close

Enter

Log in using OpenID

勝央町光ブロードバンド基盤整備事業の整備業者 選定にかかる公募型

embedDownload
勝央町光ブロードバンド基盤整備事業の整備業者
選定にかかる公募型プロポーザル実施要領
岡山県勝央町
平成 25 年 11 月 11 日
勝央町光ブロードバンド基盤整備事業の整備業者
選定にかかる公募型プロポーザル実施要領
岡山県勝央町長
水
嶋
淳
治
1.事業の名称
勝央町光ブロードバンド基盤整備事業(以下、本事業)。
2.事業の目的
情報社会が進展し、生活に欠かせない社会基盤となった光ブロードバンドサービス(以下、
光サービス)について、サービスを利用できない町内の基盤整備を行い、地域利用格差を是
正します。
これにより町全域で加入者系光サービスを利用できる機会を創出し、グローバル化する地
域経済産業に対応するとともに安全で快適な町民の生活環境を構築し、地域の付加価値を高
め、過疎化の抑制及び定住化の促進を図ります。
3.事業の内容及び整備対象地域
本事業にかかる基盤整備及びサービス要件に関する仕様書(以下、仕様書)のとおりです。
4.プロポーザル方式で提案を求める趣旨
著しい技術革新に対応した基盤の選定及び整備後の維持管理並びに安定したサービスを
持続的に提供するため様々な課題を検証した結果、民設民営方式による基盤整備が最も望ま
しいと考え、本事業によりこれを実現するものです。
そこで、民設民営方式により光サービスを提供できる事業者を広く公募し、サービス、料
金、保守、負担額等を総合的に評価し、本町に適した事業者を選定するため公募型プロポー
ザルを実施いたします。
5.負担限度額
負担額の限度額総額は、以下のとおりです。
全体事業費の 1/2 以下かつ2億 4 千万円以内。
6.参加資格
本プロポーザルに参加しようとする者(以下「提案者」という。)は、次に掲げるすべて
の要件を満たしている者とします。
(1)公告日現在において、指名停止措置を受けていないこと。
(2)地方自治法施行令(昭和 22 年政令第 16 号)第 167 条の 4 の規定にいずれも該当しない
1
こと。
(3)電気通信事業法(昭和 59 年法律第 86 号)第 2 条第 5 号に規定する電気通信事業者で
あること。
(4)会社更生法(平成 14 年法律第 154 号)第 17 条の規定による更正手続き開始の申し立
てがなされている者でないこと。
(5)民事再生法(平成 11 年法律第 225 号)第 21 条の規定による再生手続き開始の申し立
てがなされている者でないこと。
7.提案の基本的事項
提案にかかる基本的事項は以下のとおりです。
(1)本提案にかかる経費は無償とします。
(2)辞退される場合は辞退届(様式 10)を提出して下さい。
(4)事前説明会は行いません。
(5)質問は指定日にメールで受け付け、後日、町HPに掲載します。
(6)提案書提出期限後の書類の追加・修正・差替はできません。
(7)審査は提案書並びに提案会(プレゼンテーション)により行います。
(8)資格審査及び本審査の結果は個別に通知します。
(9)提出頂いた書類は返却しません。
(10)提出された書類は、当該審査以外の目的で提案者に無断で使用しません。
(11)参加者が1社のみの場合でも審査を行い、必要な条件を満たしていれば採用します。
(12)勝央町情報公開条例に基づく開示請求があった場合は、原則として開示の対象文書と
なります。ただし、事業を営むうえで、競争上又は事業運営上の地位その他正当な利益
を害すると認められる情報は不開示となる場合がありますので、この情報に該当すると
考える部分がある場合には、あらかじめ文書により申し出て下さい。なお、本プロポー
ザルの受託候補者特定前において、決定に影響がでるおそれがある情報については決定
後の開示とします。
8.失格事項
本プロポーザルの提案者若しくは、提出された提案書が次のいずれかに該当する場合は、
その提案を失格とします。
(1)提案書の提出方法、提出先、提出期限に適合しないもの。
(2)提案書等の提出期限後に参考見積書内の金額訂正を行ったもの。
(3)本審査(プレゼンテーション)を無断で欠席したもの。
(4)虚偽の申請を行い、提案資格を得たもの。
(5)見積価格が「5.負担限度額」を超過した場合。
9.スケジュール
本事業にかかるプロポーザルまでのスケジュールは以下のとおりです。
2
No
(1)
項目
質問
回答
参加意思表明
(2)
提出期限・様式等
(土日祝日は受け付けません)
平成 25 年 12 月 10 日(火)
午前 9 時~午後 3 時
平成 25 年 12 月 16 日(月)
平成 25 年 12 月 24 日(火)
午後 5 時まで
様式等
提出方法等
様式1
E:Mail
-
町HP
様式 2、3
郵送・持参
資格審査
平成 25 年 12 月 25 日(水)
-
-
結果通知
平成 25 年 12 月 26 日(木)
-
郵送
平成 26 年 1 月 20 日(月)
様式 4~9
(3) 企画提案書
(4) 提案辞退
(5) 本審査プレゼン
午後 5 時まで
提案書、写し
平成 26 年 1 月 20 日(月)
午後 5 時まで
平成 26 年 2 月 4 日(火)
(予定)
様式 10
郵送・持参
郵送・持参
勝央町役場
10.提出書類及び提出方法
提出書類は以下のとおりです。各様式に従い期限内に必要な書類を提出してください。
(1)質問
①日時 平成25年12月10日(火)午前9時から午後3時まで
②必要書類 様式1 質問書
③方法 E:Mail [email protected]
④回答 平成25年12月16日(月)までに町HPに公開します。
⑤その他 件名は「勝央町光ブロードバンド基盤整備事業に関する質問」
として下さい。
(2)参加意思表明書
①期限 平成25年12月24日(火)午後5時必着 ※ただし、土・日・祝日等を除く。
②必要書類 様式2 参加意思表明書
様式3 光ブロードバンドサービス実績書
③方法 持参・郵送
※郵送の場合は配達されたことが証明できる方法とすること。
④結果通知 平成25年12月26日(木)に発送します。
(3)企画提案書
①提出期限 平成26年1月20日(月)午後5時必着
※ただし、土・日・祝日等を除く。
②提出部数 10 部(押印した正本1部)・(副本 9 部・カラーコピー可)
③提出方法 持参・郵送
※郵送の場合は配達されたことが証明できる方法とすること。
④必要書類 様式4 勝央町に提供する光ブロードバンドサービス等に関する調書
3
様式5 サービス拠点に関する調書
様式6 基盤整備工程計画表
様式7 サービス提供イメージ図
様式8 見積書
様式9 事業者から本町に対して求める条件等
写し 電気通信事業法に規定する事業者であることを証明する 写し。
企画提案書(任意様式)
※提案項目を全て網羅したオリジナルの説明資料も可とします。
企画提案書には、以下の内容を必ず記載してください。
1.サービス内容及び料金等について詳しく説明したもの
2.見積書(様式9)の内容について詳しく説明したもの
3.事業内容を説明するために必要な図面(任意)(既存施設とは色分け等を行うこと)
4.将来へ向けた取り組みについて
5.その他、必要な資料(パンフレット等)
※書類・図面サイズはA4又はA3とし、それ以上の書類はA4又はA3に畳む事。
※専門知識を有しない者でも理解できるよう、わかりやすい表現とすること。
※各書類にはページ番号を付してください。
(4)辞退(参加意思表明書提出後)
①期限 平成26年1月20日(月)午後5時まで
②必要書類 様式10 辞退届
③提出方法 持参・郵送
※郵送の場合は配達されたことが証明できる方法とすること。
(5)本審査(プレゼンテーション)
選定委員に対する提案説明(30分程度)及び選定委員からの質疑応答(30分程度)
のためのプレゼンテーションを行います。
①実施日時 平成26年2月4日(火)午前中
※順番の都合上、具体的な時間等は後日通知します。
②会場 勝央町役場内
③その他 提案説明に必要なスクリーン、ホワイトボードは本町で用意します。プロジェ
クター等その他の機材を使用する場合は、提案者で用意してください。
(6)その他
必要に応じて提案書等に関する内容について、本審査(プレゼンテーション)までの間
に、電話等により説明等を求めることがあります。
4
11.事業者選定のポイント
(1)全国既存の光サービス(NTTフレッツ光ネクスト)と比較して遜色のないサービス
内容であるか。
(2)住民に対していかに良質なブロードバンドサービスを低価格で提供できるか。
(3)本町の負担額をいかに低く抑えられるか。
(4)安定した保守管理の体制・方法がとられているか。
(5)将来の情報通信技術の環境変化に柔軟に対応した将来計画が盛り込まれているか。
(6)事業終了後に新らたにできる住宅対応策が計画に盛られているか。
(7)今回求める光ケーブル整備に加え、提供できるその他サービスがあるか。
12.提案の審査及び契約方法
参加資格を有する提案者から提出された提案書等に基づき審査を行い、総合的に最も優れ
た内容の提案を行なった者を優先交渉権者とします。なお、提案内容に虚偽が認められた場
合や、不正な行為があったと認められる場合は失格とします。
契約等に際しては、提案内容と本町の意向について協議調整を行ったうえ、合意が得られ
た時点で契約締結を行います。
なお、本事業に関する基本契約書及び基本契約に基づく個別契約書等に記載する条項等の
詳細は、優先交渉権者と協議のうえ決定します。
13.審査の結果
(1)審査の結果は、決定後に書面により郵送します。
(2)審査結果に対する異議申し立ては認めません。
14.本事業の窓口(書類等の提出・お問い合わせ先)
勝央町役場総務部 担当者 佐々木・三好
〒861-0592 岡山県勝央町勝間田 201
TEL:0868-38-3111 FAX:0868-38-3120
E-Mail:[email protected]
5
(様式 1)
平成
質
問
書
「勝央町光ブロードバンド基盤整備事業」について、次の項目の質問いたします。
質
問
項
目
事業者名
部署名及び担当者名
連絡先
TEL
FAX
注)記入欄が不足する場合は、複写して作成してください。
提出日時:12月10日(火)午前9時~午後3時まで
E-Mail:[email protected]
あて先:勝央町総務部
6
年
月
日
(様式 2)
参加意思表明書
勝央町長
水嶋淳治様
平成
年
(提出者)住 所
会社名
代表者
事業名:勝央町光ブロードバンド基盤整備事業
上記事業の整備業者選定にかかるプロポーザルに参加することを表明します。
会社概要
会社名
所在地
設立年月日
資本金(百万円)
事業所数
本社
株式上場の有無
有り(
公式HP
事業内容及び事
業を展開してい
る地域
名称
当該事業所
所在地
事業内容
サービスの公式HP
特記事項等
担当者氏名
連絡先
TEL
FAX
E-Mail
7
部上場)・なし
月
日
(様式 3)
光ブロードバンドサービス実績書
(FTTH方式 100Mbps 以上に限る)平成25年10月1日現在
No
提供地域
都道府県名
市町村名
サービス名
通信速度
(固有名詞)
Mbps
開始年月
1
2
3
4
5
6
7
8
(記入上の注意)
①FTTH方式による 100Mpbs 以上のサービスの状況を記入してください。
②同一市町村内で複数のプランがある場合は、枠内に段書き又は主なサービスを記入くださ
い。
③平成25年10月1日現在で、開始しているサービスの状況をご記入ください。
④記載できる対象の地域の範囲は、国内とします。
⑤実績が多数ある場合は、開始年月の新しいものから順番に8件記入してください。
8
(様式 4)
勝央町に提供するブロードバンドサービス等に関する調書
サービス名称
提供するサービス名称及び規格等
説明欄(サービス内容、提供方式、
100Mbps 利用料金、上位速度の利用料
金等)※利用料金はプロバイダを含む最安料金を
書いてください。
インターネット
○○Mbps
サービス項目
その他の付加サー
ビス(テレビ、IP
電話、その他)
利用できるプ
ロバイダの
数・名称
数
社
名称(列記)
特記事項
(将来の通信技術変
化の対応策、新興住
宅対策など)
・PR事項等
(独自の提案など)
9
(様式 5)
サービス拠点に関する調書
本町に最寄りの保守拠点の名称及び所在地
(近いところから3か所までを記入してください。)
No
保守拠点名称
所在地
1
2
3
加入者へのサポートに関する事項
1.通常時の対応
2.故障時の対応
(災害時の対応)
10
(様式 6)
基盤整備工程計画表
作業工程
平成26年度
注)月ごとに記入してください。必要に応じ独自様式でも可。
11
(様式 7)
サービス提供イメージ図
※独自様式で可。
12
(様式 8)
見
勝央町長
水
嶋
淳
治
積
書
様
事業者名
代表者名
印
(単位:円)
項目
数量
単位
(1)所内設備
(2)伝送設備
整備費内訳
(3)電力設備
(4)光ケーブル等
(5)その他
①事業費(②+③)
②事業者負担額
③勝央町負担額
※記入上の注意:円単位とし、1円未満は切り捨ててください。
13
金額
(様式 9)
事業者から本町に対して求める条件
1. 事業者から本町に対して求める条件
14
(様式 10)
辞
退
届
平成26年
勝央町長
水
嶋
淳
治
日
様
所在地
事業者名
代表者名
電話番号
●事業名
月
勝央町光ブロードバンド基盤整備事業
上記事業について、下記の理由により企画提案書の提出を辞退します。
辞退する理由
15
印
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
142 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content