close

Enter

Log in using OpenID

第4号[平成26年3月発行] - 岡山県立岡山大安寺中等教育学校

embedDownload
岡 山 大安 寺 中等 教 育学 校
相談室 便 り
(保護 者 の方も お読み ください)
★ ☆ ★ 第 4号 ★☆ ★
2014年 3月 発行
☆ 生 徒の 皆さ んへ ☆
春 が 近 づ い て きて い ま す 。 も う す ぐ 新 しい 学 年 が ス タ ー ト し ます ね 。 楽 し み で すか ? そ
れ と も 不 安 で す か? 両 方 の 思 い が あ る と いう の が 本 当 の と こ ろ かな ? 「 は じ ま り 」に 向 か
う た め に 、 よ い 「終 わ り 」 を す る こ と が 大切 で す 。 勉 強 や 部 活 動で の 反 省 や 今 後 の改 善 に
つ い ては、担任 の 先生 と 一緒 に クラ ス で考 え た人 も 多い と 思い ま す。だ から「 相 談室 便 り」
で は 「自 分 と 人 と の か か わ り 」 を 振 り 返 っ て みま し ょう 。 そ し て 、 よ り よ い 「 は じ ま り 」 に 向 け
て 、 解決 指 向で 前 向き に 次の ス テッ プ を踏 ん でい っ てほ し いと 思 いま す 。
● ワー クシー ト を使って振り 返ろう ●
◆ 平成 25年度 の 自分 と人 とのか か わり を振り 返 って… といわ れ て思 い 浮 かぶ 人 は
誰ですか ?そ の 人 (人た ち )との か かわ り をイメージ して答えてくださ い。
Ⅰ よ か った こ と・ が んば れ たこ と ・う れ しか っ たこ と を書 き まし ょ う。
Ⅱ
よ く なか っ たこ と ・や り きれ な かっ た こと ・ 心残 り なこ と を書 き まし ょ う。
◆ よりよ い かか わ りの た めに できることを考 えよう。
Ⅰ ど ん なこ と がで き そう で すか 、 また は して み たい で すか ?
Ⅱ
Ⅰ の 実現 の ため に 力に な って く れそ う な人 は 誰で す か? ま たは 支 えに な るも の は
何 で すか ? 活用 で きそ う なも の や場 所 は? し っか り 想像 し てみ よ う。
◆ ま とめ よ う! ◆
自 分と人 との かか わり をよ りよ くする ために、自 分 にで きる ことは …
☆ 聴 く力 をつ けるた めに…☆
私 た ち が 「 人 間」 で あ る 限 り 、 人 と の かか わ り を 避 け て 生 き るこ と は で き ま せ ん。 学 校
で も 地 域 社 会 の 中で も 、 家 庭 の 中 で も 、 私た ち は 何 ら か の 形 で 人と か か わ り 、 お 互い に 影
響 を 与え 合 って 生 きて い ます。私は、みな さ んに、学 校だ け でな く 地域 社 会や 家 庭の 中 で、
周りの人たちとよいコミュニケーションの取れる人になってほしいと願っています。よいコミ
ュ ニ ケ ー シ ョ ン と は 、 お 互 い が 自 分 の 心 を 開 き 、 お 互 い が 相 手 を 広 い 心 で 受 け止 め 合 う こ
と で 生 ま れ る も ので す 。 ど ち ら か が 遠 慮 した り 、 我 慢 し た り 、 いつ も 譲 る こ と で 成り 立 っ
て い る 関 係 は と ても も ろ い も の で す 。 そ れで は ど ち ら か に ス ト レス が た ま り 、 や がて そ れ
が 爆 発 し て 対 立 が起 こ る こ と が あ り ま す 。で は 、 対 立 が 起 こ ら ない よ う に す れ ば いい の か
というと、そうではありません。ひとりひとり違う人間なのですから対立はむしろ自然な
ものです。違いを認め合い、しっかりお互いの考えを聴きあい、しっかり話し合って妥協
点 を 探し て 納得 し て前 に 進ん で いっ て こそ、よ い人 間 関係 と いえ る ので は ない で しょ う か。
よいコミュニケーションのために必要な力は幾つかあります。そのなかで、私が一番大
切 だ と感 じ るの は 聴く力 です。簡 単な よ うで と って も 難し い「 聴く」と いう こ とに つ いて 、
今 回 はそ の 構えを 紹介 し ます 。
☆ よい 聴き 方 の構 え= FE LO R(フェロ ー )☆
ふ だ ん 人 の 話 を聴 く と き に ち ょ っ と 心 がけ る と 、 相 手 が 安 心 でき て 話 し や す く なる 聴 き
方 の 構え で す。 春 休み の 試し て みて く れる と うれ し いで す 。
F= Face to Face … 相 手の 方 に顔 を 向け て 聴き ま しょ う 。受 け 入れ て いる と いう
暗 黙 のメ ッ セー ジ にな り ます 。
E= Eye Contact … 優 しい ま なざ し で相 手 を見 な がら 聴 きま し ょ う。 わ かろ う と
し て いる と いう 意 思が 伝 わり や すく な りま す 。
L= Lean … … … 相 手の 方 に体 を 向け て 聴き ま しょ う 。腕 を 組ん だ り足 を 組ん
だ り して は いけ ま せん 。
O= Open … … … 心 を 開い て 聴き ま しょ う 。相 手 の言 う こと を 批判 し たり 、 過
失 を 責め た りし て はい け ませ ん 。
R = Relax … …… 相 手に 「 一緒 に 考え る エネ ル ギー が 私に あ りま す 」と い う無
言 の メッ セ ージ を 伝え る こと が でき ま す。 も しも 忙 しく て 余
が な いと き は、 次 に話 を 聴け る 時間 を 約束 し まし ょ う。
来 年度 に向 けて
相談 室 で は 、 来 年 度 も みな さ ん の 心 身 の 悩 み や
学校 生 活の 中 で感 じ る困 り 感に 寄 り添 い 、一 緒 に
考 え て い き た いと 思 っ て い ま す 。 ま た 専門 の カ ウ ン セ ラ ー の 先生 や 医 師 の カ ウ ンセ リ ン
グ を受 け られ る 機会 も 提供 し ます。詳し く は新 年 度の「 相談 室 便り」で お知 ら せし ま す。
ま た 、 保 健 室の 隣 の 相 談 室 に は 、 み なさ ん の 心 の 癒 や し と なる ヒ ツ ジ の ぬ い ぐる み や
箱 庭 が 、 み な さん を お 迎 え し ま す 。 そ して 、 第 3 棟 の 1 階 の 相談 室 も 運 用 し て いこ う と
思 って い ます 。 相談 室 の利 用 方法 に つい て も、 ま た新 年 度に 詳 しく お 知ら せ しま す 。
☆よい春休みを過ごして…☆ あたたかい春がやってくると、今までできなかったことが
で き そ う な 気 が した り 、 新 し い 出 会 い が 待っ て い る よ う な 気 が して き ま す 。 み な さん が よ
い春休みを過ごして、新しい目標を胸に元気に4月に登校してきてくれることを心待ちに
しています。
(大 西 由 美 ・ お お に し ゆ み・ 教 育 相 談室 長 ・4 年 国語 科 )
泣 くこと は 悪 い こ とじ ゃな い
教諭 中本 真弓
ソ チ オ リ ン ピ ック が 終 わ り ま し た 。 深 夜か ら 明 け 方 の 中 継 映 像を 見 る こ と は 、 翌日 が 休
日 で な い 限 り あ まり な か っ た 私 で す が 、 多く の 感 動 を も ら う こ とが で き ま し た 。 40 代 で
7 度 目 の オ リ ン ピッ ク 、 よ う や く 個 人 メ ダル を 手 に す る こ と が でき た 、 ジ ャ ン プ のレ ジ ェ
ン ド 葛 西 選 手 。 団体 で も 病 気 と 闘 っ て 銅 メダ ル を 勝 ち 取 っ た 竹 内選 手 の 姿 が 心 を 打ち ま し
た 。 今 大 会 で も っと も 輝 く メ ダ ル を 得 た フィ ギ ュ ア ス ケ ー ト 羽 生選 手 の 1 0 0 点 越え シ ョ
ー ト の 演 技 も 圧 巻で し た 。 ま だ ま だ 数 え 切れ な い 程 の 名 シ ー ン があ る と 思 い ま す が、 私 が
涙 を こ ら え き れ なか っ た 場 面 は 二 つ 。 シ ョー ト で ま さ か の 1 6 位と 出 遅 れ な が ら も、 フ リ
ー で 渾 身 の 力 を ふり し ぼ り 、 こ れ ま で で 最高 の 演 技 を 終 え た 瞬 間の 浅 田 真 央 選 手 の天 を 仰
い だ ま ま の 目 か らあ ふ れ 出 る 涙 を 目 に し たと き 。 私 だ け で な く 、日 本 中 が 涙 し 、 メダ ル 以
上 の 感 動 を 覚 え たこ と で し ょ う 。 も う 一 つは 、 ケ ガ を お し て 手 を血 で 染 め な が ら 出場 し た
昨 年 末 の 全 日 本 選手 権 で オ リ ン ピ ッ ク 出 場権 を 獲 得 し 、 気 持 ち を奮 い 立 た せ 、 今 でき る 精
一 杯 の 芸 術 性 あ ふれ る 演 技 を 披 露 し て く れた 髙 橋 大 輔 選 手 の 笑 顔を 見 た と き 。 こ の二 つ の
瞬 間 に 、 涙 が 止 まら な く な っ て い ま し た 。そ し て 、 ひ と し き り 涙を 流 し た 後 、 な ぜか す が
す が しい 気 持ち に なる こ とが で きま し た。
オ リ ン ピ ッ ク に限 ら ず 、 涙 を 流 す こ と はあ り ま す 。 特 に 、 映 画や 舞 台 を 見 た と きが 多 い
と 思 い ま す 。 映 画 「 レ ・ ミ ゼ ラ ブ ル 」、 ミ ュ ー ジ カ ル 「 ミ ス ・ サ イ ゴ ン 」、 こ の 二 つ の 作
品 は 号 泣 し ま し た。 ご く 最 近 で は 、 ド ラ マ「 僕 の い た 時 間 」 で しょ う か 。 北 海 道 の最 果 て
の 島 で 沈 む 夕 陽 を見 て 涙 が あ ふ れ た こ と もあ り ま す 。 年 を と る と、 涙 腺 が ゆ る く なる と 言
わ れ る こ と も あ りま す が 、 実 際 に は 、 人 生経 験 を 積 む と 、 ち ょ っと や そ っ と の こ とで 涙 が
出 な く な る そ う です 。 だ か ら 、 年 齢 を 重 ねる と 無 意 識 の う ち に 、自 分 が 感 情 移 入 でき る 本
や 映 画 に 触 れ よ うと す る の だ そ う で す 。 なぜ そ こ ま で し て 、 人 は泣 く こ と を 求 め るの か ?
と い う疑 問 を解 消 する た め涙 に つい て 調べ て みま し た。
涙 を 流 し た 後 に、 な ぜ か 眠 く な っ た り すっ き り し た 気 持 ち に なれ た り す る の は 、泣 く こ
と で 、 心 も 体 も 最大 級 の リ ラ ッ ク ス 状 態 に陥 っ て い る か ら な の だそ う で す 。 リ ラ ック ス 状
態 と い う の は 、 神経 が 休 ん で し ま っ て い る状 態 で は な く 、 興 奮 状態 の 時 な の だ そ うで す 。
特 に 、 感 動 の 涙 は副 交 感 神 経 の 興 奮 状 態 が高 ま り 、 一 時 的 に 思 考が 「 無 」 の 状 態 にな れ る
の で 、 ス ト レ ス から 解 放 さ れ 、 さ わ や か な気 分 に な る の で す 。 副交 感 神 経 の 働 き が高 ま る
と 、 病 気 に 強 く なっ た り 、 筋 肉 の 痛 み が 緩和 さ れ た り す る と い う研 究 結 果 も 出 て いま す 。
悔 し 涙 や 、 怒 り の涙 に つ い て は 、 交 感 神 経が 刺 激 さ れ て 涙 が 出 、感 情 を 落 ち 着 か せる 効 果
を 発 揮 す る そ う です 。 だ か ら 、 人 に 涙 を 見せ ま い と 我 慢 す る の は感 情 が 高 ぶ る 一 方で よ く
な い と い う こ と です 。 枕 に 顔 を 埋 め て 泣 くな ん て も う 最 悪 の 状 態で す 。 涙 を 流 す 要因 が 異
な っ ても 、 泣く こ とを 我 慢す る のは よ くな い ので す 。
人 間 に は 、 思 い 切 り 泣 く こ と が で き る 環 境 が 必 要 で す 。「 泣 き 虫 」 と い う 言 葉 に は 、 泣
く こ と に 対 す る よく な い イ メ ー ジ が あ り ます が 、 自 分 の 心 身 を よい 状 態 に 保 と う と思 っ た
ら 「 泣き 虫 」に な って も いい の では な いか と 思う 今 日こ の 頃で す 。
( な かも と まゆ み ・教 育 相談 係 ・2 年 国語 科 )
「 わたしがあ なたを選 びま した 」
教諭 田上 桂子
私は、現在一児の母親です。生まれてきた子は、父親似の女の子で、いまは活発な女の
子 に 成長 し てい ま す。1 年 生の 生 活ノ ー トを 見 なが ら「 今 日は、母 と 買い 物 に行 き まし た。
と て も 楽 し か っ た で す 。」 と い っ た コ メ ン ト を 読 む と 「 あ ぁ ~ 私 も 早 く 娘 と 買 い 物 に 行 っ
た り、カ フ ェに 行 った り した い なぁ」と思 い、ちょ っ とウ キ ウキ し た気 分 にな っ てい ま す。
さ て 、 そ ん な 私 で す が 妊 娠 し た と き に は 、「 マ タ ニ テ ィ ー ブ ル ー 」 と で も 言 う の で し ょ う
か 「 こ ん な 私 が 母親 に な れ る の か ? ? 」 と不 安 を 抱 く 日 々 を 過 ごし て い ま し た 。 そん な と
き 、 私 の も と に 届い た の が こ の 一 冊 「 わ たし が あ な た を 選 び ま した 」 で し た 。 作 者は 、 産
婦 人 科 医 で あ る 鮫島 浩 二 さ ん で す 。 こ の 本を 送 っ て く れ た の は 、高 校 時 代 か ら の 友だ ち で
し た。高 校の 時 から 自 分の 考 えを し かっ り と持 ち、将 来 設計 を きち ん と立 て てい る 彼女 に、
高 校 時 代 の 私 は 、か な り 影 響 を 受 け て い たと 思 い ま す 。 社 会 人 にな っ て も 何 か 困 った と き
に は 、 連 絡 を し て愚 痴 を 聞 い て も ら っ て いま し た 。 そ ん な 友 だ ちか ら も ら っ た 一 冊と い う
こ と も あ り ま し たが 、 偶 然 に も 鮫 島 先 生 のド キ ュ メ ン ト ド ラ マ を保 健 の 授 業 に 使 用し て い
た の でこ の 本と の 出会 い には 何 か運 命 的な も のを 感 じま し た。
こ の 本 は 、 次 の よ う に 始 ま り ま す 。「 わ た し が あ な た を 選 び ま し た お と う さ ん 、 お か
あ さ ん 、 あ な た たち の こ と を 、 こ う 、 呼 ばせ て く だ さ い 。 あ な たた ち が 仲 睦 ま じ く結 び 合
っ て い る 姿 を 見 て、 わ た し は 地 上 に お り る決 心 を し ま し た 。 き っと 、 わ た し の 人 生を 豊 か
な も の に し て く れ る と 感 じ た か ら で す 。」 そ し て 最 後 に は 、 こ の よ う に 終 わ り ま す 。「 お
と う さ ん 、 お か あさ ん 、 今 、 わ た し は 思 って い ま す 。 わ た し の 選び は 正 し か っ た 、と 。 わ
た し が あ な た た ち を 選 び ま し た 。」 す ぐ に こ の 本 を 読 み あ げ た 私 は 、 改 め て 「 あ ぁ 私 は 、
こ の 子 に 選 ば れ た ん だ 。」 と 実 感 し ま し た 。 こ の 本 の 中 に は 、 母 と な る 人 の 不 安 や 葛 藤 、
そ し て 母 と な る 希望 や 覚 悟 の よ う な も の が詰 ま っ て い ま す 。 親 は、 子 供 に 選 ば れ た使 命 を
感 じ 愛 情 い っ ぱ いに 子 育 て を し て い る の だと 思 い ま す 。 し か し 、そ の 形 は 様 々 で 、子 供 に
愛 情 が伝 わ るの は 、な か なか 難 しい の かな と も思 い ます 。
今、思春期のみなさんは、様々な問題を抱えているでしょう。また、親の事を疎ましく
感 じ てい る 人も い るか も しれ ま せん、親 から の 愛情 を 実感 で きて い ない 人 もい る でし ょ う。
親 子 の 関 係 は 、 難し い の か も し れ ま せ ん 。し か し 今 、 あ な た が ここ に い る の は 、 あな た の
お 母 さ ん が あ な たと こ の 世 に 元 気 な 姿 で 出会 い た い と 思 い 、 頑 張っ た か ら だ と 思 いま す 。
親 の 事 を 疎 ま し く思 う 人 は 、 親 と 少 し 距 離を と り 冷 静 に 考 え て みま し ょ う 。 そ う すれ ば 、
「 あ ぁ な ん だ 、 今 で も 愛 情 い っ ぱ い に 育 て て く れ て い る ん だ な 。」 と 感 じ ら れ ま せ ん か ?
親 か ら の 愛 情 を 実 感 で き な い 人 は 、 も う 一 度 自 分 に 目 を 向 け ま し ょ う 。 そ う す れ ば 、「 あ
ぁ な ん だ 、 私 は 、 愛 さ れ て い る か ら こ こ に い る ん だ な 。」 と 感
じ ら れま せ んか ?
同じことがらであっても見つめる方向や距離をかえれば違
った見方ができると思います。あなたにとって、一番楽な見
方を探してみてください。と、ここまで、私が鮫島先生の本
を読み、今子育てをしながら感じたことを書いてきました。
少 し でも み なさ ん の参 考 にな れ ば 嬉し い と思 っ てい ま す。
(たのうえけいこ・教育相談係・1年保健体育
科)
作 者 鮫島 浩 二(中 山 産婦 人 科クリ ニック)
画 像 ・誌 http://www.ikujizubari.com e-妊 娠 より
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
647 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content