close

Enter

Log in using OpenID

賃貸物件の立ち退き補償予約金 保全スキーム

embedDownload
賃貸物件の立ち退き補償予約金 保全スキーム
②信託契約締結
賃貸物件オーナー様
日本エスクロー信託
(受託者)
③金銭の信託
(委託者)
(再入居可能の場合)
再入居と同時に信託は終了。信託財産は
オーナー様に交付。
(再入居不可の場合)
入居者様に信託財産を
交付。
信託財産がゼロになった
ことにより、信託が終了。
①立退き交渉・
再入居不可時の
補償予約
借主様
(受益者)
1.信託契約締結の目的
2.信託契約の概要
賃貸物件の建て替えの際、新しい物件の完成後に優先的に入居できることを条件として、安心して
賃貸物件のオーナー様を委託者、借主様を受益者とするエスクロー信託です。
借主様に立ち退いていただけるように、事前に補償予約金として金銭を信託するものです。
万が一、新しい物件に入居することができなくなった場合には、(元)借主様に対して、信託財産の
中から補償金を支払います。
一般的に難航することが多い(※1)立ち退き交渉、(※2)立退料交渉について、迅速な解決を図る
効果が期待できます。
※1 立ち退き交渉・・・確定期限付きの賃貸借でない場合、他の正当事由がない限り、賃貸借の解
約・更新拒絶が認められにくいため、容易に借主様に退去していただけない
ことがあります。
※2 立ち退き料・・・・・ケースによって千差万別ですが、店舗用として賃貸借していた場合には非常
に高額の立ち退き料を認めた裁判例もあります。
内訳としては、移転費用、移転先取得費用、差額賃料、移転・休業すること
による損失の補償などが含まれます。
①賃貸物件オーナー様は、当社と金銭信託契約を締結し、立ち退き補償予約金相
当の金銭を信託します。
②借主様の立ち退き後、新しい物件の建築を開始します。
③当社は金銭信託の受託者として、信託期間中の金銭の管理を行います。
④万が一、賃料の急上昇等の理由により、借主様が新しい物件に入居することが
できなくなった場合は、信託財産の交付条件の成就として、借主様に補償金を交
付します。
⑤再入居を希望していた借主様の全員が入居できた場合は、信託財産をオーナー
様に払い戻し、信託契約を終了させます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
69 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content