close

Enter

Log in using OpenID

EPA News No. 2 - Mexico Trade and Investment

embedDownload
EPA News
Loa Angeles
Un i t e d
S t a t e s
o f
A m e r i c a
Tijuana
Ensenada ★
Dallas
Jan.-Feb.,2007
Mexico - Japan
Mexico - Japan
EPA News
Economic Parthnership Agreement メキシコ日本経済連携協定
Chihuahua
Monterrey
Gulf of Mexico
★
Mazatlán
Pacific Ocean
Mexico
Aguascalientes
Mérida
Guadalajara
★
Mazanillo
Mexico City
★ Veracruz
★
Lázaro Cárdenas
北米と環太平洋を結ぶ
新たな海上輸送路
New sea lane between
North America and Pacific Rim
日本とメキシコとを結ぶ貿易取引の多くは、神戸や横浜
などの日本の港とメキシ コ太平洋岸の港とを結ぶ航路を利
用しています。メキシコの代表的な港は、マ ンサニージョ、
エンセナダ、ラサロ・カルデナス、マサトランなどです。
Most of the merchandise trade goods between Mexico
and Japan are supposed to make use of sea-trade rout that
links Pacific coast ports in Mexico and Japanese ports like
Yokohama and Kobe etc. Mexican principal ports in western
coast are -(Colima), Encenada(Baja California), La´zaro Ca´
rdenaz(Michoacan), Mazatlan(Sinaroa) and so on.
横浜港湾局の統計数字によれば、2005年のメキシコ向
け輸出貨物の合計は 763,532トン(その内コンテナ貨物は
647,041トン)でした。約半数近くを占める最大の日本か
らの輸出貨物は自動車部品(336,065トン)で、マンサニー
ジョとラサロ・カルデナスが主な積荷の受け入れ港になっ
ています。
一方、2005年のメキシコから横浜港への輸入貨物の合計
は727,587トン(コンテナ貨 物は313,300トン)で、最大
の貨物はセドロス港から日本に輸入される原塩(412,965
トン)です。次に多いのは野菜や果物、畜産品などの農水
産物(144,350トン)となってい ます。
全米第2位の貨物取扱量を持つロングビーチ港に代わっ
て、メキシコ西海岸の港湾 が北米と環太平洋地域を結ぶ重
要な海上輸送路としての役割が期待されています。
According to the latest statistics of the Port of Yokohama,
the total quantity of export cargo to Mexico in 2005 was
763,532 ton (of them container cargo was 647,041 ton). The
largest merchandise from Japan accounting for nearly half
of the exports are auto parts (336,065 ton) and Manzanillo
and La´zaro Ca´rdenaz play the important role of receiving
shipment as key ports.
On the other hand, the total quantity of import cargo
from Mexico to Yokohama port was 727,587 ton (of them
container cargo was 313,300 ton).and the largest shipment
is salt (412,965 ton).The second largest cargo is farm and
marine products (144,350 ton) including vegetables, fruits and
livestock products.
Long Beach in Los Angeles with the second largest cargo
transaction volume in the United States is expected to be
replaced by ports of western coast in Mexico which can play
an important role of sea lane between the North America
and the Pacific Rim countries.
日本メキシコ経済連携協定オフィスとは
2005年に日本メキシコ経済連携協定(EPA)が締結されたことを機に、
在日メキシコ大使館内にメキシコ経済省の駐日代表部が設置されました。日本におけるEPAの浸透を図り、
日墨間の通商と投資の拡大を促進する役割を担っています。
Office of the Japan-Mexico Economic Partnership Agreement
The enactment in 2005 of the Japan-Mexico Economic Partnership Agreement (EPA) prompted the establishment of an office of Mexico's Ministry of Economy in Japan as part
of the Embassy Mexico in Tokyo. The office oversea the implementation of the EPA, and promotes expansion of buisiness and investments between Japan and Mexico.
■免責事項:本紙は情報提供を目的としており、メキシコ経済省は本紙記載情報の正確性および完全性、また、本紙記載情報の利用により発生するあらゆる問題や不利益に対
し一切の法的責任を負いかねます。
■Disclaimer: Mexico’s Secretary of Economy does not warrant or assume any legal liability or responsibility for the accuracy, completeness, or usefulness of any information
発行:メキシコ大使館 メキシコ経済省
メキシコ日本経済連携協定オフィス
〒100-0014 東京都千代田区永田町 2-15-2
Tel:03-3506-6680 Fax:03-3506-6722
Email:[email protected]
Office of Mexico-Japan
Economic Partnership Agreement
Mexico’s Secretary of Economy
3F 2-15-2,Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 100-0014
No.
2
新マキラドーラ政令
The New Maquiladora Decree
マキラドーラ制度とは、メキシコから最終製品を輸出す
る企業が、輸出向け製品の組み立てや製造に必要な機械・
設備、原材料、部品などを無関税で一時輸入することを認
める特別な措置である。現在、メキシコの製造業のおよそ
半数にあたる2,800社以上の企業がこのマキラドーラ制度を
活用している。マキラドーラ企業は年間およそ970億ドル
を輸出し、120万人の労働者を雇用している。
Maquiladora program refers to a special customs regime
which allows companies to temporarily import into Mexico
on a duty free basis, machinery, equipment, materials, parts
and components needed for assembly or manufacture of
finished goods for subsequent export. More than 2,800
firms, which represent about half of Mexico’s manufacturing
sector, currently operate under maquiladora programs. The
maquiladora companies export about US$ 97 billion a year
and employ 1.2 million workers.
最近、メキシコ政府は、この制度の税制・税関手続きを
簡素化し、また、部材を輸入するメキシコおよび外国企業
のコストを削減するため、マキラドーラの運営に関する新
しい政令を公布した。この新政令の正式名称は「製造業、
マキラドーラおよび輸出サービス産業促進に関する政令」
であるが、スペイン語の頭文字をとって「IMMEX」という
略称で呼ばれる。IMMEX発令にともない、これまでの「輸
出製品製造のための一時輸入に関する政令」
(通称PITEX)
はIMMEXに統合された。
IMMEXは、メキシコの中・小規模の企業が輸出企業の
サプライヤーになることを容易にし、ひいてはメキシコの
各地域における副次的な産業の発展を促す目的で、アウト
ソーシングとサブコントラクトを推進している。また本制
度により、メキシコはリエンジニアリング、ソフトウェア
開発、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(データ処理、
コールセンター、会計サービスなど)といった情報技術
(IT)関連の高付加価値サービスにおける世界有数のプロバ
イダーとなる。なお、本件に関する詳しい情報については
メキシコ経済省駐日代表部(Tel: 03-3506-6681、Email:
[email protected]) ま で お 問 い 合 わ せ
願います。
メキシコの新政権
2006年12月1日ー 2012年11月30日
12月1日、ビセンテ・フォックス前大統領に代わり、フェ
リペ・カルデロンがメキシコ合衆国大統領に就任した。メ
キシコ憲法では、メキシコの政権在任期間は、再選なしで
6年間である。カルデロン大統領は、メキシコがこれまで
の10年間に成功を収めてきた経済政策を継承する。開かれ
た市場と貿易、魅力的で競争力のあるビジネス・投資環境、
法制度の強化などが新政府の経済政策上の主なポイントと
なる。
カルデロン大統領は、国民に向けた最初の演説において、
彼の内閣に対し、地場企業を繁栄させるような競争力のあ
る経済を築き、より多くの雇用を生み出すべく国内投資を
活発化させるよう指示した。カルデロン大統領の狙いは、
雇用を創出し、社会格差を減らすような強力な経済発展を
The Mexican Government recently enacted a new decree
for maquiladora operations which simplifies fiscal and
customs procedures and reduces costs for domestic and
foreign companies importing parts and components. The
new Decree, officially known as "Decree for the Promotion
of the Manufacturing, Maquiladora and Export Services
Industries", or "IMMEX" by its Spanish acronym, substitutes
the "Decree that Establishes Temporary Import Programs for
the Manufacturing of Export Goods" (or PITEX Decree).
IMMEX fosters outsourcing and subcontracting operations
to expand Mexico’s small and medium size firms’ ability to
become suppliers of exporting firms and thus facilitate the
development of regional clusters for supporting industries.
It also positions Mexico as one of the world’s main service
providers of high value-added services including those
related to Information Technology, such as reengineering,
software development and business process outsourcing
(data processing, call centers, accounting, etc.). For more
information, please contact the representative office of
Mexico’s Secretary of Economy in Japan (TEL: 03-3506-6681,
Email: [email protected]).
MEXICO’S NEW GOVERNMENT
December 01, 2006 - November 30, 2012
On December 1 st, Felipe Calderon was inaugurated as
President of Mexico, succeeding former President Vicente
Fox. Under constitutional terms, Mexico’s executive office
is held for a six-year period with no reelection. Calderon’s
policies will maintain the economic cource that Mexico has
successfully undertaken during the last decade. Open markets
and trade, a competitive business environment, an attractive
investment climate and strengthening of the rule of law are
key political aspects of the new government.
In his first address to the nation, President Calderon
instructed his Cabinet to build a competitive economy that
is favorable for local enterprises, and boost investment inside
Mexico to create more job opportunities. Calderon’s main
objective is to reach an economic growth that generates
employment and reduces inequalities, improving sectors in
contained in this publication, and disclaims all liability for loss or damage which may result form the use of the information presented here.
Mexico - Japan
EPA News
遂げることである。そのためには住宅、観光、農業やイン
フラの開発といった国内の各産業分野を強化する必要があ
る。メキシコの国内市場を強化する目的で、カルデロン大
統領は国内の中小規模のビジネスを振興する。また同時に、
政府コストを削減することも公約した。
新経済計画によれば、メキシコのGDPは今後6年間、少
なくとも年率3.6%で成長し、インフレ目標は3%とされて
いる。このような経済成長を遂げることにより、新政府は
教育費に4.2%、保健衛生費に9.3%の予算割当を増やすこ
とが可能になる。このほかにも、住宅関連費と社会安全対
策費などへもより多くの予算が割り当てられる。
メキシコの新政権はWTO交渉には引き続き積極的に参加
し、また、APECにおいては開かれた貿易と技術協力を促進
すべく全力を注ぐ。カルデロン大統領は、メキシコ日本経
済連携協定の重要性を強調し、彼の経済通商政策において
はアジアに主眼を置くと言明した。メキシコは今後も二国
間経済協定の締結を通じ、アジア諸国との通商および投資
フローの拡大を目指す考えである。
カルデロン大統領は通商戦略においてアジアを重要視し
ている。メキシコ日本経済連携協定の成功により、メキシ
コの輸出企業にとってはビジネスチャンスが増加する一方、
日本企業からメキシコへの投資も増加した。日本との関係
は、メキシコがアジアとの経済・通商関係を拡大する上で、
重要な基盤となっている。
高品質なメキシコ食品
Mexico Calidad Suprema
世界でも最も洗練された食品市場と言われる日本で品質
の高い食品の需要は大きく、日墨EPAにあるメキシコ企
業にとってビジネスチャンスです。高品質食品"Calidad
Suprema"が日本に紹介され、メキシコで最高級の品質認
証を得た生鮮農作物、肉や食品が日本の消費者に提供され
ています。
the internal market including housing, tourism, agriculture and
infrastructure development. To reinforce Mexico's internal
market, Calderon will encourage homegrown small and
medium businesses. He also vowed to cut government costs.
According to the New Economic Plan, Mexico’s GDP will
expand annually during the next six years at least 3.6 percent
with 3 percent inflation. This economic growth will allow the
new government to increase spending on education by 4.2
percent and on health programs by 9.3 percent. Other areas
that will receive more money in the budget are housing and
public safety.
Mexico’s new government will continue to be an active
participant in the WTO negotiations and will make all
its efforts in APEC to foster open trade and technical
cooperation. The government of President Calderon will
focus more on Asia, in terms of its trade and investment
agenda. The success of the Mexico-Japan Economic
Partnership Agreement is the vehicle which can open more
opportunities for Mexican exporters, while attracting
Japanese investments to Mexico. Japan is the cornerstone for
Mexico´s push to expanding its economic and trade ties in
Asia.
Mexico Supreme QualityHigh quality foods from Mexico
Japan is among the world’s most sophisticated food markets
and its growing demand for high quality foods opens
opportunities for Mexican producers under the EPA. Mexico’
s high quality brand “Calidad Suprema” has been successfully
introduced to Japan offering Japanese consumers fresh
produce, meats and food products of the highest quality and
fully certified.
Electronic Industry in Mexico
メキシコのエレクトロニクス産業は700以上のメーカー
からなり、製造業部門の総雇用者数の8%を構成しています。
昨年海外からメキシコへの製造業分野への投資額は、前年
比36%増の9億8,200万ドルでした。
Mexico’s Electronic Industry comprises more than 700
manufacturing companies, and is responsible of 8% of total
employment within the manufacturing sector. Last year,
foreign investments in this sector amounted to US$ 982
million, which represented 36% increase compared to the
previous year.
2005年のメキシコエレクトロニクス産業の輸出額は、昨
年比6.4%増の469億ドルで、日墨経済連携協定により、メ
キシコ向け日本製電子部品の輸出総額は25億ドルで47.9%
増大しました。日本からの主な輸出品目は、ビデオカメラ、
冷陰極バルブ、モノリシック集積回路、ニッケル・カドミ
ウム蓄電池、プリント回路などです。
メキシコは米国向けテレビの最大の供給国で、ソニー、日
立、シャープ、三洋、サムソン、LGなど総数17社のOEM
企業(相手先商標製品メーカー)がメキシコでテレビを生
産しています。およそ200社の地元企業がこれら製造会社
にサービスを提供しているので、メキシコはテレビの一大
生産集積地となっています。テレビメーカーは、主にLCD、
プラズマ、OLED(有機発光ディスプレー)に関する新しい
技術を開発するため巨額の投資を行っています。
メキシコ政府はエレクトロニクス産業を発展させるため
具体的な戦略を掲げ、海外からエレクトロニクス企業を誘
致するため、連邦政府や州政府レベルの優遇措置、研究開
発や技術革新への助成金を提供し、さらにIMMEX(新マキ
ラド−ラ政令)
、Rule Eight、PROSECS(産業分野別促進
措置)などの特別規制制度を設けています。こうした政策
により、メキシコは高付加価値のエレクトロニクス製造業
の世界的なリーダーの国になり、
「メキシコで生産された」
から「メキシコで生み出された」国に向かって前進してい
ます。
The “Mexico Calidad Suprema” brand was created by
Mexican producers with the support of the Mexican
government, and it is now recognized in Japan and other
international markets as a certified brand enjoying growing
acceptance. Compliance with rigorous safety and sanitary
standards make of “Mexico Calidad Suprema” a trusted brand
among consumers.
たとえば、肉では、メキシコ産の豚肉、牛肉、鶏肉が日
本で好まれ、最近では、日本政府が世界最大の牛肉生産国
からの輸入に禁輸措置を講じましたが、メキシコの日本へ
の輸出は順調に伸びています。これはメキシコが高品質の
基準を遵守・管理し、メキシコの生産者が輸出食品の品質
と安全を常に考慮して市場に提供していることの現れです。
詳細は以下のサイトを訪問して下さい。
In meats for example, Mexican beef, pork and chicken have
been favored products in Japan. In recent years, while the
Japanese government imposed embargoes against imports
of beef products from two of the world’s major country
producers, Mexico beef continued to enjoy Japanese market
access. The latter underscores Mexico’s controls and
compliance of the highest standards, and the commitment
of Mexican producers to market their products destined to
exports with the highest quality and safety in mind. For more
details please visit the following website.
http://www.mexicocalidadsuprema.com/
http://www.mexicocalidadsuprema.com/
Jan,-Feb.,2007
メキシコのエレクトロニクス産業
In 2005, Mexico’s electronic industry exported US$ 46.9
billion, an increase of 6.4% compared to the previous year.
Thanks to the EPA, last year Japanese exports of electronic
components to Mexico increased 47.9%, totaling US$ 2.5
billion. The main Japanese products exported to Mexico were
video camera recorders, cold cathode valves, monolithic
integrated circuits, nickel-cadmium accumulators, and printed
circuits, among others.
Mexico is the largest supplier of TV sets to United States.
In total, 17 TV Original Equipment Manufacturers (OEMs)
such as Sony, Hitachi, Sharp, Sanyo, Samsung, LG, etc.,
are assembling TVs in Mexico. Approximately 200 local
suppliers provide their services to these OEMs, making this
industry the most integrated in Mexico. TV Companies are
investing heavily in Mexico to evolve to new technologies,
predominantly LCD, Plasma and organic light displays.
The Mexican government has a specific strategy to develop
the electronic industry. To promote the establishment
of foreign electronic companies, Mexico offers federal
and state incentives, research and innovation grants, and
special regulatory regimes such as IMMEX, Rule Eight and
PROSECS, etc. These policies are making Mexico one of the
global leaders in high value added electronic manufacturing,
effectively advancing from “Made in Mexico” to “Created in
Mexico”.
Mexico's Electronic Industry
Total Exports
50
46.2
45
Billion USD
“Mexico Calidad Suprema”は、メキシコ政府支援の
下に生産者が創りだしたブランドで、日本や国際市場で高
い評価を受け続けている認証ブランドとして現在認められ、
厳しい安全や衛生基準を遵守しているため消費者に信頼さ
れています。
No . 2
44.8
43.0
40
39.9
39.0
2002
2003
46.9
35
30
25
20
15
2000
2001
2004
2005
Source: Ministry of Economy
Resource Information on Mexico Trade and Investment
Mexico’s Secretary of Economy(メキシコ経済省): http://www.economia.gob.mx
● Embassy of Mexico in Japan(在日メキシコ合衆国大使館): http://www.sre.gob.mx/japon/
● BANCOMEXT(メキシコ外国貿易銀行): http://www.bancomext.com
● Mexico’s National Institute of Statistics and Geography(メキシコ国立統計地理情報院): http://www.inegi.gob.mx
● Mexico’s Central Bank, Banco de Me´xico(メキシコ銀行): http://www.banxico.org.mx
● Mexico’s Secretary of Finance and Public Credit(メキシコ財務省): http://www.shcp.gob.mx
● Mexico’s Secretary of Agriculture, Livestock, Rural Development, Fisheries and Food(メキシコ農牧林漁業省):
http://www.sagarpa.gob.mx
●
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
77
File Size
1 290 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content