close

Enter

Log in using OpenID

県採用 2 年目職員NPO現場体験型研修 ジャグリングを披露して

embedDownload
県採用 2 年目職員NPO
年目職員NPO現場体験型研修
NPO現場体験型研修
ジャグリングを披露している緊張気味の、菊地 恭平さん(農林水産)
不安で眠れなかった翌朝、ドキドキしながらもやいに到着。「菊地さ
ん行くよ、車に乗って!」緊張はどこかに飛んでしまいました。
現場の体験では、ショックを受ける場面も。普段の業務では決して
体験できない現場で、ヘルパーさん・利用者さんのさまざまの声が聞
けたため、広い視点から問題意識を持ち、解決方法を探らなければと
気づいた。また家族のつながりについて考えさせられた 6 日間だった。
脳トレーニングゲームを 3 種類もした、関 昌代さん(健康対策課)
6 日間の研修の間ヘルパーさんの活動に同行させていただいた。研修
の中で最も印象に残ったことは、ミニデイサービスでの研修生のイべ
ント「かくし芸」。利用者さんと一緒に脳トレーニングゲームを 3 種し
たこと。みなさん協力的に参加してくださり、とてもうれしかった。
もっと漢字の好きな方、計算の好きな方に向けたいろいろなゲームが
できればよかったとも思いました。今後は、この研修を生かしたい。
リフティングしながら縄跳びに挑戦の、村上 陽亮さん(衣浦港務所)
現場でしかできない多くのことを学んだ。介護や助け合いを必要と
する人が身近にいること。それに対して真摯に受け止め、臨機応変に
支援している団体があること。支援の幅の広さ(介護・家事援助・通
院介助・有償運送・子守・見守り・趣味活動・デイサービス等)。ヘ
ルパーさんの誇りと生きがい。地域の結びつきとコミュニケーション。
行政として、それらをどう支援していくべきなのか考える必要がある。
サッカーの真似事を真剣にする、石田 貴範さん(県立五条高校)
体験で一番感じたことは、コミュニケーション能力と気遣いの大切
さ。お互いの意見を尊重しつつ自分の意見を言う姿勢。それとチーム
ワークの良さ。現場で体験してみると、地域密着でより良い支援をし
ていくには、欠かせないことばかりと実感。日々の業務では、もやい
で学んだこと感じたことを思い出し、頑張りたい。
自分が親になった時に支えてもらえる地域の資源を、探してみたい。
昔取った杵柄の横笛に挑戦した、平山 恵里さん(知多県民センター)
もやいの皆さんがとても元気で、職場が笑で溢れていて、来る人来る
人を温かく包み込んでいたのがとても印象的でした。訪問支援では、掃
除・料理・介護等はもちろんだが、人とのコミュニケーション、繋がり
を求めて、精神面の支援を必要としている人も多くいると感じた。繋が
りが希薄になっている今、もやいのような助け合いの精神が広がってい
って、地域全体が繋がるのが、理想的な社会だなと感じた。
5P
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
267 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content