close

Enter

Log in using OpenID

北陸学院 My Mission エッセイ・作文コンテスト

embedDownload
北陸学院 My Mission エッセイ・作文コンテスト
小学生部門 大賞作品
吉田 明寛 (北陸学院小学校6年)
「友達とのハーモニー」
「ドレミファソラシド・・・。なんでこの音たちが曲になるんだろう?」
小さいときにぼくの感じた疑問です。一つ一つの音はバラバラなのに、集まると、きれいなハーモニー
が生まれます。これは、友達との関係によく似ているとぼくは思います。ぼくがそう思うきっかけとなったの
がページェントです。
ぼくの学校では毎年クリスマスにページェントという劇を学校のみんなで行い、クリスマスをお祝いしま
す。低学年は劇で役を演じ、高学年は聖歌隊として歌を歌います。四年生になって、初めて聖歌隊
になったとき、ぼくは正直いって聖歌隊を好きになれませんでした。「聖歌隊は出番もあまりないし、目
立たないし・・・。」自分一人くらい歌わなくても、変わらないだろうと思っていました。そんな時、学校の
礼拝の時間に、先生がこんなお話をしてくれました。「ピアノは一つ一つの弦が助け合って曲ができる。
だから、音が汚いから、使わない音だからといって弦を切ると、その曲はだいなしになってしまう。」これを
聞いて、ぼくはページェントも一緒だなと思いました。ページェントが一曲の曲なら、ぼくたち一人一人は
ピアノの弦一本一本に当たります。みんなが助け合ってはじめてページェントができ、イエス様を賛美す
ることができるのだと。それからは、ぼくはみんなと一緒に声を合わせて歌の練習をがんばりました。本
番、みんなで歌った歌声は神様に届いたような気がしました。
今、ぼくは地元の合唱団に入っています。自分一人の声では、なかなかお客さんを感動させること
はできません。でも、仲間と協力し、声を合わせて歌ったとき、たくさんの人の心に歌が届きます。友達
とつくるハーモニーにはたくさんの力が眠っています。人を勇気づける力、励ます力感動させる力・・・。そ
んな助け合いから生まれる友達とのハーモニーを大切に、ぼくはこれからもたくさん歌を歌っていきたいで
す。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
170 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content