close

Enter

Log in using OpenID

お別れの言葉 - 「元気に百歳」クラブ

embedDownload
「元気に百歳」クラブ・関西代表
大 澤 須 美 子 様
が去る5月30日逝去されました。クラブ関西
の設立以来先頭に立ってリードしてくださった
ことに感謝の意を表しますと同時ご冥福をお祈
りいたします。
弔辞
(お別れの言葉)
大澤先生・・大澤須美子先生・・今日お別れの日
なのですね。この度の突然のお知らせ
とても信じ
られませんでした。でもお別れの日なのですね。先
生とのご縁は、悠々50年を越えました。いつどん
な時にも、明るく前向きな方でした。何とその先生
から、10日程前、不思議なお便りを頂きました。そのお便りを皆様の前に披露することをお許し
ください。
「私は、今年90歳になりました。いつおさらばするかは分かりませんが、お別れにきて下さる
方に差し上げるものも、挨拶文全て手作りで用意できております。今日までの仕事も片付けました。
お誕生日の前日には、傘寿を祝うチャリティ・ダンス・パーティも致しました。そして、もしその
去ります時には、”お邪魔しました。いい人生でした。ありがとう“とお礼を言ってあの世に行き
たいものです。こんなこと書く私って余程ネアカ人間なんですね。(後略)
先生らしさを越えて、このお便りは衝撃でした。でもこれは先生のお気持ちの中に確かにあった
ことなのですね。12年前、ご主人を見送った時にも、「私は死を恐れることなく、その時がきた
ら大らかに果てられたらいいなあ」とおっしゃっておられました。
10年前、80歳で立ち上げた「元気に百歳」クラブ・関西の代表のお仕事も、10周年を記念
して講演会をしよう、石飛幸三医師の「平穏死のすすめ」という演題もご用意されたのは先生でし
た。6月6日の講演会を前に、まさかご自分が実践なさろうとは・・・・余りにも哀しすぎます。
何もかもお見通しだったのでしょうか。
90年の人生には、様々な艱難もおありだったでしょう。その時には「癒しの言葉」を持ってい
ることが大きな救いになりますと。聖路加国際病院の日野原重明先生の言葉から「元気なこと
るいこと
明
笑顔でいること、それだけで立派なこと」と仰っていました。奈良女子高等師範学校保
育科をご卒業後、奈良女子大学文学部付属幼稚園のお仕事も、幼き生命を育むことに、職を終えて
も託児所という形で、その後のパイロットクラブで28年の様々な役割を、またアンカークラブと
して若者ボランティアを育成することも・・。これらに一貫していましたことは、自分以外の人の
役に立つことを喜びとされたことです。まさに偉業です。
「終わりよければ全てよし」本日、多くの友や教え子、優しいご家族のお見守りの中で、先生は
天かけてご主人様のもとに向われたのですね。真っ赤なお洋服、真っ赤なお帽子が目じるしでしょ
う。どうか平安な美しい旅路を祈ってやみません。到りませんがお別れの言葉とさせて頂きます。
平成24年6月1日
「元気に百歳」クラブ・関西会員
向野幾世
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
355 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content