close

Enter

Log in using OpenID

コンパクトで手頃な価格

embedDownload
50
ABS FOR TWO-WHEELERS
Compact and Affordable
小型でお手頃価格
無限の可能性:二輪車 ABS テスト用小型 HiL システム
執筆者
Zhongyang
アンチロックブレーキシステム(ABS)は二輪車アプリケーションの標準機能として普及してきました。開
発および生産の費用を最小限に抑えるため、および最高レベルのシステム信頼性を提供するために、ETAS
Guo 氏:
Bosch 社
(日本、横浜)
は実績のあるハードウェア・インザ・ループ
(HiL)
テクノロジーと Mechanical Simulation Corporation
の MSC BikeSim®か IPG Automotive GmbH の MotorcycleMaker®のいずれかのバイクシミュレータ
ソフトウェア
コンポーネント
マネージメントを担当
を組み合わせて、無限の可能性を持つ仮想開発・テスト環境を実現する低価格の小型パッケージを作りま
した。
Shunsaku
Ono 氏:
二輪車用アンチロックブレーキシステム
す。そのため、二輪車メーカーは代わりの
Bosch 社
の開発と改良は今も続けられています。
テスト方法を探さなければならなくなっ
— IPG MotorcycleMaker®または
現在開発中の新機能の中に、電子制御複
てしまいました。
MSC BikeSim®
(日本、横浜)
モーターサイクル開発
合 or 連動ブレーキシステム(eCBS)が
グループセクション
あります。これを ABS に組込むと前輪と
ETAS の HiL ソリューション
マネージャー
後輪のブレーキを接続することができま
これらすべての要件に対応できるのは、仮
■
■
シミュレーションソフトウェア
HiL インターフェースソフトウェア
— ETAS LABCAR-OPERATOR
■
リアルタイムプラットフォーム
す。このシステムの目的は、考えられるあ
想テスト環境だけです。そして HiL テス
Dr.-Ing. Fevzi
らゆるブレーキングシナリオについて、
最
トは、純粋なソフトウェアテストとは異
Yildirim:
適な制動力配分を算出することです。ま
なり、可能なかぎり現実的な環境を提供
Bosch 社
た、圧力センサを搭載すると後輪リフト
します。
実 ECU が実バイクからバーチャ
これらの、それぞれスタンドアロンシステ
アップ軽減機能を向上できることもメー
ルバイクに移され、入力にはハードウェ
ムとして別々に使用することもできるコ
カーにより明らかになっています。
ア信号がスティミュレートされて、ユー
ンポーネントがまとめられ、
「one PC」ソ
ザーによりプログラムされたシナリオで
リューションに統合されました。ハード
(日本、横浜)
製品グループ
「Two Wheeler
Safety」リーダー
この新しいデファクト二輪車 ABS スタ
「運転」されます。
— ETAS RTPC
■
ETAS HiL インターフェースハードウェア
ウェア(厳密には PCI Express カード)
は、すべて PC の内側に収まります。これ
ンダードは、市場で優位に立ち続けるた
Steven Shenker:
めにこのシステムを開発または導入した
ETAS は広範囲の HiL 製品およびシステ
らが車輪速信号生成、アナログ/デジタ
ETAS(日本、横浜)
いと考えているメーカーに新たな課題を
ムにより、すでに多くの領域の多くの使
ル I/O、
および CAN インターフェースを
システム
突きつけました。ABS が提供する制動機
用要件に対応していますが、最新の製品
提供します。
エンジニアリング
能がさらに追加されたため、従来の実環
およびシステムでは二輪車 ABS 領域に
ソリューション担当
境テストの手法を使用してこれらの機能
対応するオーダーメイドソリューション
この小型ながら高性能なシステムにより、
をテストし検証することが格段に困難に
を提供しようとしています。このシステ
ユーザーは複雑なシミュレーションをデ
なってしまいました。また、テストシナリ
ムでは、費用、可搬性、および機能性に
スク上で実行できます。このシステムを
オが複雑なため、以前より時間のかかる
照準を合わせ、テストに関して新しい課
テスト施設や製造工場に容易に運び込
テストをより高い精度と再現性で行わな
題に直面している特異な業界の増大する
み、他のエンドオブライン検査などのよ
ければなりません。
使用要件に対応できる魅力的なソリュー
うな機能を実行するために使用すること
また、テストドライバーにも大きな安全
ションを提供することを目指しています。
もできます。このように、システムの有用
性リスクがあります。なぜなら、テストの
このシステムの主要コンポーネントは以
性が高まるので、OEM は必要に応じて
中には高速走行テストやさまざまに変化
下のとおりです。
自由にシステムを適切な場所に容易に移
する路面でのテストなど、実環境で行う
動して各種タスクの実行に適応させるな
のはあまりにも危険なものがあるからで
ど、柔軟に作業できるようになります。
R E A LT I M E S
二輪車 ABS とは
オートバイは安定性を失うと容易に転倒
J 2/2013
すべてのコンポーネントを
「one PC」システムに統合
につながるので危険です。ABS はブレー
キ圧を調整することにより車輪のロック
を防ぎます。
ホイールロックアップを防止すると静止
摩擦力の維持に役立つので、制動力が極
バルブ信号
IXXAT
CANカード
A/D信号
A/Dカード
端に強いときでもオートバイを制御可能
な状態に保てるようになります。
ETAS RTPC
また、運転手も ABS 搭載のオートバイな
ら恐れることなく力一杯ブレーキをかけ
ることができます。
ETAS LABCAROPERATOR
シミュレーション
コントローラ
2W ABS ECU
WS信号
WSS
ジェネレータカード
無限の可能性
氷の上でもアスファルトの上でも、高速
走行時や方向転換時のブレーキングなど
実際のドライバーでは実施不可能と思わ
れる危険なテストを自動または手動制御
で実行できるようになり、後の分析に使
用できる非常に望ましいテストデータを
得られるようになりました。
ETAS HiL ツ ー ル の 性 能 を IPG 社
MotorcycleMaker®の 二 輪 車 シ ミ ュ
レーション環境と組み合わせて使用する
と、多様な環境またはテストシナリオで
非常に正確なオートバイモデルを使用し
て、ABS ECU 機能を現実的なシミュレー
ションで検証できます。
IPG 社 MotorcycleMaker®と
ETAS INCA 計測・適合コネクタを追加
して ETAS LABCAR をシームレスに統
合すれば、テストおよび検証という標準
的なタスクの枠を超えて ECU の内部変
数にもアクセスできるようになります。
ETAS LABCAR-OPERATOR を統合
IPG 社
MotorcycleMaker®/
Mechanical
Simulation 社
MSC BikeSim®
51
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
518 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content