close

Enter

Log in using OpenID

SUPRPRO/8000 ユーザーマニュアル(スタンドアローン モード)

embedDownload
SUPRPRO/8000
ユーザーマニュアル(スタンドアローン モード)
Superpro8000 をご購入頂きありがとうございます。Superpro8000 はPC に接続して使用するPC ホス
トモードとPC から切り離して使用できるスタンドアローンモードの2種類の使用方法があります。
PC ホストモードについてはXELTEK マニュアルWindows 版をご参照ください。
概要
z
8MB のフラッシュROM を12 秒で書き込む高速タイプ
z
本体にMCU を内蔵しキーパッド、16x2 の表示用LCD が付属
z
アルゴリズムプログラム領域に4MB のフラッシュROM、ユーザーデータ用に4MB のフラッシュROM
を装備(最大128MB オプション)
z
個別に動作するPIN ドライバー付48Pin ZIF ソケット標準装備
z
各種デバイスのアルゴリズムプログラムはPC よりプリンターポートを経由してダウンロード
z
1.8V の低電圧デバイスをサポート
z
書き込み前にIC とソケット間の接触チェック機能
z
全自動書き込み機能、正常なIC 挿入チェック後の書き込み開始
z
バッチ処理コマンドの編集可能
最初に
パラレルケーブルをPC に接続せずに電源を入れるとスタンドアローンノードになります。
ケーブルを接続して本体の電源を入れるとPC ホストモードになります。
スタンドアローンモードで使用するには最初にPC に接続してご使用になるデバイスのア
ルゴリズムプログラムを本体にダウンロードする必要があります。
アルゴリズムプログラム・ダウンロードの手順
1. パラレルケーブルをPC と本体に接続し電源を入れます。
2. PC のXELTEK プログラムを立ち上げます。
3. メニュー画面のLIBRALY よりREAD を選択します。SP8000 よりすでにダウンロードされている内容を
読み込みます。
4. 不要なアルゴリズムをDELETE で消去します。
5. 必要なアルゴリズムをADD しOK を押します。
6. TRANSFER をおしてSP8000 にアルゴリズムをダウンロードします。
7. 本体の電源を切ってケーブルをコネクターから抜きます。
8. ケーブルを接続していない状態でSP8000 の電源を入れます。
MENUE
ENTER
EXIT
矢印(上下)
SELECTとSUB-MENU の決定
上位メニューへ移動
SELECT の移動、エディットバッファ使用時カーソル位置の移動
1/3
矢印(左右)
エディットバッファ使用時アドレス又はデータのスクロール
RUN
実際の使用時に重要なコマンドです。以下の動作はこのメニューから開始します。
AUTO
SETTING-EDIT AUTO で設定が必要です。
PROGRAM
エディットバッファのデータをIC に書き込みます。
READ
本体のFlashRom内 エディットバッファにIC のデータを読み込みます。
BLANK CHECK
IC の内容が空であるかチェックします
VERIFY
IC に書き込んだデータとエディットバッファの内容を比較します。一致すれば
SUCCESS が表示されます。
ERASE
PLD FLASH 等のIC のデータを消去します。デバイスの機能によります。
SECURE
IC のBit データをロックします。IC によってこの機能が無い事があります。
SELECT DEVICE
先に行いました、アルゴリズムプログラムがホストPC よりダウンロードの手順が完了していることが必
要です。
最初に矢印(上下)キーを使用してデバイスのメーカー名を決めます。次に品番を選択します。内蔵して
いるFlash メモリーの容量を越えるデバイスを選択した場合はメッセージが表示され動作いたしません。
その場合はオプションのメモリーを追加します。
BUFFER
バッファのエディット
内容の確認又は編集をします。メモリー製品又はMCU 製品以外動作しません。
ENTER を押すと最初のアドレス及びデータが表示されます。矢印(左右)を使用して編集する個所又は表
示する個所にカーソルを移動してください。
矢印(上下)を使用してアドレス又はデータを変更します。
CHECK SUM
エディットバッファのCHECK SUM の値を計算します。
SETTING
SET MODULE
マスター モジュールの選択と使用するモジュールの設定
EDIT AUTO
AUTO (RUN のメニュー内)で使用するシーケンスを決めます。
CHIP ADDRESS
ENTER キーと矢印(上下)を使用してデバイスのスタートアドレスを決めます。ENTERキーと矢印(上下)
を使用してデバイスのエンドアドレスを決めます。
デフォルトのアドレスは個々のデバイスを選択した時点で決まります。
BUFFER ADDRESS
ENTER キーと矢印(上下)を使用してエディットバッファのスタートアドレスを決めます。ENTER キーを押
2/3
して矢印(上下)を使用してバッファのエンドアドレスを決めます。デフォルトでは選択したデバイスにより
設定されています。
AUTO CHECK SUM
ENTER キーと矢印(上下)を使用してENABLE とDISABLE を選択します。
ENABLE を選択した場合READ を実行した後にCHECKSUM は計算されます。
INSERSION CHECK
ENTER キーと矢印(上下)を使ってENABLE とDISABLE を切り替えます。
ENABLEを選択した場合、書き込みの動作前に正しくIC がソケットに挿入されているかチェックします。正
しく挿入されていない場合IGNORE(無視)又はEXIT(終了)を選択します。
BEEPER
ベルを鳴らす、鳴らさないの選択をします。
AUTO RUN
ENTER キーと矢印(上下)を使用してENABLE 又はDISABLE を選択します。
ENABLE を選択した場合、プログラマーはソケットとIC の接触を確認しIC の挿入が確認できれば自動
的に書き込みが開始します。多量にIC を書き込む場合に使用します。
ENCRYPTION
ENTER キーと矢印(上下)を使用し暗号化テーブルを編集します。
一部のMCU のみが対象です。
3/3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
34 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content