close

Enter

Log in using OpenID

一十八年を迎えて - 大本山 巨福山 建長寺

embedDownload
どうぞ
で しょう
。
。
御詠歌は真 言宗 の金 剛流で、最
後は必ず南無大師遍照金剛でした
そ の頃鎌倉に大変御詠歌の素晴らしいお
寺の奥様がおられるとの評判が、我が金沢
にも流れ、 一度鎌 倉 に有志で行 って みよう
若くて美しいお 寺 の奥様の鈴を鳴
。
結果、 是 非御教授をお願
らすような 声 量に人々は圧倒され、感銘を
受 けたそう です
講の皆様には
行く末も案じられた時代に、永代名誉 総師
年を迎えます
流派という意味合い で いえばどうかな、
ました
され、 それから何回も通 って御指導を 受 け
いしたい旨を、申し上げたところ快く了承
平成二十八年
範をお勤めになられた報国寺 寺 庭の菅原久
とも思いますが、いいものはいいという進
まだ我が日本が戦いに敗れ、
丙申の年をお
子先生が、御住職の義道和尚とともに、荒
。
健やかに迎え
取の精神が 当時の御詠歌の人々の心に宿
ご b
の
fこユ
っ
廃した人心を清めようと御詠歌の研績に努
そ してまた久子先生の
御詠歌に、今ま で にない新しい時代の到来
。
られたことと
昭和三十年頃と思いますが、
て いたのでしょう
。
ザ日
。
。
教え
今 年一年の皆様のご健勝を
も 立派、教え ら れた講中の人 々
ったのではないでしょうか
を感じ取
"ν
横浜市 金 沢区 ) でも御詠
伝憶
統し
的て
ない
・
か
私の寺 (
長昌寺
ております
。
。
ということに話がまとまり、報国寺を訪ね
。
。
が殆どありませんので、
臨済宗 ill長守派
ました
鎌倉市 1 11 ノ 内 八番地
皆様にご迷惑をおかけし
•
さて鎌倉流の詠歌講は本年 で創流六十五
よろしくお願い申し上げます
ないよう精進努力いたす所存です
平成-一十八年を迎えて
宗務総長石津彰文
干 24 7-8525
められたのが、鎌倉流の原点であると伺 っ
鎌倉流詠歌
詠歌講
fr
管長祝下の補佐として建長寺の屋台骨を支
玄 i民
た久子先 生
私は昨年十二月に、十二年間にわたって
。
鎌倉流
f丁に
歌講や念仏講が盛んで、大きな数珠を皆さ
尊いことです
。
.
n
。
えられ、諸伽藍や境内外の整備に力を発揮
の記
も立派、 いつの世にもチャレンジする心は
地心
域に
された前宗務総長官向井正俊師の後任として、 んで念仏を唱えながら回しているのを子供
切に願います
羊
.,>u.
拝察申し上げます
題字吉田正道老師
牢
し
。
事す
と
総長に着任いたしました 大変光栄とは思
いますが、高井師とは違い本山の勤務経験
行ま
第37号
ヱド成 28年 2 月 1 5 日
詠歌講たよ り
祈体制役員図
詠歌講たより
第37 ~).
鎌倉氏泳教講
支部長 ・ 鎌倉地区 ( 5 支部)
長 田寺
豊長かよ子
千葉春道
報国寺
菅原義久
向陽院
消徳寺
独園寺
満願寺
山ノ内
森恭子
Ili長尾喬山
永井朱美
荒井久二子
法伝寺
内藤ふで予
報本寺
富永則子
多摩東地区 ( 6 支部)
南養寺
佐伯富美子
津久井地区 ( 9 支部)
流泉寺
伊藤秀子
中野祥泉寺
天利品紀
大正寺
安藤良道
清雲寺
北僚友利 子
fPi有;i寺
稲正寺
永福寺
玉体寺
白川牧子
鈴木夏代
鈴木美枝子
伊藤秀子
宝福寺
福王寺
石川崎子
瀧口政恵
湘南寺
来迎寺
長福寺
長成寺
栃木地区 (
東光寺
山田 文央
北僚友利子
安藤やよ
藤井弘範
3 支部)
伊東桃禅
桐生束禅寺
菅原ー真由美
多摩西地区 ( 12支部)
明光寺
津村蔦子
宗建寺
棚橋宗親 (活動休止}
玉泉寺
北村と もみ
宗禅寺
禅林寺
高井淑子
岡崎容子
地蔵院
棲梧昭子
珠陽院
生 田 恵稔 (活動休止)
千手院
服部幸子
埼玉地区 ( 3 支部)
正法寺
岩 田秀子
東禅寺
稲生院
滝本洋子
野本幸靖
勝音寺
稲徳寺
奥田弘子
能満寺
伊藤美恵子
南光寺
長尾艶子 (活動休止)
岩 田智道
金錫寺
山本美和子
山梨地区 ( 8 支部)
円福寺
峨 l昭子
全昌寺
佐藤和子
小田原地区 ( 7 支部)
耕雲寺
長谷川節子 (活硲休止)
清雲寺
北傍蓮代
西光寺
福泉寺
能満寺
小揮妙子
佐藤善子
能満寺
松本克代 (活動休止)
了義寺
武山 景子
小滞純子
福 昌寺
光禅寺
威光寺
安藤公子
小津妙子
小津妙子
法輪寺
長泉寺
一徳寺
本場 由衣
山田 恭子
山田恭子
川崎地区 ( 5 支部)
茨城地区 ( 2 支部)
長松寺仰心会村田寛子
向上庵
三 ツ井辰円
安楽寺
三 ツ井候江
伊豆地区 ( 7 支部)
宇久須 ・ 明泉寺
村松可郷
今井浜 ・ 真乗寺
村松弘康
青龍寺
外岡ななゑ
玉林寺
大塚喜美代
潮音寺
壁敏枝
香林寺
岡本京子
i原正寺
永井千澄
開設予定支部
東光禅寺
小津昌 弘
[
臨済宗建長寺派大本山建長寺
>
(2016 年 l n 現花
敬称略順不同 )
管 長 ・ 吉田正道老 師
宗務総長 ・ 石津彰文
教学部長 ・ 長尾宏道
総 監 ・ 山本 莞 山
ο
参与 ・ 佐伯啓史 /伊藤秀子 /滝本洋子
総師範 ・ |犠 l昭 子
副総監 ・ 森裕行 /村松弘康/村松可郷
副総ん 北村ともみ/小津妙子/高井淑子
詠導師 ・ 森 裕行/松本隆行/本場文竜/天利品紀
瀧口全英/野呂真格/佐伯啓史/大井博文
永井宗明 /村田 靖哲/大塚高道/鈴木康文
岩田智道/ 山 本莞 山 /蟻英訓 /伊東光禅
天利保永/巌省山 /村松可郷/堤正恋
村松弘康
│
│
│
諒導師補 小i華大吾/川野泰周/綾部慈徳/安藤良道
佐伯貴元/前川宗玄/巌崎宗獄/山本宏道
師範峨昭子/滝本洋子/伊藤秀子
北村と Ð~/小津妙子/高井淑子/安藤や よ
師範繍 服部幸子/佐伯富美子/森恭子/永井朱美
小津幸子/富永則子
地区代表荒井久二子(鎌倉地区) /本場由衣(小田原地区)
瀧口政恵(津久井地区) /大塚喜美代 (J 1 1崎地区)
白井牧子(多摩地区) / 山本美和 子 (埼玉地区)
三 ツ井辰 円 (茨域地区) /1犠
l昭 子 (山梨地区)
伊東桃禅 (栃木地区) /村松可郷 (伊豆地区)
議員の皆さん
フ
総監就任挨拶
新年あけましておめでとうございます
講員各位におかれましてはご清栄の事と存
加する事を願っております
ます
。
。
建長寺派として、各行事に御詠歌が
。
唱えられる事を切に願う次第です
「一曲
私と御詠歌の縁は、正法寺の故岩 田宗純
。
師より勧められたのが始まりです
当 時の
礎を築き、若い
。
覚えたらすぐ教えなさい 」で した
半年もすると御詠歌にも
。
詠導師を導いた
年か通いました
講習は本山で行う支部長講習会のみで、何
。
当初は講員募集も住職が積極的に働きかけ
慣れ、皆についていけるようになりました
して、 一人減り
の皆様が寺に対して非常に協力的になって
、
御詠歌をやっていて良かった点は 講員
。
ないとなかなか集まりませんでした
多い時の半分以
二 人減りして、
講員も高齢化
上げます
功績に深謝申し
。
下さ るとい、主事ですまた、支部長同士の
下になりました
これ以 上減らな
横の繋がり、寺庭同士の交流も生まれ、寺
。
今後は開 山忌、達磨忌をはじめ、検定試
われます
を守る立場で互いに役立っているように思
。
いこと、更に増
。
支部長さんを
建長寺派二百七十ヶ寺の内、御詠歌を行
。
験や毎月の支部長講習会、師範師範補、詠
。
」との菅原先生の考え方から歌い継
:・
。
。
どうぞよろしくお願い 申し上げます
でもお役に立てたらと願っております
。
。
協力をいただきながら御詠歌の発展に少し
方や詠導師、支部長の皆株方の御指導と御
研錆を積み、総監先生をはじめ師範の先生
微力ではございますがこれからも私 自 身
きな魅力であると存じております
に応じたお唱えの仕方があり、その事が大
この様に御詠歌は、それぞれの年齢と人
唱えにも心揺さぶられ深い思いが致します
しっとりとした味わいの深さ、いずれのお
方の張りのあるお唱えの響き、年配の方の
然に身についてくる御詠歌の調べは、若い
中に日々の努力と精進を積み重ねる事で自
。
である・:」との教えがありますお稽古の
私達の禅宗には「日常生活の全てが修行
ますよう努める所存でございます
広く一人でも多くの皆様に唱えていただき
がれた心と調べの太い幹を守りながら、幅
じて
「
御詠歌は音楽学校ではないので、人に応
。
はじめ講員のほとんどが女性です 寺庭様
昭子
そ
して努めたいと思います
導師詠導師補講習会、春秋の巡拝、支部長
その任ではあ
また、既に御詠歌を行っている
をはじめとする女性が参/加を希望される場
。
、
。
蟻
致します
前総監先生には詠歌講を長
円領寺
ますが、その責任の重さに
。
身の引き締まる思いが致し
ております
その折
先生方の
ら
私は、平成十年五月に本
。
山の初級講習 会に途 中か
参加致しました
、
当時の師範の先生方が交替
で御指導下され
それぞれのお唱えの味わい
をお聞かせいただき、その
。
教えの 中 に多くの事を勉強
させていただきました
の事が後に大変役立ち、有
難い事であったと存じてお
、
存であります
ります
子先生と継承されました鎌倉流ですが、近
故菅原久子先生、伊藤秀子先生、滝本洋
。
支部も再募集をして頂ければと思っており
総師範就任挨拶
、
鎌倉流詠歌講の皆様 新年あけましてお
。
日を もちまして総師範を拝
めでとうございます
この度七月一
。
。
ました 山本 莞 山 と申します
っている寺は七 十 ヶ寺です
山
懇談会等、「和の心」をもって御詠歌を通
。
7G
合 和尚様方のご支援を是非宜しくお願い
。
会!;
りませんが、詠歌講の為一生懸命頑張る所
じ上げます
山
本
きにわたり多額の御寄進や発展と安泰の伴、
。
この度、佐伯啓史前総監の後を引き継ぎ
金
錫
寺
年は講員数の減少傾向が著しいように 思い
。
4
5
わ
ぐラ
ます
掌
命致しました 山梨地区円福 寺支部の蟻 昭子
。
で ご ざ い ま す 身に余る光栄と存じており
メ』
口
第 37 号
詠歌講たより
、
, EF--
.
,,,
ノ
,
J
,
ノ
,
- 、
日
urLU周
E
一アh
し トr zk 『ILl
IL
EI
sl
ご昇進おめでとうございます。
今後も頑張ってください。
平成 二十七年九 月 二
伊豆地区
詠司
神谷久子
松浮正恵
鈴木東亜子
工藤貞枝
市屋恵子
平成 二
ト
宇久須・明泉寺支部
七年間川二日
伊豆地区
少詠 正
年九川卜問日
一徳寺
畏
・ 泉寺支部
平成二十
十
日
卜
宇久須明
・ 泉寺支部
一川
。
じ日
七年五 月 ト 三 日
じ年
卜
平成 二十 七年六月 三
準詠 司
準詠正
{円津敦子
平林一肘チ
前中純チ
加藤晃子
野志満子
上
並木淑 rr
平成 二
伊豆地区
中詠 正
藤井ヱん子 情山えい子
・
.平成一
ト七年 hハ川
十 日
山ノ内支部
小林節チ 赤尾順子
鎌倉地区
準詠司
安木市子
準詠正
rr
山行崎校
満願寺支部
山口恭チ 絞部磨須代 荒井邦子
中間六チ
鎌倉地区
ト じ
十七
日
報本寺支 部
じ年十- 一
川十日
年卜 一川 二
鎌倉地区
準詠 司
小浮大吾
千成 ニ
詠司
村上文敏
神保邦子
比野玲子
神保明美
ト
神足佐忠美
.
平成 ニ
伊豆地区
準 詠正
富永則子
東光禅寺支部
鈴木内代子
r
r
-
松下明美
十 七
内田益子
平成 二
小田原地区
中詠 正
日
永福寺支部
一月 六
山出香織
杉崎絢子 -れ井文子川口澄チ
卜
高橋昌子 野地八重子
北村典子
平成 二十七年
多摩東地区
準詠 正
玉泉寺支部
菅沼いつ子 中村弘子
多摩西地区
説包括的譲治 E 話 芸
6
7
t公 準 野 準
イ記 録 IU 詠
典 正 陥 司
山ノ内支部満願寺支部東光蝉寺支部
光 (111 宏M.\根テ米京 司
子子子史的ル子子
チチ子
玉泉寺支部
,J;
栗原知子 今村幸代
子子
永福寺支部
字久須 ・ 明泉寺支部情能寺支部
わ
。
芳博 正
教階昇進検定合格者
教階昇進検定合格者
田 川 依
原肯 中
第 37 号
詠歌講たより
m~ 1F.I,.,_:qzpx27~12F.1~ ~~一一ー一
平成二十七年五月十九日 /於一宗禅寺
。
声の厚みが一
。
ほと
。
一斉奉詠
言葉寺伊藤美恵子
中級は 三一十
七名、 「
楽土、建長寺御本尊
身代わり地蔵菩薩縁起和讃」を滝本総師範
。
時間をずらしながら 集まる各支 部の講 員さ
。
ありがとうございました
。
そこでも長泉寺、山ノ内各支部長
先生、小津先生、真乗寺和尚様に教えてい
します
。
ん達を宗禅寺支部の方が会場案内 百余名
。
ただく
グループに別れて決められた席に着く
。
。
各部屋からの詠唱が、会場を包み込み、
お寺全体がまるで極楽浄土のようだ
講習途中でのトイレ休憩も時間差で利 用
ズに対応
ー
「三宝和讃 」 を北
し、腕章をつけた案内係が スム
はじめて講習は九名、
村先生、清徳寺和尚様に教えていただく
道具の持ち方から始めると聞いていたが、
。
講習終了頃にはしっかりとまとまった詠声
が聞こえていた
初級は 二十一名、「釈迦牟尼如来降誕和
御詠歌の所作を南
。
讃・御詠歌」を験、高井両先生、金錫寺和
尚様に教え ていただく
。
養寺、長松寺、報本寺支部長に間ごとに入
って見ていただく
思えば当初は途方に暮れ、みんなで考え
とに
和尚様方、お手伝いいただいた支部長様方、
最後に、本山教学部、地区の支部長様方、
。
出し合って集ま った事等、それら全てが報
。
西国霊場札打和讃」を伊藤先生、総監先生
。
。
メ』
口
も素晴らしかった
昼 食 後 、 本 堂 において開会式
後に総監先生より「一人ひとりの講員、和
尚様、支部長さん達が、あらゆる衆生に呼
びかけて、仏様の心を声に出して唱え、共
に喜び共に悲しみ、幸せになっていくこと
。
教学部永井和尚様の絶妙
を皆様とお誓いして」とのお言葉をいただ
き、写真撮影へ
。
の掛け声でみなさんにっこりここで講員
さんは解散
午後の部の支部長講習会も無事終了し、
最後の挨拶を任され
。
。
力に只々感謝感謝感謝の思いで一杯だった
~事
広間いっぱいに広がり、所作も揃ってとて 携わっていただいたす べての皆様に感謝致
んど白一民をお持ちの講員さんの鈴と声が大
山梨能満寺各支部長に見ていただく
われる思いがした
かく円滑に無事に円成できるように意見を
。
。
られることを話し合い、詰めた日々
。
た時、開催にあたりたくさんの方々のご協
会場を移して懇親会
。
が「はじめて」「初級」「中級」「上級」の
天気予報の傘印が外れて花曇りとなり、
第八回移動支部長講習会を終えて
に聞に入って見ていただく
体となって隣りの本堂まで響いていた
れ
に教えていただき、了義寺、清徳寺、香林寺、
上級は四十四名、「達磨円覚大師和讃、
。
8
9
第 37号
詠歌講 fこより
。
。
響き渡る読
今 日の街は勝尾寺の
。
。
長泉寺
総勢
山 田恭子
参加二十支部、
八十二名、四月十 三
日よ
兵
・
り三泊四日の行程で京都
のお守を中心に大阪
服と十 三 ヶ寺に参拝した
。
駅構
一日日、卜時半過ぎ京
都駅に降りると雨
お経、御詠歌を唱え
昼食
。
るお寺で、生け花発祥の地である
。
。
平安
初日最後の行願寺を参拝し
、 .4
がんじ
京の真ん中を示す六角形のへそ石が本堂
前にある
あなおじ
。
十六時半頃宿に若く。明 日は天 気になり
ますようにと祈りながら休む
。
本
一日
一 日、宿を出発すると 穴太寺へ。御
本尊は身代わり観音と呼ばれている
AV
-
慢でてお参
堂内に大きな木像釈迦但繋像が横たわり
。
よしみねで
病を癒す 「撫で仏 」 がある
L
。
。
。
パスの
長い階段を上りきると
昼食は嵐山にて
。
。
渡月
午後最初
。
次の
H
「勝運の寺」と 吾川
わ
薩で火除け観音とも呼ばれている
の総持寺の本相は砲に乗った千手観音菩
ぞうじ
立ち止って写真を撮っていた
橋を渡る私達の姿が珍しいのか外国人が
が迎えてくれた
日の前に天然記念物の見事な「遊龍の松」
道を通り抜ける
りし、智和やかな顔で苦峯寺へ
新緑
内で問結式を行い 三台の
。
中で御詠歌の練習をしなが ら扶い竹林の
。
の楓の下を通り本堂へ入
る
がん
次の札所は元
。
参拝を済ませる頃
。
ると雨の音も心地よくさ
。
え感じた
けいじ
慶寺
には同も本降り
札所勝尼寺、ここは
かつおうじ
の「いもぼう平野屋」に
。
一瞬、幻想を
勝ダルマがたくさん置いてある
の前に広がる庭園を比た時
、
れ
L
ハ
品川きほっと一息も点の問、
・ーもほうじ
次の国法寺へ本堂が
この辺りは標高が
霧が流れ込み
凡ているような気がした
。
角形であることからしハ角
美しい風景が見えた
。
立と呼ばれ京都の中心に
? 円なお城、
。
これも
皆疲れた顔を見せず
。
。
いつでも観背様の優しいお顔のよう
観立円様の御利益だと感慨深かっ
無事にお参りが出来た
ご-コ:号、、
て JJAHM
ナJ
あいにくの天候の中での巡拝
姫路駅へ向かう
。
いの 一一
一一
円
昼
一食後解散式を行い
附からの眺望はまさに素附らし
引を終えた点
高いせいかお参りへの途中、満開の桜を
。
りがとうございました
。
。
に巡作が出来たこと感謝いたします あ
和尚様方、旅行社のは門様のお訟で無事
に過ごせるよう努均したいと思う
た
守
初の札所観音寺へ
パスに分かれて出発し最
。
あり唯一平らな場所にあ
雨も上がり急収
。
l
組に分かれて笠
ここでは徒歩、
シ
る
を一時間かけて往復
の
日刊
皆に滑らないように注意しながら
。
日 H
五 十年に 一度の改修工
天
~'--t-
する
も自分で滑り尻餅をついてしまった
。
食後、清水寺、 一乗寺と参拝し 三
行程を終え夕刻に街へ
最終日、 そっと窓を開けて見ると晴れ
今回巡拝最後の
本堂摩尼殿は舞
ロープウェイで四分程登
。
台造りで西岡札所の西端にあり 「丙の比
叡山」とも呼ばれ、 山頂か らの眺望はよ
。
u
タ
ク
無事に円以後のお参りも済ませ、
昼前に姫路城へ
メ主、
見ることができた
宿坊にて
翌朝、勝尾寺本堂で朝謀
特別に御本尊十 一面観音
経、太鼓を聞くと寒さも忘れ、心洗われ
。
次に向か
と
す
る
り八百メ ートル程歩く
る
る思いだった
。
御本尊も両脇仏も十一面観
っ
^。
菩薩を御開帳してお参りさせていただき、
。
清々しい気持ちで山を下った
なかやまでら
うは中山寺
音で三体合わせて三十三面、西国札所と
エスカ
寺L ほ
。
。
。
教 ;一石
し、
同 数 に な る 安 産 祈 願の寺である
。
次は札所番外の花山院
レーターが備えてあるのは、妊産婦への
配慮であろうか
回 え zy
ら
し
、
1
0
1
1
寺渡
U
i
f
!
第37 号
詠歌講たより
。
清徳寺
恭子
第二十八番成相山
成相寺聖観世音書薩
利而の急な道一腕の扶い見事なへ アピン
c
。
修行を行なってい
こういう道を廿の巡礼者はみ
カ iブを一一-つ四つ、事もなげに運転千さ
んは進む
んな歩いたんだから
。
けつこうな雨
。
御本尊のお前立ち様のき
るという怠識が抜ける事なく巡拝できま
す様にと祈る
。
。
パスの中からきれいな紅葉
H 日)
天の橋立が見える
。
第二
一月十日 (
れいな事
卜
雨の京都
を眺めつつ、約一時間
。
。
なんてラ
。
そし
偶然でしょうが、ここは背様の
走り 出 したとたんに強くなる
ッキー
行いが良いという半にしておこう
。
ありがとね
。
flh
L骨
r rr
川
---h ヨ
vt」,
hf
'
、
寸
saF
E
込
i-
λ氏 以
-F
A
事動的刊
M
・S
A4べ
」一一一法
b 針月掛頃一
fv
-h14
て山の棋が数匹、次に向う私達を 見 送っ
てくれた
第三十番厳金山
宝厳寺千手千眼
観世音普薩
。
竹生
:'il
』
生きものを
山々が織りなす
年配の方の
。
する
。
船若場への集合共
合もすこぶる良く
。
天候
ら殻スジかの光が差
し、神々しい
の回復のお礼も込め
、
第四 日 H
日(
。
-
t1
日)
。
」
、
と
。
ここが最後の
けやきの大木や桜の老木、そして、ま
つ亦な楓が迎えてくれる
。
。
。
、
J
っ
、
、 T
r
、
l
。
必円慌
徒歩で
若物姿で写
もう
思う
。
個人的に、
一度この旅
。
hp ノ1
イ 4HJJl ふ匂ノ色、
公竺 Tf:
の対.曲 。 あ
八年前の自分と
相変わらずの失敗、 失態、多々反省
修行の旅終わる
の顔も晴れやか晴れやか
巡った先人達の喜びが感じられる
。
数えきれないほど積み上げられたおい
お寺と気持ちもしまりお唱えが始まる
。
jfb
噌t、e‘.6Eh
HF
一則
/JL
iF
l
a)
‘副
琵琶湖をフェリ密造へ
ーで約お分
品者乗船の時は
雲も低く、お参りがすむまで 何 とかもっ
てほしいと願っていたら、なんとうれし
。
ご本尊の千手観音
つ
第二十九番青葉山
・
い事、雲の切れ間から円が差して米た
1
十 一月十 二
「おもしろかったね
品終
本堂で座って、お経、御詠歌をお唱え
これえ皆様の
松尾寺馬頭観世音菩薩
。
その話し方が、
お寺の従業員の方が御本尊様をとても
r 寧に説明してくれる
このお寺を大切に、そして誇りに思って
。
八年前、ここを訪れた
もうれしくなる
。
昨夜の宴会は
余韻を残す会話をしつつパスは 山 発
。
しかし 甘 かった
。
お守の名前も長
。
それでも、皆織がんばっ
。
きっとご利佐がある
一面観世音書薩
第三十一番旗締恥山
。
:
感
華厳寺十
第三十三番谷波山
命与
て一段 一段足を上げた
又またきつい
は笠りやすいとの事
バスの 小 で説明された八百八段の石段
長命寺千手十一面観世音菩薩
じた
様が 干 の拍 手 で迎えてくれている様に感
お削えの声もよし
呆観よし、空気よし、皆線の顔もよし
到達した時の喜びも大
参拝中、止んでいた雨が、 パスに乗り
捨ててはいけません日一
に大きくなった事だろうと
。
行って参ります」
第四回
二 百段あ
。
。
ー を降り、
白の巡礼
帰りの船の巾板から
。
時、子丈が捨てられていたけれど、ここ
耐時 々くもり
十
、
と本尊様に伝え、曇天の
いるという事がよく伝わってきて、何と
第 一 日目 )
一月九日 (
、
見える竹生向に空か
「世俗を離れ巡礼の旅に
。
。
のお寺の人ならばきっとあの子犬は元気
宅、京都駅着
る
姿できれいに並びエスカレータ
。
就寝
) 陥天
。
続いて八百八段ある、長
日目
がんばって登ろう
。
自 然石の階段で千
島を後にする
-が
一始まった
主に山り、見知った改札を 山
。
一
西国巡拝結願の旅
深く合掌
きて明日は
。
る、観音正守
命寺
十 一月十 一 日 (
第三
さい先よし
。
ホテルの窓から、雲に邪魔される事な
く、きれいな 日の出 を拝める
第三十二番撒山
観 音 正 寺 千 手 千 眼観世音菩薩
こ の石段道
聖徳太チを開基とす
幾千万の人が
。
長い年 川、風 雪にさらされ崩壊のひど
。
い自然石の石段道
るお守の一つ
。
ずるや杖、背傘、千羽鶴
だから
銘を受ける
登ろうとする安を目の当りにし、来たし
。
まだ:?
汗の染み込んだ
てを
ている満願参拝の古い記念写真
。
苦しい
流れる汗
。
.や代手
全,
て、自分がその年齢に達した時、気持ち
。
まだかあ
切れる息
に汗を落した事だろう
みに '1に~
石、 土、 私の 汗 もここの ・十
にし
染みていく
。
f かみの
を奮い立たす事ができるだろうか
。
・: ?
天
森
そんな事を考えながら登っても、きつい、
きつい
まだ
l
町j
を振り返ろう
1
3
ー
員~3Î 号
.
詠歌講たより
詠歌講たより
第 37 号
〔平成~:~年~附)鎌倉流詠歌講年間講習日程表
平成二十七年 閉山忌
13時~
詠導師
支部長
地区名
会議・研修・巡拝等
その他行事
詠歌講講習会
師範補
>|
d
18( 月)役員会
1 月
2月
5(金)
1 2( 金)
3月
4(金)
10(木)
4月
13 (水)
20(水)
13 (水)詠歌講合 同検定
5月
17(火)
26(木)
10(火)- 13(金)詠歌講秩父巡拝
6月
2(木)
22( 月 )
21 (火)-22 (水)移動支部長講習会
れ
23(土)開山忌詠歌講奉詠大会
7月
1(木)寺庭婦人会
7(水)
10 月
11 (火)
17 ( 月 )
11 月
8(火)
2
1( 月)
8(火)詠歌講合同検定
28( 月)
12 (月)
6(火)- 7(水)支部長懇談会
懇談会
報交換の場にもなります ので 、ぜひ本山へお出掛け下さい 。
※講習 H 程 ・ 行事等 は円程が11::. むなく変更する場合もご ざいます。 予めご了 添の程お願い致します。
(
i~t 久井
大正寺
多摩東
広福寺
多摩東
永福寺
1
1
4 )
5
6
奉詠幽
先代萩和讃 ・ 御詠歌
法の深 山
崎
香林寺
津久井
湖南寺
釈迦牟尼如 来 |年 誕布 l 賛
因 果手11 讃
jfif
六道能 化地 蔵菩薩和讃
命の讃歌
ア
津久 井
正法寺
i青雲寺
8
栃木
来光寺
)11
崎
玉林寺
川
崎
i原正寺
多摩束
南養寺
釈迦牟尼如来降誕 和賛
)
11 自奇
i朝膏寺
iilt久井
長福寺
ニ 宝手II 讃
命の讃歌
9
10
1
1
12
1
3
1
4
15
16
王
白隠禅師坐禅手IJ 讃
六道能 化地 蔵苔薩和讃
t奇王
金錫寺
岩舟地蔵菩薩和讃
多摩来
流泉寺
大般若経御詠歌
i1t ク、 4 1ニ
中野祥泉寺
多摩東
裕正寺
釈迦牟尼如来降誕布l賛
二 宝初讃
地区名
支部名
長泉寺
小田原
一徳寺
2 伊豆
3 多 摩凶
報本寺
西国霊場札打手fI讃
玉泉 寺
先代萩手II 讃
4 伊豆
長 田寺
乙女和讃
5
多摩西
能 i荷 寺
二 宝讃歌
6
鎌倉
山ノ内
i原尖朝公和讃・御詠歌
ア
小田原
法 輪寺
白隠禅師坐相jí平fI讃
8
多摩西
千手院
西国霊場第五番紫雲 山 ~"I:寺御 詠歌
9
帝
n、l
両光寺
山
aAw、l
光禅 寺
威光寺
奉諒幽
大般若経御詠歌
西国 霊 場第 一 番那智山
背厳 il主寺御詠歌
10 多 摩西
稲生寺
追善 1Jt1安和讃
11
稲日 ミ子
法の深 山和 讃
山梨
12 多摩凶
w:禅寺
達磨円覚大日Ili 御詠歌
13 伊 豆 今井浜真乗寺 釈迦牟尼 如 米!皮道和讃
満願寺
1
4 鎌倉
大塔宮護良親王手fI ~賛 ・ 御詠歌
15 多摩西
宗 禅寺
六道能化地蔵菩薩 布l 讃
16
17
1
8
,f
山
山梨
達磨忌
ン
h』官四
ヨ
ヨ
。
リ
ご供養させていただきます
井
上
謹んでお 悔やみ申し上げますと共に心より
ご冥揺を祈念し、詠歌講の過去帳に記し、
湘南寺
堀
江
平成 二十七年一月 二 十 一 日
津久井
南養寺
平成 一一十七年 二 月二十四日
多摩東
平成二十七年五月二十六日
演
中
晴子
コ乙
地蔵院
キ
多摩西
池和田キヨ
(
順不同 )
戸
松
十七年七月五日
平 成 一一
満願寺
福正寺
平成 一一十七年十月二 十四日
多摩東
鎌
倉
血i
平成 二十七年
※講 F司 会 は、なるべく参加しましょう 。 一度宵得した出!日でも、さらに積み重ねが必要 です 。 その他、情
1
5
3
支部名
長松寺偽 心 会 西国霊場巡礼和讃
小川原
5(水)達磨忌詠歌講奉詠大会
16 (水)- 1 8 (金)詠歌講沖縄巡拝
12月
2
崎
平成 27年鎌倉流詠歌講登壇ガイド
8月
9月
川
1
9
20
21
22
山
梨
伊主1
山
能満寺
悠長寺開基北総l侍頼公讃仰和讃 ・ 御詠歌
宇久須 l珂泉寺 釈迦牟尼如来降誕和讃
梨
布Ii 泉寺
多摩凶
地厳院
茨域
向上庵
伊豆
ìl; 伝寺
伊
豆
青龍寺
山
2AFE、l
円 福寺
乙女和讃
追善供 ft和讃
静御前和讃 ・ 御詠歌
釈迦牟尼如来降誕和讃
小llI J京
了義寺
大土答?守護良親王和讃 ・ 御詠歌
23 鎌倉
i背徳寺
建長寺開基北篠l時頼公讃仰布1 讃 ・ 御詠 歌
※ 皆憾のご質 liil ・ ご相談 ・ ご要望をお待ちして おります。 御詠歌に I刻すること で した ら 何 で も結締 です、本部ま で お気宇佐に ど う ぞ。
1
4
。
います
。
長尾宏道
誠に
栃木 一部東光寺での移動支部長講習 会 で
支所長として参加させて頂いた際には、皆
しあげます
。
メ』
仁3
掌
。
。
=司
鈴
- 編集後記 ・
。
まだまだ親として未熟ですが、親から子へエ
。
。
すのでどうかこぞ
。
、
。
、
ってご参加ください 。(
禅)
す 議員さんも年々高齢化
減少傾向にあります
が、続から子へ伝えるように、皆織のご協力で次
の世代、若い世代へと伝えていただき
是非とも
鎌倉流を盛り上げていきましょう
今春の巡拝は秩父三+四観音です 。 多少駆け足
になるかと思いますが、関東圏であり一度の旅で
まわれます 。行かれた方も、まだの方も、足腰に
不安のある方も詠歌議体育部がサポートいたしま
。
さて、鎌倉流詠歌講も七月には新総監先生、総
師範先生を迎え、十一月には西国巡拝の旅も無事
結願となりました 更に十二月には、新総長、新
教学部長のもと新体制がスタートしました 。菅 原
義道和尚、久子先 生よりゆずり葉の如く受け継が
れて来た鎌倉流御詠歌も今年で六十五年を迎えま
と思うこの頃です
ールを送りつつ自分の学ん だ事を伝えていければ
す
った道を今は子供が歩んでいること実感していま
、
平成二十七年も犠々な出来事がありましたが皆
様の一年は如何でしたでしょうか?
私事になりますが、我が家では長男が昨春より
上京
一人暮らしを始めました
右も左も分から
ぬ田舎者が果たしてどんな暮らしをしていくもの
か本人以上に心配したものですが、何という事も
なく子供は貌の想像以上に成長しているものです
ね 抽苦情官話が当たり前の時代、連絡を取る気に
なればいつでも取れるのですが、連絡がないのは
元気な証拠という言葉を味わい、かつて自分も通
鉦
教学部長
詠歌講の皆様のご活躍は、七月の開山忌
や十月の達磨忌に本山へ登山されまして、
。
日頃の心持ちをご閉山様にご披露下されて
いる姿を拝見させて頂いております
尊いことと共にありがたく感じております
鎌倉流詠歌講は、報国寺の菅原義道、菅
この六十五年間には、歴
原久子名誉総師範から始まり、本年は六十
。
代の総監さんを始め御重役の皆様の並々な
五年を迎えます
の行事等に御協力と御理解を頂き、誠にあ
らぬ御努力があり、建長寺派の教化の源泉
り が と う ご ざ い ます
さて、平成十一年四月より教学部員とし
て、平成二十四年十 二月より凶年問、建長
。
私は栃
寺派教学部長を務められた、大西龍彦和尚
の後を引き継ぐこととなりました
。
これからも、益々発展され、講中の皆様
。
の教学部長の皆様は、教学部での長い経験
方の輪が広がり多くの縁がつくられるよう
様の熱心なご指導に感銘を受けました
を積まれた方ばかりであり、経験不足の私
に、不慣れなところや何かとご迷惑をおか
精 進 し て 参 り た いと思います
ぐ
すが、鎌倉流詠歌講の名を汚さぬ様に努力 けすると思いますが、何卒宜しくお願い申
には行き届かぬところが多々あると思いま
木 一 部 願 成 寺 ・ 長尾宏道と申します 歴代
として、檀信徒の皆様の心の中へ浸透して
。
鎌倉流詠歌講の皆様には、日頃より本山
就任ごあい さ つ
第37号
16
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
40
File Size
3 309 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content