close

Enter

Log in using OpenID

橡 Taro11-レベルアラーム取扱説明書

embedDownload
取 扱 説 明 書
集中監視システム対応灯油センサ「レベルアラーム」
1.装置概要
集中監視システム対応灯油センサー「レベルアラーム」は、LPガス集中監視システムに接続し、灯油残量を
検出して、自動通報するための装置です。
①対応タンク ホームタンク(90.250.490•)に取付可能です。
②対応NCU 外部端子のあるNCUであれば、メーカーを問いませんが、念のため接続テストを実施してく
ださい。※NCUに遅延時間を入力してください
2.施工手順
①付属のエア抜き管をタンク上部まで伸ばし、Uの字に曲げセンサー本体に取り付けてください。
②灯油タンクの送油口バルブを閉めてください。
③既設の油送管を取り外してください。
④三方口(市販品)及び立ち上がり管(市販品)をタンクに取り付けてください。
⑤センサー下部に立ち上がり管を取り付けてください。
⑥三方口に既設の油送管を仮付けします。
⑦センサー付属リード線(3m)とNCU間の配線工事をしてください。
NCUとセンサー間が3m以上ある場合は、市販の屋外線を使用してください。
センサー付属リード線と市販の屋外線との接続は、圧着コネクタを使い圧着ペンチにより接続してください 。
⑧NCUのセンサ用端子に配線を接続してください。極性はありません。
⑨動作テスト(センサ作動及び通報試験)をしてください。
動作テスト方法 油送口バルブを開けてください(灯油有=センサーOFF)
↓
油送口バルブを閉めてください(灯油有=センサーOFF)
↓
油送管を外します
↓
センサーが作動します(灯油無=センサーON)
⑩油送管を三方口に取付け油送口バルブを開けて設置完了です。
ご注意:センサー本体中間部がセンサー作動位置ですので、立ち上がり管の長さで作動位置を調節
してください。
取付例
エアー抜き管
タンク
リード線NCUへ
センサー本体
立ち上がり管
油送口バルブ
三方口
油送管
灯油ご販売店様へ:センサー作動した場合は、すみやかに給油してください。
また、定期的にセンサー作動テストを実施してください。
何らかの原因でセンサーが作動しなかった場合による油切れによりご販売店様が
被った損害には弊社は一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
分解禁止
販売 有限会社モリタヤ商事
栃木市昭和町8−13
http://www.moritaya.co.jp/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
64 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content