close

Enter

Log in using OpenID

いつ行く? どうする? 海外留学 - RIKEN Brain Science Institute

embedDownload
page
15
Life Technologies
い つ 行 く ? どうす る ? 海 外 留 学
Title
Name
やると決めたらどんな環境も楽しむ !
バイオイメージングで
世界のトレンドセッターへ
Number
04
宮脇敦史 氏 (理化学研究所 脳科学総合研究センター 細胞機能探索技術開発チーム シニアチームリーダー)
色 鮮やかに生 命 のダイナミクスを描き出す蛍 光イメージング。
を窓側席に押し遣りながらおもむろに”
Can I sit here? ”その
宮 脇 敦 史 氏 は、サンゴやウナギから新 規 の 蛍 光タンパク質を
後およそ 3 時間半にわたってツェーン博士を拘束することに成
遺 伝 子クロー ニングしたり、カルシウム、レチノイン酸や細 胞
功。GFP や FRET に対する思慕をうまく打ち明けることができ
周期の動態を可視化するプローブを開発したり、また、生体組
ました。四方山話もはずみ、ツェーン博士の独創的な考え方を
織を透明化する試薬を開発するなど、バイオイメージング技術
じっくりと味わうことができました。バスがボストン市内に入る
開発分野で独創的な成果を出し続けています。宮脇氏は 1995
頃には二人の議論はかなり具体的なものに発展。いつもは疎ま
年∼ 98 年に米国カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学、後
しきあの渋滞もこの日ばかりはあはれなり、だったそうです。そ
( 2 0 0 8 年 )に「 G F P の 開 発 」でノー ベ ル 化 学 賞を受 賞 するロ
の翌年の 9 月に、宮脇氏はヒューマンフロンティアサイエンスプ
ジャー・ツェーン博士に師事しました。ユニークな留学体験から
ログラムのグラントを携えてツェーン研究室に参入します。
若手研究者への提言までを 2 回にわたってお届けします。
やると決めたら…
留学初日に研究室を一回りして唖然としたそうです。合成化学
学部生時代は蛍光オタク
が専 門 の 研 究 室には、分 子 生 物 学に必 要 な 機 器や試 薬がまっ
今は昔の 1984 年、慶應義塾大学医学部の学生だった宮脇氏は、
たく見当たらなかったから。2 時間ほど呆然として、でも早早に
遺伝子の転写調節機構に興味を抱いて図書館で文献を漁りな
行動を開始。キャンパス内にできるだけたくさんの友人を作り
がら、FRET( 蛍 光 共 鳴エネルギー 移 動 )の 総 説に出 会 います。
始めました。他の研究室の研究員やテクニシャンと知り合いに
そして「自分は FRET をライフワークにするかも」と身体の震え
なり、実 験 試 薬を分けてもらい 実 験 器 具を使わせてもらう、か
を感じながら読み切ります。遺伝子転写調節に関わる分子間相
わりに GFP 技術を指南する、ときどき日本のおいしいお菓子の
互作用を FRET で解析してやろうと意気込みますが、頭でっか
差し入れも。そんな(営業)活動のおかげで、機能的な人的ネッ
ちの 一 学 部 生を受け入れてくれる研 究 室は見つかりませ んで
トワークが出来上がりました。夜間の清掃係のおじさんと仲良
した。そうこうするうち時は 90 年代に移ろい、東京大学の御子
くなったことで残業実験も可能になりました。こうして、いくつ
柴 克 彦 氏 の 研 究 室 の 助 手として IP3 受 容 体とカルシウム動 態
もの研究室に僅かなマイスペースを確保し、フラスコやアイス
の 研 究に明け暮れることに。折しも 90 年 代 初 頭は GFP と分 子
ボックスを抱えて廊下、階段、そして屋外を走り回る日々が続き
生物学が融合した時代。1994 年、光る線虫の写真が Science
ます。
「必要に迫られたら何でもやる。やると決めたらどんな環
誌 の 表 紙を飾るのを目の 当たりにし、
「 遺 伝 子 転 写も IP3 もカ
境も楽しむ、これが私のやり方です」。
ルシウムも何もかも、GFPとFRET を組み合わせて可視化しよ
▶ 次号へ続く
う! 」新しい蛍光イメージングを創るぞと志を立てます。
Can I sit here?
ツェーン博 士は、1980 年 代に細 胞 内カルシウムイオンの 絶 対
濃度を測定する蛍光指示薬 fura-2 などを開発、90 年代初めに
2004 年慶應義塾大学医学賞受賞
は GFP の 色 変 異 体 の 作 製にも着 手していました。生 命 科 学 研
で来日したロジャー・ツェーン博士と
究を進展する革新的ツー ルを数多く開発し、蛍光イメージング
宮脇氏。
の 創 始 者と呼ばれるツェーン博 士 。
「 当 初はまったく雲 の 上 の
プロフィール: 1987 年慶應義塾大学医学部卒業、1991 年大阪大学大学院医学系
人、近寄りがたい存在でした」と宮脇氏は振り返ります。しかし
研究科博士課程修了、1993 年東京大学医科学研究所助手、1995 ∼ 1998 年米国
1994 年の夏、千載一遇とも言えるチャンスが到来します。米国
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究員を経て、1999 年より理化学研究所脳
ニューハンプシャーでカルシウム関 係 の 学 会が終 了し、ボスト
科学総合研究センター先端技術開発グループ細胞機能探索技術開発チームリー
ダー、2004 年より同グループディレクター、2008 年より同センター副センター長、
ン・ローガン空港に向かうバスに乗り込む参加者の列で、宮脇氏
現在に至る。2006 年∼ 2012 年に科学技術振興機構 ERATO 生命時空間情報プロ
はツェーン博 士 の 背 後にひょいと回りこみます。ツェーン博 士
ジェクト研究統括を兼任。
Copyright © 2014 Life Technologies Corporation. Used under permission.
Next_22戻し.indd 15
13/11/22 15:12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
543 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content