close

Enter

Log in using OpenID

ラムサール条約湿地の 賢明な利用を考える

embedDownload
シンポジウム[湿地のグリーンウェイブ 2013 イベント]
ラムサール条約湿地の
賢明な利用を考える
2013 年 6月29日㊏
ミツガシワ
13:30〜17:30(開場 13:00) 入場無料
敦賀市
きらめきみなと館
小ホール
〒 914-0078 福井県敦賀市桜町 1 − 1
TEL 0770-20-1100
きらめき
みなと館
市民文化
センター
主催:NPO 法人ラムサール・ネットワーク日本
至敦賀 IC
ニホンカモシカ
氣比神宮
国道8号
JR 敦賀駅からコミュニティバス「市街地循環線(右回
り)
」
「海岸線」で「金ヶ崎緑地」下車、または JR 敦賀
駅から「ぐるっと敦賀周遊バス」で「金ヶ崎緑地」下車。
北陸自動車道敦賀 IC から車で約 10 分。
金ヶ崎緑地
バス停
公益財団法人日本自然保護協会
敦賀駅
1980 年に初めて「国際的に重要な湿地」として釧路湿原を登録
してから 32 年、2012 年 7 月に 9 か所の条約湿地を新たに登録して、
オオカマキリの卵塊
日本は 46 湿地、137,967 ha のラムサール条約湿地を持つことにな
りました。ラムサール条約の目的は人々と生き物にとって大切な全
ての湿地を保全し、賢明に利用することです。そして、その目的の
ために管理計画を策定・実施すること、また湿地同士がネットワー
クを作ることを求めています。
昨年のラムサール条約会議に合わせて登録された湿地の中から、
中池見湿地(敦賀市)
、渡良瀬遊水地(栃木県)、円山川下流域・周
辺水田(豊岡市)の 3 か所を中心に、それぞれの湿地の保全と利用、
住民参加などに関する情報を交換し、今後、どのような取り組みを
進めるべきか、共に考えるシンポジウムを持ちたいと思います。
トノサマガエル
プ ロ グ ラ ム
■報 告
条約湿地の登録と管理
中島慶二(環境省自然環境局野生生物課 課長)
円山川の治水対策と自然再生
佐竹節夫(NPOコウノトリ湿地ネット 代表)
渡良瀬遊水地の湿地再生とエコ・ミュージアム
高松健比古(渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会 代表世話人)
めぐり、つながる力をもっと〜中池見での保全の取り組みと課題〜
上野山雅子(NPO法人中池見ねっと)
■ディスカッション
中池見湿地(上の写真は中池見湿地の動植物)
オオルリボシヤンマ
住民参加で進めるラムサール条約湿地の保全と活用
─中池見湿地を中心に─
コーディネータ― 花輪伸一(ラムサール・ネットワーク日本 共同代表)
パネリスト 中島慶二 佐竹節夫 高松健比古
岡本正治(NPO法人中池見ねっと 代表理事)
朱宮丈晴(公益財団法人日本自然保護協会)
呉地正行(ラムサール・ネットワーク日本 共同代表)
円山川下流域(豊岡市)のコウノトリ
渡良瀬遊水地(写真:堀内洋助)
●お問い合わせ
NPO法人 ラムサール・ネットワーク日本
TEL/FAX 03-3834-6566 Eメール [email protected]
●ウェブサイト
http://www.ramnet-j.org/
このシンポジウムは、に
じゅうまるプロジェクト
に参加しています。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
512 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content