close

Enter

Log in using OpenID

バイオマス系燃料のディーゼルエンジン燃焼特性試験

embedDownload
“ものづくり”のベストパートナー
バイオマス系燃料のディーゼルエンジン燃焼特性試験
長年蓄積された豊富な経験と知識を基に、バイオマス系燃料の課題解決を支援いたします。
バイオマス系燃料のディーゼル用燃料としての性能評価
● 評価試験目的
実エンジン(ディーゼル燃焼試験装置)を用いて、バイオディーゼル油、バイオマス熱分解油、藻類由来バイオオイルなどの
液体燃料の、ディーゼルエンジン用燃料としての特性を評価いたします。
● 評価試験内容
性能試験
燃料特性分析
試験モード
: 着火性、燃費、排ガス成分等
: 引火点、流動点、動粘度、目詰まり点、セタン価等
: ディーゼル機関始動運転試験、ディーゼル機関定常運転試験、ディーゼル機関連続運転試験
ディーゼル燃焼試験装置写真及び仕様
試験結果の一例
スモーク [%]
50
軽油100%
40
軽油95%-液化油5%
30
軽油85%-液化油15%
軽油90%-液化油10%
軽油80%-液化油20%
20
10
0
100
200
300
400
500
600
正味平均有効圧力 Pme [MPa]
図 燃料の違いによる排気ガス成分の変化
注)BTDC:上死点前
250
8
軽油100%
軽油95%-液化油5%
軽油90%-液化油10%
軽油85%-液化油15%
200
軽油80%-液化油20%
150
6
熱発生率
4
100
50
2
シリンダ内圧力
0
0
正味平均有効圧力(BMEP): 500kPa
-2
-10
0
10
20
-50
30
クランク角度 CA [deg.]
図 高負荷時(正味平均有効圧力500kPa)の指圧線図
適用可能なバイオマスの種類と利用分野
● 適用可能なバイオマスの種類は、木質系バイオマス、草本系バイオマス、藻類由来バイオオイル などです。
● 公的研究機関様、電力会社様、ゼネコン様、自動車関連企業様などに、幅広くご利用いただけます。
Copyright ©2014 JFE Techno-Research Corporation. All Rights Reserved.
本資料の無断複製・転載・webサイトへのアップロード等はおやめ下さい。
Cat.No 3S3J-181-00-140422
熱発生率 ROHR [J/deg.]
4ストローク燃料直噴式ディーゼルエンジン
気筒数
1
ボア×ストローク
70 × 57
排気量
219 cc
冷却方式
強制空冷式
燃焼室形状
リエントラント型
バルブ配置
OHV
20.6 : 1
圧縮比
17.0 : 1
19 deg.BTDC (圧縮比20.6)
燃料噴射時期
20 deg.BTDC (圧縮比17.0)
シリンダ内圧力 P [MPa]
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
244 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content