close

Enter

Log in using OpenID

「 許されざる 者 」 - 上野弘子のホームページ

embedDownload
幕末の世に、大勢の志士を斬り「人斬
り十兵衛」と恐れられた男がいた。
彼は江戸幕府最強の刺客。幕府軍が
官軍に敗れた後、蝦夷地(北海道)へ
明治初 期の北 海 道を舞 台に
人 間 の 尊 厳と正 義 を 問 い か ける
「 許されざる者 」
理不尽な目に遭わされ苦しむ人々。そ
の悲しみとやり場のない怒りを、十兵
衛は一人背負い、封印したはずの刀を
抜く。それは、決して賞金のためではな
く、正義と良心のためだった…。
と逃げ落ち、追手を振り払い、雪原の
かなたへと姿を消した。
本作は、クリント・イーストウッドが監督
男の名は 田十兵衛(渡辺謙)
。
「人を
と主演を務め、第 65 回アカデミー作
斬って、斬って、最後は誰かに斬られ
品賞、監督賞などに輝いた西部劇「許
て死ぬ。ただそれだけの人生だと思っ
されざる者」
(1992)のリメイク作品。舞
ていた」
。
台をアメリカ開拓時代の西部から、江
そんな彼を生まれ変わらせたのは、一
戸幕府崩壊直後の北海道へと移し、
人の女性との出会いだった。刀を封印
銃を刀に替え、
「業」と寄り添って生き
した彼は、過去の罪を悔いながらも彼
なければならない男の人生を描く。ス
トーリを追いながら、人間の尊厳、善
女と家庭を築き、二人の子に恵まれる。
しかし、間もなく妻は帰らぬ人となり、
彼は残された子どもたちと、妻の墓を
守りながら静かな生活を送っていた。
そんなある日、思いがけない人物が十
兵衛を訪ねてくる。
C 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
○
音 楽 岩代 太郎
監 督 李 相日
出 演 渡 辺 謙、佐 藤 浩市、柄 本 明、柳楽 優弥、忽那 汐里、
小池 栄子ほか
神戸国際松竹、OS シネマズミント神戸他で9月13 日公開予定
悪、そして十兵衛の願いは何だったの
かを考えさせられる。
直視に耐えがたい暴力や殺戮シーン
が続き、主人公も 死の重傷を負わさ
れるが、二人の若者に希望が託される
それは、かつての仲間、馬場金吾(柄本明)だった。金吾は十兵衛を
ラストに、救われた思いだ。
賞金稼ぎの旅に誘う。若い女郎(忽那汐里)の顔を斬った二人の開
監督は、
「フラガール」
「悪人」
拓民に、怒った女郎仲間が千円の賞金を懸けているというのだ。
「二度と人は殺さない」
。亡き妻に誓った十兵衛は、一旦は金吾の誘
いを断るが、子どもたちを貧しさから抜け出させてやりたい一心で、
彼の後を追う。
途中でアイヌとの混血の青年、沢田五郎(柳楽優弥)が仲間に加わ
る。先住民のアイヌの人々は、この地で屈辱と苦しみに耐えながら生
きていた。
三人は馬を駆り、目的の宿場町に到着する。そこで彼らを待っていた
のは、町長と警察署長を兼任する大石一蔵(佐藤浩市)
。暴力で町を
統治する、情け容赦のない人物だった。
の李相日。いつかは描きたい
と思っていたというアイヌ民族
の存在や、人を殺すことの重
みと痛みを見事に描いている。
(ワーナー・ブラザース映画配
給。2 時間 15 分)
C 2013 Warner Entertainment Japan Inc.
○
上野弘子 広報メディア研究所代表 有限会社インターメディア代表取締役
神戸市生まれ サンケイリビング新聞社編集長を経て現職。
広報ツールの企画・制作 行政広報講師 行政審議委員 エッセイの執筆など幅
広く活動。
公式 HP http://hiroko.littlestar.jp/
KOBE グー
13
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
301 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content