close

Enter

Log in using OpenID

24年 おミリの再会 ! 全 国音研熊本大会

embedDownload
平成 22年 9月 1日発行
第58号
発行所
全 日本 音 楽 教 育 研 究 会 小 学 校 部 会
太
田
発行人 会
長
也
長
事務 局 〒 1 7 0 0 0 0 5 豊
島区南大塚 1-24-10
豊 島 区 立 巣 鴨 小 学 校
TEL 0 3 - 3 9 4 6 - 9 5 5 1
FAX 0 3-3 9 4 6-3 6 9 0
に
5式
, 寵, 七イ
土 TEL 03-3874-1539
口吊」
所 材に
会s ' 生
24年 おミリの再会 ! 全 国音研熊本大会
全 日本 音 楽教 育研究会全 国大会 熊本 大会
大会会長
田
畑
博
行
( 熊本市立西里 小学校校 長 )
熊本県では24年 前の昭和 61年 に全 日音研大会を開催 しま した。大会主題は 「
音楽の よろこびを求め
つづ ける子 どもを育 てよ う」で した。それ か ら本県の音楽教育 においては常 に 「
音楽 のよろこび」を
テーマ に掲げ、研究を重ねてきま した。
本年 11月 18日 (木)19日 (金)の 2日 間、熊本市の県立芸術濠J場を主会場 として行われます全 国音研
熊本大会 の大会主題 は 『感 じとろ う 伝 えあお う 高 めあお う 音楽 の よろこびを 』 としま した。 21
世紀を生きる子 どもたちに とって確 かな学力、豊かな心そ して健や かな体の調和を重視す る 《
生きる
力》を育む事がますます重要になってきています。
音楽教育 において も日常的な音楽活動や様 々な音楽体験を通 して美 しい もの を美 しい と感 じ、豊か
な情操を養 い知性 と感性 の調和 の とれた豊かな人間性 を育む事が音楽科 の大きな役割だ と考えていま
す。大会 1日 目は研究授業 と研究協議それ に 5領 域 に分 かれての ワー クシ ョップを計画 しています。
小学校 の会場は熊本市立碩台小学校 と熊大附属小学校 の二校 です。
研究授業の後は県立濠J場に移動 して次の 5つ のワー クシ ョップを計画 しています。
①歌唱 (講師 :清水 雅 彦先生)
②器楽 (リコーダー)(講 師 :吉澤 実 先生)
③鑑 賞 (講師 :宮下 俊 也先生)
④和楽器 (奪〉 (講師 :野村 祐 子先生)
⑤創作 ミュー ジカル (講師 :久枝 隆 子先生)
大会 2日 目は熊本県立劇場で全体会 と研究演奏、指導助言それに閉会式を予定 しています。
研究演奏は各校種 か ら1校 と合同演奏 は小 。中 ・高の合同合唱を予定 しています。特 に研究演奏は
熊本 での独 自の取組みを発信 できるものや実践的で授業 の参考になるもの、そ して各校種 の特ツ
性を活
か した演奏をお届け します。
現在、実行委員会をは じめ全ての熊本県 の音楽担当が鋭意、研究や準備 に取 り組 んでいます。築城
400年 の熊本城や大阿蘇 も待 つています。多 くの皆様 の参加 で大会が盛 り上が ります様お願 い し、お
待ち申 し上げます。
平成 2 2 年 度 全 日本音楽教育研究会 全 国大会 ( 部会大会)
第 5 1 回 九州音楽教育研究大会
熊 本 大 会
大会主題『感じとろう伝えあおう 高 めあおう音楽 の よるこびを』
‐
第│■
目】1平1成22‐
【
日‐
年■11月
113日│(本>│1横‐
種別‐
研1究1会
小学 校部会 主題
『思いや意図をもち、人とのかかわりを通して
いきいきと活動する授業づくり 』
■会 場 熊 本市 立 碩 台小学校
8:30
9t00
9:45
憩分
0
体2
公 開授 業
45分
受付
10!05
1li00
公 開発表
全検 ミュー ジカル
55分
11:15
休憩
15分
12i30
研究協議
75分
○公開授業
音 楽 づ く り 「リズム を つ くつて楽 しも う」
熊本 市 立 春竹小学校 東
靖 子
教材 「フル ー ツケ ー キ」 「お ど る こね こ」
01年
3 拍 子 に合 うリズムづ くりに挑戦 します。子 どt D たちは、丸譜 を使 うこ とで 、感覚
的 に とらえて い た リズム を視覚的 に とらえて い きます。 また 、 ゲー ム感覚で取 り組 め
るの で 、楽 しみ なが ら音 の長 さや 音 の分割 な どの音楽 の基礎 も学んで い きます。
歌 唱 「曲の情景 を生 か して 、 の びの び と歌 お う」
熊本 市 立 碩 台小学校 荒 木 由 美
教 材 「とん び」
歌詞 の 読み込みや映像 、凧揚 げな どの経験 か ら、出の表す¬
1青
景 を想像 し、 「こん な
い
ふ うに歌 た い」 と思 い を もちます。そ して 、そ の思 い を表現す るために、旋律 か ら
音楽 の仕組み ( 問い と答 え) を 感 じ取 り、それ を基に して曲の情景 にふ さわ しい歌 い
● 4年
方 ( 強弱) を 工夫す る学習 を行 い ます 。
反復 コ変化 して い くお も しろさ を感 じ取 ろ う」
鑑 賞 「
熊本 市 立 黒髪 小学 校 城 戸 典 子
教 材 ピ ア ノ五 重奏 曲 『ます 」第 4 楽 章
表現や鑑 賞 の活動 を通 して 、子 ど もたちに反復 ・変化 のお も しろ さを感 じ取 らせて
● 5年
い きます。本時では好 きな変奏 曲を聴 き、共通事項 を根拠 として想 像 した ことを話 し
合 い 、 それぞれ の場面 を聴 き比 べ る こ とで 、主題 が 変化 して い くこ とのお も しろ さに
気 づ かせ ます 。
-2-
● 6年 器 楽 「
表現 を工 夫 しなが ら、 表情 豊 か に 演奏 しよ う」
熊本市 立 碩 台小学校 赤 星 智 美
教 材 「おて もや ん 」
“
ル
郷 上の 民謡 おて もや ん の軽快 な リズムや独特 の旋律 を生 か して、表現 の工 夫 を
行 い ます。そ こで本時 では 、 リズム ・音 の重な り ・反復 ・音 の変化な ど、楽 曲を特徴 づ
ル
“
ける要素に着 目し、自分 たちの おて もや ん を表 情 豊かに表 現す る学 習 を展開 します。
■会場 熊 本大学教育学部附属小学校
8:30
9:00
受付
9i45
公 開授 業 1
45分
10:00
休憩
15分
11:45
公開授 業 2
45分
11:00
休憩
15分
12:20
研究協議
80分
○公 開授 業 1
● 2 年 歌 唱 「よ うす をお も い うか べ よ う」
熊本市 立 五 福 小学校 榎 回 る み
教 材 「夕や け こや け」
2 年 生 の児童 が 「
夕焼 けの情景 を思 い浮 か べ る」 こ とが 、 どの よ うに 「
強弱 を工 夫
して歌 う」活動 につ な が るの か ・・・。 そ の答 は 「
身体表現 か ら導 く」 こ とです。 一
人 一 人 の児童 が 、
強弱 をつ ける ことの 「よさ」を確 かに実感 で きる学習 を創 り上 げます。
● 3 年 器 楽 「リコー ダー カル タ を楽 しも う」
熊本市 立 日吉 東 小学校 高 木 範 貢
教 材 「楽 しい リコー ダー 」
リコー ダー と出会 った よろこび を演奏できるよろ こび へ①演奏 で きるよ うにな った力
を友だちとかかわ りなが ら楽 しく活動で きる リコー ダー カル タの取 り組み へ。習得 か ら
活用 へ と進 んで取 り組む活 き活 き した子 どもたちの姿 をお見せ で きれば と思 い ます。
○公 開授 業 2
● 2 年 音 楽 づ くり 「ラップで しようかい しY O ! ∼ わ た しとあなたのいいところ∼」
熊本 大学教 育学部 附属 小学校 吉 野 浩 一
教材 「タイ プ ライ ター 」
合 いの手」 とい う視点 を もつ て聴 くと、違 った楽 しみ方がで きます。本時
音楽 は 「
では 、音楽 の 中で使 われ てい る 「
合 いの手J の 面 白さを、子 どもたちが鑑 賞教材 か ら
発見 し、 自分たちの音楽 づ く リヘ 生か して い く授業 を行 い ます。 小学 2 年 生 の ラ ッパ
ー たちが 、 さまざまな 「
合 いの手」 を楽 しみなが ら、 自分た ちを音楽 でア ピー ルす る
姿 を、ぜ ひ ご参観 下 さい。
● 4 年 鑑 賞 「日本 の 音 楽 に 親 しも う」
熊本 大学教 育学 部 附属 小学校 村 田 明 通子
教 材 郷 上 の 音 楽 「牛深 ハ イヤ節 」他
日本 の 民謡 を聴 い た り体験 した りす る活動 を通 して 、 日本 の音楽 に親 しんで い く こ
とをね らい ます。本 時では 「
牛深 ハ イヤ節」 と 「
佐渡お け さ」 の リズムや速 さに着 目
べ
して聴 き比 る こ とで 、生 活 の 中で広が り受 け継 がれて い った郷 土 の音楽 の よさに気
づ かせ ます 。
!会
1競
│■
1平1競
22年■1丹19韓(金)金1体
1朝
【
第21申
1隠
■会場 熊 本 県立濠J 場 コ ンサ ー トホー ル
00
9i50
開会行事
10:10
11:50
研究 ・合 同演奏
研究の概要
○研 究演 奏
リー ド器楽合奏
合 唱
合 同オ ー ケ ス トラ
打楽器 ア ンサ ンブル
12:10
指導講評及 びま とめ
12:30
閉会行事
熊本市 立清水小学校
熊本市 立 帯 山中学校
熊本県 立熊本高等学校
熊本県 立 済 々曇高等学校
真和高等学校
熊本県 立 盲学校
〇合 同演 奏
「
ふ る さ との 四 季 」 源 田俊 一 郎 編 曲
「火 の 国 ラ プ ソデ ィ」 出 田 敬 三 作 口編 曲
指揮 : 出 田 敬 三 ( 作曲家/ 平 成音楽大学学長 ・教授)
演奏 : 熊 本市 立託麻原小学校 熊 本市 立帯 山西小学校
熊本市 立井芹 中学校 熊 本市 立 白川 中学校
熊本県 立御船高等学校 熊 本県 立 済 々曇高等学校
熊本県 立熊本高等学校 慶 誠高等学校
ル ー テ ル 学院高等学校
○指 導 講 評 及 び ま とめ
国 立教育政策研 究所教育課程研 究セ ン ター 教育課程調査官
文部科学省初等 中等教育局教育課程課教科調査官
大 熊
信
彦
先 生
学校部会定例理事会
日時 : 平成 2 2 年 1 1 月 1 7 日 ( 水)
14:00∼ 15:30
日 時 ! 平成 2 2 年 1 1 月 1 8 日 ( 木)
14:00∼ 14:45
場所 : 崇城大学市民ホー ル
会議室 ( 市民会館)
場所 :熊本県立濠J場
コンサー トホール
レセプション
11月 18日 (木)18:00∼
熊本ホテル キャッスル
〔
編集後記〕
今 号は、全 国 大会 の特集 とさせ て い ただ きま した。 全 国大会 開催地 の熊本 では、連
日の暑 さの 中、着 々 とそ の準備 が進 め られ て い ます。充実 した内容 で 開催 され る大会
が楽 しみ です。皆様 、ぜひ ご参加 くだ さい。 (G・Y)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
51
File Size
442 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content