close

Enter

Log in using OpenID

10 月 1 日、銀座テアトルシネマ にて陶酔のロードショー!

embedDownload
製作 40 周年記念
マーラー生誕 150 年没後 100 年記念
ヴィスコンティ没後 35 年
カンヌ映画祭 25 周年記念賞受賞
日本で一番待ち望まれていたヴィスコンティ作品がいよいよ公開!
映画史に燦然と輝く総合芸術の頂点が、今再び私たちの前にその姿を現す。
≪Introduction≫
巨匠ルキーノ・ヴィスコンティの名作の中でも、『山猫』(63)と並んで屈指の完成度を誇る傑作『ベニスに死す』(71)。
この作品は、日本では遅れていたヴィスコンティの評価を不動のものとしただけでなく、最も愛されるヴィスコンティ作品
となりました。そして製作 40 周年を迎える今年、待ち望まれていたニュープリント版での上映が決定。恐らく映画史上
最も甘美で残酷な瞬間と言える圧巻のラストシーンや、見事な音楽と映像の融合を思う存分堪能する絶好の機会です。
原作はノーベル文学賞に輝くドイツの文豪トーマス・マン(1875∼1955)の同名小説。主人公のモデルは、ロマン派の大
作曲家グスタフ・マーラー(1860∼1911)。主題曲に使用されたその「交響曲第 5 番アダージェット」の旋律は、この映画の
ために創られたのではないかと思えるほど見事な効果を生み出しました。これによってマーラーの評価は一変し、苦悩と
恍惚の旋律は永遠の命を得たのです。見事にアシェンバッハを演じたのは名優ダーク・ボガード。そのアシェンバッハを
虜にするタジオには、当時 15 歳のビョルン・アンドレセン。原作の「ギリシャ芸術最盛期の彫刻作品を思わせる」金髪碧眼
の少年を求め、ヴィスコンティ自らヨーロッパ中を旅して発見したスウェーデン人の新人だ。その完璧なまでの美しさは、
今も伝説として語り継がれています。
≪STORY≫
ベニスを静養のため訪れたドイツの高名な作曲家アシェンバッハは、
滞在先のホテルで出会ったポーランド人の美少年タジオに心を奪われる。
夏の終り、コレラが蔓延するベニスで出会ってしまった 究極の美 。
その瞬間、美の囚人となったアシェンバッハの苦悩と恍惚が始まった…。
脚本:ルキーノ・ヴィスコンティ、ニコラ・バラルッコ/原作:トーマス・マン「ベニスに死す」(2011 年 8 月集英社文庫刊)/音楽:グスタフ・マ
ーラー「交響曲第3番」「交響曲第5番」/出演:ダーク・ボガード、ビョルン・アンドレセン、シルヴァーナ・マンガーノ/1971 年/イタリア・フラ
ンス/131 分/カラー/英語・イタリア語・ポーランド語・フランス語/モノラル/シネスコ
www.death-in-venice.net
© 1971 Alfa Cinematografica S.r.l. Renewed 1999 Warner Bros., a division of Time Warner Entertainment Company, L.P.
All Rights Reserved.
お待たせいたしました。 35mm ニュープリントのご用意ができました。
10 月 1 日、銀座テアトルシネマにて陶酔のロードショー!
配給:クレストインターナショナル TEL:03−3589−3176
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
48 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content