close

Enter

Log in using OpenID

東北関東大震災における当院の取り組みについて

embedDownload
東北関東大震災における当院の取り組みについて
この度の震災において、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災
されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
当院におきましては今回の震災に関連し、以下のような取り組みを行なっております。
1.節電を行なっております。
不要な電灯の消灯や空調設備の温度設定などで節電を実施中です。患者様、来院者の皆様
にはご不便をお掛けしますが、引き続きご協力をお願い致します。
2.社団法人 救急医療総合研究機構を通じて、被災地に食料品等を送っています。
3 月 24 日第一便を送付しました。今後も引き続き定期的に食料品や生活必需品を送り
続ける予定です。
3.社団法人日本産婦人科医会、日本赤十字社それぞれに義援金を送りました。
日本赤十字社には引き続き、定期的に義援金を送り続ける予定です。
4.被災地域より妊婦さんの受け入れを行っております。
3 月予定日の妊婦さんを受け入れました。4 月以降の受け入れについて
分娩受入可能な人数は
4 月予定日の方 10 名
5 月予定日の方 5 名
6 月予定日の方 5 名
となっております。
(7 月以降は現在受け入れていませんが、可能な限り対応致します。)
なお、妊婦健診や婦人科の患者様の受け入れも行なっております。新潟市の補助券が利用
可能ですので、妊婦健診を受診希望の方は事前に新潟市保健所健康衛生課(4 月から健康
増進課に変更)母子・歯科保健係 025-212-8157 内線 38158 にお電話下さい。
5.株式会社ドーム主催:チャリティーTシャツプロジェクトに参加予定です。
スタッフ全員分のTシャツを購入予定です。Tシャツ 1 枚(税込 3,150 円)につき
3,000 円が寄付されるそうです。
微力ではありますが、“今”私たちにできる事を今後も続けて行くつもりです。
平成 23 年 3 月 25 日
本多レディースクリニック
院長 本多 晃
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
116 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content