close

Enter

Log in using OpenID

成年後見制度 - 徳島県司法書士会

embedDownload
成年後見制度
成年後見制度の概要と活用に向けて
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート徳島支部
http://ls-tokushima.jpn.org/
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート
法律行為(契約)と高齢者や障害者との関わり
高齢者・障害者等の権利を擁護することを目的に司法書士を正会員として
1999年12月22日に設立された全国組織の社団法人。
(2000年4月1日介護保険法・成年後見関連四法施行)
現在、約7,400名の会員が、全国各都道府県50ケ所の支部を中心に成年
後見制度等を利用して高齢者・障害者等の権利を護る活動を展開。
親族以外の第三者後見人 として家庭裁判所から多数選任されています
主な活動
後見制度や申立手続き等の相談
「親族後見人養成講座」、「講演会や説明会」、「シンポジウム」の開催
● 地域包括支援センター等行政や福祉・医療関係の皆様等と協力しなが
ら虐待防止等「高齢者・障害者等の権利擁護」ための支援活動
● 書籍の発刊等成年後見制度普及活動
● 成年後見制度の改善研究・提言活動 ●
一郎 88歳
●
一郎 88歳
妻 花子 86歳
夫の土地を売りたい。手続きは私がします。
一郎さんは極度の認知症で正常な判断ができなくなりました
一郎 88歳
妻 花子 86歳
「妻」であっても、夫の代理はできない!
長男
マサオ 58歳
長男
マサオ 58歳
一郎 88歳
父一郎の預金を解約したい。手続きは、僕がします。
契約
一郎 88歳
「子供」であっても、親の代理はできない!
法律行為(契約)と高齢者や障害者との関わり
妻
子
本人
父 太郎 49歳
母 花子 47歳
家族
一郎 19歳
重度の知的障害者
契約においては家族も他人
法律行為(契約)と高齢者や障害者との関わり
長男 一郎(未成年) 父 太郎 母 花子
一郎さんが未成年の間は、太郎さんと花子さんには 親権
があります
そして親権者には 代理権があるので・・・一郎さんの代理が出来る!
父 太郎 55歳
母 花子 53歳
一郎 25歳
重度の知的障害者
一郎さんは成人しました
一郎 25歳
重度の知的障害者
母 花子 53歳
一郎 25歳
重度の知的障害者
一郎名義の定期預金を解約したい。
手続きは私がします。
一郎 25歳
重度の知的障害者
母 花子 53歳
意思表示
「母」であっても、既に親権者ではないので
成年である子の代理はできない!
一郎 25歳
重度の知的障害者
施設を代わる必要がある場合の入所契約。
手続きは私がします。
母
母 花子 53歳
母 花子 53歳
「母」であっても、成年である子の代理はできない!
成年後見制度
成年後見制度
判断能力の不十分な成年者を
契約など意思表示の必要な場面で保護する制度
本人
家族
意思表示においては家族も他人
事 故
事 故
病 気
病 気 などで判断能力が不十分になった人
認知症
認知症
知的障害者
精神障害者
法定後見制度と任意後見制度
法定後見制度
家庭裁判所で選任
法定後見
・・・家庭裁判所で選任
●
既に判断能力が低下
任意後見・・・任意後見契約(×家庭裁判所) ●
将来判断能力が低下したとき
のためにあらかじめ準備
本人
成年後見人
法定後見制度
法定後見制度
本人の代理ができる!
本人の代理ができる!
本人
成年後見人
本人
成年後見人
法定後見制度
法定後見制度
家庭裁判所で選任
本人の代理ができる!
本人
成年後見人
司法書士Aさん
本人
成年後見人
司法書士Aさん
法定後見制度
本人の代理ができる!
法定後見制度
判断能力が不十分な人のための制度
1
2
ほとんど判断することができない
後 見
後 見
判断能力が著しく不十分
保 佐
保 佐
3
本人
成年後見人
母 花子さん
判断能力が不十分
補 助
補 助
本人
法定後見制度
成年後見人等の権限
1
同 意 権
2
取 消 権
補助 保佐 後見
法定後見制度
法定後見制度
成年後見人の仕事の概要
成年後見人の仕事の概要
1
1
生活・療養看護
2
財産の管理
生活・療養看護
・介護契約
・施設入所契約
・入院の申込
・健康診断の受診手続き,
・住居の確保(賃貸借の契約)
・訪問による健康状態の見守り
・施設や病院の処遇の監視
法定後見制度
法定後見制度
成年後見人の仕事の概要
成年後見人の仕事の概要
1
2
生活・療養看護
財産の管理
・本人の財産を管理
・事実行為(介護そのもの)
・本人の財産に関する
法律行為の代理
・施設での身元引受
・本人が行った行為の
取消権の行使
・医療行為の同意
これらの行為は後見人の職務ではありません
法定後見制度
2
財産の管理の際の注意点
遺産分割の場合の例
成年後見人の仕事の概要
2
財産の管理の際の注意点
・預金の名義
・投機的運用の禁止
父 太郎
死亡
母 花子
ただしAさんは一郎さん
の法定相続分を確保しな
ければならない
・遺産分割協議
・本人の財産がなくなった場合
花子さんとAさんで
遺産分割協議ができる
一郎 25歳
重度の知的障害者
一郎さんの後見人
司法書士A
2 財産の管理の際の注意点
遺産分割の場合の例
法定後見制度
成年後見人の仕事の概要
父 太郎
死亡
一郎 25歳
重度の知的障害者
母は、後見人として一郎さ
んを代理して遺産分割協議
母 花子 はできない
後見人
相続人花子さんと、一郎さ
協議 んの後見人としての立場で
ある花子さんとで、利益が
相反するため
遺産分割協議をするために
は、一郎さんの特別代理人
の選任が必要
特別代理人
2 財産の管理の際の注意点
・後見の費用
本人の財産から支出
・報酬
裁判所の審判により決定
し、本人の財産から支出
後見人等の報酬
法定後見制度
保佐人の仕事の概要
報酬付与の申立
1
同意権・取消権
2
代 理 権
家庭裁判所が審判(判決)で決定
被後見人の財産の中から、後見人に付与される
報酬額は被後見人の資力やその他の事情を考慮して決定される
法定後見制度
法定後見制度
保佐人の仕事の概要
保佐人の仕事の概要
1
同意権・取消権
・民法13条規定の行為
重要な法律行為
1
同意権・取消権
・民法13条規定の行為
重要な法律行為
法定後見制度
法定後見制度
保佐人の仕事の概要
補助人の仕事の概要
2
代 理 権
・家庭裁判所の審判
法律上制限無し
1
同意権・取消権
・本人の同意が必要
2
代 理 権
法定後見制度
法定後見制度
補助人の仕事の概要
補助人の仕事の概要
1
2
同意権・取消権
・民法13条の行為の内から
家庭裁判所の審判
・本人の同意が必要
代 理 権
・家庭裁判所の審判
法律上制限無し
・本人の同意が必要
法定後見制度
法定後見制度
後見人就任直後の仕事
後見人就任中の仕事
1
被後見人の財産の把握
1
適正な財産管理
2
役所・金融機関への届け出
2
生活・療養看護
3
財産目録・収支予算表
の作成→家裁へ提出
3
家庭裁判所への定期的
な報告
法定後見制度
法定後見制度
後見の終了
後見終了時の仕事
1 本人もしくは後見人の死亡
1
財産の引き渡し
2
裁判所への報告
本 人の死亡:後見自体が終了します
後見人の死亡:後見自体は終了せず後任者が選任されます
2
本人の能力の回復
後見自体が終了します
3
解任・辞任
後見自体は終了せず後任者が選任されます
申立てのきっかけになった事柄の目的が達せられても,
成年後見人等としての役目が終わるわけではありません
葬儀については、行う義務はありません
(裁判所ホームページ公表資料より)
後見の申立手続きの流れ
過去5年間の申立件数の推移
審理期間
法定後見制度
(裁判所ホームページ公表資料より)(H26)
申立の準備
申立人と申立先
申し立てることができる人は限定されている
・ 本人(成年後見開始の審判を受ける者)
・ 配偶者
・ 四親等内の親族
・ 未成年者後見人
・ 未成年者後見監督人
・ 保佐人
・ 保佐監督人
・ 補助人
・ 補助監督人
・ 検察官
・ 市町村長
申立先?
本人の住所地の家庭裁判所
1
必要な書類を集める
2
申立書類の作成
3
申立日の予約
申立に必要な費用と書類
■ 費 用
・ 収入印紙800円
(補助・保佐の場合は件数に注意)
・ 郵便切手(3,000円)
1,000円×1枚 500円×2枚 82円×10枚
20円×7枚 10円×3枚 1円×10枚 ・ 収入印紙 2,600円(登記用)
・ 鑑定料(5万円~10万円程度)
植物状態にある場合などは鑑定が省略される
ことがある(家事審判官の判断)
申立に必要な費用と書類
成年後見人等と本人との関係
(裁判所ホームページ公表資料より)(H26)
■ 書 類
・ 申立書・申立書附票1~3 各1通
・ 申立人の戸籍謄本 1通
・ 本人の戸籍謄本、住民票、診断書、
登記されていないことの証明書 各1通
・ 候補者の戸籍謄本、住民票 各1通
・ 候補者の陳述書
・ 財産目録・収支一覧表
・ 財産や負債に関する資料
・ 親族関係図、親族の同意書
法定後見制度
後見人等になれない人
・未成年者
・家庭裁判所で免ぜられた法定
代理人・保佐人・補助人
・破産者
・本人に対して訴訟をし、又は
した者及びその配偶者並びに
直系血族
・行方の知れない者 任意後見制度
自分で後見人を選任し、契約
を結ぶ
契約
公正証書
本人
任意後見人
任意後見制度
任意後見制度
自分で信頼できる人を選び、契約を結ぶ
契約
・本人=現在は十分な判断能力
公正証書
・判断能力が不十分になった場合
における、任意後見人をあらかじ
め決めておく制度
本人
・判断能力低下→家庭裁判所が任
意後見監督人を選ぶ
任意後見契約受任者
判断能力が低下
家庭裁判所へ申立て
家庭裁判所
後見監督人選任
=
→この時点で契約の効力発生
本人
契約の効力発生
報告
監督
報告
任意後見人
任意後見制度
希望に合わせた4つのプラン
①将来型・・・今は元気!将来判断能力が低下して からの支援がほしい。
②移行型・・・既に今困っている。判断能力が低下す
る前からの支援がほしい。
③段階型・・・今は元気!将来身体が不自由になっ
たときからの支援がほしい。
④即効型・・・既に判断能力が低下している。今か
らすぐにでも支援がほしい。
法定後見制度と任意後見制度
・任意後見 > 法定後見
任意後見制度
「見守り契約」・・・連絡をとったり、実際にお会いした
りして健康や生活の状態に変化が
ないか見守る
「任意代理契約」・・・契約に定めた委任事務(財産管
理など)を行う
希望のプランに合わせて、任意後見契約と
ともに各契約を締結し、支援します。
お気軽にご相談を
(公社)成年後見センター・リーガルサポート
HP:http://www.legal-support.or.jp
・本人の判断能力について
・代理権の範囲について
・死後の事務について
・後見人の報酬について
徳島支部
TEL:088-622-1865
HP:http://ls-tokushima.jpn.org
(各無料相談のご案内を掲載しております。)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
651 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content