close

Enter

Log in using OpenID

住民監査請求の流れ (PDF 28.3KB)

embedDownload
−
住民監査請求の流れ
①請求書の収受
−
①
補正
監査委員事務局において「職員措置請求
書」「事実証明書」の受付を行います。こ
のとき,様式等の形式要件に明らかな誤り
がある場合補正を求めることがあります。
却下
(要件を欠いている)
②請求の要件審査
②
監査委員は,
「職員措置請求書」
「事実証
明書」の内容が請求制度の要件に合ってい
るかどうかの審査を行います。
要件を備えている場合は,請求を受理し
監査を実施します。要件を欠いている場合
は,請求を却下し監査は実施しません。
受理又は却下の決定を行った際には,請
求人にその旨を文書で通知します。
受理(要件を備えている)
日以内︾
③監査の実施
︽
60
請求人の陳述
関係書類等の
調査
監査を実施しない
事情聴取等
④監査結果の決定
③
監査の実施においては,請求人に対し,
新たな証拠の提出の機会と請求主旨の説
明・補充の陳述の場が設けられます。また,
対象機関等に対し関係書類の提出を求め
るとともに,事情聴取等により事実関係の
把握を行います。
④
請求人へ通知
表
市長等へ通知
公
監査の結果は,監査委員の合議により請
求を受け付けた日から 60 日以内に決定さ
れます。
請求人の主張に理由があると認められ
た場合は,市長・議長・執行機関及び職員
に対し,期間を示し必要な措置を講ずべき
ことを勧告するとともに,勧告内容を請求
人に通知し公表を行います。
請求人の主張に理由がないと認められ
た場合は,主張に理由がない旨及びその理
由を請求人に通知し公表を行います。
《勧告を行った場合》
⑤
勧告に対し,必要な措置が講じられた場
合,市長等から監査委員に通知が行われま
す。監査委員は,その通知に係る事項を請
求人に通知し公表を行います。
⑤市長等から
の措置結果報告
⑥
請求人は,次の場合に住民訴訟を提起す
ることができます。
⑥︵住民訴訟︶
不服がある場合
表
請求人へ通知
公
・監査の結果又は勧告に不服があるとき
・勧告を受けた市長等の措置に不服がある
とき
・監査委員が 60 日以内に監査若しくは勧
告を行わないとき
・勧告を受けた市長等が期間内に必要な措
置を講じないとき
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
28 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content