close

Enter

Log in using OpenID

サンプルをPDFで見る

embedDownload
はじめに
日常生活でふれる「翻訳」は翻訳書や映画の字幕が中心ですが、翻訳される文書の量や
メディカル翻訳とは何か
メディカル翻訳の種類
翻訳者の数からいえば、実務翻訳や産業翻訳と呼ばれるビジネスに関連した翻訳が多くを
、機械、法務、特許、金融、メディカル
占めます。実務翻訳はさらに、コンピュータ(IT)
メディカル分野の日英翻訳者は、おもに次のような文書を手がけています。
などの分野に細かく分かれ、翻訳者は活動の範囲を特定の分野に絞り、日々翻訳を行って
1)医薬品の開発に関する文書
います。
メディカル翻訳と聞いて、何を思い浮かべますか? カルテや医薬品の添付文書でしょ
うか。
メディカル翻訳のおもなクライアントは、製薬会社です。製薬会社では、医薬品をつく
りあげるために何千もの候補から絞り込んだ物質についてさまざまな研究を行い、有効性
メディカル翻訳と呼ばれる仕事はカルテや添付文書だけではありません。学術誌に掲載
(efficacy)と安全性(safety)を確かめます。このような研究開発(research and develop-
される医学論文、新薬開発に関する文書、厚生労働省や米国の食品医薬品局(FDA)など
ment, R&D)のプロセスでは、非臨床試験(non-clinical study:動物や微生物を用いる試
の規制当局が発表する公的資料、企業がほかの企業や医療施設と取り交わす契約書、医療
験)や臨床試験(治験)
(clinical study:ヒトを対象とする試験)と呼ばれる一連の試験を
機器のマニュアル、社内手順書や営業活動用のパンフレットなど、ありとあらゆる文書の
行う必要があるため、試験計画書(study protocol)や試験報告書(study report)などの書
翻訳もメディカル翻訳者に託されます。
類が多量に発生します。
メディカル翻訳の原文は、一般向けの書籍よりも難解に感じられます。理由は 2 つあり
ます。文章の書き方の問題と、知識面の問題です。
文章の書き方の問題については、お役所文書が慣れない人にとってはどれほど難解か、
日本企業が海外での新薬承認申請(new drug application, NDA)を行うときは、日本で
行われた試験の報告書を英訳して申請書類を作ります。日本企業と海外企業が共同開発を
行うときは、企業間でのコレスポンデンスも発生します。この際、日本語 - 英語間で何度
また自分や同僚の社員が書いた文章が部外者にはどんなに理解しがたいものなのか、ご自
も質疑応答が繰り返されることも多く、両方向の翻訳とも同じ翻訳者に任せたいと考える
身の経験から照らしてもおわかりでしょう。知識面については、研究論文などの専門家が
クライアントも多いようです。日英翻訳と英日翻訳ができるようになれば、仕事の幅が広
専門家に向けて発信する文書は、書き手と読み手が同じレベルの基礎知識を持つことを前
がります。
提として書かれているため、それを正確に訳すには同じだけの基礎知識が必要です。訳者
の基礎知識がそのレベルになければ、原文を読むことすら難しいことでしょう。
このような難解な原文を読みこなし、理解した内容を英語に表すには、ただ「英語がで
2)市販後の医薬品に関する文書
医薬品は、市場に出した後も副作用の発生状況などについて調査を行い安全性を確認す
きる」だけでは不十分です。日本語をよく読み情報を整理したり、翻訳者にとって不案内
ることが求められています。このような調査を市販後調査(post-marketing surveillance)
な内容を調べ理解したりする能力こそ、まず必要とされる要素です。
と呼びます。日本国内で重篤(serious)な副作用(adverse drug reaction, adverse effect)
本講座では、実際の仕事で遭遇するような文章を翻訳の題材に選び、翻訳の手順を紹介
が発生した場合は、日本の規制当局に報告するだけではなく、その医薬品を販売している
しています。膨大なメディカル分野のすべてを網羅することはできませんが、代表的な文
他の国にも届け出る必要が生じることがあります。このような安全性に関わる情報も、翻
書を取りあげて説明しました。翻訳への取り組み方、調べ方を学んで応用してください。
訳のかなりを占めます。
インターネットは、翻訳者が持つことのできる最強の道具で、翻訳の作業を素早くまた
また外資系製薬企業では、日本国内で作成される医師向け・患者向けのパンフレット、添
経済的に行うには必要不可欠なものです。このため講座では、インターネットでの検索方
付文書(package insert, prescribing information)の内容を本社や日本語を母語としない上
法や情報源として役立つサイトを数多く紹介しています。インターネットを活用した情報
司に知らせるために翻訳することもよくあります。
収集は、慣れれば素早く効率的に行えるようになります。この講座を機会に検索と情報収
集の練習を繰り返し行い、コツをつかんでください。
6
J-E MEDICAL
PART 1
PART 1
J-E MEDICAL
7
3)公的文書
語が読み書きができ、なおかつ医学・薬学分野の専門知識を備えたプロの翻訳者はごく少
の医薬食品局
(Pharmaceutical
厚生労働省
(Ministry of Health, Labor and Welfare, MHLW)
数で、日本からの英語発信のニーズを十分に満たすことはできません。日本語を母語とす
and Food Safety Bureau, PFSB)は、新薬申請資料に必要な内容の変更や、安全対策の強
る翻訳者も専門知識と調査力を磨き、実践力をつけて、英語での情報の発信をサポートす
化などに関する通知を毎月何本も出しています。外資系企業の場合、自社製品に関係のあ
る必要があります。
る通知を翻訳して本国に送る必要が生じるため、翻訳が発生します。
日本語を母語とする翻訳者に求められる日英翻訳のレベルは?
4)医学論文
投稿用の論文や学位論文の英訳では、原文で書かれた内容を十分に把握して、英語論文
としての体裁を整えることが必要です。一般に日本語論文は簡潔な表現が使われますが、英
日本語を母語とする翻訳者に求められているのは、英語を母語とする校閲者(ネイティ
ブ・チェッカー)にかけられる状態の英文を書くことです。
語論文では誤読の余地がないよう緻密な表現で書かれる傾向があるために、日本語の原文
日本語を母語とする翻訳者が訳出した英文は、英語を母語とする校閲者
(チェッカー)
の
をそのまま英語にしただけでは情報不足となることが多く、翻訳者の仕事を逸脱しない範
チェックを経て完成品とするのが慣例です。このため、横文字に倒しさえすればチェッカー
囲内で原文を補い、訳文を磨く必要も出てきます。このため、実際に論文が書けるだけの
がなんとかしてくれると思われがちですが、チェッカーは魔法使いではありません。チェッ
基礎知識、調査技術と文章力のある人や、英日翻訳を通じて論文に特有の表現をストック
カーが行う仕事は、初歩的な文法ミスを直し、ところどころに残る不格好な文章の体裁を
できた人でなければ顧客を満足させるのは難しいかもしれません。翻訳者としての分を超
整えてくれることだけで、不出来な文章をすばらしいものに仕上げてくれるわけではない
えない範囲で論文作成を手伝うアドバイザー的な仕事になるので、やりがいはあるでしょ
のです。
う。
例えば、チェッカーは次のことはできません。
・原文の読み違えを訂正すること:チェッカーの多くは英文だけを見て、日本語の元原稿
英語を母語としない翻訳者に日英翻訳はできるか
は見ません。原文の意味が正しく訳文に反映されているかどうかは、チェッカーには判
断できません。
できるし、また手がける必要があると現場の翻訳者らは考えています。
・行間を読んで肉付けすること:簡潔を良しとする日本語原文を日本人のセンスであっさ
英語を母語とする人の日英翻訳は文章の流れが自然で、質が高いと言われています。小
りと訳した英文は、チェッカーにとっては幾通りにも読める情報不足も甚だしい文章で
説や新聞・雑誌の記事など、プロが書いた文章の翻訳は、バイリンガルの人や、英語を母
しかありません。チェッカーにとっては文章に書かれていることがすべてであり、文字
語とする人の仕事でしょう。美しく破綻のない原文を美しい翻訳文に仕上げるには、やは
として示されていない情報は、たとえ日本語を母語として育った人なら苦もなく行間を
り英語に習熟した人の技術が必要でしょう。
読んで判断する内容であっても、書き加えることはできません。
実務翻訳で出回る原稿は、普通の会社員や公務員が書いたものです。文章を書く訓練を
・専門用語の使い回し:メディカル翻訳の範囲は幅広く、いくらチェッカーが医歯薬・生
受けていない普通の人が書いた日本語は、プロの文章とは違って読みづらいものが多く、そ
物系のバックグラウンドを持っていたとしても、あらゆる領域の専門用語の使い回しに
の分野に通じ、日本語の文章の欠点をよく知る人以外には読めません。このような原文が
習熟しているわけではありません。どんな分野の文書をチェックしてもらっても、まる
多く出回る実務の英訳は原文を読解するプロセスが一番難しいため、英語を母語としない
でその分野の専門家が最初から英語で書いたような文章になって返してくれる、そんな
翻訳者であっても、高い読解力と、原文に足りない情報を補足してわかりやすい文章を作
チェッカーはいません。分野独特の用語の使い回しは、翻訳者が責任を持って把握した
る能力を備えていれば、活躍の場は十分にあります。
上で使わなければならないのです。英訳原稿の 9 割が翻訳者の出来に左右されると考え
オリジナリティにあふれる原文の雰囲気まで英語で伝えるのは、英語を外国語とする翻
てください。
訳者には難しいものでしょう。ですが芸術性を問われる文芸作品ならいざしらず、検索テ
クニックを身につければお手本となる英文を探しだせるメディカル分野であれば、日本語
の定型文章から英語の定型文章に橋渡しすることは可能でしょう。英語を母語とし、日本
8
J-E MEDICAL
PART 1
翻訳者が原文を正しく読み、必要であれば適切な情報を加え、専門用語とその用法をお
さえた上で翻訳してはじめて、チェッカーは仕事ができるのです。
PART 1
J-E MEDICAL
9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
202 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content