close

Enter

Log in using OpenID

「キヤノンプラザS」環境配慮設計詳細

embedDownload
キヤノンSタワー
[CANON PLAZA S]
所 在 地 東京都港区港南2-16-6
2Fリニューアル
照明効率のアップ
設計上、改装前の照明から、照明効率を約40%
向上させ、更に照度としては、2.5%アップ。
リサイクル床材の採用 床材のバッカーなどの基本材料がリサイクル素材
で構成されているもので、再生可能材料に限定。
既存品の活用で消費部材削減
照明器具、什器等の中から継続的に使用できる
アイテムを選定し、消費部材を削減。
ショールーム内にも点字ブロック
いかなるお客様への対応をも考慮し、ショールー
ム内に点字ブロックを採用し、運営をアシスト。
ガラスパーティーション安全確保
ガラスパーティーション等のエッジ部分には全て、
エンド部材の取付を行い、安全性を確保。 子供の遊ぶエリアの安全性確保
子供が1人で遊べるエリアには、周囲にクッション
性のある材料を用いて、安全性を確保した。
健康建材の積極的な起用
F☆☆☆☆製品、水性塗料等の健康建材を起用。
什器等の材料は経済的な設計
什器の形状は曲面形状となっている為、断面と
平面からの両方向で検討し、材料取りを最小限に。
既存電気配線材を一部流用
既存電気配線を調査し、既存回路を継続的に流用。
配線材の消費量を抑制。
事務所部分の工事は最小限
事務所内は工事内容を最小限で行いコスト、工程
の効率化を図り、模様替え等のリフレシュのみ実施。
店 舗 面 積 1,500㎡
オープン
『CANON PLAZA S 2Fコンスーマ・
プロダクツ』は、キヤノンのパーソナル製品
を展示したショールームです。2008年
5月にキヤノンマーケティングジャパン本
社の玄関口として リニューアルオープン
しました。
ショールーム内に点字ブロックを設置す
るなどのユニバーサルデザインに加え、今
まで使用していた資産の有効的な活用、リ
サイクル素材の採用、照明効率アップを念
頭に置いた照明計画によるCO2削減の実
現など、環境面でもモデルとなる施設創り
をお手伝いすることができました。
(例)F☆☆☆☆(フォースター):JIS工場で生産されるJIS商品に表示することが義務づけられてる、
ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマーク。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
528 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content