close

Enter

Log in using OpenID

プレスリリース

embedDownload
プレスリリース
サフト、シンガポールの無人自動運転 MRT 車両用として数百万ドル規模のバッテリー供給
契約を川崎重工株式会社と締結
・現在製造中のシンガポール MRT(Mass Rapid Transit)用新型無人自動運転車両・計91車両分
のバックアップ用電源として、サフト製MRXバッテリーシステムが供給されます。
・今回の契約は、サフトの中国・珠海工場で取り扱われる、アジアで最大規模のバッテリーシステム供給契約に
なります。すでに 6 台分の試験車両用バッテリーシステムが出荷済みで、残りのバッテリーについても 2017 年
8 月から 2021 年 1 月までに順次出荷予定です。
2016 年 12 月 19 日 パリ発 :
サフトの鉄道専用バッテリーシステムがこの度、乗客サービスの継続性を確
保するために必要不可欠な、車両搭載型バックアップ電源として、シンガポールの無人自動運転車両システムに
採用されることになりました。サフトは、日本の鉄道車両メーカーである川崎重工業株式会社(Kawasaki
Heavy Industries、Ltd.(KHI))と、数百万ドル規模の契約を締結し、シンガポールの Mass Rapid Transit
(MRT)規模拡大の一環として製造される 91 車両の MRX バッテリーシステムを供給致します。
MRT 及び LRT システムは、シンガポール島内 142 か所の駅をつなぐ、シンガポールで最も人気のある交通手段
の 1 つで、毎日のべ 200 万人以上の利用者がいます。シンガポールの陸上交通局(Land Transit Authority(
LTA))は、2030 年までに、鉄道網の規模を現状の 2 倍にするというマスタープランを持ち、ピーク時の乗客
の快適性を高め、過密状態を解消するために、路線の延長と新しい車両の投入を予定しています。この計画の最
終目標は、島内約 8 割の世帯が、鉄道の駅から徒歩 10 分圏内に存在するようにすることです。 この 360km に
も及ぶ鉄道網の整備により、シンガポールは、現在の東京や香港などの主要都市よりも、鉄道総延長が長くな
り、ニューヨーク市に匹敵する規模になります。
サフトのバッテリーシステムは、最大 90 分間、車両搭載型バックアップ電源として機能し、電源トラブルが発
生した際の安全確保、関連制御、および通信機能の継続的な動作を保証します。
サフトの鉄道専用ニッケルバッテリーは、運転手のいない無人自動運転車両において、安全で信頼性の高い運行
を行うために必要不可欠な部品の一つとして提供され、高い信頼性を持ち、メンテナンスの手間が少なく、寿命
期間中にかかる運用コストの低減を図ることができます。サフトは今回 MRX300 バッテリーをベースとしたシ
ステムを提供しています。 この MRX シリーズは、コンパクトで軽量ですが、優れた充放電性能と広い動作温度
範囲(-30℃〜+ 50℃)が特徴です。 MRX バッテリーは、保守の間隔も長く、また 15 年以上の耐用年数を持
つことから、ライフサイクルコスト(LCC)を低く抑えることができます。
サフト・ゼネラルマネージャー&アジアセールスディレクターのフィリップ・ウルリッシュ(Philippe Ulrich)
は以下のように述べています。
N° 41-16
www.saftbatteries.com
プレスリリース
「KHI と行うこのプロジェクトは、サフトの珠海工場で取り扱われるアジアで最大規模の鉄道バッテリーシステ
ムの契約です」「シンガポールの陸上輸送局(LTA)が運航する列車の約 80%に、サフト・バッテリが搭載され
ることになります」
すでに 6 台分の試験車両用バッテリーシステムが出荷済みで、残りのバッテリーについても 2017 年 8 月から
2021 年 1 月までに順次出荷予定です。
サフトについて
サフトは、設計から開発、製造、カスタマイズ、サービスの提供まで、業界の先進的を行くテクノロジーのバッ
テリーソリューションを専門としているグローバル企業です。約 100 年間、サフトの長寿命バッテリーシステム
は、お客様にとって重要な、安全を求められる現場や、電源のバックアップやモーター電源用に用いられてきま
した。当社の革新的な、安全で信頼性の高いテクノロジーは、陸、海、空、そして宇宙に至るまで、場所を問わ
ず高い性能を発揮します。サフトは、産業用およびスマートシティなどのアプリケーションを始め、北極圏から
サハラ砂漠まで、遠隔地や過酷な環境下における重要なバックアップ電源の提供など、幅広い分野に注力してい
ます。
産業用途向けバッテリーについて: www.saftbatteries.com
●
報道関係者連絡先:
サフトジャパン株式会社
Thomas Ebel(トマ・エーベル)
Tel : +81-(0)3-6206-6269
電子メール : [email protected]
サフトフランス
Lily Yui コーポレートコミュニケーションマネージャー
Tel : +852 3756 6398 電子メール:[email protected]
Brunswick
Daisuke Tsuchiya
Tel : +44 (0) 20 7404 5959 電子メール : [email protected]
N° 41-16
www.saftbatteries.com
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
719 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content