close

Enter

Log in using OpenID

Bad Influence of Cellular Phone Dependence

embedDownload
2010/12/31
Overview of Children’s Cellular Phone Usage
and Related Health Effects in Japan
- Development and Enlightenment of Teaching Material
Related to Usage of Cellular Phone -
日本の子どもの携帯電話利用と健康への影響
- 携帯電話利用に関する教材の開発と啓発 -
Overview of Japanese Children’s Cellular phone
usage
日本の子どもの携帯電話利用
阿部 学 Manabu ABE (Chiba University)
福嶋 俊 Shun FUKUSHIMA (NPO, The Association of Corporation and Education)
Japanese Children’s Possession of Cellular Phone
How Do Japanese Children Use Cellular Phone?
日本の子どもの携帯電話所持率
日本の子どもがよく使う通話以外の機能(14 years old children)
120
使ったことがない
No use
95.9
100
0.8
テレビ
Television
80
47.5
ウェブサイト
Website
60
54.6
ゲーム
Game
45.9
40
72.8
音楽ダウンロード
Download music
24.7
20
85.6
カメラ
Cameta
0
小6
12 years old
中2
14 years old
93.8
メール
Mail
高2
17 years old
97.3
0
20
文部科学省(2009)「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」
40
60
80
100
120
日本PTA全国協議会(2009)「子どもとメディアに関する調査結果報告書」
Experience according to Cellular Phone and PC
Bad Influence of Cellular Phone Dependence
携帯電話やPCでのトラブル経験(14 years old children)
携帯電話依存の悪影響(14 years old children)
特になし
No experience
48.8
迷惑メールが送られた
Be sended spam mail
22.6
勉強に自身なし
Not having Confidence about Study
42.1
21.3
13.5
50.6
12時以降就寝
Sleep a er 12 O'klocl
架空請求を受けた
Be sended Fic ous Claim
29.8
23
3.8
15.3
落ち込む
Depressing
個人情報を勝手に流された
Flow out Personal Informa on
9.1
8.3
2.4
チェーンメールを送られた
Be sended Cain Mail
掲示板やメールで悪口を書かれた
Being Abused in mail and Bulleten Boad
29.2
イライラする
Irrita ng
36.4
依存高(一日メール30通以上)
3.9
23.5
19.4
0
10
20
30
40
50
60
依存低 (一日メール30通以下)
不所持
0
10
20
30
40
50
文部科学省(2009)「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」
60
竹内和雄(2009)「先生、ケータイ取り上げて!」『月刊 学校教育相談』 6月号
1
2010/12/31
Development of Program
情報モラル教育プログラム「考えよう、ケータイ」の開発
We Develop this program with Japanese carrier Softbank mobile.
NPO法人企業教育研究会とソフトバンクモバイル株式会社が共同で開発
Theme of this program is about Human Relationship and Information transmission
「人間関係編」と「情報発信編」のふたつからなる
Development of teaching program about
Information moral Education
Teachers in Elementary school, Junior High School and High School make full use of
this Program
対象は小学校高学年から高校生まで
情報モラル教育プログラムの開発
Concept of this Program
Evaluation of This Program
構成のコンセプト
プログラムの評価
Show 15 minute Realistic Drama about Cellular Phone
15分程度のリアリティのあるドラマ映像を視聴
Consider Main Character’s wrong behavior and review behavior of oneself
登場人物の問題点について考え、自分自身のあり方を振り返る
Teacher’s unfamiliar with Cellular Phone can activate this program.
携帯電話についてよく知らない教員でもすぐ取り組める
• Analyze this Program thorough the quastionnaire
子どもの感想、アンケートからプログラムを分析した
• To use video in this program is effective because children refer to content of Video and
the behavior of main character
自由記述において、ドラマの内容や主人公に言及する記述が多く、ドラマを活用することの有
効性が示された
• It will be more effective to use other content about cellular phone not depend on this
Tell knowledge
program because some student fear to video.
一方、ドラマに対し「怖い」という感想を持つ子もいた。情報モラル教育を本プログラムだけに
頼るのではなく、学校の状況に応じたかたちで、他の授業と組み合わせて行うことが望ましい
Make aware of problem using Cellular Phone
分析結果の一部は、以下
阿部学ほか「携帯電話の利用方法を題材とした情報モラル教育プログラムの開発」CIEC研
究大会 PC Conference、2010、(東北大学)
Expanding of Teaching Material
教材の配布
Expanding of Teaching Plan with DVD
DVD付き指導案の配布
• 日本全国の学校関係者(希望者)に無料
配布
• 2008年度〜現在まで、約3000部を配布。
Worksheet and PPT data
ワークシート、スライド
• ウェブサイトから無料ダウンロード
http://acenpo.org/info/sbm/download.html
Practical use in school
学校現場で活用してもらうために
2
2010/12/31
Conducting Teacher’s Educational Program
教員研修の実施
• We enforce teacher educational program for 6500 teachers
2009年度〜現在まで、約60回開催、約6500人が 受講
• “It can be activate in school very fast”
“I learned a lot about Cellular Phone Problem”
「すぐに実施できそう」「自分が勉強になった」などの感想
Conclusion
まとめ
Conclusion
まとめ
•
Cellular Phone is useful device, however it may harm children’s health. It will be
important to set the opportunity of considering issue of Cellular Phone which promotes
HPS.
携帯電話には便利な面もあるが、日本の子どもの利用状況を概観すると、HPSを推進するた
めには、指導すべき問題もある。
•
Develop useful teaching material teacher can use as soon as possible because
children use cellular phone as multifunctional device, it will be difficult for teachers to
understand the problem
子どもの携帯電話利用は多岐にわたり、教員の知識が追いつかない場合もある。
どんな教員でもすぐに取り組める教材の開発が必要。
•
•
Contact Address
NPO法人企業教育研究会 http://ace-npo.org
発表者連絡先 阿部学(Manabu ABE) [email protected]
Conducting teacher education in addition to distributing material will be help teacher’s
understanding
教材配布に加え、模擬授業を交えた研修を行うことで、理解の補足を行える。
It is important to develop teaching material for Parents to implement comprehensive
HPS
包括的なHPSに取り組むために、保護者向け教材の開発も必要。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
828 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content