
父
ち
ゃ
ん
⋮
父
ち
ゃ
ん
﹂
ア
ッ
カ
ン
の
声
﹁
フ
ハ
ハ
ハ
ハ
、
宇
宙
海
賊
ア
ッ
カ
ン
は
不
死
身
な
り
﹂
と
、
忍
装
束
に
な
る
宇
宙
ポ
リ
ス
﹁
ア
ッ
カ
ン
め
、
魂
離
脱
の
術
を
使
い
お
っ
た
な
!
ニ
ン
!
﹂
遺
族
1
は
駆
け
寄
る
と
、
突
然
ア
ッ
カ
ン
が
倒
れ
た
そ
ん
な
か
ん
じ
。
チ
ャ
ン
チ
ャ
ン
♪
の
リ
ズ
ム
に
合
わ
せ
、
黒
子
、
大
風
呂
敷
を
、
閉
じ
た
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
686 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content