close

Enter

Log in using OpenID

SAP モジュール ユーザ ガイド - Pitney Bowes Support

embedDownload
Spectrum™ Technology Platform
バージョン 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
目次
1 - はじめに
The SAP Module
SAP Module Services
SAP Module Databases
5 - インタラクションセンタ
4
5
5
2 - SAP と Spectrum の統合
SAP Web Dynpro との統合
Searching
Creating a Business Partner Account
Modifying a Business Partner Account
Validating an Address
Data Deduplication
71
72
73
74
76
11
SAP インタラクションセンタ Web クライアントと
の統合
Web クライアントの使用
Appendix
17
付録 A :
各国の ISO コードとモジュール サポート 79
3 - Using the SAP Interface
Searching for Records
Address Validation
25
26
ジオコーディング
Deduplication
Viewing the Log
Resynchronizing the Index Pool
Initializing Search Key
34
34
37
38
38
4 - Using SAP Dynpro
Introduction
Business Partners
Customers
Vendor
Searching for an Address with Advanced
Search
41
42
56
64
68
1 - はじめに
このセクションの構成
The SAP Module
SAP Module Services
SAP Module Databases
4
5
5
はじめに
The SAP Module
The Spectrum™ Technology Platform SAP Module optimizes the quality of your customer, vendor
and partner records so you can improve operations across the enterprise.
Because SAP is such a far-reaching application, introducing accurate address data provides equally
far-reaching benefits. With data quality for over 220 countries, the SAP Module identifies and
manages duplicate records, standardizes and validates addresses, auto-populates missing fields,
and gives you a single, integrated view of your customers.
The following diagram illustrates how Spectrum™ Technology Platform integrates with SAP.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
4
はじめに
SAP Module Services
The SAP Module consists of the following services which run on the Spectrum™ Technology Platform
server. These services provide address validation, deduplication, tax jurisdiction assignment, and
geocoding functions.
• SAP Batch Assign GeoTax Info—This service identifies the tax districts that apply to a given
address. It also corrects and validates addresses.
• SAP Batch Validate Address—This service standardizes and validates address data using batch
processing.
• SAP Generate CASS Report—This service generates a USPS CASS 3553 report. This report
is used to obtain postal discounts from the U.S. Postal Service when submitting a mailing with
addresses that have been processed through CASS Certified software.
• SAP Generate Match Key—This service is used in generating a match key. The match key is
generated using Substring, Metaphone, and Consonant algorithms.
• SAP Generate Match Score—This service is used in comparing candidate records and generating
a score that reflects its similarity. The higher the score means the closer the match.
• SAP Generate Search Key—This service generates a search key using metaphone, substring,
and consonant algorithms.
• SAP Generate Search Key Consonant—Used in Search Key Generation for Consonant Algorithm.
A Search Key is used for Duplicate Detection and Error-Tolerant Searching.
• SAP Generate Search Key Metaphone—Used in Search Key Generation for Metaphone Algorithm.
A Search Key is used for Duplicate Detection and Error-Tolerant Searching.
• SAP Generate Search Key Substring—Used in Search Key Generation for Substring Algorithm.
A Search Key is used for Duplicate Detection and Error- Tolerant Searching.
• SAP Validate Address and Assign GeoTAX Info—This service validates the address and
determines tax jurisdictions for the location.
• SAP Validate Address With Candidates—This service validates the address. If an address
matches multiple addresses in the postal data, it returns the candidate addresses.
SAP Module Databases
The SAP Module relies on other Spectrum™ Technology Platform modules to provide various
capabilities such as address standardization and geocoding. Depending on the features you have
licensed you may have one or more of the following modules. Each module requires certain reference
data (databases) to be installed on the Spectrum™ Technology Platform server.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
5
はじめに
注 : For instructions on installing these databases, see the Spectrum™ Technology Platform
Installation Guide.
Address Now Module Database
Address Now データベースには、サポートされるすべての国の郵便データが含まれています。
データベース全体、または特定の国のデータのみをインストールできます。データベースは、サー
バーにインストールされます。このデータベースは、Pitney Bowes からのサブスクリプションに
よって提供され、毎月更新されます。
Universal Addressing Module Databases
表 1 : Universal Addressing モジュールのデータベース
データベース名とその説明
必須またはオプ
ションの区別
提供元
米国郵便データベース
米国住所処理に必須
Pitney Bowes サブス
クリプション (月 1 回
更新)
米国郵便データベースは、Pitney Bowes 独自のフォーマットで提供
されています。 米国内のすべての家番号範囲が含まれており、月に
1 回更新されます。 このデータベース ファイルには、次の情報が含
まれています。
• ZIP + 4® Code
• 正規化済みの住所要素
• 都市および州の情報
米国郵便データベースには、Enhanced Street Matching (ESM) および
All Street Matching (ASM) の実行に必要なデータも含まれています。
ESM および ASM は、通常の住所検証プロセスでマッチしなかった任
意の入力住所に対して、追加のマッチング ロジックを適用します。
カナダ郵便データベース
カナダ住所処理に必須 Pitney Bowes サブス
クリプション (月 1 回
カナダ郵便データベースは、Pitney Bowes 独自のフォーマットです。
更新)
このデータベース ファイルには、次の情報が含まれています。
• 郵便番号
• 正規化済みの住所要素
• 自治体および州の情報
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
6
はじめに
データベース名とその説明
必須またはオプ
ションの区別
オーストラリア郵便公社の郵便住所ファイル データベース
オーストラリア住所処 Pitney Bowes サブス
理に必須
クリプション (月 1 回
更新)
郵便住所ファイルは、オーストラリア郵便公社の Address Matching
Approval System (AMAS) プログラムに含まれています。 このデータ
ベース ファイルには、次の情報が含まれています。
提供元
• 郵便番号
• 正規化済みの住所要素
国際郵便データベース
国際住所処理に必須
国際郵便データベースは、世界各地の郵便住所データの集まりです。
各国のデータは、提供されているデータのレベルに応じて分類されて
います。 カテゴリは次のとおりです。
Pitney Bowesサブスク
リプション (年 4 回更
新)
• カテゴリ A — 住所の郵便番号、都市名、州/郡名、ストリートの住
所要素、および国名の検証と修正が可能です。
• カテゴリ B — 住所の郵便番号、都市名、州/郡名、および国名の検
証と修正が可能です。 ストリートの住所要素の検証または修正はサ
ポートしません。
• カテゴリ C — 国名の検証および修正と、郵便番号の書式の検証が
可能です。
DPV® データベース
オプションだが、CASS Pitney Bowes サブス
認定™の処理には必須。 クリプション (月 1 回
Delivery Point Validation Database は、米国の郵送先住所の妥当性を
米国住所のみに対応
更新)
チェックするために使用できます。 DPV データベースにより、米国
郵便データベースによる郵便住所の検証能力を高めることができま
す。
注 : DPV データベースには、Commercial Mail Receiving Agency
(CMRA: 民間私書箱) の処理に必要なデータも含まれています。
米国 郵便データベースの新しいエディションが提供される度に、DPV
データベースの対応するエディションが提供されます。 USPS ライセ
ンスでは、有効期限を過ぎても米国 郵便データベースを使用すること
を許可しますが (一部制約があります)、DPV データベースの有効期限
後に、DPV 検索を実行することはできません。
USPS ライセンスでは、DPV データを、住所または住所一覧の作成
に使用することを禁じています。 住所一覧の作成を防止するために、
DPV Database には「誤検出レコード」が含まれています。誤検出レ
コードとは、人為的に作成された住所のことです。 DPV クエリでマッ
チしなかった場合は、DPV データベース内の誤検出テーブルに対す
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
7
はじめに
データベース名とその説明
必須またはオプ
ションの区別
提供元
るクエリが実行されます。 このテーブルにマッチする場合、DPV の
処理は停止します。
USPS ライセンスでは、米国外に DPV データを輸出することも禁じ
ています。
eLOT® データベース
オプション。米国住所 Pitney Bowes サブス
のみに対応
クリプション (月 1 回
Enhanced Line of Travel ( eLOT) データベースは、Enhanced Carrier
更新)
Route の郵送が実際の配達順序にできる限り近くなることを保証する
米国住所データベースです。 eLOT データベースは、一部の種類の郵
便料金割引を受けるために必須です。
eLOT データベースに対する毎月の更新情報は、米国郵便データベー
スと同じメディアで提供されます 郵便データベースの最新版に掲載さ
れていないことが必要です。
同一月の米国 郵便データベースと eLOT データベースをインストー
ルする必要があります (つまり、9 月の eLOT データは、9 月の米国
郵便データベースで処理しなければなりません)。 米国 郵便データ
ベースと eLOT データベースが同一月のものでない場合、eLOT 番号
を割り当てられない ZIP + 4® Code が存在する恐れがあります。 eLOT
コードを割り当てるには、住所の ZIP Code™、ZIP + 4 Code、配達
ルート コード、および配達ポイントが提供される必要があります。
EWS データベース
Early Warning System (EWS) データベースは、米国郵便データベー
スの郵便データの更新遅れに起因する住所検証の誤りを防ぎます 郵便
データベースの最新版に掲載されていないことが必要です。
オプション。米国住所 USPS® Web サイトか
のみに対応
ら無償でダウンロード
可能
EWS データベースは、ZIP Code™、ストリート名、接頭および接尾
方向指示、接尾語という一部の住所情報のみで構成されています。 住
所が米国郵便データベースの最新版には存在しない場合に限り、住所
レコードに EWS を適用できます 郵便データベースの最新版に掲載さ
れていないことが必要です。
USPS® は、EWS ファイルを週に 1 回 (木曜日) 更新します。 USPS®
Web サイト ribbs.usps.gov から EWS ファイルをダウンロードでき
ます。
Link®
LACS
データベース
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
オプションだが、CASS Pitney Bowes サブス
認定™の処理には必須。 クリプション (月 1 回
米国住所のみに対応
更新)
SAP モジュール ユーザ ガイド
8
はじめに
データベース名とその説明
必須またはオプ
ションの区別
提供元
Link
LACS データベースを使って、地方配送路の住所のストリート名に
沿った住所への変更、PO Box 番号の再割り当て、またはストリート
名に沿った住所の変更に伴って変更された住所を訂正できます。
Link
USPS ライセンスでは、LACS
データを、住所または住所一覧の作
成に使用することを禁じています。 住所一覧の作成を防止するため
Link
に、LACS
データベースには「誤検出レコード」が含まれていま
す。誤検出レコードとは、人為的に作成された住所のことです。
Link
Link
LACS
クエリでマッチしなかった場合は、LACS
データベース
内の誤検出テーブルに対するクエリが実行されます。 このテーブルに
Link
マッチすると、LACS
処理は停止します。
Link
USPS ライセンスでは、米国外に LACS
ことも禁じています。
データベースを輸出する
RDI™ データベース
Residential Delivery Indicator (RDI™) データベースには、郵送物に対
する最良の配送料を調べることができるデータが含まれます。
オプション。米国住所 USPS® から直接ライ
のみに対応
センス
RDI は、RDI データがハッシュ テーブルとして提供される点で、DPV
に似ています。 しかし、住所全体ではなく 9 桁および 11 桁の ZIP
Code™ に対してのみ標準ハッシュ アルゴリズムが決定されるため、
RDI は DPV よりもはるかにシンプルな処理です。
Link™
オプション。米国住所 Pitney Bowes サブス
のみに対応
クリプション (月 1 回
Suite
は、補助的な住所情報の妥当性が確認できなかった米国の
更新)
Link
企業住所に対し、その補助的な住所情報を修正します。 Suite
処理
が有効な場合、Validate Address は FirmName フィールドの値を既知
の会社名のデータベースに照合します。 その後、Validate Address は
正しい補助的な住所情報を提供します。
Suite
データベース
Link™
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
9
2 - SAP と Spectrum
の統合
このセクションの構成
SAP Web Dynpro との統合
SAP インタラクションセンタ Web クライアントとの統合
11
17
SAP と Spectrum の統合
SAP Web Dynpro との統合
作業を続ける前に、以下のことを確認します。
• SAP アプリケーション、Patch 3 適用済みの SAP NetWeaver 7.01、および Spectrum™ Technology
Platform が使用可能
• PBS SCA ファイルが展開済み
• System Landscape Directory (SLD) が正しく設定済み
Spectrum™ Technology Platform と SAP Web Dynpro を統合するには、サポートするデータベー
スおよびデータフローを Spectrum™ Technology Platform サーバーにインストールしてから、
Spectrum™ Technology Platform と通信するように SAP システムを設定する必要があります。 こ
の作業が完了すると、SAP Web Dynpro のユーザは、SAP Web Dynpro 内から住所検証およびジ
オコーディングの機能にアクセスできるようになります。
1. Spectrum™ Technology Platform サーバーで、住所検証、ジオコーディング、および税務管轄
区域の割り当ての実行に必要なデータベースをインストールし、データベースごとにデータ
ベース リソースを定義します。
データベース リソースには、次のような名前を与える必要があります。
データベース
データベース リソースに必要な名前
Enterprise Geocoding モジュール - カナダ データベース IGEO_CAN
Enterprise Geocoding モジュール - 米国データベース
EGM_US
Enterprise Tax モジュール データベース
ETM
Universal Addressing モジュール - カナダ データベース Canada
Universal Addressing モジュール - Loqate データベース Loqate
Universal Addressing モジュール - 米国データベース
UAM_US
2. SAP モジュールをインストールすると、いくつかのデータフロー ファイルは自動的にインス
トールされます。 他のデータフロー ファイルは、手動で Spectrum™ Technology Platform に
コピーする必要があります。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
11
SAP と Spectrum の統合
a) Address Now モジュール、Enterprise Tax モジュール、または Universal Addressing モジュー
ルを既存のインストールに追加する場合は、Spectrum™ Technology Platform Enterprise
Designer を開き、[表示] > [サーバエクスプローラー] を選択し、データフロー
SAPValidateAddressWithCandidates を削除します。
b) SpectrumFolder\server\modules\dataflows\sap に移動します。
c) 次の表を参照して、該当するデータフロー ファイルを次の場所にコピーします。
SpectrumFolder\server\app\import
インストールするモジュールの インポート フォルダにコピーするデータフロー ファイル
セット
Address Now モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.ANOW.df
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressWithCandidates.ANOW.df
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM.df
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.ANOW_EGM.df
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ANOW_EGM.df
Address Now モジュール
Enterprise Tax モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPAssignGeoTAXInfo.df
SAPBatchAssignGeoTAXInfo.df
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressAndAssignGeoTAXInfo.df
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ANOW_ETM.df
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Tax モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ANOW_ETM_EGM.df
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
12
SAP と Spectrum の統合
インストールするモジュールの インポート フォルダにコピーするデータフロー ファイル
セット
Universal Addressing モジュール
(Loqate なし)
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressWithCandidate_UAM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate なし)
Enterprise Tax モジュール
SAPAssignGeoTAXInfo.df
SAPBatchAssignGeoTAXInfo.df
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressAndAssignGeoTAXInfo.df
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ETM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
Enterprise Geocoding モジュール
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate_EGM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
Enterprise Tax モジュール
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate_ETM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Tax モジュール
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate_EGM_ETM.df
Universal Addressing モジュール、
Loqate のみ
ValidateAddressWithCandidates_Loqate.df
Universal Addressing モジュール、
Loqate のみ
Enterprise Geocoding モジュール
ValidateAddressWithCandidates_Loqate_EGM.df
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
13
SAP と Spectrum の統合
インストールするモジュールの インポート フォルダにコピーするデータフロー ファイル
セット
Enterprise Geocoding モジュール
GeocodeUSAddressWithCandidates.df
ValidateAddressWithCandidates_EGM.df
Enterprise Tax モジュール
ValidateAssignGeoTAXInfo.df
ValidateAddressWithCandidates_ETM.df
SAPBatchAssignGeoTAXInfo.df
注 : Management Console または Enterprise Designer でエラーが発生した場合は、
<WindowsTemporaryDirectory>\g1Assemblies の内容を削除します。ここで
<WindowsTemporaryDirectory> は、%TMP%、%TEMP%、%USERPROFILE%、また
は Windows ディレクトリのいずれかです。 通常は、C:\Documents and Settings\<ユー
ザ名>\Local Settings\Temp\g1Assemblies です。 このフォルダの内容を削除した後で、
再度ログインします。
3. .SAR ファイルをインポートします。
.SAR ファイルは、Spectrum™ Technology Platform SAP CRM 6.0 モジュールなど、SAP 用の
サードパーティ アドオン パッケージを含むファイルです。 .SAR ファイルは、Spectrum™
Technology Platform インストーラの SAP Objects フォルダにあります。 .SAR ファイルの
SAP アプリケーションへのインポートについては、SAP Basis アドミニストレータにお問い合
わせください。
4. BC セットをアクティベートします。
a) Spectrum™ Technology Platform SAP モジュールの設定を行うクライアントにログオンしま
す。
b) トランザクション コード SCPR20 を入力します。
これは、Business Configuration (BC) セットをアクティベートします。 これによって、
Spectrum™ Technology Platform のカスタマイズ テーブルにデフォルト エントリが作成さ
れます。
c) [BC Set] フィールドに、/HSGRP1/BCSET_BC_BAS_PV と入力します。
d) [Overwrite All Data] と [Default Mode] のオプションを指定して、これをアクティベートし
ます。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
14
SAP と Spectrum の統合
e) 残りの BC セットを選択し、アクティベーション オプションを [Overwrite All Data] と
[Expert Mode] に設定してアクティベートします。
注 : これらの BC セットは、以下の順にアクティベートしてください。
/HSGRP1/BCSET_BC_BAS_GTX
/HSGRP1/MERGE_SETTINGS
/HSGRP1/BCSET_BUPA_CUSTOM
/HSGRP1/BCSET_BC_BAS_DES
/HSGRP1/BCSET_VENDOR
5. RFC デスティネーションを設定します。
a) トランザクション コード SM59 を入力します。
b) [Create] をクリックします。
c) [RFC Destination] フィールドに、任意の名前を入力します。
d) [Connection Type] フィールドに、G (外部サーバーへの HTTP 接続) を入力します。
e) [Description 1] フィールドに説明を入力します。
f) Enter キーを押します。
g) [Technical Settings] タブをクリックします。
h) [Target Host] フィールドに、Spectrum™ Technology Platform サーバーのコンピュータ名
または IP アドレスを入力します。
i) [Service No] フィールドに、8080 と入力します。
j) [Special Options] タブをクリックします。
k) [No Timeout] を選択します。
l) [HTTP 1.1] を選択します。
m) 保存した後に、[Connection Test] をクリックします。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
15
SAP と Spectrum の統合
注 : ポップアップ ウィンドウが表示されたら、[Accept All Further Cookies] ボックスを
オンにして、[YES] を選択します。
n) テストが正常終了したら、[Response Body] タブに移動して、Spectrum™ Technology
Platform ページを表示します。
6. Spectrum™ Technology Platform Logging Object を設定します。
a) トランザクション コード SLG0 を入力します。
b) [New Entries] をクリックします。
c) [Object] 列に /HSGRP1/DQC と入力します。
d) [Object text] 列に DQC Logging と入力します。
e) 変更を保存します。
7. JCO デスティネーションを設定します。
a) NetWeaver Portal Content Administrator URL を開き、J2EE_ADMIN または Administrator
権限のあるアカウントでログインします。
b) [Deployed Content]、pb.com、および pb.com/dqc を順に展開します。 [Details] ウィン
ドウで [JCO Connections] タブを選択します。
c) [WD_DQC_MODEL_DATA_DEST] を選択して [Create] をクリックします。 接続を実行お
よびテストするために必要なすべての情報を設定します。
d) 同様の手順で、[WD_DQC_MODELDATA_DEST] に対する必要な情報を設定します。
注 : WD_DQC_MODELDATA_DEST は Application Data で、
WD_DQC_RFC_METADATA_DEST は Dictionary Metadata です。
8. BuildGlobalAddress Web サービスを SAP Visual Admin で設定します。
a) <ドライブ>:/usr./sap/<システム ID>/DVEBMGS01/ j2ee/admin に移動し、go.bat をクリッ
クして、J2EE_ADMIN のパスワードを入力します。
b) [Cluster] > [Server] > [Services] > [JCo RFC Provider] を選択して、[Bundles] タブを選
択します。
c) アプリケーションで必要なすべての情報を入力して、[Set] をクリックして変更を保存しま
す。
d) [Cluster] > [Server] > [Services] > [Web Services Security] を選択します。
e) [Web Services Client] > [sap.com] > [Dynamic WSProxies] を選択し、
PBBIWebServiceConnectorBGA という名前のプロキシを作成します。
f) URL は次の形式で入力します。
http://<spectrum サーバー名>:<ポート>/soap/BuildGlobalAddress?wsdl
例を次に示します。
http://MySpectrumServer:8080/soap/BuildGlobalAddress?wsdl
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
16
SAP と Spectrum の統合
g) アプリケーション サーバーを再起動します。
9. フランスの住所検証を使用する場合は、Spectrum™ Technology Platform サーバーに Data
Normalization モジュールのテーブル cdq-TableLookup-SAP.tba をインストールする必要
があります。 詳細については、『Spectrum™ Technology Platform インストール ガイド』を参
照してください。
SAP インタラクションセンタ Web クライアントとの統
合
作業を続ける前に、以下を確認してください。
• インタラクションセンタ Web クライアントのユーザに対し、パラメータ ID「CRM_UI_PROFILE」
にパラメータ値「IC_AGENT」が設定されている
• ICWC の下の SPRO で、重複確認のオプションが有効になっている ([SPRO] > [CRM] > [ICWC] >
[Define Account Identification Profiles])
Spectrum™ Technology Platform と SAP インタラクションセンタ Web クライアントを統合する
には、サポートするデータベースおよびデータフローを Spectrum™ Technology Platform サーバー
にインストールしてから、Spectrum™ Technology Platform と通信するように SAP システムを設
定する必要があります。 この作業が完了すると、SAP インタラクションセンタ Web クライアン
トのユーザは、住所検証やジオコーディングの機能に SAP インタラクションセンタ Web クライ
アント内からアクセスできるようになります。
1. Spectrum™ Technology Platform サーバーで、住所検証、ジオコーディング、および税務管轄
区域の割り当ての実行に必要なデータベースをインストールし、データベースごとにデータ
ベース リソースを定義します。
データベース リソースには、次のような名前を与える必要があります。
データベース
データベース リソースに必要な名前
Enterprise Geocoding モジュール - カナダ データベース IGEO_CAN
Enterprise Geocoding モジュール - 米国データベース
EGM_US
Enterprise Tax モジュール データベース
ETM
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
17
SAP と Spectrum の統合
データベース
データベース リソースに必要な名前
Universal Addressing モジュール - カナダ データベース Canada
Universal Addressing モジュール - Loqate データベース Loqate
Universal Addressing モジュール - 米国データベース
UAM_US
2. SAP モジュールをインストールすると、いくつかのデータフロー ファイルは自動的にインス
トールされます。 他のデータフロー ファイルは、手動で Spectrum™ Technology Platform に
コピーする必要があります。
a) Address Now モジュール、Enterprise Tax モジュール、または Universal Addressing モジュー
ルを既存のインストールに追加する場合は、Spectrum™ Technology Platform Enterprise
Designer を開き、[表示] > [サーバエクスプローラー] を選択し、データフロー
SAPValidateAddressWithCandidates を削除します。
b) SpectrumFolder\server\modules\dataflows\sap に移動します。
c) 次の表を参照して、該当するデータフロー ファイルを次の場所にコピーします。
SpectrumFolder\server\app\import
インストールするモジュールの インポート フォルダにコピーするデータフロー ファイル
セット
Address Now モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.ANOW.df
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressWithCandidates.ANOW.df
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM.df
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.ANOW_EGM.df
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ANOW_EGM.df
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
18
SAP と Spectrum の統合
インストールするモジュールの インポート フォルダにコピーするデータフロー ファイル
セット
Address Now モジュール
Enterprise Tax モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPAssignGeoTAXInfo.df
SAPBatchAssignGeoTAXInfo.df
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressAndAssignGeoTAXInfo.df
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ANOW_ETM.df
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Tax モジュール
Universal Addressing モジュール
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ANOW_ETM_EGM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate なし)
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressWithCandidate_UAM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate なし)
Enterprise Tax モジュール
SAPAssignGeoTAXInfo.df
SAPBatchAssignGeoTAXInfo.df
SAPGenerateCASSReport.df
SAPValidateAddressAndAssignGeoTAXInfo.df
SAPValidateAddressWithCandidates.UAM_ETM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
Enterprise Geocoding モジュール
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate_EGM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
Enterprise Tax モジュール
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate_ETM.df
Universal Addressing モジュール
(Loqate あり)
ValidateAddressWithCandidates_UAM_Loqate_EGM_ETM.df
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
19
SAP と Spectrum の統合
インストールするモジュールの インポート フォルダにコピーするデータフロー ファイル
セット
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Tax モジュール
Universal Addressing モジュール、
Loqate のみ
ValidateAddressWithCandidates_Loqate.df
Universal Addressing モジュール、
Loqate のみ
Enterprise Geocoding モジュール
ValidateAddressWithCandidates_Loqate_EGM.df
Enterprise Geocoding モジュール
GeocodeUSAddressWithCandidates.df
ValidateAddressWithCandidates_EGM.df
Enterprise Tax モジュール
ValidateAssignGeoTAXInfo.df
ValidateAddressWithCandidates_ETM.df
SAPBatchAssignGeoTAXInfo.df
注 : Management Console または Enterprise Designer でエラーが発生した場合は、
<WindowsTemporaryDirectory>\g1Assemblies の内容を削除します。ここで
<WindowsTemporaryDirectory> は、%TMP%、%TEMP%、%USERPROFILE%、また
は Windows ディレクトリのいずれかです。 通常は、C:\Documents and Settings\<ユー
ザ名>\Local Settings\Temp\g1Assemblies です。 このフォルダの内容を削除した後で、
再度ログインします。
3. .SAR ファイルをインポートします。
.SAR ファイルは、Spectrum™ Technology Platform SAP CRM 6.0 モジュールなど、SAP 用の
サードパーティ アドオン パッケージを含むファイルです。 .SAR ファイルは、Spectrum™
Technology Platform インストーラの SAP Objects フォルダにあります。 .SAR ファイルの
SAP アプリケーションへのインポートについては、SAP Basis アドミニストレータにお問い合
わせください。
4. BC セットをアクティベートします。
a) Spectrum™ Technology Platform SAP モジュールの設定を行うクライアントにログオンしま
す。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
20
SAP と Spectrum の統合
b) トランザクション コード SCPR20 を入力します。
これは、Business Configuration (BC) セットをアクティベートします。 これによって、
Spectrum™ Technology Platform のカスタマイズ テーブルにデフォルト エントリが作成さ
れます。
c) [BC Set] フィールドに、/HSGRP1/BCSET_BC_BAS_PV と入力します。
d) [Overwrite All Data] と [Default Mode] のオプションを指定して、これをアクティベートし
ます。
e) 残りの BC セットを選択し、アクティベーション オプションを [Overwrite All Data] と
[Expert Mode] に設定してアクティベートします。
注 : これらの BC セットは、以下の順にアクティベートしてください。
/HSGRP1/BCSET_BC_BAS_GTX
/HSGRP1/MERGE_SETTINGS
/HSGRP1/BCSET_BUPA_CUSTOM
/HSGRP1/BCSET_BC_BAS_DES
/HSGRP1/BCSET_VENDOR
5. アクティベーション オプションを [Overwrite All Data] と [Expert Mode] に設定して、以下の
BC セットをアクティベートします。
/HSGRP1/BCSET_DQC_CUSTOM
6. IC Webクライアントの BC セットをアクティベートします。 この BC は
/HSGRP1/ICWC_SETTINGS です。 アクティベーション オプション [Overwrite Data] および
[Expert Mode] を指定します。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
21
SAP と Spectrum の統合
7. RFC デスティネーションを設定します。
a) トランザクション コード SM59 を入力します。
b) [Create] をクリックします。
c) [RFC Destination] フィールドに、任意の名前を入力します。
d) [Connection Type] フィールドに、G (外部サーバーへの HTTP 接続) を入力します。
e) [Description 1] フィールドに説明を入力します。
f) Enter キーを押します。
g) [Technical Settings] タブをクリックします。
h) [Target Host] フィールドに、Spectrum™ Technology Platform サーバーのコンピュータ名
または IP アドレスを入力します。
i) [Service No] フィールドに、8080 と入力します。
j) [Special Options] タブをクリックします。
k) [No Timeout] を選択します。
l) [HTTP 1.1] を選択します。
m) 保存した後に、[Connection Test] をクリックします。
注 : ポップアップ ウィンドウが表示されたら、[Accept All Further Cookies] ボックスを
オンにして、[YES] を選択します。
n) テストが正常終了したら、[Response Body] タブに移動して、Spectrum™ Technology
Platform ページを表示します。
8. Spectrum™ Technology Platform Logging Object を設定します。
a) トランザクション コード SLG0 を入力します。
b) [New Entries] をクリックします。
c) [Object] 列に /HSGRP1/DQC と入力します。
d) [Object text] 列に DQC Logging と入力します。
e) 変更を保存します。
9. Pitney BowesIC WebClient Enhancement Set を有効にします。
a) トランザクション コード SM30 を入力します。
b) [Table/View] フィールドに「BSPWDV_EHSET_ASG」と入力します。
c) [Maintain] をクリックします。
d) [New Entries] をクリックします。
e) [Client] フィールドに、Enhancement Set を有効にするクライアントの番号を入力します。
f) [Enhancement Set] フィールドに、「/HSGRP1/ENHANCEMENT_SET」と入力します。
10. IC Webクライアント設定を追加します。
a) トランザクション コード 「BSP_WD_CMPWB」 を入力します。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
22
SAP と Spectrum の統合
b) [Component] フィールドに、「ICCMP_DETAIL」と入力します。
c) チェック アイコンをクリックします。
d) [Enhancement Set] フィールドに、「/HSGRP1/ENHANCEMENT_SET」と入力します。
e) [Display] をクリックします。
f) [Views] フォルダを展開し、/HSGRP1/BUPA_CMP_VIEW/BuPaDetailSelectDuplCustomer
を選択します。
g) [Configuration] タブをクリックします。
h) 編集画面で、[Full Name]、[Telephone]、[Street]、[City]、および [Country] コンテキストを
選択し、右矢印ボタンをクリックして、次の順に並べます。
Full Name
Telephone
Street
City
Country
i) 設定を保存します。
11. フランスの住所検証を使用する場合は、Spectrum™ Technology Platform サーバーに Data
Normalization モジュールのテーブル cdq-TableLookup-SAP.tba をインストールする必要
があります。 詳細については、『Spectrum™ Technology Platform インストール ガイド』を参
照してください。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
23
3 - Using the SAP
Interface
このセクションの構成
Searching for Records
Address Validation
ジオコーディング
Deduplication
Viewing the Log
Resynchronizing the Index Pool
Initializing Search Key
25
26
34
34
37
38
38
Using the SAP Interface
Searching for Records
The SAP modules provide various ways in which you can search records. Error-tolerant searches
allow you to find customers, vendors, prospects, or business partners, even if you don't have all
their information or the information is incomplete or partly wrong.
1. When searching for customers, vendors, prospects, or business partners, the error-tolerant
search feature allows you to use "Rough" or "Fuzzy" search logic to locate records.
2. Enter any information in any of the fields to perform the error-tolerant search. In this particular
case, the information "Pitney Bowes Business Insight" was entered in the name field.
3. Execute the search to display the Results pop-up with a list of possible matches.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
25
Using the SAP Interface
4. Select from the given list and click on Open Selected Record, or simply click on Cancel to cancel
the search.
Address Validation
Address validation is the process of correcting address information and validating addresses against
the postal database and is performed on partial or complete records. Address validation is done in
several places in the SAP system. Address validation is done whenever address information is
created or updated, for example when you create or update a customer record via transaction codes
XD01 and XD02 or when you create or update a business partner via transaction code BP in SAP.
Validating an Address
You can validate an address when creating a business partner, customer, or vendor so that address
data entered into your system is valid.
1. Create a new business partner, customer, or vendor.
• To create a new business partner, enter the transaction code /NBP.
• To create a new customer, enter the transaction code /NXD01.
• To create a new vender, enter the transaction code /NXK01.
2. Enter the address.
3. Press the F8 key or click the check icon.
4. If the address you entered needs to be corrected, the Address Changed window appears, listing
the corrected version of the address. If the address you entered matched multiple candidate
addresses, the Address Search window appears, listing the candidate addresses.
• Click Accept Changes to save the corrected version of the address to the record. If there are
multiple addresses listed, select the address you want to use before clicking Accept Changes.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
26
Using the SAP Interface
• Click Accept Current to keep the address as you entered it.
• Click the Advanced button to access the Advanced Search window. For more information on
the Advanced Search window refer to Validating Address Components(27ページ). This
option will be available only if the Simple/Advanced Search option is enabled, and the address
entered does not produce a unique result.
• Click the red "X" to cancel the validation.
In addition to address validation, you may see the following information returned with the address:
• If you have licensed the Enterprise Tax Module and the Tax Jurisdiction Code is required, the
Tax Jurisdiction Code is returned with the address.
• If you have licensed the Enterprise Geocoding Module, the latitude and longitude coordinates
of the address will be returned.
注 : When only the Postal Code, Country, and Region fields are populated, the address list does
not show any candidate records in the simple tab and an error message is displayed.
Validating Address Components
The Advanced Search is helpful when there is uncertainty in the address entered. This feature eases
the difficulty of entering and searching even the most complex addresses.
The Component Tab contains Proposed and Current columns. Initially, the 'Proposed' column does
not contain any value. This is because the values are selected per field.
注 : This option will be available only if the Simple/Advanced Search option is enabled, and the
address entered does not produce a unique result.
1. Enter the address data in SAP.
2. The address goes through the validation process. The Advanced Search Tab screen is displayed
with blank fields.
3. To begin a search, click Advanced button. The Advanced Search screen is displayed. On this
screen, the entered address is not displayed on the Proposed Address column. The address to
be searched has to be typed in the fields.
4. Results are only displayed on the Out-Of-Context Alternatives box when entries are found out
of the scope of the search criteria.
5. To begin a search, enter the address to be searched and click on the binoculars button beside
the field for which you want to search. Searches are done on a field-by-field basis only. The
results are displayed either on the In-Context Alternatives, or the Out-Of-Context Alternatives.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
27
Using the SAP Interface
6. To commit a field, double-click an entry on the In-Context Alternatives box. Once a field is
committed, the system will provide you with a list of possible entries based on what was committed.
This list is based on a search hierarchy. The hierarchy is as follows:
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Zip
City
State
Street
Company
Building
Premise-No
Sub-Building
PO-Box
注 : When a search is made, and there are no results matching the search criteria, the next field
in the hierarchy will be returned with its possible results.
7. Continue searching until all fields are complete enough for the address to be considered a
complete and valid address.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
28
Using the SAP Interface
注 : Only a Completed Address will be accepted by the system.
8. To make another search, just click the New Search button in the advanced search screen.
注 : You can choose a new search provided you have not selected the Accept Changes button.
Once the Accept Changes button has been selected the committed address will be reflected
in the create data screen.
9. Click the Accept Changes button to accept the validated (completed) address. Click the Accept
Current button to accept the address you entered. Or click the red "X" to cancel the validation.
米国住所の詳細情報およびジオコードの表示
Note: 米国住所の詳細情報およびジオコードは、SAP ECC 6.0 でのみ使用できます。
米国住所が検証されると、その住所に関する詳細情報を提供するために、いくつかの USPS (米国
郵政公社) コードが SAP レコードに追加されます。 Enterprise Geocoding モジュールのライセン
スがある場合は、その住所の緯度/経度の座標も SAP レコードに追加されます。 この情報を表示
するには、次の手順に従います。
1. SAP で、ビジネス パートナー、顧客、またはベンダーのレコードを開きます。
2. 以下のいずれかの方法を実行します。
• 顧客またはベンダーを表示する場合は、[カスタム フィールド] をクリックします。
• ビジネス パートナーを表示する場合は、[顧客データ] タブをクリックします。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
29
Using the SAP Interface
米国郵便サービス コード
CMRA コード
Commercial Mail Receiving Agency (CMRA) は、私書箱の貸し出しを行う民間企業です。 mail
drop (郵便受け) としても知られる CMRA は通常、私設私書箱業者が運営しています。 そのため、
CMRA の住所は、"POB" (郵便局の私書箱) ではなく、"PMB" (私設私書箱) と表記されます。
CMRA の顧客は、自分の住所ではなく、CMRA の住所で郵便物などの配達物を受け取ることがで
きます。 顧客と CMRA との間の契約に基づき、CMRA は、郵便物の顧客への転送や、引き取り
までの保管を行います。
CMRA のサービスを利用する理由としては、プライバシーの保護が挙げられます。 例えば、自宅
を拠点として事業を営む人は、自宅住所を公開したくないと考える場合があります。 あるいは、
ある地域の顧客が、より知名度の高い住所や高級住宅地に存在する CMRA と契約する場合もあり
ます。
住所を検証すると、その住所には [CMRA] フィールド内の CMRA コードが割り当てられます。
CMRA コードは次のとおりです。
Y
住所は CMRA です。
N
住所は CMRA ではありません。
U
確認できません。
DPV コード
Delivery Point Validation (DPV®) は、住所情報の正確さを個々の郵便住所まで照合する米国郵政公
社® (USPS®) のテクノロジーです。 この DPV® を使用して住所の照合をすることによって、住所
不完全のため不達 (UAA) という事態を減少させ、郵便コストや不正な住所情報に関連する他のビ
ジネス コストを削減することができます。
住所を検証すると、その住所には [DPV] フィールド内の DPV コードが割り当てられます。 DPV
コードは次のとおりです。
Y
DPV の確認済みです。 この住所に郵便物を配達できます。
N
この住所に郵便物を配達できません。
S
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は確認できませんでした。 建物番
号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット番号は、建物内のアパート、スイート、階
など、各ユニットの郵便住所番号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、
12 はユニット番号です。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
30
Using the SAP Interface
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
D
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は入力から欠落していました。 建
物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット番号は、建物内のアパート、スイート、
階など、各ユニットの郵便住所番号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、
12 はユニット番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
M
住所は複数の有効な配達ポイントにマッチします。
U
住所は、ZIP + 4® レベルでコード化されなかったため、確認できませんでした。
V
住所は、誤検出違反を起こしました。
EWS コード
Early Warning System (EWS) は、月に 1 回更新される USPS データベースにまだ反映されてい
ない、新規の住所や最近変更された住所に関する最新住所情報を提供します。 EWS は USPS®
データベースの郵便データの更新遅れによる、住所レコードの誤った情報提供を防ぐことができ
ます。
米国郵便データベースが古いほど、住所が誤って変換される可能性は高くなります。 米国郵便
データベースにあるマッチングする住所が不正確な場合、有効な住所が誤った住所に変換され、
壊れた住所が生成されます。
EWS データは、ZIP Code™、ストリート名、前置/後置方位記号、および接尾語に限定される、部
分住所情報から構成されます。 住所が米国郵便データベースの最新版には存在しない場合に限
り、住所レコードに EWS を適用できます。
住所を検証すると、その住所には [EWS] フィールド内の EWS コードが割り当てられます。 EWS
コードは次のとおりです。
Y
住所が EWS データ内に見つかった。
N
住所が EWS データ内に見つからなかった。
RDI コード
米国の住所に限り、Residential Delivery Indicator (RDI™) 処理では、郵送物に対する最良の配送料
を調べることができます。 RDI™ 処理では、住所が企業の住所であるか、個人宅の住所であるか
を確認します。 一部の配達サービスでは、企業住所への配達よりも個人住所への配達に対して高
い料金を設定しているため、この違いは重要です。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
31
Using the SAP Interface
住所を検証すると、その住所に [RDI] フィールド内の RDI コードが割り当てられます。 RDI コー
ドは次のとおりです。
B
住所は、企業住所です。
R
住所は、個人住所です。
M
住所は、個人住所であるとともに企業住所でもあります。
NULL
住所が ZIP + 4® レベルでコード化されなかったか、または RDI™ が実行されなかっ
たため、確認されていません。
Performing Batch Address Validation
Batch address validation is the process of updating address data in a data set so that the address
data is valid and cleansed. If a record has been saved with uncleansed data (e.g. lower cased
address), running the batch address cleansing will automatically cleanse the record.
1. Enter the transaction code /NSE38.
2. In the Program field enter RSADRQU1.
注 : This is a standard SAP program for the quarterly adjustment process.
3. Press the F8 key or click the execute icon.
4. Complete the fields to specify the records you want to include in the batch address validation.
5. Press the F8 key or click the execute icon.
6. When you see a message saying "INDX created", click the back icon until you are at the screen
titled ABAP Editor: Initial Screen.
7. In the Program field enter /HSGRP1/RSADRQU2.
8. Press the F8 key or click the execute icon.
9. Choose one of the following options:
Address Validation Only
This will only validate and cleanse the records.
GeoTAX Validation Only
This will only perform tax jurisdiction assignments on the records.
This option only works if you have the Enterprise Tax Module
installed on the Spectrum™ Technology Platform server.
Address Validation and
GeoTAX
This will validate, cleanse, and perform tax jurisdiction assignments
on the records. This option only works if you have the Enterprise
Tax Module installed on the Spectrum™ Technology Platform
server.
10. Press the F8 key or click the execute icon.
11. When you see a message saying that the process has ended, click the back icon until you are
at the screen titled ABAP Editor: Initial Screen.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
32
Using the SAP Interface
12. In the Program field, enter /HSGRP1/RSADRQU3.
13. Press the F8 key or click the execute icon.
14. Press the F8 key or click the execute icon again.
Batch address validation is now complete.
住所検証レポートの表示
住所検証レポートは、バッチ モードとインタラクティブ モードで検証されたレコードの住所情報
を記載します。このレポートには、住所、RDI および DPV コード、住所がクレンジングされたか
どうか、などの情報が含まれます。
1. トランザクション コード /N/HSGRP1/MASTER を入力します。
2. [住所別] および [住所タイプ別] セクションで、レポートに含めるレコードの選択に使うフィル
タ条件を指定します。
3. [住所ステータス別] セクションで、以下の 1 つ以上を選択します。
クレンジング済み
検証とクレンジングが行われた住所を含めるには、このボックスを
オンにします。
クレンジング未実行
検証とクレンジングがまだ行われていない住所を含めるには、この
ボックスをオンにします。
未検証
住所検証が無効になっているときに入力された住所を含めるには、
このボックスをオンにします。
4. [最大ヒット数] フィールドには、レポートに記載するレコードの最大数を入力します。
5. F8 キーを押すか、実行アイコンをクリックします。
条件を満たすレコードが表示されます。[ステータス] 列は、各レコードの住所検証ステータス
を示します。
表 2 : ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
33
Using the SAP Interface
アイコン
説明
住所はありません。
6. レポートに記載されるレコードの数を確認するには、[統計を表示] をクリックします。
ジオコーディング
ジオコーディングは、与えられた住所の緯度および経度の座標を決定するプロセスです。 ジオ
コードを使用すると、マップ上のポイントの検索、道順の取得、他の場所までの距離の決定など、
さまざまな地理空間的計算を実行できます。
Enterprise Geocoding モジュールが SAP モジュールとともにライセンスされている場合は、顧
客、ベンダー、またはビジネス パートナーの住所を検証すると、住所に対する緯度および経度の
座標が自動的に追加されます。
Deduplication
Deduplication is the process of identifying duplicate records in a data set. The SAP modules allow
you to identify duplicate business partner records based on a variety of fields. Once duplicate records
are found you can then choose to ignore them or create a master record by merging information
found in each duplicate.
ビジネス パートナーの重複排除
ビジネス パートナー レコードを作成する際に、既存のビジネス パートナーを重複して作成して
いないかをチェックできます。
1. 新規のビジネス パートナーの作成時にトランザクション コード /NBP を入力します。
2. 新規のビジネス パートナーを作成します。
3. 情報の入力が終わったら、F8 キーを押すか、チェック アイコンをクリックします。
4. 入力した住所が有効でなければ、有効な住所の選択がメッセージで求められます。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
34
Using the SAP Interface
5. 作成中のレコードに似たレコードが既にあると、重複排除ウィンドウが表示されます。この
ウィンドウには、作成中のレコードと重複するか、重複の可能性があるレコードが表示されま
す。
• ポップアップされた重複を無視し、新規のレコードを作成するには、[続行] をクリックしま
す。
• 選択された重複を表示し、作成中のレコードを取り消すには、[重複に切り替え] をクリック
します。
• 選択された重複レコードを表示するには、[パートナーを表示] をクリックします。重複レコー
ドを表示した後で、[戻る] ボタンをクリックしてこのウィンドウに戻ります。
• トランザクション コード /NBUPA_CLEAR を使って 2 つのレコードを手動で結合するには、
[クレンジング ケースを作成] をクリックします。このオプションを使うと、どちらかのレ
コードをソース レコードとし、もう一方を結合のターゲット レコードに選択できます。
• 重複排除プロセスをキャンセルするには、赤い X をクリックします。
Merging Business Partner Records
Record Merging is the process of reconciling duplicate records. Duplicate records are reconciled
by merging the duplicate to the current record or by merging the current to the duplicate record.
注 : Merging is only available for Business Partner records.
1. トランザクション コード /N/HSGRP1/MASTER を入力します。
2. [住所別] および [住所タイプ別] セクションで、レポートに含めるレコードの選択に使うフィル
タ条件を指定します。
3. [住所ステータス別] セクションで、以下の 1 つ以上を選択します。
クレンジング済み
検証とクレンジングが行われた住所を含めるには、このボックスを
オンにします。
クレンジング未実行
検証とクレンジングがまだ行われていない住所を含めるには、この
ボックスをオンにします。
未検証
住所検証が無効になっているときに入力された住所を含めるには、
このボックスをオンにします。
4. [最大ヒット数] フィールドには、レポートに記載するレコードの最大数を入力します。
5. In the Duplicate Check Threshold field, enter a threshold for considering two records duplicates.
The threshold is a percentage that indicates the amount of similarity between two records that
qualifies them to be duplicates. For example, if you enter 30,0 any records that are 30% the
same will be considered duplicates. You must enter the percentage in the format percentage,0.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
35
Using the SAP Interface
6. F8 キーを押すか、実行アイコンをクリックします。
条件を満たすレコードが表示されます。[ステータス] 列は、各レコードの住所検証ステータス
を示します。
表 3 : ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
住所はありません。
7. Click Check for Duplicates to view the candidate duplicate or duplicates for the selected record.
8. In the Duplicates window, select the record that is a duplicate of the one you selected in the
main window then click one of the following buttons:
Merge Current To Duplicate
Merges the record from the main screen to the selected
record in the pop-up screen.
Merge Duplicate To Current
Merges the selected record of the pop-up screen to the
record of the main screen.
If the Batch Merging option is set to PBBI Merge Process, the records are merged automatically.
If the Batch Merging option is set to SAP Merge Process, the data cleansing cases are created
and the cleansing case process must be done manually to complete the merge.
注 : The Batch Merging option can be accessed by entering transaction code /NSPRO, clicking
SAP Reference IMG, then expanding SAP NetWeaver > Application Server > Basis
Services > Address Management > PBBI SAP DQC > Merging.
Batch Merging Business Partner Records
Batch merge is the process of merging business partner candidates with corresponding duplicates.
Business partner candidates flagged for archiving are not included in the process. The merge
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
36
Using the SAP Interface
behavior depends on whether the merge settings are set to the Pitney Bowes merge process or the
SAP merge process.
1. Enter the transaction code /NSE38.
2. In the Program field, enter /HSGRP1/BP_MERGING.
3. Press the F8 key or click the execute icon.
4. Enter the package size and specify whether you want the merged record to be archived.
5. Press the F8 key or click the execute icon.
6. After executing, a message confirming that batch merging has been completed is displayed.
Performing Batch Deduplication
Batch deduplication is the process of initializing the duplicate status field in the table
/HSGRP1/MATCHKEY.
1. Enter the transaction code /NSE38.
2. In the Program field, enter /HSGRP1/RSADRDEDUP.
3. Press the F8 key or click the execute icon.
4. Enter the package size then press the F8 key or click the execute icon.
Viewing the Log
The SAP Module uses the built-in application log of SAP. To view the log entries, you can enter the
transaction SLG1.
1. Enter the transaction code SLG1.
2. In the Object field, enter /HSGRP1/DQC.
This is the object name used to view logs specific to Spectrum™ Technology Platform.
3. Enter any filtering criteria you want to use to limit the transactions displayed in the log.
4. Press the F8 key or click the execute icon.
5. To view the XML message passed or received by the Spectrum™ Technology Platform server,
select a log and press the F7 key or click the details icon.
注 : XML message logs are created depending on the General Behavior settings.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
37
Using the SAP Interface
Resynchronizing the Index Pool
Index Pool Resynchronization is the process of reinitializing the table /HSGRP1/MATCHKEY.
• If there are records created during a downtime of some sort, there is a possibility that the search
process will not provide complete results. Upon creation, update, or search, automatic
resynchronization will take place to update the index. If the number of unsync records exceeds
the set threshold, you will be prompted to choose whether to continue the resync process or not.
Initializing Search Key
Search Key Initialization is the process of initializing the table /HSGRP1/MATCHKEY.
1. Enter the transaction code /NSE38.
2. In the Program field enter /HSGRP1/RSADRINI
3. Press the F8 key or click the execute icon.
4. Select the appropriate options.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
38
Using the SAP Interface
5. Press the F8 key or click the execute icon.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
39
4 - Using SAP Dynpro
このセクションの構成
Introduction
Business Partners
Customers
Vendor
Searching for an Address with Advanced Search
41
42
56
64
68
Using SAP Dynpro
Introduction
The Spectrum™ Technology Platform SAP Module improves the quality of you address data by
providing the following functions in your SAP Dynpro environment:
• Address Cleansing—correcting address information and validating addresses against a postal
database amongst partial or complete records.
• Address Duplicate Detection—identifying duplicate records in a data set for appropriate action.
• Fuzzy/Rough Search—searches for addresses that are already present on the database.
• Advanced Search—creation of new addresses by using interactive value generation and field
requirements.
The diagram below shows a typical SAP NetWeaver Portal and system architecture. Note the
connection to Spectrum™ Technology Platform to provide address validation.
図 1 : System Architecture
SAP NetWeaver Portal
SAP NetWeaver Portal offers a single point of access to SAP and non-SAP information sources,
enterprise applications, information repositories, databases, and services inside and outside your
organization through a single user experience.
SAP Server
SAP is an Enterprise Resource Planning (ERP) system.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
41
Using SAP Dynpro
Spectrum™ Technology Platform Server
Spectrum™ Technology Platform provides integration for end users to execute services and process
data. The server is managed using .NET clients (Management Console, Interactive Driver, and
Enterprise Designer). The server itself is written in Java for maximum platform support but can
leverage products written in other languages by building Java-based components on top of these
other products.
Business Partners
Creating a Business Partner - Person
A Business Partner - Person is a record for an individual person.
1. In a web browser, open the Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP page.
2. Click Create Business Partner then click Person.
3. Complete the following fields:
Field
Description
Title
A title of respect or professional title.
First Name
The person's given name. For example, in the name John Smith, John is the
first name.
Last Name
The person's family name. For example, in the name John Smith, Smith is
the last name.
Street/House
Number
The person's street and house or building number. For example, 430 Main
St.
City
The municipality name.
Postal Code
The postal code for the address.
Country
The country for the address.
Region
A sub-area within a country, such as a province, state, or district. You must
select a country before you select a region.
Tax Jurisdiction The proprietary codes used in ADP/Taxware tax compliance software. You
can use this code in your ADP/Taxware application to find out the tax rate for
the jurisdiction.
PO Box
A post office box number.
PO w/o number Check this box if you leave the PO Box field blank.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
42
Using SAP Dynpro
Field
Description
Postal Code
If you are entering a PO Box address, the postal code for the address.
Latitude
The latitude of the address. The latitude is a seven-digit number in degrees,
calculated to six decimal places.
Longitude
The longitude of the address. The longitude is a seven-digit number in degrees,
calculated to six decimal places.
CMRA
住所が Commercial Mail Receiving Agency (CMRA: 民間私書箱) であること
を表します。
DPV
Y
住所は CMRA です。
N
住所は CMRA ではありません。
U
確認できません。
Delivery Point Validation (DPV) 処理の結果を表します。
Y
DPV の確認済みです。 この住所に郵便物を配達できます。
N
この住所に郵便物を配達できません。
S
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は確認できま
せんでした。 建物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット番
号は、建物内のアパート、スイート、階など、各ユニットの郵便住
所番号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、12 はユ
ニット番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
D
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は入力から欠
落していました。 建物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニッ
ト番号は、建物内のアパート、スイート、階など、各ユニットの郵
便住所番号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、12
はユニット番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
M
住所は複数の有効な配達ポイントにマッチします。
U
住所は、ZIP + 4® レベルでコード化されなかったため、確認できま
せんでした。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
43
Using SAP Dynpro
Field
Description
V
RDI
EWS
住所は、誤検出違反を起こしました。
住所の種類を表す値を返します。
B
住所は、企業住所です。
R
住所は、個人住所です。
M
住所は、個人住所であるとともに企業住所でもあります。
NULL
住所が ZIP + 4® レベルでコード化されなかったか、または RDI™
が実行されなかったため、確認されていません。
The Early Warning System (EWS) uses the USPS® EWS File to validate
addresses that are not in the ZIP + 4® database. One of the following:
Y
Yes, the address was validated using the EWS file.
N
No, the address was not validated using the EWS file.
Telephone
The phone number for the person. If there is an extension, enter it in the Ext
field.
Fax
The fax number for the person. If there is an extension, enter it in the Ext
field.
Email
The email for the person.
4. Click Validate to validate the address.
• If the address can be validated, the Address Changed window displays. As you can see, the
validated address is properly cased and the postal code has been added.
• If the address matches multiple addresses in the postal data, the Address List pop-up displays:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
44
Using SAP Dynpro
• If the address could not be validated, the Invalid Address popup is displayed:
• To use the validated address in the business parter you are creating, click Accept Changes.
5. Click Deduplicate to verify that this entry is not already in the SAP system. This helps prevent
you from creating a duplicate record.
If one or more duplicate records are found, the following window is displayed:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
45
Using SAP Dynpro
The PV column (Postal Validation) indicates whether the address has been validated. The icons
in the column are described in the following table.
表 4 : ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
住所はありません。
• To continue with saving the new business partner and ignore the duplicates, click Continue.
• To view the selected duplicate and cancel the creation of the new business partner, click Switch
to Duplicate.
• To view the selected duplicate in a new popup window, click Display Partner.
• To return to the new business partner without taking any action on the duplicates, click Cancel.
6. After you have validated the address and checked for duplicates, click Save.
Creating a Business Partner - Organization
A Business Partner - Organization is a record for a company or other entity.
1. In a web browser, open the Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP page.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
46
Using SAP Dynpro
2. Click Create Business Partner then click Organization.
3. Complete the following fields:
Field
Description
Title
Select Company.
Name
The name of the company or organization.
Street/House
No.
The organization's street and house or building number. For example, 430
Main St.
City
The municipality name.
Postal Code
The postal code for the address.
Country
The country for the address.
Region
A sub-area within a country, such as a province, state, or district. You must
select a country before you select a region.
Tax
Jurisdiction
The proprietary codes used in ADP/Taxware tax compliance software. You
can use this code in your ADP/Taxware application to find out the tax rate for
the jurisdiction.
PO Box
A post office box number.
PO w/o number Check this box if you leave the PO Box field blank.
Postal Code
If you are entering a PO Box address, the postal code for the address.
Latitude
The latitude of the address. The latitude is a seven-digit number in degrees,
calculated to six decimal places.
Longitude
The longitude of the address. The longitude is a seven-digit number in degrees,
calculated to six decimal places.
CMRA
住所が Commercial Mail Receiving Agency (CMRA: 民間私書箱) であること
を表します。
DPV
Y
住所は CMRA です。
N
住所は CMRA ではありません。
U
確認できません。
Delivery Point Validation (DPV) 処理の結果を表します。
Y
DPV の確認済みです。 この住所に郵便物を配達できます。
N
この住所に郵便物を配達できません。
S
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は確認できませ
んでした。 建物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット番号
は、建物内のアパート、スイート、階など、各ユニットの郵便住所番
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
47
Using SAP Dynpro
Field
Description
号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、12 はユニッ
ト番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
D
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は入力から欠落
していました。 建物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット
番号は、建物内のアパート、スイート、階など、各ユニットの郵便住
所番号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、12 はユ
ニット番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
RDI
EWS
M
住所は複数の有効な配達ポイントにマッチします。
U
住所は、ZIP + 4® レベルでコード化されなかったため、確認できませ
んでした。
V
住所は、誤検出違反を起こしました。
住所の種類を表す値を返します。
B
住所は、企業住所です。
R
住所は、個人住所です。
M
住所は、個人住所であるとともに企業住所でもあります。
NULL
住所が ZIP + 4® レベルでコード化されなかったか、または RDI™
が実行されなかったため、確認されていません。
The Early Warning System (EWS) uses the USPS® EWS File to validate
addresses that are not in the ZIP + 4® database. One of the following:
Y
Yes, the address was validated using the EWS file.
N
No, the address was not validated using the EWS file.
Telephone
The phone number for the organization. If there is an extension, enter it in the
Ext field.
Fax
The fax number for the organization. If there is an extension, enter it in the
Ext field.
Email
The email for the organization.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
48
Using SAP Dynpro
4. Click Validate to validate the address.
• If the address can be validated, the Address Changed window displays. As you can see, the
validated address is properly cased and the postal code has been added.
• If the address matches multiple addresses in the postal data, the Address List pop-up displays:
• If the address could not be validated, the Invalid Address popup is displayed:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
49
Using SAP Dynpro
• To use the validated address in the business parter you are creating, click Accept Changes.
5. Click Deduplicate to verify that this entry is not already in the SAP system. This helps prevent
you from creating a duplicate record.
If one or more duplicate records are found, the following window is displayed:
The PV column (Postal Validation) indicates whether the address has been validated. The icons
in the column are described in the following table.
表 5 : ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
50
Using SAP Dynpro
アイコン
説明
住所はありません。
• To continue with saving the new business partner and ignore the duplicates, click Continue.
• To view the selected duplicate and cancel the creation of the new business partner, click Switch
to Duplicate.
• To view the selected duplicate in a new popup window, click Display Partner.
• To return to the new business partner without taking any action on the duplicates, click Cancel.
6. After you have validated the address and checked for duplicates, click Save.
Creating a Business Partner - Group
A Business Partner - Group is similar to a Business Partner - Person except there are two names
on the record. An example would be a married couple.
1. In a web browser, open the Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP page.
2. Click Create Business Partner then click Group.
3. Complete the following fields:
Field
Description
Title
Optional. If desired, you may select Mr. and Mrs.
Name 1
The name of one of the individuals in the group.
Name 2
The name of one of the individuals in the group.
Street/House
No.
The organization's street and house or building number. For example, 430
Main St.
City
The municipality name.
Postal Code
The postal code for the address.
Country
The country for the address.
Region
A sub-area within a country, such as a province, state, or district. You must
select a country before you select a region.
Tax
Jurisdiction
The proprietary codes used in ADP/Taxware tax compliance software. You
can use this code in your ADP/Taxware application to find out the tax rate for
the jurisdiction.
PO Box
A post office box number.
PO w/o number Check this box if you leave the PO Box field blank.
Postal Code
If you are entering a PO Box address, the postal code for the address.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
51
Using SAP Dynpro
Field
Description
Latitude
The latitude of the address. The latitude is a seven-digit number in degrees,
calculated to six decimal places.
Longitude
The longitude of the address. The longitude is a seven-digit number in degrees,
calculated to six decimal places.
CMRA
住所が Commercial Mail Receiving Agency (CMRA: 民間私書箱) であること
を表します。
DPV
Y
住所は CMRA です。
N
住所は CMRA ではありません。
U
確認できません。
Delivery Point Validation (DPV) 処理の結果を表します。
Y
DPV の確認済みです。 この住所に郵便物を配達できます。
N
この住所に郵便物を配達できません。
S
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は確認できませ
んでした。 建物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット番号
は、建物内のアパート、スイート、階など、各ユニットの郵便住所番
号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、12 はユニッ
ト番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
D
建物番号の妥当性は確認できましたが、ユニット番号は入力から欠落
していました。 建物番号は、建物の主要な住所番号です。 ユニット
番号は、建物内のアパート、スイート、階など、各ユニットの郵便住
所番号です。 例えば、以下の住所の場合、424 は建物番号、12 はユ
ニット番号です。
424 Washington Blvd. Apt. 12
Oak Park IL 60302
USA
M
住所は複数の有効な配達ポイントにマッチします。
U
住所は、ZIP + 4® レベルでコード化されなかったため、確認できませ
んでした。
V
住所は、誤検出違反を起こしました。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
52
Using SAP Dynpro
Field
Description
RDI
住所の種類を表す値を返します。
EWS
B
住所は、企業住所です。
R
住所は、個人住所です。
M
住所は、個人住所であるとともに企業住所でもあります。
NULL
住所が ZIP + 4® レベルでコード化されなかったか、または RDI™
が実行されなかったため、確認されていません。
The Early Warning System (EWS) uses the USPS® EWS File to validate
addresses that are not in the ZIP + 4® database. One of the following:
Y
Yes, the address was validated using the EWS file.
N
No, the address was not validated using the EWS file.
Telephone
The phone number for the organization. If there is an extension, enter it in the
Ext field.
Fax
The fax number for the organization. If there is an extension, enter it in the
Ext field.
Email
The email for the organization.
4. Click Validate to validate the address.
• If the address can be validated, the Address Changed window displays. As you can see, the
validated address is properly cased and the postal code has been added.
• If the address matches multiple addresses in the postal data, the Address List pop-up displays:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
53
Using SAP Dynpro
• If the address could not be validated, the Invalid Address popup is displayed:
• To use the validated address in the business parter you are creating, click Accept Changes.
5. Click Deduplicate to verify that this entry is not already in the SAP system. This helps prevent
you from creating a duplicate record.
If one or more duplicate records are found, the following window is displayed:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
54
Using SAP Dynpro
The PV column (Postal Validation) indicates whether the address has been validated. The icons
in the column are described in the following table.
表 6 : ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
住所はありません。
• To continue with saving the new business partner and ignore the duplicates, click Continue.
• To view the selected duplicate and cancel the creation of the new business partner, click Switch
to Duplicate.
• To view the selected duplicate in a new popup window, click Display Partner.
• To return to the new business partner without taking any action on the duplicates, click Cancel.
6. After you have validated the address and checked for duplicates, click Save.
Viewing and Modifying a Business Partner
1. In a web browser, open the Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP page.
2. Click Display Business Partner.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
55
Using SAP Dynpro
3. Enter the business partner number. If you do not know the business partner number you can
look it up using the fuzzy search feature. For more information, see Searching for a Business
Partner(56ページ).
4. Click Change.
5. Edit the business partner. For additional information, see Creating a Business Partner Organization(46ページ) and Creating a Business Partner - Person(42ページ).
Searching for a Business Partner
Error-tolerant searches allow you to find business partners even if the pieces of information are
incomplete or partly wrong. The search displays a list of possible matches.
1. In a web browser, open the Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP page.
2. Click Business Partner.
3. Click Fuzzy/Rough Search.
4. In the Name field, enter the name of the business partner you are searching for.
5. Under Street Address, enter as much address information as you know.
6. Click Fuzzy/Rough Search.
Customers
顧客 - 一般の作成
通常、顧客 - 一般レコードは、顧客が企業などの団体である場合に使用します。
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. ページの上部にある [顧客] をクリックします。
3. [顧客の作成]、[顧客一般の作成] の順にクリックします。
4. 以下のフィールドに必要な情報を入力します。
フィールド
説明
Title
A title of respect or professional title.
名前
顧客が企業の場合、企業名を入力します。 顧客が個人の場合、最
初のフィールドに名を、2 番目のフィールドに姓を入力します。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
56
Using SAP Dynpro
フィールド
説明
Street/House Number
The person's street and house or building number. For example, 430
Main St.
City
The municipality name.
Postal Code
The postal code for the address.
Country
The country for the address.
Region
A sub-area within a country, such as a province, state, or district.
You must select a country before you select a region.
PO Box
A post office box number.
Postal Code
If you are entering a PO Box address, the postal code for the address.
Telephone
The phone number for the person. If there is an extension, enter it
in the Ext field.
Fax
The fax number for the person. If there is an extension, enter it in
the Ext field.
Email
The email for the person.
5. [検証] をクリックして住所を検証します。
• 住所を検証できる場合は、変更された住所のウィンドウが表示されます。 ご覧のように、検
証された住所では大文字と小文字が適切に区別され、郵便番号が追加されています。
• 住所が郵便データ内の複数の住所にマッチした場合は、住所リストがポップアップ表示され
ます。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
57
Using SAP Dynpro
• 住所を検証できなかった場合は、無効な住所のポップアップが表示されます。
• 作成している企業パートナーで検証された住所を使用するには、[変更の承諾] をクリックし
ます。
6. Click Deduplicate to verify that this entry is not already in the SAP system. This helps prevent
you from creating a duplicate record.
If one or more duplicate records are found, the following window is displayed:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
58
Using SAP Dynpro
The PV column (Postal Validation) indicates whether the address has been validated. The icons
in the column are described in the following table.
Table 7: ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
住所はありません。
• To continue with saving the new business partner and ignore the duplicates, click Continue.
• To view the selected duplicate and cancel the creation of the new business partner, click Switch
to Duplicate.
• To view the selected duplicate in a new popup window, click Display Partner.
• To return to the new business partner without taking any action on the duplicates, click Cancel.
7. 住所を検証して重複がないことを確認したら、[保存] をクリックします。
顧客 - 消費者の作成
顧客 - 消費者レコードは、企業ではなく個人の顧客向けです。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
59
Using SAP Dynpro
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. ページの上部にある [顧客] をクリックします。
3. [顧客の作成]、[顧客一般の作成] の順にクリックします。
4. 以下のフィールドに必要な情報を入力します。
フィールド
説明
Title
A title of respect or professional title.
First Name
The person's given name. For example, in the name John Smith,
John is the first name.
Last Name
The person's family name. For example, in the name John Smith,
Smith is the last name.
Street/House Number
The person's street and house or building number. For example,
430 Main St.
City
The municipality name.
Postal Code
The postal code for the address.
Country
The country for the address.
Region
A sub-area within a country, such as a province, state, or district.
You must select a country before you select a region.
PO Box
A post office box number.
Postal Code
If you are entering a PO Box address, the postal code for the
address.
Telephone
The phone number for the person. If there is an extension, enter
it in the Ext field.
Fax
The fax number for the person. If there is an extension, enter it in
the Ext field.
Email
The email for the person.
5. [検証] をクリックして住所を検証します。
• 住所を検証できる場合は、変更された住所のウィンドウが表示されます。 ご覧のように、検
証された住所では大文字と小文字が適切に区別され、郵便番号が追加されています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
60
Using SAP Dynpro
• 住所が郵便データ内の複数の住所にマッチした場合は、住所リストがポップアップ表示され
ます。
• 住所を検証できなかった場合は、無効な住所のポップアップが表示されます。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
61
Using SAP Dynpro
• 作成している企業パートナーで検証された住所を使用するには、[変更の承諾] をクリックし
ます。
6. Click Deduplicate to verify that this entry is not already in the SAP system. This helps prevent
you from creating a duplicate record.
If one or more duplicate records are found, the following window is displayed:
The PV column (Postal Validation) indicates whether the address has been validated. The icons
in the column are described in the following table.
Table 8: ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
62
Using SAP Dynpro
アイコン
説明
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
住所はありません。
• To continue with saving the new business partner and ignore the duplicates, click Continue.
• To view the selected duplicate and cancel the creation of the new business partner, click Switch
to Duplicate.
• To view the selected duplicate in a new popup window, click Display Partner.
• To return to the new business partner without taking any action on the duplicates, click Cancel.
7. 住所を検証して重複がないことを確認したら、[保存] をクリックします。
顧客の表示と変更
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. ページの上部にある [顧客] をクリックします。
3. [顧客の表示] をクリックします。
4. 顧客番号を入力します。 顧客番号がわからない場合は、あいまい検索機能を利用して調べるこ
とができます。 詳細については、顧客の検索 on page 63を参照してください。
5. [変更] をクリックします。
6. 顧客を編集します。 詳細については、顧客 - 一般の作成 on page 56および顧客 - 消費者の作成
on page 59を参照してください。
顧客の検索
エラーを許容する検索では、情報が不完全であったり部分的に間違っていたりしても顧客を見つ
け出すことができます。 この検索では、可能性のあるマッチング結果のリストが表示されます。
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. ページの上部にある [顧客] をクリックします。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
63
Using SAP Dynpro
3. [あいまい/大まかな検索] をクリックします。
4. [名前] フィールドに、検索する顧客の名前を入力します。
5. [通りの住所] に、知っている限りの住所情報を入力します。
6. [あいまい/大まかな検索] をクリックします。
Vendor
ベンダーの作成
通常、ベンダーは、組織にとってのベンダーの役割を果たす特定の個人に対して使用します。
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. [ベンダーの作成] をクリックします。
3. 以下のフィールドに必要な情報を入力します。
フィールド
説明
肩書
敬称または専門的な資格。 ベンダーが個人ではなく組織の場合は、
企業を選択します。
名前
ベンダーの名前。 個人または企業のどちらかになります。
Street/House Number
The person's street and house or building number. For example, 430
Main St.
City
The municipality name.
Postal Code
The postal code for the address.
Country
The country for the address.
Region
A sub-area within a country, such as a province, state, or district.
You must select a country before you select a region.
PO Box
A post office box number.
Postal Code
If you are entering a PO Box address, the postal code for the address.
Telephone
The phone number for the person. If there is an extension, enter it
in the Ext field.
Fax
The fax number for the person. If there is an extension, enter it in
the Ext field.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
64
Using SAP Dynpro
フィールド
説明
Email
The email for the person.
4. [検証] をクリックして住所を検証します。
• 住所を検証できる場合は、変更された住所のウィンドウが表示されます。 ご覧のように、検
証された住所では大文字と小文字が適切に区別され、郵便番号が追加されています。
• 住所が郵便データ内の複数の住所にマッチした場合は、住所リストがポップアップ表示され
ます。
• 住所を検証できなかった場合は、無効な住所のポップアップが表示されます。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
65
Using SAP Dynpro
• 作成している企業パートナーで検証された住所を使用するには、[変更の承諾] をクリックし
ます。
5. Click Deduplicate to verify that this entry is not already in the SAP system. This helps prevent
you from creating a duplicate record.
If one or more duplicate records are found, the following window is displayed:
The PV column (Postal Validation) indicates whether the address has been validated. The icons
in the column are described in the following table.
Table 9: ステータス アイコン
アイコン
説明
住所はチェック済みで、参照データに準拠しています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
66
Using SAP Dynpro
アイコン
説明
住所はチェック済みですが、参照データに準拠していません。ユーザだけがこのステータ
スを設定できます。
住所はチェックされていないか、クレンジングに失敗しました。
住所はありません。
• To continue with saving the new business partner and ignore the duplicates, click Continue.
• To view the selected duplicate and cancel the creation of the new business partner, click Switch
to Duplicate.
• To view the selected duplicate in a new popup window, click Display Partner.
• To return to the new business partner without taking any action on the duplicates, click Cancel.
6. 住所を検証して重複がないことを確認したら、[保存] をクリックします。
ベンダーの表示と変更
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. [ベンダーの表示] をクリックします。
3. ベンダー番号を入力します。 ベンダー番号がわからない場合は、あいまい検索機能を利用して
調べることができます。 詳細については、ベンダーの検索 on page 67を参照してください。
4. [変更] をクリックします。
5. ベンダーを編集します。 その他の情報については、ベンダーの表示と変更 on page 67を参照
してください。
ベンダーの検索
エラーを許容する検索では、情報が不完全であったり部分的に間違っていたりしてもベンダーを
見つけ出すことができます。 この検索では、可能性のあるマッチング結果のリストが表示されま
す。
1. Web ブラウザーで、Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP のページを開き
ます。
2. [ベンダー] をクリックします。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
67
Using SAP Dynpro
3. [あいまい/大まかな検索] をクリックします。
4. [名前] フィールドに、検索するベンダーの名前を入力します。
5. [通りの住所] に、知っている限りの住所情報を入力します。
6. [あいまい/大まかな検索] をクリックします。
Searching for an Address with Advanced Search
Advanced search helps you find an address when you only know part of the address.
注 : Advanced search is only available for addresses in Canada and the U.S. You must have
licensed the Address Now Module in order to use Advanced Search.
1. In a web browser, open the Pitney Bowes Spectrum Data Quality Connector for SAP page.
2. Click Advanced Search.
3. Enter part of the address that you know then click the binoculars icon.
The possible matches for your search are displayed in the In-Context Alternatives and
Out-of-Context Alternatives lists. In-context results are those that are valid in combination with
the address elements you have already committed, and out-of-context results are those that are
not valid in combination with the elements you have already committed.
For example, in the U.S. the following cities exist:
In Illinois:
•
•
•
•
•
CHICAGO
CHICAGO HTS
CHICAGO RIDGE
NORTH CHICAGO
WEST CHICAGO
In Indiana:
• EAST CHICAGO
In Nevada:
• CHICAGO PARK
If you have already committed a value of "IN" (Indiana) for the state and then searched for the
city "chicago", EAST CHICAGO would be an "in context" result because it exists in Indiana, and
all the other matches for "chicago" would be out-of-context results. Likewise, if you committed a
value of "IL" (Illinois) for the state, EAST CHICAGO and CHICAGO PARK would be out of context,
and CHICAGO, CHICAGO HTS, CHICAGO RIDGE, NORTH CHICAGO, and WEST CHICAGO
would be "in context."
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
68
Using SAP Dynpro
4. Click the value you want in either In Conext Alternatives or Out of Context Alternatives, then
click Select in Context or Select Out of Context to apply your selection to the search criteria.
5. Click the binoculars icon next to a blank field to see options for that field.
6. Continue searching until all fields are complete enough for it to be considered as a complete and
valid address.
注 : To clear your results and start over, click New Search.
7. To create a new record using the address, click Create Customer.
Advanced Search Example
The following example illustrates how to search for an address when you only know
parts of the address. In this example, you know the ZIP Code, Street name, and
Suite number but not the city, state,
1. In the Zip field, enter 60610 and click the binoculars icon.
2. Under In Context Alternatives, select 60610 and click Select In Context.
3. Click the binoculars button next to the Street field. A list of streets in the 60610
ZIP Code is displayed.
4. Scroll down and select N STATE ST then click Select In Context.
5. Click the binoculars button next to the Premise-No field. A list of valid building
numbers for N STATE ST in the 60610 ZIP Code is displayed.
6. Select 1050 then click Select In Context.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
69
5 - インタラクション
センタ Web クライア
ントの使用
このセクションの構成
Searching
Creating a Business Partner Account
Modifying a Business Partner Account
Validating an Address
Data Deduplication
71
72
73
74
76
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
Searching
Error-tolerant search allow users to find customers, vendors, prospects, or business partners, even
if the pieces of information are incomplete or partly wrong.
The querying page of CRM IC Web Client is the default page that will be loaded after you have login
to IC Web Client.
Button
Function
Search Account
Perform search using the provided information
Clear
Clear all the fields
Go to create account page
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
71
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
Entering any information in the search field will perform the error-tolerant search. When multiple
matches were found, results will be displayed in the Result List table. When exact match was found,
Modify Account page will be displayed.
Here, the user can choose (select) from the result list to display the details of the account, or simply
click on Clear button to reset the search.
Creating a Business Partner Account
The Create Account page is used for creating a business partner account. It can be accessed by
clicking the Create Account button in the search screen.
Button
Function
Perform postal validation and data de-duplication and save the created account.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
72
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
Button
Function
Cancels the create account process. It will return to previous screen.
Enter
Perform postal validation and data de-duplication.
During the creation of account, data cleansing and data deduplication will be performed.
Modifying a Business Partner Account
The Modify Account page is used for displaying or modifying a business partner account. It can be
accessed by selecting an account in search screen.
Button
Function
Confirm
Confirm the account
Perform postal validation and data de-duplication then save the account.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
73
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
Cancels the modify account process. It will return to previous screen
Related
Create related business partner or contact person.
Start modifying the account. This button should be clicked to enable Save button
Enter
Perform postal validation and data de-duplication.
To start modifying the account, click Edit. When you are finished modifying the account, click the
save button, Data cleansing and data de-duplication will be performed.
Validating an Address
When you enter an address into SAP, the SAP Module attempts to validate the address and allows
you to accept or reject the validated address.
1. Enter the address data in SAP.
For example:
33 milk st, boston, ma, US
2. When you save the record, the address validation process attempts to validate the address.
Depending on the result of the validation process, one of the following windows appears:
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
74
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
• If the address can be validated, the Postal Validation window shows the validated (Proposed)
address and the address as you entered it (Current Address).
• If the address you entered matches to multiple addresses in the postal data, the Address List
Popup displays candidate addresses.
• If the address cannot be validated, the Invalid Entry Popup displays with the appropriate error
message.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
75
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
3. Choose the action you want to perform:
• Click Accept Changes to accept the address in the Proposed Address column.
• Click Accept Current to accept the address in the Current Address column.
• Click
to cancel the validation.
Data Deduplication
Data deduplication is the process of identifying duplicate records in a data set. These duplicate
records will be presented to the user so that appropriate action (i.e. ignore or choose duplicate
record) can be taken.
If a record in the system is similar with the record being created, Data deduplication takes place
after address validation. The duplicate result list shows the candidate duplicate or duplicates of the
record being created.
Button
Function
Check
Check if the modified information still contains duplicates.
Pushes through with the creation of the current record
Cancels deduplication and account creation.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
76
インタラクションセンタ Web クライアントの使用
Enter
Same as Check button
User can select the candidate duplicate by clicking on the Result List table. When a duplicate was
selected, it will cancel the creation of current account.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
77
Appendix
このセクションの構成
各国の ISO コードとモジュール サポート
79
A - 各国の ISO コード
とモジュール サポート
このセクションの構成
各国の ISO コードとモジュール サポート
80
各国の ISO コードとモジュール サポート
各国の ISO コードとモジュール サポート
次の表に、各国の ISO コードと、各国の住所作成、ジオコーディング、およびルーティングをサ
ポートするモジュールを示します。
Enterprise Geocoding モジュールにアフリカ (30 か国)、中東 (8 か国)、ラテン アメリカ (20 か国)
のデータベースが含まれていることに注意してください。 これらのデータベースは、国別のジオ
コーディング データベースがない、各地域の比較的小さな国をカバーします。 [サポートされる
モジュール] 列は、これらのアフリカ、中東、ラテン アメリカ データベースに含まれる国を示し
ています。
また、Geocode Address World データベースは、すべての国について地図上の限定的な郵便ジオ
コーディング (ストリート レベルではない) を提供します。
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Afghanistan
AF
AFG
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Aland Islands
AX
ALA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Albania
AL または SQ
(Routing)
ALB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Algeria
DZ
DZA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
American Samoa
AS
ASM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
80
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Andorra
AD
AND
Address Now モジュール
1
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
1
Angola
AO
AGO
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Anguilla
AI
AIA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Antarctica
AQ
ATA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Antigua And Barbuda
AG
ATG
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Argentina
AR
ARG
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Armenia
AM
ARM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Aruba
AW
ABW
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
Andorra は、Spain のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
81
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
リカ)
Universal Addressing モジュール
Australia
AU
AUS
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Austria
AT
AUT
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Azerbaijan
AZ
AZE
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Bahamas
BS
BHS
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Bahrain
BH
BHR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
Bangladesh
BD
BGD
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Barbados
BB
BRB
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
82
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
リカ)
Universal Addressing モジュール
Belarus
BY
BLR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Belgium
BE
BEL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Belize
BZ
BLZ
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Benin
BJ
BEN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Bermuda
BM
BMU
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Bhutan
BT
BTN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Bolivia, Plurinational State Of
BO
BOL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
83
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
リカ)
Universal Addressing モジュール
Bonaire, Saint Eustatius And Saba BQ
BES
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Bosnia And Herzegovina
BA
BIH
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Botswana
BW
BWA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Bouvet Island
BV
BVT
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Brazil
BR
BRA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
British Indian Ocean Territory
IO
IOT
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Brunei Darussalam
BN
BRN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
84
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Bulgaria
BG
BGR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Burkina Faso
BF
BFA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Burundi
BI
BDI
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Cambodia
KH
KHM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Cameroon
CM
CMR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Canada
CA
CAN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Cape Verde
CV
CPV
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Cayman Islands
KY
CYM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
85
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Central African Republic
CF
CAF
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Chad
TD
TCD
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Chile
CL
CHL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
GeoComplete モジュール
China
CHN
CN または
zh_CN (Routing)
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Christmas Island
CX
CXR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Cocos (Keeling) Islands
CC
CCK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Colombia
CO
COL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Comoros
KM
COM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
86
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Congo
CG
COG
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Congo, The Democratic Republic
Of The
CD
COD
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Cook Islands
CK
COK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Costa Rica
CR
CRI
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Côte d'Ivoire
CI
CIV
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Croatia
HR
HRV
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Cuba
CU
CUB
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
87
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Curacao
CW
CUW
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Cyprus
CY
CYP
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Czech Republic
CZ または CS
(Routing)
CZE
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
GeoComplete モジュール
Denmark
DK
DNK
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Djibouti
DJ
DJI
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Dominica
DM
DMA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Dominican Republic
DO
DOM
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Ecuador
EC
ECU
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
88
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
リカ)
Universal Addressing モジュール
Egypt
EG
EGY
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
El Salvador
SV
SLV
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Equatorial Guinea
GQ
GNQ
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Eritrea
ER
ERI
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Estonia
EE
EST
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Ethiopia
ET
ETH
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Falkland Islands (Malvinas)
FK
FLK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
89
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Faroe Islands
FO
FRO
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Fiji
FJ
FJI
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Finland
FI
FIN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
France
FR
FRA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
French Guiana
GF
GUF
Address Now モジュール
2
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
2
French Polynesia
PF
PYF
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
French Southern Territories
TF
ATF
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
French Guiana は、France のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
90
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Gabon
GA
GAB
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Gambia
GM
GMB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Georgia
GE
GEO
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Germany
DE
DEU
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Ghana
GH
GHA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Gibraltar
GI
GIB
Address Now モジュール
3
Enterprise Geocoding モジュール Universal
Addressing モジュール
Greece
3
GR
GRC
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Gibraltar は、Spain のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
91
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Greenland
GL
GRL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Grenada
GD
GRD
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Guadeloupe
GP
GLP
Address Now モジュール
4
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
4
Guam
GU
GUM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Guatemala
GT
GTM
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Guernsey
GG
GGY
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Guinea
GN
GIN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Guinea-Bissau
GW
GNB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Guadeloupe は、France のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
92
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Guyana
GY
GUY
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Haiti
HT
HTI
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Heard Island and McDonald Islands HM
HMD
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Holy See (Vatican City State)
VAT
Address Now モジュール
5
Enterprise Geocoding モジュール
VA
Universal Addressing モジュール
5
Honduras
HN
HND
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Hong Kong
HK
HKG
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Hungary
HU
HUN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Vatican は、Italy のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
93
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Iceland
IS
ISL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
India
IN
IND
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Indonesia
ID
IDN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Iran, Islamic Republic Of
IR
IRN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Iraq
IQ
IRQ
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Ireland
IE
IRL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Isle Of Man
IM
IMN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Israel
IL
ISR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
94
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Italy
IT
ITA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Jamaica
JM
JAM
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Japan
JP
JPN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Jersey
JE
JEY
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Jordan
JO
JOR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Kazakhstan
KZ
KAZ
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Kenya
KE
KEN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
95
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Kiribati
KI
KIR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Korea, Democratic People's
Republic Of
KP
PRK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Korea, Republic Of
KR
KOR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Kosovo
KS
KOS
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Kuwait
KW
KWT
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
Kyrgyzstan
KG
KGZ
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Lao People's Democratic Republic LA
LAO
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Latvia
LVA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
LV
SAP モジュール ユーザ ガイド
96
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Lebanon
LB
LBN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
Lesotho
LS
LSO
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Liberia
LR
LBR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Libyan Arab Jamahiriya
LY
LBY
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Liechtenstein
LI
LIE
Address Now モジュール
6
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Lithuania
LT
LTU
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Luxembourg
LU
LUX
Address Now モジュール
7
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
6
7
Liechtenstein は、Switzerland のジオコーダでサポートされています。
Luxembourg は、Belgium のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
97
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Macao
MO
MAC
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Macedonia, Former Yugoslav
Republic Of
MK
MKD
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Madagascar
MG
MDG
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Malawi
MW
MWI
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Malaysia
MY
MYS
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Maldives
MV
MDV
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Mali
ML
MLI
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
98
各国の ISO コードとモジュール サポート
8
9
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Malta
ML
MLT
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Marshall Islands
MH
MHL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Martinique
MQ
MTQ
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール グアドルー
プは、France のジオコーダでサポートされて
います。 Universal Addressing モジュール
Mauritania
MR
MRT
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Mauritius
MU
MUS
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Mayotte
YT
MYT
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール Universal
Addressing モジュール
Mexico
MX
MEX
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Martinique は、France のジオコーダでサポートされています。
Mayotte は、France のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
99
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Micronesia, Federated States Of
FM
FSM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Moldova, Republic Of
MD
MDA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Monaco
MC
MCO
Address Now モジュール
10
Enterprise Geocoding モジュール Universal
Addressing モジュール
10
Mongolia
MN
MNG
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Montenegro
ME
MNE
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Montserrat
MS
MSR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Morocco
MA
MAR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Mozambique
MZ
MOZ
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Monaco は、France のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
100
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Myanmar
MM
MMR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Namibia
NA
NAM
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Nauru
NR
NRU
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Nepal
NP
NPL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Netherlands
NL
NLD
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
New Caledonia
NC
NCL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
New Zealand
NZ
NZL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Nicaragua
NI
NIC
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
101
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Niger
NE
NER
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Nigeria
NG
NGA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Niue
NU
NIU
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Norfolk Island
NF
NFK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Northern Mariana Islands
MP
MNP
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Norway
NO
NOR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Oman
OM
OMN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
Pakistan
PK
PAK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
102
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Palau
PW
PLW
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Palestinian Territory, Occupied
PS
PSE
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Panama
PA
PAN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Papua New Guinea
PG
PNG
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Paraguay
PY
PRY
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Peru
PE
PER
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Philippines
PH
PHL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Pitcairn
PN
PCN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
103
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Poland
PL
POL
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Portugal
PT
PRT
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Puerto Rico
PR
PRI
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Qatar
QA
QAT
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
Reunion
RE
REU
Address Now モジュール
11
Enterprise Geocoding モジュール Universal
Addressing モジュール
Romania
RO
ROU
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Russian Federation
11
RU
RUS
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Reunion は、France のジオコーダでサポートされます。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
104
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Rwanda
RW
RWA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Saint Barthelemy
BL
BLM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Saint Helena, Ascension & Tristan SH
Da Cunha
SHE
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Saint Kitts and Nevis
KN
KNA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Saint Lucia
LC
LCA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Saint Martin (French Part)
MF
MAF
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Saint Pierre and Miquelon
PM
SPM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Saint Vincent And The Grenadines VC
VCT
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
105
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Samoa
WS
WSM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
San Marino
SM
SMR
Address Now モジュール
12
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
12
Sao Tome And Principe
ST
STP
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Saudi Arabia
SA
SAU
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
Senegal
SN
SEN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Serbia
RS
SRB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Seychelles
SC
SYC
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Sierra Leone
SL
SLE
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
San Marino は、Italy のジオコーダでサポートされています。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
106
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Singapore
SG
SGP
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Sint Maarten (Dutch Part)
SX
SXM
Universal Addressing モジュール
Slovakia
SK
SVK
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Slovenia
SI
SVN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Solomon Islands
SB
SLB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Somalia
SO
SOM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
South Africa
ZA
ZAF
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
107
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
South Georgia And The South
Sandwich Islands
GS
SGS
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
South Sudan
SS
SSD
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spain
ES
ESP
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Sri Lanka
LK
LKA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Sudan
SD
SDN
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Suriname
SR
SUR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Svalbard And Jan Mayen
SJ
SJM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Swaziland
SZ
SWZ
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
108
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Sweden
SE
SWE
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Switzerland
CH
CHE
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Syrian Arab Republic
SY
SYR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Taiwan, Province of China
TWN
TW または
zh_TW (Routing)
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Tajikistan
TJ
TJK
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Tanzania, United Republic Of
TZ
TZA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Enterprise Routing モジュール
Thailand
TH
THA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
109
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Timor-Leste
TL
TLS
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Togo
TG
TGO
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Tokelau
TK
TKL
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Tonga
TO
TON
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Trinidad and Tobago
TT
TTO
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (ラテン アメ
リカ)
Universal Addressing モジュール
Tunisia
TN
TUN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Turkey
TR
TUR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Turkmenistan
TM
TKM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
110
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Turks And Caicos Islands
TC
TCA
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Tuvalu
TV
TUV
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Uganda
UG
UGA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Ukraine
UA
UKR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
United Arab Emirates
AE
ARE
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (中東)
Universal Addressing モジュール
United Kingdom
GB
GBR
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
United States
US
USA
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Enterprise Routing モジュール
Universal Addressing モジュール
GeoComplete モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
111
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
United States Minor Outlying
Islands
UM
UMI
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Uruguay
UY
URY
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Uzbekistan
UZ
UZB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Vanuatu
VU
VUT
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Venezuela, Bolivarian Republic Of VE
VEN
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール
Universal Addressing モジュール
Viet Nam
VN
VNM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Virgin Islands, British
VG
VGB
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Virgin Islands, U.S.
VI
VIR
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Wallis and Futuna
WF
WLF
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
112
各国の ISO コードとモジュール サポート
ISO 国名
ISO 3116-1
Alpha-2
ISO 3116-1
Alpha-3
サポートされるモジュール
Western Sahara
EH
ESH
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Yemen
YE
YEM
Address Now モジュール
Universal Addressing モジュール
Zambia
ZM
ZMB
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Zimbabwe
ZW
ZWE
Address Now モジュール
Enterprise Geocoding モジュール (アフリカ)
Universal Addressing モジュール
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
113
著作権に関する通知
著作権
© 2015 Pitney Bowes Software Inc. All rights reserved. MapInfo および Group 1 Software は Pitney
Bowes Software Inc. の商標です。その他のマークおよび商標はすべて、それぞれの所有者の資産
です。
USPS® 情報
Pitney Bowes Inc. は、ZIP + 4® データベースを光学および磁気媒体に発行および販売する非独占
的ライセンスを所有しています。 CASS、CASS 認定、DPV、eLOT、FASTforward、First-Class
Link
Link
Mail、Intelligent Mail、LACS 、NCOA 、PAVE、PLANET Code、Postal Service、POSTNET、
Link
Post Office、RDI、Suite 、United States Postal Service、Standard Mail、United States Post
Office、USPS、ZIP Code、および ZIP + 4 の各商標は United States Postal Service が所有しま
す。 United States Postal Service に帰属する商標はこれに限りません。
Link®
Pitney Bowes Inc. は、NCOA
処理に対する USPS® の非独占的ライセンスを所有しています。
Pitney Bowes Software の製品、オプション、およびサービスの価格は、USPS® または米国政府
によって規定、制御、または承認されるものではありません。 RDI™ データを利用して郵便送料
を判定する場合に、使用する郵便配送業者の選定に関するビジネス上の意思決定が USPS® また
は米国政府によって行われることはありません。
データ プロバイダおよび関連情報
このメディアに含まれて、Pitney Bowes Software アプリケーション内で使用されるデータ製品
は、各種商標によって、および次の 1 つ以上の著作権によって保護されています。
©
Copyright United States Postal Service. All rights reserved.
2014 TomTom. All rights reserved. TomTom および TomTom ロゴは TomTom N.V の登録商標
です。
©
©
1987 - 2014 HERE. All rights reserved.
Fuente: INEGI (Instituto Nacional de Estadística y Geografía)
電子データに基づいています。© National Land Survey Sweden.
©
Copyright United States Census Bureau
©
Copyright Nova Marketing Group, Inc.
このプログラムの一部は著作権で保護されています。© Copyright 1993-2007 by Nova Marketing
Group Inc. All Rights Reserved
©
Copyright Second Decimal, LLC
©
Copyright Canada Post Corporation
この CD-ROM には、Canada Post Corporation が著作権を所有している編集物からのデータが収
録されています。
©
2007 Claritas, Inc.
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
115
著作権
Geocode Address World データ セットには、
http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/legalcode に存在するクリエイティブ コモンズ ア
トリビューション ライセンス (「アトリビューション ライセンス」) の下に提供されている
GeoNames Project (www.geonames.org) からライセンス供与されたデータが含まれています。 お
客様による GeoNames データ (Spectrum™ Technology Platform ユーザ マニュアルに記載) の使
用は、アトリビューション ライセンスの条件に従う必要があり、お客様と Pitney Bowes Software,
Inc. との契約と、アトリビューション ライセンスの間に矛盾が生じる場合は、アトリビューショ
ン ライセンスのみに基づいてそれを解決する必要があります。お客様による GeoNames データ
の使用に関しては、アトリビューション ライセンスが適用されるためです。
ICU 情報
Copyright © 1995-2011 International Business Machines Corporation and others.
All rights reserved.
ここでの許可は、このソフトウェアおよび関連ドキュメント ファイル (以下「ソフトウェア」) の
コピーを取得する任意のユーザに無償で付与されるものであり、ソフトウェアのコピーを使用、
複製、改変、結合、発行、頒布、および/または販売する権利に対する制限などの制約を一切受け
ることなくソフトウェアを扱い、かつ、ソフトウェアが提供されるユーザがそうした目的で使用
することを認めるもので、その条件として、上記の著作権情報およびここでの許可情報をソフト
ウェアのすべてのコピーに掲載すること、かつ上記の著作権情報およびここでの許可情報の両方
を補足ドキュメントに掲載する必要があります。
ソフトウェアは、何等保証のない「現状有姿」で提供されるものであり、商品性、特定用途に対
する適合性、第三者の権利非侵害、およびその他について、明示であると黙示であるとを問わず、
一切保証しないものとします。 いかなる場合も、ここに記載される著作権所有者は、あらゆる請
求に対して、あるいは契約上の行為であれ、怠慢であれ、このソフトウェアの使用またはパフォー
マンスに起因または関連して発生するその他の不法行為であれ、使用不能損失、データ損失、ま
たは利益損失を原因として発生する特別損害、間接損害、派生的損害、またはその他のいかなる
損害に対しても、一切責任を負わないものとします。
ここでの記載を除き、著作権所有者の名前を、著作権所有者の書面による事前の許可なく、広告
で、あるいはこのソフトウェアの販売、使用、または取扱を促進するその他媒体で使用してはな
りません。
Spectrum™ Technology Platform 10.0 SP1
SAP モジュール ユーザ ガイド
116
3001 Summer Street
Stamford CT 06926-0700
USA
www.pitneybowes.com
©2015 Pitney Bowes
All Rights Reserved
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
277
File Size
4 151 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content