close

Enter

Log in using OpenID

ディスタンスラ ニング(遠隔教育) Sh Vi t l E t i を使用して ディスタンス

embedDownload
Shunra VE Success Story
ディスタンスラーニング(遠隔教育)−Shunra
ディスタンスラ
ニング(遠隔教育) Sh
Vi
Virtual
t lE
Enterpriseを使用して
t
i を使用して
世界中の学生のパフォーマンスを把握 !
ユタ州立大学は苦境に立たされていました。ユタ州立大学は、大学構内の教室と文字通り世界中に及ぶ遠隔地の学生との間
でビデオ、音声、マルチメディアのプレゼンテーションをリアルタイムで配信できる最先端のディスタンスラーニング配信システ
ムの開発に相当な時間とリソースを費やしていました。そのテクノロジーはラボ内では問題なく動作していました。しかし、特に
視聴者が様々なネットワーク環境を使用する場合を考えると、何らかのネットワーク障害がエンドユーザーの体験に影響を与え
る可能性があることが分かっていました。
開発者は学生に高品質の伝送を提供することに焦点を合わせ、様々なネットワーク環境でシステムのパフォーマンスをテストし
、自宅で56Kモデムを使用するユーザーからDSL回線を使用するユーザーまで誰でも会社でT1またはT3回線を使用するユー
ザーと同じパフォーマンスを体験できることを保証する方法を探していました。電気コンピュータ工学部のScott Budge助教授は
このプロジェクトのリーダーを務め、適切なテストソリューションの発見という課題を引き受けていました。
「まず学会から探し始め、数種類のインターネットシミュレータを見つけた。問題は、これらのインターネットシミュレータがアプリ
ケーションレベルよりもプロトコルレベルでのパフォーマンスに特化していることだった。私たちは初期のデモで体験した問題、
もっと厳密に言えばパケットロスの問題を再現して評価できるツールが必要だった」
「私は大変な仕事に直面していた。私はこの仕事に全力で取り組もうと準備していた。文字通り人とコンピュータを車に詰め込
み、大学システム内のリモート拠点−300マイルほど離れたところ−まで移動させ、実際にサンプルの授業に参加させることで、
ネットワーク障害がエンドユーザーのパフォーマンスに与える影響を測定しようとしたのだ。運のいいことに、最初にShunra
Virtual Enterprise(Shunra VE)を見つけることができた」
Shunra VEにより、ユタ州立大学はパケットロス、遅延、帯域などの様々なネットワーク条件による実際の影響を再現でき、
B d 助教授とそ チ ムはラボを離れることなく ンド
Budge助教授とそのチームはラボを離れることなくエンドユーザーの視点からディスタンスラーニングシステムのパフォーマンス
ザ
視点からデ
タン ラ
ングシ テム パフ
ン
を評価することができました。
「私はShunra VEやShunra社から受けたサービスに非常に満足している。Shunra VEはセットアップが本当に簡単で、思い通り
のシミュレーションを作成できる。ぜひShunra VEを推奨したい」
日本コーネット・テクノロジー株式会社
Copyright 2013 Nihon Cornet Technology K.K. All Rights Reserved.
(TEL) 03-5817-3655 (代)
www.nihon-cornet.co.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
35 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content