close

Enter

Log in using OpenID

インストール・ガイド

embedDownload
インテル® スレッド・プロファイラ 2.1
インストール・ガイド
◆ 重要 ◆
製品をインストールするには、インテル® スレッド・チェッカーの有効なライセンス ファイルが必要です。
詳しくは、インテル® スレッド・チェッカーのインストール・ガイドをご参照ください。
エクセルソフト株式会社
www.xlsoft.com
インテル® ソフトウェア開発製品へようこそ
インテル® ソフトウェア開発製品をお買い求めいただき、誠にありがとうございます。製品のインストール前に、
以下の説明を必ずお読みください。
このインストール・ガイドでは、製品のインストールについて説明します。
インテル® VTuneTM アナライザへのプラグイン
インテル® スレッド・プロファイラは、インテル® VTuneTM パフォーマンス・アナライザへのプラグイン製品です。
インテル® スレッド・プロファイラをインストールする前に、インテル® VTuneTM パフォーマンス・アナライザ 7.1
またはそれ以降をインストールしてください。
必要なライセンス ファイル
インテル® スレッド・プロファイラをインストールするには、インテル® スレッド・チェッカーのライセンス・ファイル
が必要です。
インテル® スレッド・プロファイラを使用するには、以下のいずれかの製品をお買い求めください。
•
インテル® スレッド化ツール
•
インテル® スレッド・チェッカー
1. 製品の内容
このパッケージには以下が含まれています。
•
Microsoft Windows* システムにインストールする VTune パフォーマンス・アナライザのインテ
ル® スレッド・プロファイラ・プラグイン
•
Linux* システムにインストールするインテル® スレッド・プロファイラ・リモート・エージェント (リ
モート・データ・コレクタ)
2. 動作環境
Microsoft* Windows* システム
最小ハードウェア要件
•
インテル® Pentium® III プロセッサ
•
RAM 512MB
•
100MB の空きディスク容量
推奨ハードウェア要件
•
ハイパー・スレッディング・テクノロジ対応インテル Pentium 4 プロセッサ、 インテル® XeonTM
プロセッサ、またはそれ以上
•
RAM 1GB
-1-
ソフトウェア要件
•
32 ビット版の Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows XP Professional、または
Microsoft* Windows Server* 2003
•
Microsoft* Internet Explorer* 6.0、またはそれ以降
•
インテル® VTuneTM パフォーマンス・アナライザ 7.1、またはそれ以降
•
Microsoft* Visual C++* 6.0、またはそれ以降
OpenMP* 解析に必要なソフトウェア
•
Windows 版インテル® C++ コンパイラ 7.1 パッケージ ID: w_cc_pc_7.1.026 またはそれ以降
•
Windows 版インテル® Fortran コンパイラ 7.1 パッケージ ID: w_fc_pc_7.1.025 またはそれ以
降
IA-32 Linux* システム
最小ハードウェア要件
•
インテル Pentium III プロセッサ
•
RAM 512MB
•
100MB の空きディスク容量
推奨ハードウェア要件
•
ハイパー・スレッディング・テクノロジ対応インテル Pentium 4 プロセッサ、インテル Xeon プロ
セッサ、またはそれ以上
•
RAM 1GB 以上
ソフトウェア要件
•
Red Hat* 7.3、Red Hat Enterprise Linux 3.0、Red Hat AS* 2.1、または SUSE LINUX
Enterprise Server* 8
OpenMP 解析に必要なソフトウェア
•
Linux 版インテル C++ コンパイラ 8.1 パッケージ ID: l_cc_pc_8.1 またはそれ以降
•
Linux 版インテル Fortran コンパイラ 8.1 パッケージ ID: l_fc_pc_8.1 またはそれ以降
注意:
Linux ソース・インストルメントの修正は、初期の Linux 版コンパイラ 8.1 (l_cc_p_8.1 および
l_fc_p_8.1) には反映されていません。フルの機能とサポートを得るには、コンパイラ 8.1 のパッチ
(l_cc_pc_8.1 および l_fc_pc_8.1) をインストールしてください。ご利用のシステムにインストールさ
れたパッケージを確認するには、"icc -V" と入力してください。
Itanium® ベースの Linux システム
最小ハードウェア要件
•
インテル Itanium プロセッサ
-2-
•
RAM 512MB
•
100MB の空きディスク容量
推奨ハードウェア要件
•
インテル Itanium 2 プロセッサ、またはそれ以上
•
RAM 1GB 以上
ソフトウェア要件
•
Red Hat Enterprise Linux 3.0、Red Hat AS 2.1、または SUSE LINUX Enterprise Server 8
•
Linux 版インテル C++ コンパイラ 8.1 パッケージ ID: l_cc_p_8.1.022 またはそれ以降
•
Linux 版インテル Fortran コンパイラ 8.1 パッケージ ID: l_fc_p_8.1.019 またはそれ以降
注意:
Linux ソース・インストルメントの修正は、初期の Linux 版コンパイラ 8.1 (l_cc_p_8.1 および
l_fc_p_8.1) には反映されていません。フルの機能とサポートを得るには、コンパイラ 8.1 のパッチ
(l_cc_pc_8.1 および l_fc_pc_8.1) をインストールしてください。インポートされたパッケージを確認
するには、"icc -V" を入力してください。
3. 製品のダウンロード方法
注意: ダウンロードする前に、インテル® スレッド・チェッカーのシリアル番号を登録してください。
1.
インテル プレミア・サポートのサイトへ行き、ログインします。
https://premier.intel.com/ (英語)
2.
[Accept] をクリックした後、左側のメニューより [File Downloads] をクリックします。
3.
[Product] リストから任意の製品を選択し、[Display File List] ボタンをクリックします。
4.
ダウンロード可能な製品が表示されるので、その中から最新版のファイルを選択してダウンロードします。
購入後 2 年目以降は、年間サポートサービス更新 (SSR) をお買い求めいただくことで、これらのサポート
サービスを引き続きご利用いただけます。
4. インストール
注意:
本製品をインストールするには、インテル® スレッド・チェッカーの有効なライセンスが必要です。
インストールに関する注意
Microsoft* Windows* システム
インテル® VTuneTM 環境の Microsoft* Visual Studio* 統合機能をインストールしている場合、インテル® ス
レッド・プロファイラをインストールする前に、Microsoft Visual Studio のすべてのインスタンスを終了していなけ
ればなりません。
-3-
アンインストール時の注意: インテル VTune アナライザをアンインストールする前に、必ずスレッド・プロファイ
ラをアンインストールしてください。
Linux* システム (リモート・エージェント)
Linux 用スレッド・プロファイラ・リモート・エージェントを使用するには、Microsoft Windows を実行するシステ
ムにスレッド・プロファイラの Microsoft Windows コンポーネントもインストールする必要があります。
ファイル共有ソリューション (例: Samba) をインストールすることを推奨します。これにより、ご利用の Linux シ
ステムのバイナリおよびソースファイルをマップでき、Microsoft Windows システム上で結果を表示することがで
きます。
root アカウントでインストール、アンインストールを行うか、root のパスワードを知っている必要があります。
2.1 ベータ版を使用している場合: インテル® スレッド・チェッカー 2.1 ベータ版のリモート・エージェントをイン
ストールしており、このバージョンのスレッド・プロファイラ・リモート・エージェントを使用する場合、問題が発生す
る可能性があります。インテル・スレッド・チェッカー 2.1 ベータ版のリモート・エージェントをアンインストールし
てから、このバージョンをインストールしてください。
スレッド・プロファイラのリモート・エージェントのインストール方法を次に示します。
1.
リモート Linux システムに以前のバージョンのスレッド・プロファイラ・リモート・エージェントがインス
トールされている場合、アンインストール・スクリプトを実行して、アンインストールを行ってください。
(例: /opt/intel/itt/uninstall32.sh または /opt/intel/itt/uninstall64.sh)
2.
Linux 用スレッド・プロファイラ・リモート・エージェントのセットアップ・ファイル (itt_tp_rdc.tar) をリ
モート Linux システムの一時ディレクトリに転送します。このセットアップ・ファイルは、スレッド・プロ
ファイラ・パッケージをインストール中に表示されるインストール html ページからアクセスできます。
3.
このセットアップ・ファイル (itt_tp_rdc.tar) を転送した Linux システム上のディレクトリで、tar -xf
itt_tp_rdc.tar と入力してファイルを展開します。
4.
インストール・スクリプト install.sh を実行し、指示に従って、Linux リモート・エージェントのインストー
ルを完了してください。
5. サポート サービスおよび 2 年目以降の更新
製品には、初年度の年間サポートサービスが含まれています。
年間サポート サービスには以下のサービスが含まれます:
•
最新版へのアップグレード
•
技術サポート
年間サポート サービスをご利用いただくには、インテル® プレミア サポートへの登録が必要です。登録方法
は、1 ページの「2. 製品の登録方法」をご覧ください。
2 年目以降は、SSR (サポートサービス更新) をお買い求めいただくことで、新規購入価格の半額以下でサ
ポートサービスを引き続きご利用いただけます。
-4-
6. 日本語マニュアル
インテル製品の日本語マニュアル、カタログ、体験版を無料でダウンロードいただけます。
インテル® ソフトウェア開発製品の日本語マニュアルは、エクセルソフト株式会社のサイトより無料で提供して
おります。お気軽にダウンロードしてご利用ください。
http://www.xlsoft.com/jp/products/intel/download.html
-5-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
252 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content